Hatena::ブログ(Diary)

novtan別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-07-08

自殺のインセンティブが増えてしまった

大津市のいじめの件を踏まえて。

人が自殺をする時、何を考えるのか。死の手前まで思いつめたことはまだないのではっきりとはわからないけれども、どちらかというといじめられる側になりがちだった身としては、復讐をしたいという暗い欲求はあるんだろうなあとは想像する。

人生からの逃避が目的ではあるだろうけれども、自分が死ぬことを契機としていじめを行うものに社会が制裁を加えてくれることを期待する気持はきっとあるだろう。そして、ウェブ時代になってたいていの事件においては犯人の身元は地元の2ちゃんねらーなりが調査した結果が広く伝播したりする。時として冤罪事件にも繋がるので、そのような私的制裁は問題ではあるんだが、今回の件みたいに明らかに組織ぐるみで握りつぶそうとしているような場合は有効かもしれない。もっとも、現時点では何が正しいのかもわからないけれども。

自殺なんかしても復讐にならないんだよ、死人に口なしで黙殺されるんだよ、ということであれば少なくとも復讐を目的とした自殺は意味が無い。でも、最近ではこういう場合はこうやって問題が明らかになったら2ちゃんねるの既婚女性板ねらー(通称鬼女)が調査して公開してくれるんだよなーなんて思ってしまうと自殺に対するインセンティブが高くなってしまう。どうせ現実は先生に訴えても黙殺されるし、ならば死んでやる、と思ってしまうことを責められるだろうか。生きていればいいことがあるよなんて言葉は虚しい。無理して学校に行かなくてもいいと言っても現代の日本で学校に行かないことが人生のプランを大きく左右することだってあるし、別のところに行こうと思っても、家庭環境がそれを許さないことだってある。親は子供を全力でまもるべきだけど、仕事の事情がそれを許さない(経済的な破綻前提でなければ可能でない場合が結構あるだろう)ことだってある。引っ越さなければいじめっ子はやってくるかもしれない。ひきこもりに対する嫌がらせが地域のコミュニティーで立場を悪くするかもしれない。

いじめという根本を絶たないと解決しないことだってきっと多いんだよ。

自殺なんかしなくても、悪いことをしたらそいつは罰せられるべき。そういう世の中にならないと、ますます自殺することによるインセンティブばかりが高まることになってしまうんじゃないかなあ。

Med_LawMed_Law 2012/07/10 02:35 同感です

過労死自殺にしても、過失があれば事業所に刑罰を与えるのは良いとしても、自殺した人・遺族に便益を与えれば、自殺に誘導するインセンティブを与えるようなものです

学校の管理責任だけを声高に唱える人って、管理不能なレベルを求めて批難していると思えるし、管理可能な生徒指導って想像するだけで恐ろしい

K県民K県民 2012/07/12 00:23 おっしゃる趣旨はわからないでもないです。
が、自分の死後誰かが社会的な報復(=復讐)をしてくれるかもという可能性を考えたとしても、それで本当に「自殺に対するインセンティブが高く」なるかなあ、というのが率直なところです。
不謹慎な発想かもしれませんが、むしろ同じく自殺するなら、自分の死後のそうした可能性を少しでも考えることができる方が、本人に取ってはかすかな”救済”になるかも、と思ってしまうのですが。

さすらいさすらい 2012/07/13 16:40 葬式ごっこや山形マット事件、社会的に注目を集めたいじめ事件の後には、確かに後追い自殺は増えているのだから、自殺を考えるいじめ被害者の背中を押してしまっている面は確かにあると思う。

だけれど今回の場合むしろ期待したいのは、いじめ=犯罪、加害者は法的、社会的に罰せられることもある、という合意が国民に広がる可能性があること。
今までだって加害者が立件されたり逮捕されたりっていうのはあったけれど、学校への家宅捜索は前代未聞。いじめ解決に積極的に動こうとしない学校組織や教育委員会にとって、自分達の「聖域」に初めて公権力が介入する初めての事態となったわけで、少なくとも「なにもしないで事を穏便に済ませようとすることなかれ主義」やいじめの隠蔽が許されない流れになってしていかなければ、亡くなった生徒は浮かばれないと思う。

夢 2012/07/14 10:15 いじめは人を傷つける行為。人を傷つけよう、とか、そもそも思わない人間だけが存在する社会になれば、すべて解決します。そしてそれは、意外と近い将来、現実のものになると思います。地球の人口が半減した後の世界ですが。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NOV1975/20120708/p2