Hatena::ブログ(Diary)

novtan別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-12-08

選挙前に人権意識が問題になるなんて

いやね、例えば政策としての福祉の問題で、最低限の社会的幸福の最低限の部分が取りざたされるってのは今までだってあったと思うんですよ。でも、人権そのものが天与のものでないという、近現代の国家の概念に挑戦するような発言が出てくるとは思わなかった。悪辣なことに、ムスリムをその国家の基礎とした国と比較しちゃったり。

熱に浮かされたかのように右傾化しつつある我が国だけど、ここで示されているのは特権階級と、そのお恵みをありがたく頂戴する民衆という構図だということに、自分が賛同者側である人たちは気づかない、あるいは特権者側であることを疑いもしない。

なんとなくだけど、学生運動さかんなる頃のインテリ層(not富裕層)が抱いていた焦燥感みたいなものの空気感がわかった気がしている。もちろん、その時とはイデオロギーとしては大きく異なるけれども、国家、あるいは政治への不信MAXというものである。

国家は誰のものか。言うまでもなく国民のものだし、しかし言うまでもなく一部の人のものである。その一部のものでない身としては彼らが国家は国民のものであることを胸に刻んで運営してくれることを願うしかないのである。でも。

国民であることの資格を国家が人間に問うのはある程度仕方のない面はある。しかし、それは国民になった経緯でしかない。たまたまそこに生まれたこと以上(語弊がないように言っておくと、外国籍の親であることはこの単純化に対しては考慮すべき問題)に資格が必要なのか。人権を得るのに必要なものがあるのか。

人権が天与のものでないなんて言うのは今の日本においては典型的な差別意識であり、階級社会の肯定である。格差社会どころじゃないよ。そりゃあ人権が天与のものであることを否定できる理屈なんていくらでもあるさ。でも、天与のものであることは前提なんだよね。前提を変えるのは理屈の成せるのもではない。

すなわち、あの一連の発言は、今まさに人権を奪われようとしている人々に、闘争か、あるいは服従か、の選択を迫っている。むろん、立場の弱い人間には服従以外の選択はないかもしれない。あるいは尊厳を持った死か。

であるならば、これはインテリに対する挑戦とみなすべきだ。まずは選挙で、その結果によってなされることがこの考え方の延長にあるなら闘争で。国家の後退を許して良いものかね。

こんなことを続けていたら何もしなくても10年もしないうちにはっきりとした変容が見えてきて、数としては支持を失うだろうけど、その時にはもう民主主義そのものが変容しているかもしれない。そうなったら手遅れだ。

憲法改定案についても、ダメなところがあれ好意的な解釈ができるとは思う。しかし、それを提案している側が、このような意識の人間ばかりであるということがわかった以上、最大限の懸念を表明している向きに賛同せざるを得ない。

本来、今回の選挙はエネルギー政策も含めた経済の問題が焦点だったはずだ。どさくさに紛れて、国のあり方を階級意識の元に変えてしまおうとする勢力に対して投票していいものだろうか。

あるあるネタあるあるネタ 2012/12/08 22:28 基本的人権が生まれながらにして誰もがあるというのは残念ながら信仰であって、宗教です。それが良い、悪いではなく、自分が近代思想という宗教の信徒だとは自覚して欲しいですねはてな村民には。
世の中には生まれながらにして圧倒的に不遇な人間というのはいるのです。それが自然です。だけれどもそれではあまりにあわれだというこれもまた自然に沸き起こってきた感情から基本的人権なる不自然なものを作ってそれが自然に生まれながらにすべての人にあるものだと思い込ませるのが近代国家です。そしてそれは極めて不自然な大量生産大量消費社会の賜物です。環境が変われば宗教が変わる。絶対なものなど無いので信仰する宗教は自覚しておきたいもんです。

NOV1975NOV1975 2012/12/08 22:31 そうですね。財産権も生存権も宗教。あなたが明日理不尽にも処刑される羽目になっても誰も逆らえないのですね〜

あるあるネタあるあるネタ 2012/12/08 22:40 僕らには宗教を選ぶ権利がある。僕らは君等近代思想の奴隷たちのお約束ありきの憲法論などやる気はないのです。無限の選択肢の中から基本的人権を勝ち取る勇気がなければいずれ異教徒に処刑されるでしょうね。国家なんてはかないもの。

NOV1975NOV1975 2012/12/08 22:53 いまいち何が言いたいかわかりませんが、勝ち取るということと前提を守るというのは同じ事ですよ。

あるあるネタあるあるネタ 2012/12/08 22:57 君は実質的立憲主義。僕は外見的立憲主義。ま、僕は近代国家における異端です。でもありがたいですこんな僕でも生まれながらに信仰の自由が保証されてるわけですから。神様に感謝します。

NOV1975NOV1975 2012/12/08 22:58 え、なんでそれは保証されているのですか?

あるあるネタあるあるネタ 2012/12/08 23:00 神様から生まれながらに頂戴してるから。

NOV1975NOV1975 2012/12/08 23:02 それは内心だけですね。

あるあるネタあるあるネタ 2012/12/08 23:06 権利の相克というやつですね。そう、ここでまず第1段階。個人の基本的人権は無限の限界を見せてくれない。「ちょうどいいライン」の線引が必要だね。全体の利益を最大化しよう。となる。

MM 2012/12/08 23:22 敵失により自動的に政権が転がり込んでくるであろう趨勢の中、バカが浮かれて思いつきを口走ってるだけ。
情勢が一巡りすれば「え、アタシそんなこと言いましたっけ?」になるのは目に見えている。
自民に対しては、浮かれてる時か、バカを黙らせろ、さもなくば投票しないぞ、という以外ない。
こいつは人権の危機だ、思想上のおおいくさの始まりだとウキウキしてる人よ、
要するにまだ左右対立プロレスがやりたいんだろう?
いまはゼニカネの話をするときだ。「思想信条」を争点化したがる化石ウヨクサヨクはすっこんでろ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NOV1975/20121208/p1