Hatena::ブログ(Diary)

迂闊な月曜日

2016-03-19

【ORASシングル】コントロールトリガー

【はじめに】
 2016年3月19日に足立区勤労福祉会館及び大田区立池上会館で開催された第2回真皇杯ラストチャレンジで使用した構築です.池上会場のほうに「No.9」(ナンバーナイン)という名前で参加し,結果はグラードンブロックを6勝5敗で予選落ちでした.

f:id:NoblesseOblige:20161015212134p:imagef:id:NoblesseOblige:20161015211536p:imagef:id:NoblesseOblige:20161014145940p:imagef:id:NoblesseOblige:20161016001639p:imagef:id:NoblesseOblige:20161014145832p:imagef:id:NoblesseOblige:20161014145257p:image
ポケモン持ち物技1技2技3技4
ボルトロスオボンの実10万ボルトめざめるパワー電磁波ボルトチェンジ
ガブリアス拘りスカーフ逆鱗地震ストーンエッジ炎の牙
ゲンガーゲンガナイトシャドーボールヘドロ爆弾道連れトリックルーム
ハッサム拘り鉢巻バレットパンチ蜻蛉帰り叩き落とす馬鹿力
バシャーモバシャーモナイトフレアドライブ飛び膝蹴り叩き落とす守る
マリルリラムの実滝登りじゃれつくアクアジェット腹太鼓


【構築経緯】
 トリックルームゲンガーの1:1交換性能の高さに注目して構築をスタート.ハッサムの蜻蛉帰りによる削りからメガゲンガーを展開し,後出しを許さない決定力を押し付けて1匹処理,さらにそこからトリル道連れでもう1匹を処理し,残り1匹をこちらの裏とハッサムの先制技で縛ることをコンセプトとした対面構築です.対面操作は2サイクル目以降択を発生させやすいので素早く相手のサイクルを崩すことを重視したスピーディな構築を目指しました.トーマススタン*1の並びをベースに,重めの炎に対して細部を練り直した形になります.以下採用順序に従って個別解説です.

【個別解説】
f:id:NoblesseOblige:20150810215155p:imageゲンガー@ゲンガナイト 浮遊→影踏み
控えめ:159-67-81-166-105-160
シャドーボール/ヘドロ爆弾/道連れ/トリックルーム

H:16n-1
C:メガシンカ後,167-115メガゲンガーシャドーボールで1発
D:メガシンカ後,C191メガゲンガーシャドーボールを14/16で耐え
S:メガシンカ後,最速ボルトロス抜き

 少し前に話題になったトリックルームゲンガー*2です.構築の軸ではあるものの,採用理由は環境へのメタを意識したものではなく興味本位によるものが主です.8回目の道連れのあとに優先度-7のトリックルームを押すことで9回目の道連れを実現したり,電磁波や積み技などによるS操作に対して強い切り返し性能を持つのが強みとされています.バトン展開に対する誤魔化し技としても多少は機能します.前述のように対面操作+殴って1匹,トリル道連れでもう1匹,合計1.5匹の処理を行い,残り1匹を裏とハッサムバレットで詰められるようなゲームメイクをしていきます.また道連れを絡めた削りはハッサムの先制技と相性が良いです.調整はこちらから拝借しました*3


f:id:NoblesseOblige:20150801101927p:imageハッサム@拘り鉢巻 テクニシャン
意地っ張り:175-198-125-x-100-66
バレットパンチ/蜻蛉帰り/叩き落とす/馬鹿力

H:16n-1(鮫肌ダメージを意識)
A:11n
B:余り.目安としてはA200鉢巻地震+鮫肌を10/16耐え
S:無振りカバルドン抜かれ,無振りローブシン抜き

 基本軸の中枢を成す対面操作の駒には,無効化されない蜻蛉帰りのタイプ一致の使い手であり,終盤抜いていける高威力の先制打点を評価して鉢巻ハッサムを採用しました.後出しから蜻蛉帰りをする余裕はさほどないのでできる限り先発から起用していきます.そのため極力初手から炎タイプを呼び込まない並びを意識しました.またS14終盤に欠伸カバルドンが多く結果を残しているのを受けてカバルドン抜かれの調整を施しています.不意の役割破壊を除けば行動保証がかかりやすいので蜻蛉帰りを含めた対応範囲はかなり広く,勝ち筋の描きやすさが魅力ですが,その不意の役割破壊に弱すぎるのが問題で,とくにメガガルーラに対しては炎技を警戒するとどうしても立ち回りの再現性がとりにくく,切って動いていたためあまり綺麗な試合運びではなかったです.


