Hatena::ブログ(Diary)

HatenaDiary id:Narr RSSフィード

2018年01月25日 光文社新書-わかったつもり-西林 克彦--おもしろかった。

f:id:Narr:20180125192938j:image

https://www.amazon.co.jp/dp/4334033229/

おもしろかった。

文章を読んで、内容を理解した、と思っても、その理解には段階がある。間違った読みと正しい読みというだけでなく、間違ってはいないが浅い読み、より良い読み、がある。

前提となる知識の有無や、文脈(文章を読むうえでの設定や状況、前説みたいなもん)によって、文章の理解は変わってくる。人はしばしば、一読して浅いレベルで理解したときに、それ以上の深い読解をしようとせず、安定してしまいやすい。そして本人には自覚がない。そういうお話、かな。

-----------------------

http://d.hatena.ne.jp/Narr/20180120

直前に読んだのが「疑似科学入門」だから、疑似科学入門やニセ科学批判で不愉快になったこととか。そのあたりと関係づけて読んでしまってた。本の内容とはだいぶズレるけれども、文章読解での「わかったつもり」と似たような問題が、文章でなくともしばしばあるんだと思う。

先日の「疑似科学入門」で噛みついた、「人感センサー照明は『道徳を代行する技術』の一例である」のところ。ここについても、「わかったつもり」があるんだろうと思う。

『わかったつもり』によると、文章を読んだときに矛盾や疑問があると、それが契機となって読解が進展する、とか。矛盾も疑問も感じることができない安定状態にあると、それ以上の読解をしようとしない。

家電製品の使い方、製品が目的とするはたらきについて、ある一つの用途を理解してしまうと、それ以上の他の使い方について探そうとしなくなる。少しでも調べてみれば、センサ照明の使い方の一部だけとりあげてどうこう言うのは強引だと分かるはずなのだけど、それはしようとしない。こういうのは「良くない安定状態」にあるとも言えるんじゃないだろうか。




照明の商品ひとつについても、いろんな「安定状態」が段階的にあるんだと思う。理解が浅いほうから挙げてみると。

  1. 商品の存在を知っているだけの一般消費者(使い方の一部だけを知っているお客さん)
  2. 商品の広告を読み込んだ一般消費者(想定された使い方をほぼ知っているお客さん)
  3. 商品の広告と仕様を読み込んだ商品販売や設置の業者(使い方と、技術的な中身もそれなりに知っている業者さん)
  4. 商品の広告と仕様を書いた製造業者(秘密も含めて商品をよく知っているひと)
  5. 商品の仕様を書いた製造業者のエンジニア、とか(秘密を作ったひと)

お客さんの感覚だと、一部の使い方を知った程度で、それ以上は知ろうとはしないし、電気電子物理化学機械に詳しくなくても、それが悪いことだとは思わないはずです。もうちょっと詳しいお客さんでもそれは同じことで、カタログの隅々まで知ってて類似商品の違いを知ってる、くらいでしかない。

お店の店員さんだと、何も知らないわけにはいかない。照明器具をお客さんに売るのなら、設置できる場所できない場所、設置するために必要な電気工事の技術だとか、それなりには必要になってくる。でも照明器具そのものを開発する必要はない。





「疑似科学入門」で私が挙げたような、私が嫌いな「関係ない人まで巻き込んだ迷惑行為」になりがちなのは何故かって考えると、根本的に批判対象について無関心であることが大きいと思う。

科学については当然、興味関心がある。必要ないことまでよく調べる。しかし、トンデモさんらの主張内容そのものについては、手間暇かけて知りたいと思ってるわけではない。当然、理解もある程度の段階まででやめるでしょう普通は。それでも批判対象がトンデモさんらそのものならば、調べた範囲内で言ってるぶんには問題はないんだろう。

しかし、そこから「世間の良くない風潮」がどうたらこうたらと駄文を書き始めると、批判対象がトンデモから外れているのに、批判するなら批判対象について調べなきゃならないという常識を忘れてしまうんじゃないんだろうか。「風潮論」の根拠が得られれば満足だし、「矛盾も疑問もない」から。



--------------------


↓以下の件については吐き出したいから書くけれど、もし何か言いたいことがあっても、何も言わんでくれますかね。これはお願いとして。またいろいろ言われるのに耐えられそうにないので。

具体的に言うと「ぬかみそフォント」の公開と更新作業、やめます。ものづくりの助けに少しでもなればというのが動機のひとつなのに、以下みたいな主張をまた見せられたり、「勘違い人間」だとか「人間として程度が低い」とか、また言われると、モチベーションなくなるから。……バグ修正しなきゃなんないんだけど……。


続きを読む

2018年01月20日 岩波新書『疑似科学入門』池内了--感想というよりイライラの吐き出し

f:id:Narr:20180120185759j:image

本棚の整理の続き、で読んでた。『疑似科学入門』は放置していて……さっきようやく目ぇ通した。

読んでてとにかくイライラした。どう控え目に感想を書いても、すげぇ書き方が悪いくらいしか言えんですこれ。700円返せ。

どこにイライラしたのか書き始めるとキリがないし、そもそもなんていうか……いちばんまともな文章は「あとがき」だったと思うのだけれど……「あとがき」に"本書を読まれた諸兄姉の忌憚のないご批判を期待している"とあるけれど、これ一般読者の感想なんてどうでもいいんじゃないかって気もする。

