(hatena (diary ’Nobuhisa)) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

12/10/27 : にほんしりーず

[][]F# 3.0の開発環境を用意しよう!

先日Visual Studio Express 2012がリリースされましたが、F#のための無償アドインも公開されています。

Announcing F# Tools for Visual Studio Express 2012 for Web! | Visual Studio F# Team Blog

このアドインをインストールすると、Visual Studio Express 2012でF#が使えるようになります。


インストール手順

0. VS Express 2012 は、Windows 7以降のOSで利用可能です。Vistaちゃん・・・。

1. Express for Webをインストールします。*1

2. F# Tools for Visual Studio 2012 Express for Webをインストールします。


あわせて読みたい


書籍

現在はまだ出版されておらず、予約受け付けなうの段階ですが、F# 3.0に対応した書籍も登場する予定です(洋書)。

出版されました。洋書です。


F# 2.0までの対応ですが、日本語で読める書籍で勉強したい方はこちらをオススメします。

日本語書籍の中で最も内容が充実しています。


Mac/Linux で利用するには?

Mac/LinuxユーザだけどIDEが使いたい!という方は、MonoDevelop用のF#プラグインをどうぞ。

F# for MonoDevelop – Variations in F# | Functional Variations


Emacs

Emacsで開発したい方のための、fsharp-modeもあります。

no title


語学留学

Q. 「F#短期留学するとしたら、どこに行けば良いですか?」

A. 「札幌か名古屋かイギリスです。」※ただし、なごやはこわい


Enjoy F# !

ちなみに、Twitterハッシュタグ#fsharp です。



おしまい。

*1:for Webとありますが、あとでF#アドインを入れると全てのアプリケーションが開発できるようになります。全知全能的なアドインですね!

YokoYoko 2012/11/01 02:19 こんにちは。F#について知りたくて検索しておりましたところ、こちらにたどり着きました。現在Haskellを勉強中のyokoと申します。F#の街、札幌出身です。普段はパリに住んでいるのですが現在ロンドンに来ております。明日あさってとロンドンでF#のカンファレンスが行われます。Nobuhisaさんのおっしゃる通り、やはりF#を学ぶにはDon Syme氏やThomas Petricek氏のいるケンブリッジか、その近くであるロンドンなのでしょうね。
ところで、ロンドンのFsharpersが日本のFsharpersの状況(どの位の人数がいて、どこで活用されているかなど)について知りたがっているようです。日本語が壁になって状況を知ることが出来ないようです。突然のお願いで申し訳ございませんが、もし日本のFsharpersのコミュニティなどがございましたら、宜しければアクセスする方法をご紹介ください。海外のFsharpersと日本のFsharpersの情報共有や、F#カンファレンスの札幌での開催に貢献したいと思っています。(当方、今年ニューヨークのAce Hotelで行われたdon Syme氏やThomasさんらによるF#カンファレンスに行って来ました。)直接ご連絡くださる際の連絡先は、メールアドレスを入力しましたので、そちらにお願い申し上げます。よろしくお願いします。

NobuhisaNobuhisa 2012/11/01 09:48 Yokoさんこんにちは。コメントどうもありがとうございます。
ちょっと長くなりそうでしたので、メールにてお返事させて頂きました!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nobuhisa/20121027/p1