今日もCoSTEP このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-30 新聞記事の掲載許諾 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

昨日のブログに、新聞の記事をスキャンしたものを掲載したところ、

「新聞記事には掲載許諾番号が付けられて公開されているものがあるが、

著作件上、問題がないか」というご指摘をいただきました。


そのまま掲載しても問題ないのではないかと考えた根拠は、


・新聞のニュース記事は、非常に公共性が強い著作物である

・ブログはもともとはニュースにリンクを貼って伝えるスタイルで

大きく発展した。

・一部の新聞記事はWeb上で読めるのに、読めないものがある。

その選別基準が、よくわからない。

(読めないものは、新聞を買って読んでくださいということか)

ということでした。


もう一つ、考えてみたいのが、ブログは公共の空間か、私的な空間かということです。

もちろん、個人のホームページであっても、全世界に繋がるインターネット上にあることは

理解しています。ところが、実際問題、CoSTEPのブログには、極少数最も多くても百数十人の

方が読むだけです(アクセス解析では)。

Webに掲載された新聞記事のコピー、もしくはWebでは読めない新聞記事のスキャンは、メーリングリストで

よく流れてきます。こちらに、許諾をとったというのは、見たことがありません。

メーリングリストが閉じたものであることも理解しています。

しかし、100人ぐらいが回覧するメーリングリストと、多くても百数十人しか見る実績のないブログと、

方や個人目的の利用で、方や著作権を侵害するということになるのでしょうか。

また、「今日もCoSTEP」は全国にお住まいのe-ラーニング生の方を主たる読者と考えて

CoSTEPの近況をお知らせする目的で運営しています。これは、教育目的とは認められないのか。

などなど、いろいろ疑問がわいてきました。


Webdで公開されない記事をスキャンしてブログに載せる場合、許諾が必要か、さっそく新聞社に

問い合わせてみたいと思います。


回答をいただいたら、ご報告いたします。


(*許諾なしでも載せられるということになるまでは、昨日の記事に掲載したスキャンは、

削除しておきます)



(難波)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Namba/20060830