コデラノブログ SP2 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-03-20 Mixi読み逃げ問題 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ITmediaで岡田記者が「mixi読み逃げ」に関して記事を書いている。

Mixiに誰がいつ読みに来たかがわかる「足あと」機能があると知って、いつかこういう日が来るのではと感じていた。SNSもまだ先進的なユーザーのみが居るだけの時はこんなことは問題にならなかっただろうが、ネットリテラシーの低い人も参加するようになると、コミュニケーションに関して過敏になってしまう人も出てくる。すなわち、自分が嫌われているのではないか、仲間はずれなのではないか、という疑念が払拭できないのであろう。

その一方で、バーチャルなコミュニケーションを非常に軽く考える人が大量に発生した時期があったことも、無視できない。マイミクだけで数百人居たり、参加コミュニティが100を超えたりしているような人は、手当たり次第にちょっかいを出すが、それだけのコミュニケーションを一人で成立されられるわけがない。興味が持てないものに対しては、当然放置である。

そういう両者が遭遇したときは、悲劇であろう。

自分の書いたものを多くの人に読んで貰うのはたのしいことだ。だがその感想を強要はできない。そもそも日記というのは個人的なものなので、それを公開すること自体が特殊なのである。それはメールのような通信ではなく、情報発信ツール、すなわち放送と同じようなものだと考えるべきだ。

多くの人が読むものに対して、いちいち反応があると言うことは、実は怖いことだ。固定ID制だから炎上がないと思ってはいけない。野次馬や冷やかしではなく、本気かつ全力でかかってくる相手が殺到したら、手が付けられなくなる。

読み逃げ、などと言っているうちはまだかわいいもので、おそらくマイミクの人数も数人から十数人といった規模なのだろう。小さな輪でタイトな結びつきを求める場合は、少しの事も気になるのかもしれない。

しかしSNSは出会い系とも揶揄されるように、共通の趣味などを通して知り合いが増えていってしまう仕組みでもある。そうやって輪が広がれば、日記を読まれてコメントを返さないなど、些細なことに思えてくるのではないかと思う。