Hatena::ブログ(Diary)

岡島昭浩の国語学備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-30

研究集会のお知らせ


ことばに向かう日本の学知―テクスト解釈の集積としての学史―』

2010年9月9日(木)〜11日(土)

名古屋大学文系総合館7F カンファレンスホール


名古屋大学グローバルCOEプログラム

テクスト布置の解釈学研究教育」第9回国際研究集会

http://www.gcoe.lit.nagoya-u.ac.jp/activity/activity01/

こちらにお知らせがありますが、PDFですので、テキスト情報を抜き出しておきます。


9月9日 木

16:00−16:15 拠点リーダー挨拶 佐藤彰一

16:15−16:30 組織委員長挨拶 釘貫亨

16:30−17:30 《講演カレル・フィアラ[福井県立大学

 言語作品総合モデル古代中世日本文学作品への応用

9月10日 金

10:00−10:45 金銀珠名古屋大学GCOE研究員

 近代日本文法学成立におけるbe動詞解釈

10:45−11:30 宮地朝子名古屋大学

 山田孝雄喚体句着想の淵源

11:30−12:15 小柳智一聖心女子大学

 『手爾葉大概抄読解――「手尓葉」と「詞」

13:30−14:15 松澤和宏[名古屋大学

 ソシュールにおける「言語科学」と解釈学

14:15−15:00 狩俣繁久[琉球大学

 消滅危機言語の研究―― 外から研究と中での研究

15:30−16:15 李漢燮韓国高麗大学

 漢字文化圏における近代語彙の成立と伝播の一例――『漢城旬報』『漢城週報』を中心に

16:15−17:00 ズデンカ・シュヴァルツォヴァー[チェコ・カレル大学

 翻訳以前にテキスト考察する方法の実例―― 謡曲の鸚鵡小町文章を踏まえて

9月11日 土

10:00−10:45 釘貫亨名古屋大学

 専門知「国語学」の創業―― 橋本進吉音韻史

10:45−11:30 山東功大阪府立大学

 明治期国学国語学

11:30−12:15 安田尚道青山学院大学

 万葉仮名の二類の区別はどう理解されたか―― 本居宣長から橋本進吉まで

13:30−14:15 肥爪周二東京大学

 悉曇学と『韻鏡

14:15−15:00 岡島昭浩大阪大学

 近世語学“軽重”義

15:30−16:15 齋藤文俊名古屋大学

 近世近代における漢文訓読

16:15−17:00 今野真二清泉女子大学

 辞書語釈――『言海』の漢語を緒として

17:00−17:30 総括 釘貫亨

 テクスト解釈の集積としての学史

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/OKAJIMA_Akihiro/20100730/1280460370