Hatena::ブログ(Diary)

戸隠地質化石博物館の日記

2016-08-25

夏のにぎわい

17:28 | 夏のにぎわいのブックマークコメント

今日は隣の市の高校生たちが、地層の授業に訪れました。

蒸し暑い天気で、職員もバテ気味でしたが、

なんでも吸収する生徒たちを前に、いつもより多く話してしまいました^^


午後はクリーニングも。

f:id:Naturalhistory:20160825104833j:image

部屋いっぱいです。


f:id:Naturalhistory:20160825105451j:image

こんな大きなトクナガホタテも出ました!

展示室で展示しているものより大きいかも^^;


f:id:Naturalhistory:20160825105615j:image

反対側は作業が終えられなかったので、

後の人に託されることになりました。



館内見学でも元気はつらつ!

f:id:Naturalhistory:20160825120346j:image

甲羅がめちゃくちゃフィットする!! と大絶賛でした^^


今日合宿中の関東学校体験や、保育園見学もあって、

クリーニング室もフル稼働。

f:id:Naturalhistory:20160825125009j:image

とってもにぎやかでした。



夕方には暑さもひと段落

こんな夏のにぎわいが、もうすぐ終わるかと思うと、

ちょっと寂しい夕暮れです。

2016-08-24

雨上がりの・・・

15:59 | 雨上がりの・・・のブックマークコメント

先日、強い夕立のあと、某所でこんな光景出会いました。


f:id:Naturalhistory:20160822140256j:image

(再びのハチネタです^^)

アシナガバチの巣の下で、スズメバチが濡れた体を乾かしていました。

前足を使って顔のあたりをふいたりと忙しそうでした。


宿ぬしのアシガナバチは、そんなスズメバチは気にせず、巣のお世話に没頭。



でも、待てよ。。。

スズメバチは、アシナガバチの巣を襲って幼虫をエサにしてしまう天敵のはず。

緊急避難で巣の下にちゃっかり入ったスズメバチは、

この後、本性を表すのでしょうか?

結末を見届けずに、その場を去ってしまいましたが、はたして・・・^^;



おまけ。博物館でこのごろ咲いた花です。

f:id:Naturalhistory:20160824054115j:image

変化朝顔で現れた、深い切れ込みで八重咲きの花(奥は普通八重咲き)。

勝手に「朝の花火」と命名。

自由交配による品種改良、恐るべしです。

それにしても、もとの品種が、キキョウぐらいの切れ込みのはずなのに、

普通のかたちの朝顔とかけあわさって、なぜこんなかたちになったんでしょう?

それとも、キキョウ咲き同士でかけあわさって、切れ込みが強くなった?

遺伝子不思議です。


春に来館されたかたに種をお配りしましたが、

こんな変わった花が咲いた、というかた、

ぜひご一報ください。


f:id:Naturalhistory:20160824071302j:image

オジギソウのかわいい花も今日咲きました!

2016-08-23

やむを得ず・・・

16:31 | やむを得ず・・・のブックマークコメント

今年は蜂の巣が当たり年のようです

アシナガバチスズメバチがよく目に付きます


先日も垣根の中にスズメバチが巣を作っていたので

殺虫剤駆除しました

落ちているスズメバチを見てみると

f:id:Naturalhistory:20160824144935j:image

お尻の先は黄色

f:id:Naturalhistory:20160824144946j:image

眼点のまわりも黄色

そして

お口のところは山が3つ見えたので


コガタスズメバチ だったようです


よほどいたずらしないと刺しにはこない

大人しいスズメバチだそうですが

施設管理としては駆除せざるを得ず・・・


標本として しっかり活用することで

供養するということで・・・

巣も確保しました

f:id:Naturalhistory:20160823132056j:image

きれいな模様の巣です

大きさ直径15cmほどの球体で

入口はひとつ



覗いてみると

f:id:Naturalhistory:20160823132135j:image

2段の巣がつくられていました

なかでは・・・

まだうごめくもの・・・

コガタスズメバチの巣の中 - YouTube

申し訳ありませんが

標本作成のため

熱処理させていただきました

防腐処理が済み次第

ハチゾーンにて展示予定です

2016-08-21

こんなところに・・・

16:56 | こんなところに・・・のブックマークコメント

本日

アカテガニが卵を産んでいるんだけどどうしたらいい?

というような相談電話がありました。


それを受けて

海に遊びに行った時にアカテガニを捕まえて

もって帰ってきたら卵を産んだけどどうしたらいいの?

って感じなのだろうと思い


アカテガニの産卵には海水必要

幼生期をうまく育てるのはプロでも難しいですよっと

お話をしつつ、捕まえたいきさつなどいろいろ聞き出していくと・・・

長野市内で捕まえたと言うじゃありませんか!

普通長野には海の生き物はいないので違うカニかもと伝えたところ

住まいはご近所とのことでカニを持ってきてくれました

しばらくすると来館されみてみると・・・

f:id:Naturalhistory:20160821093857j:image

アカテガニですね^^;

長野市内でアカテガニがみつかるなんて・・・

みなさま脱走には十分ご注意ください

2016-08-20

懸命に・・・

16:11 | 懸命に・・・のブックマークコメント

一昨日ご近所さんから情報いただき確認にいきました。

f:id:Naturalhistory:20160819145602j:image

白いツバメヒナです。

巣だったのですが、兄弟たちと近くの軒下をねぐらにしていて、

夕方になると戻ってきます。


目は黒いので、完全なアルビノではないようです。

羽も薄くですがグレーがかっています。

f:id:Naturalhistory:20160819150611j:image

まだ親からエサをもらっていました。


たくましく育って、来年戻ってきてほしいものです^^



こちらも成長しました。

f:id:Naturalhistory:20160820061248j:image

コムラサキ羽化していました。

紫色がないので雌のようです。

蛹になって1週間。

昆虫の成長は早いですね^^


空になった虫かごには、

蛹のからと、幼虫の頭の部分も残されていました。

f:id:Naturalhistory:20160820064235j:image


成長のあかし^^;? ちょっとシュールです・・・



そして、今日特筆すべきはこの夏人気の「ミニ 宝石ひろい」です!

なんと、4時間近くかけてお皿の中のすべての宝石を拾い出すかたが現れました。

f:id:Naturalhistory:20160820120520j:image

その証拠写真です。

拾い出されたあとには、一片のキラキラもありません・・・

記念に、戸隠産メノウもプレゼント



その集中力にはただただ脱帽ですm(_ _)m