f:id:NoblesseOblige:20150810203018p:imageマリルリ@ラムの実 力持ち
意地っ張り:207-112-100-x-101-70
滝登り/じゃれつく/アクアジェット/腹太鼓

H:16n-1
A:なるべく高く
D:端数(ダウンロード意識)

 主軸がバシャーモに脆弱すぎることから入ってきた水.スイクンカバルドン後出ししたいのでラムの実を持たせています.いまいちパワーが足りず制圧力に乏しいのがネックですが,対面性能の底上げ自体は図れており,トリルとの相性は悪くなかったです.ゲンガートリックルームの強さは後続のトリル展開よりもゲンガー自身の単体性能の向上にあると考えているので比較的軽視しています.ゲンガーorハッサムマリルリの並びは単純に相性が良いです.


f:id:NoblesseOblige:20150810100528p:image化身ボルトロス@オボンの実 悪戯
図太い:184-110-132-146-103-131
10万ボルト/めざめるパワー氷/ボルトチェンジ/電磁波

H:4n(オボン効率最大)
B:11n
※妥協個体のため残りは無駄のないように振り分け

 ハッサムが展開しにくいバシャーモファイアロー入りに対して選出する対面操作.拘り電気と違い火力こそ出ませんが虫技より通りがよく,止めにくるガブリアスランドロスにはそのまま撃ちあいに転じることができます.電気技で居座りたい場面も多く,またこちらのガブリアスを起点にしてくる腹太鼓マリルリに対する回答としても有用10万ボルトを採用しています.悪巧みを採用しないことで,クレセリアこそ他で崩していけますが,羽休めアローがかなり重くなっています.また草結びを採用すればマンムー入りへの選出の他,蜻蛉と併せてカバルドンを処理できるので技構成は要吟味です.


f:id:NoblesseOblige:20150810215158p:imageガブリアス@拘りスカーフ 鮫肌
意地っ張り:183-185-145-x-105-138
逆鱗/地震/ストーンエッジ/炎の牙

A:余り.目安としてハッサムの叩き+逆鱗で184-132ボルトを94%で突破
B:A192メガガルーラの秘密の力高乱数2耐え
S:最速135族抜き(実数値換算207)

 電気の一貫を切る枠.ハッサムボルト対面では蜻蛉ではなく一度叩きをいれてからガブに下げる動きが非常に安定しました.主に竜の一貫を舐めた対面構築に対して通していくためのスカーフで,それに準じてASを大きく削ってガッツリBに割きA192親子愛秘密の力を2回耐える調整を施しています(副産物としてメガクチートの剣舞不意を耐える).欠点としては3点ほどあり,まず相手のスカーフガブにノーチャンの点ですが,それについてはマリルリを置くことでそのケアとしています.因みに182逆鱗は7/16で耐える可能性があります.次にストッパー性能が皆無な点ですが,秘密不意ガルーラと比較してリザードンは環境に数が少なく,ウルガモスに関してはマリルリバシャーモでも見ていくことが可能なのでそこは妥協としました.さらにここまでAを落とすとCSゲッコウガCSメガゲンガーに対して与ダメージで致命的な差が出てしまいますが,どちらも耐久に振った型が多くいるので倒せない前提で動くのであれば立ち回りを一貫させやすく気にならないとしました(ワンチャン残らないのは辛いですが).


f:id:NoblesseOblige:20150801101930p:imageバシャーモバシャーモナイト 猛火→加速
意地っ張り:169-189-91-x-91-118 → 169-233-101-x-101-138
フレアドライブ/飛び膝蹴り/叩き落とす/守る

H:余り(フレドラの反動を考慮しつつ奇数に)
A:なるべく高く
S:メガシンカ後S+1で最速135族抜き(実数値換算207)