いちばん不愉快だったところ含めて、二点、気晴らしに書き散らかし。書評じゃないどころか感想でもないです。……いや、書けば区切りがついて、この本を処分できるかなと。


めんどくさい迷惑発言

技術による道徳の代行

〜〜〜〜〜

心の問題として親子の対話や日常生活の中で道徳を自然と学ぶのではなく、技術の力によって見かけ上道徳を守っている状態とする(ときには強要する)ようになったことである。

〜〜〜〜〜

トイレ使用後に流れる洗浄水、自動的に水の止まる蛇口、人を察知すれば点灯する照明、携帯電話を使えなくする音楽ホール、自動消火するガスコンロなど

〜〜〜〜〜

p96-p97

  1. ニセ科学批判をする側の文献にいろいろ目を通す
  2. 問題の原因を想像して、「世間の〇〇な風潮」が原因ではないかと考える
  3. 「これとかこれとか、いろんな事例があるじゃないか」

↑こういうパターンの批判が大っ嫌いなのですよ私は個人的に。

「世間の良くない風潮」に原因を求めだす人は要注意で、「こういう風潮があるんじゃないか」という目線でいろいろ見だすと、世間のいろんなものが「風潮」の事例に見えてくる。これが思い込みと他人への失礼な発言になりやすいし、そして、関係ない人の仕事まで貶めやすい

人感センサー照明について言うんなら、おそらく健常者がトイレの照明にセンサー電球を使う例くらいしか考えておられないんだろうけれども。使い方のごく一部を強調して強引に「道徳を見かけ上守らせる技術」なんていう例に扱うのは失礼。

夜に何度もトイレに行く人ならどうなのか。道徳だけでどうにもならんでしょう。他にも例えば、外玄関にセンサ照明を設置する場合はどうだろうか。お客さんが勝手に玄関の照明を点けるわけにはいかないからセンサで反応させるんだ。台所にセンサ照明をつければ、両手が塞がっていても点けっぱなしにせずその場を離れることができるし。住宅の裏手の人目が少ない場所につけとけば、防犯にもなる。


人感センサー照明なんてものはですね、体調のよろしくない人のために、家族が設置しとくもんです。設置も維持管理も、めんどくさい。商用電源照明なら電気工事が要る場合も多いし、電池なら交換しなきゃならない。

「道徳を代行する技術」と言うのなら、「家族の思いやりを手伝う技術」とだって言えると思う。


「正しく疑う心」(p178)

正しく疑うべきである、自分で考えるべきである、と言って否定できる人はいないけれど。逆に本を買ってくれた人に向かって「お前は素人だから考えたって無駄だ」と言える人もいない。

「メディア・バイアス」では、食品の情報はインターネットでも収集できることを書いたり、本の内容も勉強して調べなきゃ書けないことが書いてある。「超常現象をなぜ信じるのか」では人間の認知エラーについて、これもまた調べなきゃ書けないことが書いてある。だからどっちの本でも「自分で考えましょう、調べましょう」って書ける。

最初に「すげぇ書き方が悪い」と言ったのはこれで、「疑似科学入門」を読んでも何も得た気分にならんです。一種二種三種の分類、というのもあまりピンとこない。個別の事例についての議論が浅いまま、話を広げすぎてるようにしか思えなかった。

書くべきはそこじゃなくて。たとえばp62に、相ま系の学生の意見を修正できた、なんてあっさり書いてあったけれど、こういう例があるのなら、もっと具体的に複数書いていただきたかった。ありがちな本になってしまったとしても。

私が思う「良い書き方」っていうのは、たとえば「この本がもし、高校生・大学一年生が書いた本だとしたら、書き方として適切かどうか、論として成立してるかどうか」ってところです。信用と実績を根拠にしないこと。

新書の後半はもう、このまま読まずに捨てようかと何度も思った。でも、「あとがき」はだいぶ印象が違ってはいて、そんなに不快感があるわけではないです。とはいえ、あとがきを読んでも得るものはないことに違いはないし、「風潮」を持ち出すことは良くないってことに変わりはありゃしませんが。


-------------------------


ちなみに私個人の考え方は、「素人が10年かけて真面目に苦しんで考えても、入門書の1ページにも満たない結果すらも出せない」「他人の突飛な科学的主張に入れ込んであげなければならない責任はない」とかです。トンデモな人に真面目に相手するとこっちの人生を死ぬまで食いつぶされる。かといって、自分で考えたところで人生さらに無駄にするだけ。

2017年09月25日 読んでていらいらしてしまって

f:id:Narr:20170925200338j:image

本棚の整理諸々のために、目を通してたりとか。

2002年の本で古いこともあるだろうし、原発事故以前と今とでだいぶ変わったこともあろうけれども。なんかいろいろ、読んでて苛々してきていて。とはいえそんなに悪く言うものでもないのだけれども。

