Hatena::ブログ(Diary)

novtan別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-05-11

ウェブ自意識肥大症の治療について

ウェブで活動する難しさは、一見客観的に見える評価の指標(例えばブクマ数)があってそれを自己の正しい評価と勘違いしてしまうようなこと。それだけではなく、過去のそういった栄光を盾にとって「俺はスゴイ!偉い!俺を評価できない人は視野が狭いかアホかだ」みたいになってしまう。観測範囲中に何人か罹患していると思しき人がいる。

「やればできる(けどやらない)」というのは「明日から本気出す」と一緒で強がりにすぎないし、「俺が評価されないのは周りのせい」と唱えてしまうのも同様なんだけど、自己防衛本能もあってついついそう主張してしまうのは仕方がないことではある。

でも、そこで自分に向き合わないと成長はないよね。ところが、変な成功をしちゃった人はそれができずに「できるはずの理想の自分」に対する自意識ばかりが肥大していく。

以前、成功体験では人は救えない - novtan別館という記事を書いた。とはいえ、自分自身の成功体験が自分を成長させるきっかけになることはよくある。僕がラッキーだったなあと思うのは、まず大学時代、数々の障壁はあったものの、その世界のアマチュアでの最高の結果を出した。一方で、プロとアマチュアの違い、自分の才能についての限界、研鑽するための時間のなさなどがはっきりわかった。僕にとってそれは決して甘い成功体験ではなかった。ものすごい達成感の一方で、その成功は刹那のものであって、しがみつく栄光ではないこともわかったから。

こんな記事を読んだ。ゲームにおいて、「上を目指す」という欲求から逃げている、という話: 不倒城

これは、ああわかるなあ…と思わされた反面、どこで線を引くべきことなのかということをもう一度考えたくなる話だった。例えば、僕はその「成功から得た挫折」について、もっと真面目に向き合ったのかどうか。

答え:趣味なんだからまあいいか

本当か?もっともっと上を目指すことはきっと可能だし、人生において、それを行うことは楽しみの元なのではないか?

僕は本質的にはそれほど集中するたちの人間ではなく、非常に散漫に、いろいろなことをやってしまうのであるから、気質としてそれ以上を目指すことは難しかったのだろうとは思う。もっとも、今、(ちょっと別のジャンルではあるが)壁に当たっていて、真面目に時間を費やす気分になっている。もっとも、仕事のせいで果たせていないというまずい状況ではある。

さて、自意識の肥大を抑制するためにはどうしたらよいか。いや、肥大しても良いのだけれども、そのために必要なのは、それに見合う自分になることだ。僕はそれを諦めた結果として、「欲」に対して行動を伴わせない選択をしてしまった。それは諦めでも有り、敗北でもあるのであるけれども、それを受け入れることは次に踏み出すための原動力になる。実力を伴わないまま自意識だけが肥大するとどうなるか。非常に醜い自意識のお化けになってしまう。自分を客観視できないのが肥大の原因であるとしたら、客観視できるようになるしかない。しかし、それこそが自意識肥大症の人が最も恐れることなのだ。多分、強制的に自分を振り返らせたとしても、しがみつく過去の栄光がある限り、そこに依存してしまうだけだと思う。

荒療治と考えると、もっとも効果的なのは「無視すること」であると思う。

ところが、そういう人って遊び道具としては面白かったりする。あくまで道具、人扱いされない。なので、ネタにされ、からかわれ、アンバランスになった自意識はそれを自虐ネタ的に昇華するか、自分を理解しない世間に憤ってみたりするしかなくなる。残念ながら、そこで活動を続けながら治療するのは不可能だろう。

であるならば。今すぐウェブから自らを遮断するんだ。ウェブがなければこんなことは起きなかった。世間に受け入れられない自分の能力の限界を知ることもなかった。ウェブなんて所詮虚構の世界である、といえるうちに退散するんだ。実績のない一人の自分になった時、それでもなおそこに自意識を感じなければならないのであれば、失敗して餓死する覚悟でその世界のみで生きることを選択するんだ。

僕は自意識競争の敗残者である。適度に人生を楽しむ分には、そのくらいがちょうどいい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NOV1975/20130511/p3