 ガルーラでは相手のバシャーモを初手から呼び込む可能性が高くなるためガルーラ以外でゲンガーと相性が良く対面性能の高いメガ枠として採用しました.ボルトハッサムとも好相性です.主にサザンドラ入りやヤミアス系統,さらにクチート展開やヘラ軸にも積極的に選出していくことのできる第2メガ枠です.ゲンガーをメガ枠に採用することで相手の叩き落とすが一貫しやすくなりますが,それを安定させない点も評価が高く,相性の良さを感じました.構成としては,格闘技はスイクン後出しを許したくないので膝を選択,4枠目には採用理由からブルンゲルクレセリアラティアスなどに負担をかけることができる叩きを採用しています.配分はローブシンと撃ち合うことを考慮して耐久に回した既存の調整を使用.

【結果】
真皇杯ラストチャレンジ池上会場 グラードンブロック予選落ち(6勝5敗)
ボルトロスガブリアスガルーラゲンガーバシャーモスイクンvsガブリアスゲンガーマリルリ 勝ち
ガルーラガブリアスファイアローゲンガーキノガッサスイクンvsボルトロスガブリアスゲンガー 負け
ボルトロスガブリアスガルーラゲンガーバシャーモスイクンvsガブリアスゲンガーマリルリ 勝ち
ブラッキーゲンガーバシャーモピクシーボルトロスガルーラvsボルトロスゲンガーハッサム 勝ち
アブソルローブシンサンダーランドロス(霊獣)ナットレイマリルリvsハッサムバシャーモボルトロス 負け
ルチャブルガブリアスギルガルドボルトロススイクンガブリアスvsハッサムゲンガーボルトロス 負け
ガルーラガブリアスゲンガーキノガッサボルトロススイクンvsハッサムガブリアスゲンガー 負け
ボーマンダハッサムライコウマンムーマリルリゲンガーvsハッサムゲンガーマリルリ 負け
ガルーラゲンガーピクシーカバルドンロトム(ヒート)ボルトロスvsハッサムガブリアスゲンガー 勝ち
ガルーラガブリアスゲンガーファイアローキノガッサクレセリアvsハッサムゲンガーボルトロス 勝ち
キュウコンクレセリアロトム(ヒート)キノガッサガルーラランドロス(霊獣)vsハッサムゲンガーバシャーモ 勝ち

【総括】
 基本選出は一応ハッサム+ゲンガー+マリルリとなっていますが,このまま選出できることはほとんど無く柔軟な対応が要求されます.トップメタである厨パ相手でさえも基本選出ではなくガブリアスゲンガーマリルリという選出の仕方をします(選出順は検討の余地あり).トリルゲンガーは「トリックルーム発動」と「道連れ成功」の択を作れることにもその強みがあると考えていますが,本構築においてトリルの恩恵を受けられる駒がマリルリとややパワーが低くなってしまい,その強みを十分に活かせなかった点が最大の反省点だと思います.またガルーラの炎技の存在やバシャーモがキャラランク上位にいることから,現在の環境においてハッサム潤滑油にする対面構築は主軸にガルーラゲンガーを置きにくく,今後の考察が難しいように感じました.

【おわりに】
 取り巻きとのシナジーはともかくトリックルームゲンガーの面白さは最大限に楽しめました.敗色濃厚の場面からボルトや馬車を起点に切り返して抜いていくときの対戦相手の反応は面白かったです.
 対戦相手の方並びに運営の方々ありがとうございました!そしてお疲れ様です!とても楽しい時間が過ごせました.参考にしたのは以下のブログです.*4

*1:トーマス「ガブガルーラゲンガー」『避け続ける意志力』(http://d.hatena.ne.jp/tomason191/20140527/1401205600

*2shadeチートゲンガー」『Time for True Revelation』(http://shadepoke.hatenablog.com/entry/2015/12/07/194326

*3:るどるふ「耐久振りゲンガー」『おもしろきこともなきよをおもしろく』(http://rudxwa19.hatenablog.com/entry/2016/02/09/001535

*4Adams「S14中盤および真皇杯関西予選等使用構築「ガラクタ厨パ」【シングル】」『ガラクタ構築製造所』(http://adamspoke.hatenablog.com/entry/2016/03/15/155345

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NoblesseOblige/20160319/1458392935