以下、書き散らかして気晴らし。




先日の、http://d.hatena.ne.jp/Narr/20170812←の本らしても、安斎せんせの本にしても。

  • 個人個人の主観事実と、
  • 科学があつかう客観事実との

兼ね合いって難しいよね、的な視点があるように見えた。いろんな人がそのあたりに着眼してるっつうことはあるんだと思う。

んだけども、菊池せんせの本を読んでるときよりも、安斎せんせの本のほうが、なんか読んでてイライラしてくるのだよ。なんとなくというか、「これじゃ駄目だろうな」としか思えないというか。

コラムとして「人生、四つの大事」が書かれてて、ブルーバックスで長々と書く内容じゃないからコラムなんだろうが。引用……しようとすると全転載になっちまうなこれ。箇条書きにしてある四つだけ引用してくると、

  • (1)自分なりの価値の発見
  • (2)主体的働きかけの姿勢
  • (3)科学的な世界観の習得
  • (4)自己の価値観の相対化

こういうのって評価が難しいというか、(あえて低い評価をするなら)安斎せんせの自己満足にしかなってないと思うんだよ。それこそ科学的に厳しく検証するもんでもないし、やっぱり本のまとめ的な文章なわけで。

そして、ね。こういう四つの主張というか、「わたしの人生観はこういうものなんだ」という自己アピールみたいなものは、水伝なりニセ科学批判批判なりでうんざりするやりとりをすると、頻出するもんだと思う。主に水伝を肯定的に受け取る人や、批判批判の立場から聞かされるものとして。

彼らにとっちゃ、ミカンを腐らせるのも「自分なりの価値の発見」であるんだろうし、それを「主体的働きかけ」をして社会や他人とつながろうとしてるんだろうし。科学的な世界観の習得、なんでしょうよ彼らにとっちゃ腐敗ミカンの実験ごっこも。霊みたいなデタラメに惑わされずに現実を見てるつもりなんだろうさね。

そして自己の価値観の相対化、なんてのは、彼らにしちゃ「科学信者に言われたくない」ってなるんじゃないすか。自分の価値観と他人の価値観が違うからって否定するな、なんて、私も何度聞かされてきたか。



水伝の騒動に巻き込まれないために「自分なりの価値の発見」は要らんわけですよ。強いて恰好つけて言えば、「常識と普通の人間関係があれば望ましい」くらいのはずで、「めんどくさい、興味ない」でもいいのだから。

安斎せんせのコラムに書いてあるような「心満たされた生き方」も必要ない。社会に働きかけ、なんてしても、他人にとっちゃ迷惑なだけだ。


人の生き方としては、幸せに生きるべきだ、というほうが一般論としては立派で正しいのかもしんないけれど。幸せかどうかなんてあんまり関係がないのが現実で、特に他人の幸せなんてどうでもいいはずで。

というか、本人が幸せになりたいのなら、本人にどうにかしてもらうしかないことのはずで。






私が十代の頃、通りすがりの宗教勧誘っぽい壮年の男性に勧誘されたことがあるんだが、その壮年男性は「病気が治った」とか、そんなのらしかった。私はそのとき、いろいろ思うところがあって、正面から言い負かしてしまったのだよ。歩道で30分も、連れの後輩を待たせてしまった上で。なにやってたんだか……議論としては私の言ってたことも穴だらけだっただろうしなぁ……。

ともかく、最後はその男性のほうが根を上げて、「納得できないなら立ち去ればいいんだよ」的なことを言って去っていった(普通、勧誘する側が言うことじゃないよな)。

その数日後、その男性か、仲間っぽい人に、他の知人が勧誘されたらしい。その知人の場合は「金をくれるんならやってやる」の一言で切り捨てたらしい。数秒。


「金をくれるんならやってやる」のほうが手っ取り早いだけじゃなくて、穏便でもあったのかなぁ、なんて今では思ってる。あの男性は論破されたくて勧誘してきたわけじゃなく、「人の話を素直に受け入れてくれそうな姿恰好をした若者を、仲間にしたい。受け入れてくれる人を増やしたい」だけだったんだろうから。

他人の話を聞く義務は誰にもないし、自分の間違った事実認識を改めねばならない決まりもない。

他人に「あなたの話を聞きたい」とお願いしていないのなら、他人の話を聞く必要はない。


どっちが悪かったかといったら、私のほうが悪かったんじゃないんだろうか。私はあの男性の仲間になることを望まれただけで、私の意見を求められたのではないから。

私という人間そのものは、あの男性にとっては何の価値もなかったわけだし。








客観的事実と主観的事実、科学は客観事実を問題にしていて〜、というのは間違っちゃいないが、問題はそこから先だろう。こっちは客観的事実について話してるつもりでも相手は主観事実とみなしてたりするとか。主観事実はすべて「価値観」なんてアホみたいな言葉で一緒くたにするもんでもないだろうとか。イライラしてるのはそこだけか所詮は。気晴らしだし別にいいかこれで。

