Hatena::ブログ(Diary)

戸隠地質化石博物館の日記

2016-07-29

もしや!

16:45 | もしや!のブックマークコメント

夏休みにも入り

これから 8月頭までは 

いろいろと忙しいので

少し時間のあった今日

某所にお遣い?に


すると そこかしこ

f:id:Naturalhistory:20160729090629j:image

イノシシのぬたばになっていました

また

あちこち掘り返したあともあり

イノシシ存在をびしばしと感じました

増えてる感が半端ないです


そんなイノシシ臭ぷんぷんの地面に

なにやら怪しげなもの・・・

f:id:Naturalhistory:20160729160947j:image

カエンタケに似ています・・・

でもさきっちょの形状が違うかな?

ツノタケでしょうか?

でも

猛毒カエンタケだと怖いので

詳しい方は教えてください

2016-07-28

17:32 | 嵐のブックマークコメント

昨日は夕方から大雨が降るという予報から

お土産コーナーの屋根のブルーシートを撤収して、備えていました。


が、降り出しそうにないので、職員が外で植木剪定をしていると・・・


f:id:Naturalhistory:20160728171005j:image

暗くなりだした空を何百もの鳥が舞いだしました。

画像が不鮮明ですみません・・・


ツバメイワツバメ、そしてアマツバメの昆群です。

特に大型のアマツバメは、ブーメラン型の翼でぐいぐい飛んでいて、

見ているこちらが酔いそうなほどです。


f:id:Naturalhistory:20160729170413j:image

日本野鳥の会「フィールドガイド日本野鳥」より)


アマツバメはまさしく「雨燕」と書きます。

雨そのものではなく、ツバメ軍団の来襲とは、博物館らしい^^?


職員のほら貝に反応して、

f:id:Naturalhistory:20160728172018j:image


f:id:Naturalhistory:20160728172410j:image

近くに集まってきたのには本当に驚きました^^;


30分ほどの乱舞を楽しませてくれました。



おそらくですが、今年生まれの幼鳥たちが渡りの準備をする時期なのでしょう。

気圧や風などの関係で、虫たちが集まり、

それを目当てにツバメたちも集まってきたのだと思います。




ツバメたちの嵐から一夜明けて、今日長野でも梅雨明けが発表されました。

いよいよ夏本番です!

2016-07-27

どうして?

17:18 | どうして?のブックマークコメント

先日山歩きをしていたら、目に飛び込んできたのは

こんなイモムシです。

f:id:Naturalhistory:20160725081944j:image


危険!!」

と全身でアピールしているようなストライプ模様。


さらに、何やら黒いリボンのようなものが飛び出ています。

触る気にはなれませんでしたが、あまり固い刺という感じではなさそうです。


撮影のため葉っぱを動かしたら、

くねっと頭を入れてしまいました。

f:id:Naturalhistory:20160725081959j:image


それにしても、ひらひらリボンのようなものは何???

強烈ですが、わけがからないです・・・



図鑑で調べてみたところ、ハンノケンモン という蛾の幼虫でした。

流行ゲームキャラのような名前で、

親の蛾の姿が妄想されましたが、




図鑑にあったのは、

f:id:Naturalhistory:20160727132917j:image

こんな地味な姿。(学研日本産蛾類標準図鑑」より)

図鑑用に羽を開いていますが、普通は閉じていて、

三角形の控えめな姿の蛾です。

名前は、剣のような模様が羽にある蛾のグループで「剣紋」というらしいです。

ハンノはハンノキのことでしょうか? わかりませんでした。


また、こんな姿をしていますが幼虫には毒はないそうです。

そして、頭をいれるのは、危険を感じた時の得意のポーズのようです。


子のインパクトもすごいですが、親と子に差がありすぎて、またびっくり。

なぜ、どうして???

オンパレードです。


ちなみに、戸隠森林植物園でも目撃情報ありです。

皆さんも見かけたらご一報ください。

2016-07-26

夢の跡…

13:46 | 夢の跡…のブックマークコメント

当館は、小学校の名残がそこここにあります

先日、草刈りをしている際に職員発見


庭にある卒業記念の石碑…

そこには、「夢」文字が刻まれています

しかし、ちょっとへんな感じが…



f:id:Naturalhistory:20160726134534j:image:w360



石碑の刻みを利用して、営巣していました。

この中には、どうやら幼虫がいるものと思われます

ドロバチの仲間の仕業なのでしょう。


f:id:Naturalhistory:20160726134532j:image:w360



これは、子孫を残すため、ハチ「夢」をかなえるために仕組んだ行為でしょうか?

それとも、卒業生「夢」を奪う行為なのでしょうか?

みなさんはどうお考えでしょう。


今後どうなるか注目していきたいと思います

うすしおうすしお 2016/07/26 18:33 私はハート形に見えます*\(^o^)/*
夢は心の中心に…☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
なんちゃって(笑)

NaturalhistoryNaturalhistory 2016/07/27 10:20 コメントいつもありがとうございます。

私たちも、これはハート形に見えました!
恋人たちの聖地にならないか?と考えました。

しかし、よく考えてみりと、夢は心(心臓)の中というよりは
脳の働きなので、脳の中にあるのでは、と思っています。

解剖学に携わっていると、そのように思えます。

夢がない話で…すみません。

2016-07-24

誕生日を忘れるってときどきあるよね

16:49 | 誕生日を忘れるってときどきあるよねのブックマークコメント

昨日は気づきませんでしたが^^;

ここが新しくなって8周年の開館記念日でした・・・


(実際に開館したのは2008年7月26日(土)ですが、

7月の最終土曜日に開館しようという設定だったので

その後の開館記念日は毎年7月の最終土曜日でした)


ということは・・・

今日から新館開館9年目のスタートの日です

(時が経つのは早い・・・

そして本日はこの時期恒例 通算8回目の

昆虫採集と標本づくり」の日

しか・・・今日暑い・・・

でも!

そんな暑さにも負けずに

草原でチョウやバッタをつかまえ

f:id:Naturalhistory:20160724101506j:image

山の中で甲虫をさがし

f:id:Naturalhistory:20160724110018j:image

こちらは日陰で涼しかったですが

肝心の甲虫が見当たらず・・・


もう一つのお山に移動して捜索・・・

なんとか3匹のクワガタが見つかりました


少し残念でしたが

ある意味

標本づくりがメインです

虫たちの処理にお時間をいただく都合で

お昼休みをはさんで作業を再開!


f:id:Naturalhistory:20160724135311j:image

子どもが1人で黙々と作業する家族から

協力するところ、そして案の定?

親が取り残されるところまでさまざま・・・

f:id:Naturalhistory:20160724135321j:image

はい

どこの家族も しっかりと

標本になりそうなところまで仕上げていきました

あとはうまく乾燥してくれたら・・・

りっぱな自由研究になるかな



そして

これからも みなさま 当館をどうぞ御贔屓に!