Hatena::ブログ(Diary)

戸隠地質化石博物館の日記

2016-06-24

こつこつと

16:37 | こつこつとのブックマークコメント

今日もちょいちょい雨がふりました

なんだか寂しいのはそのせいかと思ったら

なぜかカエルが鳴いていませんでした

少し涼しいのかな?



そんな梅雨最中でも

晴れ間を見て 

進めていた作業があります


f:id:Naturalhistory:20160624161716j:image

タイトル 「少し前向きなサイン」 です)


2008年の新館開館から8年もたつと痛んでくるものも多く

そんなときには自主修繕をしています


優先駐車スペースも痛みがひどかったので

修繕が進められていました

試しにと サイン が 始めに塗られ

f:id:Naturalhistory:20160621153857j:image

ついで 下部直線

そして 外枠 斜め線 と 

合間合間に進められ

本日

f:id:Naturalhistory:20160624130207j:image

完成!


塗装直後 


配達で^^;

少々タイヤの跡が残りましたが

そこはご愛嬌^^;



室内では

キラキラ展の準備もこつこつ進行中


今回の展示では【暗室もつくる予定です


その理由はこちら

f:id:Naturalhistory:20160624131420j:image

通常光では 白い石 も


ブラックライトを当てると

f:id:Naturalhistory:20160624131433j:image

赤く光る!


こんなキラキラ体験もしてもらおうと暗室設計も進行中です

2016-06-23

育成中

17:14 | 育成中のブックマークコメント

長野のこの時期は5年生が高原学級で飯綱山にのぼります

(ほかの山だったり、臨海学校だったりもしますが^^;)


今日はあいにくの雨で登山はできず

博物館避難してきた小学校がありました

f:id:Naturalhistory:20160623105722j:image

先日改良したお蚕だなも好評なようです^^



そして雨が降るとお外に出られないのでインドア作業もふえるもの


標本づくりもその一つ


その中にもうすぐできそうなものがあります

f:id:Naturalhistory:20160623163225j:image

ウチダザリガニです


抱卵中になくなってしまったのでそのまま

プラスティネーションしているものです


現在硬化中で なかなかの状態


ここまでは おいしそうな色にならずにすんでいます



そして


もう一つ 育てているもの

f:id:Naturalhistory:20160623163258j:image

ミョウバン結晶です


結晶をつくり

常温で飽和水溶液よりちょい濃い液に浸して成長させています


なかなかこの飽和水溶液よりちょい濃い液が難しい^^;


濃すぎるとほかに結晶ができたり

薄いと結晶がなくなってたり^^;

気温にも影響されるので手こずっています


安定して成長させられるようになったら

企画展自然の中のきらきら」で

展示しながら育成予定ですので


いのっててくださいませ、、、

2016-06-22

山と花

17:24 | 山と花のブックマークコメント

先日の休みの日、梅雨の晴れ間をぬって戸隠山へ行ってきました。


f:id:Naturalhistory:20160620094051j:image

大きな岩だな、「百長屋」の下を通り、


f:id:Naturalhistory:20160620075337j:image

かつて堆積した丸石の地層の崖をよじ登り、


f:id:Naturalhistory:20160620083232j:image

戸隠山の最大の難所、蟻の塔渡りを見て、「やっぱり怖い!」

と実感するところまで行ってきました^^;


(もともと蟻の塔渡りを通るつもりはなかったんです)


ここまで来たのは実に5年ぶり。

戸隠山の大地のパワーを改めて実感しました^^


さて、今回の目的ゆっくり時間をかけて植物観察することです。


岩場を好む食虫植物

f:id:Naturalhistory:20160620072403j:image

ムシトリスミレ、

葉っぱの黒い点は、溶かされている虫たちです。


そして草○彌生ばりのあでやかな水玉模様

f:id:Naturalhistory:20160620065137j:image

コタンソウ(戸隠のは葉が細く毛深い品種ヒメクモマグサ)!


などなど、

明治学者も愛したこれらの草花に山の上で出会うと、

彼らの思いを引き継いでいるような気分になり、感慨ひとしおです。


やっぱり戸隠山面白い、また来るよ!と山に誓いました^^

2016-06-21

プールの怪

17:08 | プールの怪のブックマークコメント

ビオトープの水はなから入りました


刈り込んでいじめ植物たちにも

復活の兆しが見え始めています

f:id:Naturalhistory:20160621153955j:image


その際に予告した謎について


今年は降雨量が少なく博物館プール水不足でした。

6月7日の段階では

f:id:Naturalhistory:20160621161006j:image

まったく水がありませんでした

(一部見苦しいものが写っているので自主規制^^;)


ビオトープ掃除をした日の前日にいいお湿りがあったので

ようやくプールにも水が少したまりました


そのおかげか

カエルプールでよく鳴いているので

様子を見に行ったのです


すると・・・


雨が降ったのは夕べ

水が溜まったのは夕べ


なのに


プールには

オタマジャクシがわんさか

小さいものから大きなものまで

f:id:Naturalhistory:20160621154530j:image

なかには足の生えているもの

f:id:Naturalhistory:20160621154616j:image

手も生えてるものも!

f:id:Naturalhistory:20160621161224j:image



種類も

ヤマアカガエル

トウキョウダルマガエル

アマガエル

ツチガエル

とさまざま


ヤマアカガエルなどは

遅くても5月には産卵は終わっているはずなのに・・・


いったいどこから・・・





そういえばこのプール

底がウォーターベッドのように波打っていました


まりプールの底とコンクリートの基礎の間に水が溜まっているようです


どうやらオタマジャクシたちはその隙間で快適にくらし

梅雨になって水が溢れてきた時に太陽の下に現れたようなのです


このあと彼らはどうなるのか・・・

要観察です

2016-06-19

実験!

18:22 | 実験!のブックマークコメント

今日は「博物館わくわく入門」の中で、理科実験道具づくりをしました。


f:id:Naturalhistory:20160619090027j:image

「ガリガリ竹とんぼ」です。

普通の竹とんぼとは違っていて、

軸の刻みの部分を別の棒でこすることで、プロペラが勢いよく回転します


じつは、こすったとき振動が軸の先で円運動に変わっている、

というなかなか高度なことが行われています



普段ナイフに慣れない子も、自分のペースで工作に没頭しました。

f:id:Naturalhistory:20160619085846j:image


出来上がりはそれぞれですが、やっぱり、自分で作ったものっていいですよね^^


あと1週間で終了する「理科教材展」で、いろいろな実験も試してみました。

f:id:Naturalhistory:20160619103522j:image


こんなことがきっかけになって、

理科科学、そして身近にある不思議に興味を持ってもらえるといいなと思います




ちなみに、

夏の「キラキラ展」に向けて栽培中のヒカリゴケですが、

気温と湿度があがっているせいか、この頃急に増えてきました。

f:id:Naturalhistory:20160619054229j:image

展示が始まるまであと約1か月。

もっと光れ〜〜〜〜!」

と念を送っています^^;