2017年08月12日 書き散らかし

なんか書かんと、ここの使い方忘れる。つか、残るんかいな、はてなダイアリーのサービスは。移行せにゃならんのだろうかブログのほうに。

f:id:Narr:20170812154429j:image

積んでた本の一部。今、本棚の整理目的で軽く目ぇ通していて、えーと、読んだら捨てますすんません。捨てるのは仕方ないがそれをわざわざ言うな、と。ごもっとも。

それぞれもう、出版されてから10年とか経ってるのかと……うん、菊池誠さんのは1992年っすな(そうだがそうじゃない)。

かもがわ出版の対談本のほうは読んだ、けれど。まぁ、もやもやしてるなぁと。何がしかの新事実確認したから主張したいのだ、なんてものをはじめから書く気はないみたいだし、必ずしも読者に賛同してもらいたいわけでもないんだろうかな。

それならそっちのほうがいいなぁ、とは思った。「世の中の風潮は〇〇で特徴は××といった異常行動であり、それが見られるあなたは異常者なのだ」よりは、はるかに。



コバエがうっとうしい。少しくらいなら大目に見るがモニターに入るなよコラ。パネルの隙間に潜り込んで死ぬなよ死んだら殺すぞ。



はてなブックマーク - 水からの伝言に関するNarrのブックマーク

水伝ブックマークは5500弱になっとります。やめようとも思うのだけど、終われないんだろうな、たぶん。

ここんところは比較的、重めの方向性のものが、割合として増えてるかなぁという気はしてる。重めっつうか、マイナー化。

教育や科学に口出しして表舞台に立とうとするものよりは、もっと個人的な利益を目的とした「健康になりたい」「美人になりたい」といったものが目に付く。それか、すごくオカルト臭いやつ。

増えた、というより、「ねぇねぇ知ってる?水の結晶ってね……」な、ライトなのが減って、かわりにオカルト臭いのが目立つようになってきた、かも。



↑の香山さんの黄色い本での……「現世利益・個人の幸福」っすか? それと似たようなもの、水伝だと教育関係の話は減ったにしても、美容についての「現世利益」は、けっこう見かける。

私は香山さんの話は、あんまり同意はできないというか、話を大げさにし過ぎじゃないのか、って気はするのだけれども。つか、文章は平易なはずなのに意味が分からんところ多数です私にゃ……。





「水伝ブログの人らも一般人、強いて言えば、なんにも考えてないだけ」、というのが私の今んところの認識で。個別の例外はたくさんあるにしても、大雑把に言えるとしたら、その程度しかないような気がしてる。

「きれいになりたい」という現世利益を求めて水伝を利用しようとしてる、というんも微妙で。「なんとなく耳当たりの良いネタを見かけたからブログで使って自己アピール」な側面もあるだろうし。現世利益というよりは、単純に「自分にとっての商品価値にしか興味がない」という側面が大きいんだと思ってる。



水伝が騒動や喧嘩になるときに見られることだと思うけれど、水伝を使おうとする人ってのは、商品としての水伝を道具として「使おうとしてる」。たとえば、生徒の暴言を黙らせたい。美人になって満足したい。健康になった気分になりたい。ブログで「いい話」を紹介して自己アピールしたい。等々。

彼らにとって、目的外のケースは想定する必要がない。水伝の主張がいかに非科学的・非道徳的かを説明しても通用せん理由の一つはこれで、「よい使い方の一例である水伝道徳授業」も、「水伝が道徳的によくない理由」も、それぞれ「使い方の一種」として等価に、かつ、バラバラに扱われてる。どっちか都合のよい片方だけを使うことができる。


このへんの態度って、意識してやってるというよりは、「慣れ」なんだろう、と私は思ってるので。お買い物に慣れすぎてる。

もしそうだとしたら、この点については、その人が生き物として異常とか病気とか、そこまで言うもんでもないと思う。間抜けだとは思うが。



あんまり「〜といった人が増えている」だとか、「〜は〇〇的な思考の例である」だとか、「風潮」とか、そういうのは無いとは思わないけれど、あんまりスケールがデカい仮説を考えすぎるのはよくないと思うんだよ。「ある」と思って見ると、あちこちに「ある」ように見えてくるもので。ないのに。

まぁ、家族がなに考えてるのかだって分からんからね。赤の他人がなに考えてるかだって分かるわけもないし。それは半ば冗談としても、せめてちょっと話を聞いた程度でどうこう、ってのは、やらんようにしたいので。分かった気分にならないように。

