Hatena::ブログ(Diary)

戸隠地質化石博物館の日記

2017-02-26

急遽内容を変更してお送りしております

17:16 | 急遽内容を変更してお送りしておりますのブックマークコメント

今日は骨の勉強会の日でしたが・・・

参加者常連さん

かつ

組織の団員ということで

行われたのが

こちら

f:id:Naturalhistory:20170226134834j:image

なにをしているかというと

f:id:Naturalhistory:20170226142454j:image

キリンの耳の軟骨を抜いたり

f:id:Naturalhistory:20170226134844j:image

昨日お届けいただいたハクビシンをむきました


もうすこしあたたくなったら館内の某所で

虫の手を借りて骨格標本となり

皮は地道に作業して毛皮標本になる予定です


こうした活動のおかげで

骨べや(骨格標本が多数収蔵)ができ

1F廊下の毛皮などのハンズオンコーナーができました


一緒にこうした活動をしてみたいと思ったら

まずはご一報ください

2017-02-25

楽しい下見

16:46 | 楽しい下見のブックマークコメント

本日は毎年の恒例行事

奥社の森の雪上観察の下見

f:id:Naturalhistory:20170225092525j:image

キツツキの穴だらけの木がありました

よく見えないかもしれないけど

らせん状に穴が続いています

くるくるまわりながら開けたんかな?


倒木と雪のアーチもよく見かけました

f:id:Naturalhistory:20170225094547j:image


そして ミズナラ大王

f:id:Naturalhistory:20170225095011j:image

今年も圧巻の存在感


鏡池!

今年は雪が多いので安全にのれました

f:id:Naturalhistory:20170225105949j:image

お山はそれほどくっきりとはみられませんでしたが

f:id:Naturalhistory:20170225111201j:image

本番にとっておくべ^^

やっぱりこの時期の奥社は最高ですね

ただ 一年ぶりのクロスカントリースキー

いろんなところに負荷を残してくれました^^;

早く回復しなきゃ><

2017-02-24

春近し?

17:14 | 春近し?のブックマークコメント

ひと月前から始めたカエデの樹液採集ですが、


f:id:Naturalhistory:20170224164653j:image

だいぶたまってきました。

カエデが地中から水を吸い上げ始めた証拠です。



赤い芽も心なしか膨らんできたような・・・

f:id:Naturalhistory:20170224165519j:image



こちらは室内のサクラの枝。

f:id:Naturalhistory:20170224165812j:image


先日、ご近所のボランティアのおじさんが、

枝を一抱えほど、持ってきてくださいました。


学校だった時代からの習慣で、

卒業式シーズンにはサクラが咲いてくれるはずです。

緑色の部分も見えてきています。


春が近づいているようで、うれしいです^^

2017-02-23

不思議な模様!

11:31 | 不思議な模様!のブックマークコメント

昨日の厳しい冷え込みから一転、

暖かい朝になりました。

昨晩の雪が、朝方には雨にかわり、雪解けが進みます


朝、自宅の屋根不思議な模様を見つけたMさんが撮影


f:id:Naturalhistory:20170223113858j:image:w640



本当に、不思議光景です。

トタン屋根に積もった雪に、雨がしみこみ、

重くなって、ずり落ちたのでしょうが

どうして、こんな形に?


f:id:Naturalhistory:20170223113856j:image:w640



波型?  虹の架け橋? 

青海波?  葛切り? 

ブーメランのようにも見えます

いろんな妄想が膨らみます


f:id:Naturalhistory:20170223113855j:image:w640


春を迎える、瞬間の芸術でしょう!

この一瞬を見逃さないセンスがすごいです、

もう、消えてしまったことでしょう。

2017-02-22

真っ赤な?

17:11 | 真っ赤な?のブックマークコメント

職員の自宅にウソ死体が持ち込まれました。

f:id:Naturalhistory:20170222134404j:image


ピンクのほっぺがかわいい雄です。

こんなかわいい顔をして、集団サクラの芽を食べてしまうのだから

全くもって、にくいおかた、です^^;


このウソくん、ただほっぺがピンク色なだけではなく、

お腹にかけてほんのり色づいています

f:id:Naturalhistory:20170222134519j:image



じつはときどきいる、こんなウソには別名がついています



アカウソ」です^^


「真っ赤なうそ」ならぬ、「ほんのり赤色うそ・・・

同じうそでも可愛げがあるうそ、とでも言うのでしょうか?


ちなみに、さらに稀にお腹が真っ赤なウソがいて、

「ベニバラウソ」と呼ばれます

そこまで行くと、うそもかなりゴージャス?

腹をたてようもない感心するようなうそ、でしょうか?



鳥のウソは口笛のような、よく響く鳴き声です。

昔は口笛を吹くことを「うそぶく」と言ったそうです。

それで「ウソ」なんていう名前がついてしまったとか。

この時期、なにかと話題になる鳥です・・・