Hatena::ブログ(Diary)

NetPenguinの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

'アニヲタ' 兼 Perfume ファン 兼 'Scala, C/C++, Java プログラマ'
日々の愚痴をつづる日記です。
FTPソフトの NetPenguin とは何の関係もありません。

2006-07-28

[]Trac インストール 19:46 Trac インストールを含むブックマーク Trac インストールのブックマークコメント

プロジェクトポータルサイト用に Tracインストールしました。

インストールした Trac は、インタアクト(株)さんが公開している、Trac 0.9.6 日本語版です。日本語版では、マニュアルなどが日本語化されています。

上記サイトより、trac-0.9.6-ja-1.zip を取得し、適当ディレクトリに展開。展開後、ドキュメントに従い Tracインストール

# python setup.py install

Trac 自体のインストールはすんなり成功。

続いて、Trac環境ディレクトリ(って名称であっているのかは謎ですが)を作成。

# mkdir /var/trac
# trac-admin /var/trac/test initenv

上記を実行すると、プロジェクト名、DB 接続文字列、Subversion リポジトリパステンプレートディレクトリが聞かれます。

これらを入力後、環境ディレクトリが作成されるはずなのですが、sqlite: なんて DB はみつからねーと python に怒られました。

なので、python-sqlite と、ついでに python-clearsilver をインストールして、再び環境ディレクトリ作成。で、問題なく環境ディレクトリが作成されました。

環境ディレクトリが作成後、下記コマンドで簡易サーバを起動して、動作確認。

# tracd -p 8000 /var/svn/test

http://localhost:8000/testアクセスして、tracトップページが表示されれば成功です。


簡易サーバ運用はアレなんで、mod_python 経由で trac を実行。

mod_python は Apacheインストール済みの想定。

/etc/httpd/conf.d/ に下記内容で trac.conf を作成。

<Location "/trac">
   SetHandler mod_python
   PythonHandler trac.web.modpython_frontend
   PythonOption TracEnvParentDir /var/trac
   PythonOption TracUriRoot /trac
</Location>

<LocationMatch "/trac/[^/]+/login">
   AuthType Basic
   AuthName "Trac"
   AuthUserFile /var/svn/.htpasswd
   Require valid-user
</LocationMatch>

/var/trac環境ディレクトリの親として設定。これにより、/var/trac 以下に作成された環境ディレクトリが片っ端から表示できるようになる。

TracEnv を使用すれば、親ではなく環境ディレクトリを単発で指定可能。

認証は Basic 認証を使用。WebDAV+Subversion で使用している認証ユーザファイルをそのまま使用。

こんな感じで、Apache 経由で Trac 完了。パーミッションの設定とかまだですけどね。

[]非公式リポジトリyum で使用 20:08 非公式リポジトリを yum で使用を含むブックマーク 非公式リポジトリを yum で使用のブックマークコメント

上記の Tracインストール中に sqlite、clearsilver をインストールする必要がありました。

でも、FedoraCore 3 の リポジトリには sqlite とかは含まれていないので、そのままでは rpm もってきてしこしこ rpm -Uhv ..... とか打たないといけない。

yum に慣れた身にはつらいので、なんとかならんのかなと調べたら何とかなるのでメモ

参項にしたのは以下のページ

  1. http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/794uofrepo.html
  2. http://www.sinw.jp/archives/2005/11/fedora_core_yum.html

1. の atmarkit の方は、現時点で http://www.fedorafaq.org/yum にて提供されているのが、FedoraCore 5 用なのか、うまくいかずに断念*2

2. の方は、yum リポジトリの設定方法の理解に使用。

で、結局は、http://dag.wieers.com/packages/rpmforge-release/ から、FC3 用の APTyum とかのリポジトリ設定を行ってくれる RPM を入手して終了。

DAG で公開されているパッケージyumインストールできるようになりました。

なので、 yum install python-sqlite とか、yum install python-clearsilver とか普通にできます。これは便利ですな(w

*1PostgreSQL を使用することも可能らしいです

*2インストール先の Linux マシンに入っているのは Fedora Core 3 だったので

yosiwoyosiwo 2006/07/28 23:18 お、ちょうどホットなネタが。
yumの話なんだけど、yumをWebブラウザ経由でいじれるインタフェースとかしらない?切望中。別に俺は使う必要ないんだけどね・・・(w

Tracも興味ありあり。使い心地とか今度聞かせてくださいな。

yosiwoyosiwo 2006/07/28 23:41 あ、自己完結できた。
Webminで「Upgrade All install packages from YUM」って機能があったよ。

NetPenguinNetPenguin 2006/07/30 03:28 ほー、そんなんがあるのか。
今度みてみるっす。>Webmin の Upgrade All install packages from YUM

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NetPenguin/20060728
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2008 | 01 | 03 | 04 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 10 |
2012 | 06 |
2013 | 09 | 12 |
2014 | 01 |
2015 | 02 |
2016 | 07 |
PV:544335
Connection: close