2016年09月24日 NINTENDO64+64DDと『チョーきれいだね!』

MSゴシックがどうたら水伝批判者がどうたらと目障りだな。消してもいいよなぁこんなブログ……今はいいか。


古いゲーム機器の整理整頓の途中に、少し試してみた写真。

テスト不十分不十分不十分です。数分間しか動かしてないし、私の自作の回路をだいぶ通してます。「正常に動作したよ〜」的な動作確認は全くしてないんで、そのへんよろしくです。

f:id:Narr:20160924151343j:image

NINTENDO64+64DDに、古いプレイステーション用アップスキャンコンバータ(Waka SLPH-00016)を繋いでみた写真。

このアップスキャンコンバータ、捨てるつもりで最後の最後のテストに(高かったのに当時は使えなくてガッカリしたんで……)繋いでみたら、故障してると思ってたら動かすことができて、もしかしたら使えるかもしれなくて、それで。

f:id:Narr:20160924151327j:image

f:id:Narr:20160924151312j:image

MITSUBISHIのRDT234WXに、SLPH-00016を通してN64を繋いでみた図。N64はRGB出力を追加して、そこから別の自作機器で、必要以上に複雑な回路を通して弄っちゃってますが。

直結したほうがいい気がするけれど、N64のRGB出力回路自体が自作になるわけだし直結なんてありえない、か。


このモニタだとD端子がついていて、たとえばゲームキューブがD端子ケーブルで普通につながります。普通のモード、15khzでゲームキューブを繋ぐと、右上の表示を見る限りでは内部遅延時間がけっこうあったはずなんですね。それが、ゲームキューブをプログレッシブモードにすると0.1フレームまで改善するっぽい。

そんなわけで、N64も外部で変換してやればD端子入力できるだろうなー、とは思ってたのですよ。しかし、もし内部遅延が大きいとしたらちょっとなぁと思ってたところなんで、アップスキャンで問題なく動くんなら、まだ使えるかもしんない。このアップスキャンコンバータ。

残念ながらスーパーファミコンは同期がうまくとれなかったりするんだけれど……64DDだけでも現代の液晶モニタでRGBで使えるんなら、それだけでも十分に価値があるよなぁ。

f:id:Narr:20160924151255j:image

f:id:Narr:20160924151238j:image

f:id:Narr:20160924184757j:image

f:id:Narr:20160924184739j:image

1ドットの縞模様が、不揃いになってる。アップスキャンだし、これくらいはしょうがない、か。


f:id:Narr:20160924151833j:image

別のテレビに、S端子で繋いだところ。全体にはすごく綺麗ではあるし、普通に使うぶんには良いとは思うんだけれど。

f:id:Narr:20160924151812j:image

f:id:Narr:20160924151748j:image

1ドットの赤青の縞模様が混じっちゃってる。このへんはどうしようもない。



f:id:Narr:20160924152256j:image

ちなみに、古いブラウン管のモニターに、15kHzのRGBで繋ぐと、こんな感じ。

走査線の隙間はあるけど、赤青が混じることもないし、ドット幅が不ぞろいってこともないし、スーパースコープも動くし、インターレースもいけるし、やっぱ素直に映ってくれるのはいいなぁと……ブラウン管はデカくて重くて古くて、いいかげんに捨てたいんだけど、どうにも代用が難しくて……。

f:id:Narr:20160924152238j:image

ちょっと同期信号に小細工して、インターレースっぽくすると、こういう感じで、ブラウン管でもドットを読めるんす。ペイントスタジオでドット打ちができる。

2016年09月19日 ファミコンRFスイッチHVC-003の基板写真

一つ処分するついでに写真撮ったんで、置いときます。回路図とかは作ってません。

他に参考になりそうなのは……あった。

息抜きにファミコン買ってみた(笑) | 猫崎製作所 2nd season

no title

↓の最後の写真にあるように、ファミコンのRF出力にLEDをつけると、DCが乗ってて光ります。

私は怖くて、テレビとファミコンの直結はやったことないんですけどね。テレビ側に良いわけがないし、逆にアンテナ線側からDCがファミコンに加えられたらどうしよう、なんて気になるんで。昔、アンテナ線でビリビリ感電したこともあるしなぁ……。


まぁ、今時どうしてもRFを使わなきゃならない事例はそうそうないとは思うけれど、どうしてもやるなら、せめてセラミックコンデンサ一つを挟んでDCを切る、くらいはしとくほうがいいです。コンデンサの容量については1000pF*1ぴったりでなくても構わないんで、とりあえずそれっぽいものでも挟んどきましょう。

部品が手に入んない、ってことはないと思うんだけれどなぁ。ネット通販がこれだけ便利なんだから、ちょっと調べてみりゃいけると思うけれど。雑誌広告の豆文字と睨めっこして現金書留、の時代じゃないんだし。



今でもたくさんあるのか。直結したのをネットに書いてる人。ちょっとだけ検索してみた感じ、ブログはともかく今は動画にしてる人までいるの? なんか、こう、なんていうか。うん。

ファミコンの本体だけ中古で手に入れてRFスイッチが無い、となればやりたくなる人もいるかもなぁ、とは思うんだけど、それが動機になるのは自分が今すぐゲームで遊びたい場合であって、ネットで話題にする場合じゃないよね? ネットで記事にしたいのなら、技術的に正確な記事か、そうでないなら珍しくて面白い記事とかにしようとするはずなんだし。

「やってみたら動いちゃったよ(笑)」くらいのノリで内輪でちょっと話題にする程度ならともかく、立派な仕事じゃないのは明らかなんだから、大げさにやって他人にどうこう言われるリスクを背負い込む必要はないと思うんだけど。金にも名誉にも気晴らしにもならんだろそんなの……。

f:id:Narr:20160919194437j:image

f:id:Narr:20160919194438j:image

f:id:Narr:20160919194439j:image

f:id:Narr:20160919194440j:image

f:id:Narr:20160919194441j:image

f:id:Narr:20160919194442j:image

f:id:Narr:20160919194443j:image

f:id:Narr:20160919194444j:image

f:id:Narr:20160919194445j:image

f:id:Narr:20160919194446j:image

f:id:Narr:20160919194447j:image

f:id:Narr:20160919194448j:image

f:id:Narr:20160919194449j:image

*1:部品の表記は「102」で、10x10の2乗ピコファラド、って意味。

2016年09月11日 ファミコンAV化したやつの写真とか

http://www.geocities.jp/beta_reverse/vb-se_100421-fcmod/fcmod.html

ずいぶん前にコンポジットビデオ出力を追加したファミコン、久々にバラす機会ができたんで、ついでに写真を追加してみる。

私は解説はボロが出るんでやらない人なんだけど、この機会にもうちょい(気分で)書いてみるんで、興味ある人は参考までに。当てにならんことは前提で。

f:id:Narr:20160911173113j:image

ビデオ信号を取り出すところ。エミッタ抵抗と出力抵抗。実装よくないなー。

エミッタ抵抗が220オームなのは、お店で入手しやすい抵抗値だから。少々の増減は問題ないです。

出力抵抗の100オームは、回路図の上では、トランジスタの近くでもRCAコネクタの近くでも同じなわけです。しかしこの作例の場合ではエミッタの近くに置く、ってのをやってます。理由は発振とショートのリスクの軽減。

出力抵抗は実測で100としましたが、これは変えないほうがいい。たとえば、75オームではダメ。インターネットだと110オームにしてる作例があるようですが、これは任天堂のAV仕様ファミコンの回路を参考にしてるのかな。私が100にしたのは、私の手持ちのファミコンをオシロで見たときのピッタリの値、かつ入手しやすい抵抗値、ってだけで、110でもよかったはず。

ビデオ信号ならインピーダンスマッチングしなきゃならないから75じゃないか、というのはごもっともなんだけれど、少々のミスマッチングよりも受け側で1Vになることのほうが重要なわけです。もしファミコンのPPUから2Vの信号が出てるのなら、それをそのままエミッタフォロワを通して、68オームくらいの抵抗を通せば、だいたい出力75オームくらいになるからいい。でもファミコンの場合はもうちょい大きめに出てるみたいなんで、出力抵抗を100オームにして辻褄合わせしてます。75オームでインピーダンスマッチングをしたい、というんなら、それは電圧レベルを調整してから。つまり追加部品数が増えるとか、そういういうことになる。


参考にちょっとだけ、一般解説のようなもの。ビデオ信号をアンプで送るときの基本パターンは、

  1. 1Vのビデオ信号を、電圧増幅して、2Vに整形する。
  2. エミッタフォロワやボルテージフォロワで信号の抵抗値を下げる。
  3. 75オーム、プラス75オームの抵抗に十分に電流を流せるように、(エミッタ電流を多めに流した)エミッタフォロワを通すなりなんなりする。可能なら抵抗値を下げるのと同時にやってもOK。
  4. 抵抗75オームとアルミ電解コンデンサ220μF〜2200μFを直列に挟んで、出力。この時点で2V。
  5. ケーブル通す。
  6. 受け側のテレビとかで、75オームの抵抗で受ける。抵抗で分圧されて1V。

1Vを2倍して2Vにして、2Vにパワー与えて送り、受け側で1Vにすれば、元通り1V、というような感じだろうか。

ちゃんとした情報はお金を出して、本でも買ってくださいー。


f:id:Narr:20160911173114j:image

ビデオ信号にはアルミ電解コンデンサを挟んでる。オーディオにもコンデンサは挟まなきゃだめ。

コンデンサを通せば全く問題ない、ってわけではないにしても、コンデンサと抵抗を通すだけでも、ファミコンやファミコンと繋ぐ機械が壊れる危険がグッと減る。

ビデオ回路の設計がまずい場合、コンデンサを外すとたまたま動く状態になる、だからコンデンサはつけない……って事例もあり得るわけだけど、それは回路の設計にミスがあるから。写真の作例ならコンデンサを通しても問題なく動くんだから、コンデンサを外すメリットはないです。


これたぶん、トランジスタ回路の設計をかじった人なら、誰が作ってもこれと同じ回路になるはずです。だから私も「この回路を使って改造ファミコンを売るな!」とは言わんわけ。でも商売として売るんなら、こんな記事読む必要も無いわけでしょ。だから、これを読む人なら、個人製作にとどめて欲しい、って書いてるわけです。個人製作以上のことをやれる人なら、ネットの間違いだらけの情報に振り回されるのは時間の無駄なんだから、自分で組むほうが簡単なはず。

まぁ改造ファミコンを売る人を止める気も権利も私には無いけれども、買う人が気の毒かなぁとは思う。ゲームソフトの種類によっては同期がとれません、なんて粗悪品は、ただの不勉強。

f:id:Narr:20160911173115j:image

f:id:Narr:20160911173116j:image

↑サイトのほうには書いてないんだけど、パスコン追加したりはしてます。ファミコン基板にパスコン用っぽいパターンがついてるんだから、つけたほうがいいのかなぁと思ってつけてます。基板表面についてるセラミックも、積層セラミックに交換してる。まぁこういうのは、自分用だからできることなんだけれど。あ、抵抗は電源LED用です。

パスコンの定番は、低周波用にアルミ電解を一つ、各半導体に高周波担当の積層セラミックを一つずつ、っすね。基本は安定動作のためで、「縦縞軽減」のためではないです。

パスコンはいちおう「縦縞軽減」的な効果もあるように見えたのだけれど、そういう目的ではあんまりやりたくないし、他人には勧めたくないです。電源まわりを弄るのは電源の立ち上がり的に心配なわけで、コンピュータ的に大丈夫なのかなぁ、とか。周辺機器が接続されたらどうなるのかなぁとか思うわけで。

縦縞模様云々については、気になるのは分かるんだけれど、それは本当に必要な対策なのか、どこまでリスクをおかして手を入れる価値があるのか、というのは常に頭に置いたほうがいいんじゃないかとは思う。

本末転倒にならないようにバランスを考えたほうがいい、というか。勉強目的と実用目的は分ける、というか。

f:id:Narr:20160911173117j:image

2016年09月07日 スーパーゲームボーイ1のクロックアップと通信端子追加改造

写真適当に置いとくんで、見たい人がもしいたら、どうぞ。フォトライフのほうに縮小しないでアップしてます。

f:id:Narr:20160907200236j:image

f:id:Narr:20160907200237j:image

f:id:Narr:20160907200238j:image

f:id:Narr:20160907200239j:image

f:id:Narr:20160907200240j:image

f:id:Narr:20160907200241j:image

f:id:Narr:20160907200242j:image

f:id:Narr:20160907200243j:image

f:id:Narr:20160907200244j:image

f:id:Narr:20160907200245j:image

f:id:Narr:20160907200246j:image

f:id:Narr:20160907200247j:image

f:id:Narr:20160907200248j:image

f:id:Narr:20160907200251j:image

f:id:Narr:20160907200235j:image

改造したのは三点。電源LED追加、動作速度約二倍弱のクロックアップ、通信端子増設。このうち電源LEDは+5VとGND間に制限抵抗つけたのみ。

クロックアップ

SGBの2は内部でクロックを作ってるっぽいですが、SGBの1はSFCの本体側からクロック貰って動作してます。ここのパターンをカットして、別途クロックモジュールで発生させたクロックを、トグルスイッチで直接に切り替えてるだけです。

確か、アナログテレビに縞模様が出ちゃったんだったか。乱暴。

通信端子増設

ポケモンの交換と対戦だけはやってみて、大抵は失敗しないで動いてた、はず。ポケモンリーグごっこができます。

回路自体はなんにも考えずに作ってて、ジャンクのゲームボーイの回路と部品をそのまま部品を移植、コピーしただけです。スーパーゲームボーイが、見た目ゲームボーイそのものっぽいんで、ついやっちゃったんだと思う。失敗を確認するつもりでポケモンを交換しようとしたら動いて、びっくりしたような。

回路は保護回路で、ダイオードと抵抗で保護してる、のような気がするんだけど、よくわからんです。黒い三本足はたぶん、トランジスタでなくダイオードだったと思う。やかましいこと言わないのなら、直結しても動いちゃうんじゃなかろうか。まともに動くかどうかは別として。

2016年08月28日 【開発者用】「カボチャ売り尽くし」フォント

「まっくろくろくろ」フォントの不具合?のご注意 - HatenaDiary id:Narr

昨日のフォントの作り直し、仕切り直しです。今回はOpenTypeに加えてTrueTypeもあります。使用許諾契約書もいちおうつけときました。

開発者用です

フォントのアンインストールに不具合と疑われる現象があります。こちらで対応できる部分は対応しましたが、できることといえばフォント制作ソフトのデフォルトから、なるべく弄らないようにすること、くらいしかないのです。

今日のところはアンインストール可能でしたので、開発者用ということで公開しときます。

開発者でなくても使って全く構いませんが、昨日の記事に書いた手順でフォントの削除ができないのなら、インストールもやめたほうが無難です。Vista以降のWindowsだと同様な不具合が出る気がします。

現状確認されている不具合(Windows10)

TTF版とOTF版を一つずつインストールする分には普通にできますが、TTF版とOTF版を同時に選択して二つ同時にフォントフォルダにドラッグドロップすると、どちらか一つしかフォントフォルダに表示されませんでした。表示されている方のフォントを削除すると、見えなくなっていたフォントが表示されます。

概要

f:id:Narr:20160827152219p:image

収録された全ての文字が、四角で表示されます。文字を納める四角、漢字やひらがななら正方形、英数字ならその半分の長方形、その全体を四角で囲みます。

余白はありません。文字と文字の間隔を0にすれば、長い長方形になるわけです。太いマーカーペンで線を引いたみたいに。

日常生活で使う大抵の日本語なら、このフォントで表示すれば、四角の連続になります。収録されていない文字については、アプリケーションやOSの扱いに依存します。代替フォントで表示されたり、空白になったり、です。


用途としては、工夫次第というか、よくわからない。使いみちを思いついた人が使ってみてください。

小説家になろう-ぬかみそフォント | Userstyles.org

先日はCSSを書くのに使ってました。小説投稿サイトに使うユーザCSSを書き、どうせ作ったのだからCSSを公開しちゃおうかな、と思い立ったんだけれど。スクリーンショットを普通に撮ると小説の転載になってしまう。ここで四角いフォントの出番。文字が読めない四角になれば、文章の著作権を気にせずスクリーンショットを使える。

CSSそのものを書くときにも、たまに使えるかもしれない。letter-spacingやline-height、colorあたりがはっきりと分かる。


上記のCSSのほうも、よかったら使ってみてください。最初は自分用の最小限のCSSだったのに、いつのまにかデカくなっちゃって。


フォント名に意味はない(余談)

フォント名はウケ狙いということでもなくて。最初は「まっくろくろくろ」にしてたのだけど、ジブリ的なものを連想するからだめだろうと。別の名前を考えたが、思いつかない。

さて、フォントのアンインストールのトラブルが起きて、この原因がはっきりしない。フォントのバージョン名を数字のみ、日付にしていたのがダメだった……のか? 何なのか、ともかくバージョン名を「Version 1.00」にすると直ったり、という謎現象が起きてしまってた。バージョン名が原因だとすれば、下手にフォント名を変えるのもトラブルの原因になりかねない。

そのときには既に、「カボチャ売り尽くし」なんていいう仮のフォント名でテストしていたわけで……フォント名を変えると、またテストのやり直しになっちゃうのです。よって、このまま行くことに決めた。

私が出すフォントの名前は、基本、問題が少なければ良いので。趣味としては、あんまり自分を立派に見せかけないようにしたい、くらい。

あまりフォントらしいフォント名をつけると、万一企業のフォントと勘違いされると面倒になる。アマチュアらしく、例えば「墨塗りフォント」なんて検討したけれど、戦争を連想するのは気分が良くない。じゃあ文字が収録されてない意味の「豆腐」を使うかというと、GoogleのNotoフォントと似てしまう。

「それらしい名前・ふさわしい名前」は、それなりの仕事をする人が使えばいいと思うので。私は意味が良くわからんネーミングのほうが性に合ってる。

2016年08月27日 「まっくろくろくろ」フォントの不具合?のご注意

f:id:Narr:20160827152219p:image

ぬかみそフォントを公開しているのと同じところで「まっくろくろくろ」というフォントを置いていたんですが、これを見つけてダウンロード、OSにインストールした人がもしいれば、フォントファイルをOSからアンインストールできるかどうかの確認をお願いします。

こちらのWindows10環境だと、インストールと使用は可能なんですが、アンインストールしようとしてもフォントフォルダに「まっくろくろくろ」のフォントが表示されません。こちらで確認する手段が乏しいのでなんともいえないんですが、Windows7から10の環境だと不具合が出てる気がしてます。

アンインストールするには

http://opentype.jp/delfonttool.htm

こちらのWin10環境では、武蔵システムの「インストール済みフォントの削除ツール」で削除できました。普通に「一回だけ」インストールしたのなら、綺麗に削除できるかもです。

何度も「置換インストール」した場合

以下は「まっくろくろくろ」とは直接の関係はないんですが、「フォントが削除できねぇよ!」と試行錯誤して、何度もインストールした場合、該当するかもしれない話です。


Windows7や10で、あるフォントをインストールした状態で、さらに同じ名前のフォントをインストールしようとすると、「置換しますか?」と問われて、これにOKすると新しいフォントで置き換えられた、みたいな状態になるんですが。

f:id:Narr:20160827153608p:image

これ、Windows7の頃からの話で、置換といいつつ、フォントフォルダにフォントがどんどん増えていってます。

http://d.hatena.ne.jp/Narr/20110605

さっきちょっと試した限り、Windows10でも同じ状況になってました。心当たりの人はご注意を。

フォントフォルダにゴミが残った場合の解決方法は、これマイクロソフト案件な気がするんで私からはどうとも言えんのです。私の場合は、

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動
  2. Windowsのフォントフォルダに移動
  3. delコマンドでフォントファイルを直接削除
  4. コマンドプロンプト終了、念のため再起動
  5. あらためて「まっくろくろくろ」を一回だけインストール
  6. 武蔵システムの「インストール済みのフォントの削除ツール」で削除
  7. コマンドプロンプトでフォントフォルダを覗いてみて、該当のフォント(makkurokurokuro.otf)が消えてることを確認
  8. フォントキャッシュの削除、再起動

という手順でやってます。






どーしてこうなったんだか。

Connection: close