秘密基地OVERFLOW 

2017-12-02

3号機(Y型) フロントホイール周り

とりあえずフロントタイヤの交換だけでもしておこうかと。


まず最初の難関、アクスルシャフトが完全固着しております。

f:id:OVERFLOW:20171202164518j:image

カラーはバイスでロック解除。

車載状態では打撃力が分散してしまうので、ブレーキワイヤー、サス、サスアームを外してホイールを膝の上に置き、打撃系。

f:id:OVERFLOW:20171202165724j:image

f:id:OVERFLOW:20171202165738j:image

あまりの錆っぷりにホイールからベアリングが外れましたよ。


f:id:OVERFLOW:20171202171516j:image

メーターギアの爪が殆ど残っておりません。ホイール嵌める時に合わせなかったのかな?


進行方向左側のホイールベアリングが終わってたので、何使ってるのかなぁ〜とサービスマニュアルを参照したら、

f:id:OVERFLOW:20171202174309j:image

f:id:OVERFLOW:20171202174322j:image

思いっきり誤植。正解は6201UUでございます。

訂正の半ピラが送られてきたんだろうけどね、当時は。

最近ホンダマニュアルって2万3万当たり前ですが、誤植は相変わらずみたい。

週刊誌じゃねーんだから、もうチョイ、ね。


ベアリングは'78RM125フロントハブの残骸から6201Uを拝借

この時代だと、モトクロッサーでもアクスルシャフト12φだったんだね、ヨレただろうね。

但し、流用には夢が広がるサイズです。

ホイールベアリングのサイズは、最近のカブ110プロの下調べで頭の中が6200番台だらけ「アレの使えるなぁ〜」みたいな勘が妙に冴えた状態ですので、すぐピーンと来ました。

ええ、キてますキ印状態ですよ。


ついでですから、サスアームのブッシュも清掃&グリスアップ。

f:id:OVERFLOW:20171202194848j:image

当然の如く、錆で固着しておりました。

まあ普通何もしないわな、こんな所。

新車時にもチョビっとしかグリス塗らなくなった21世紀以降のホンダ、アクスルシャフトなんてプレーン状態ですもんね。で、そのままと。

最近になってリコール出てたけど、初期型8インチ時代からの弱点ですよ、ココ。

せめて、21世紀になった時点でメタルブッシュとかオイルシール使うとかして欲しかったポイントです。


で、タイヤも組んで最終チェック。

D

最初にやれよ、最終チェック。

本日も不毛な一日でした。

さ、ヤフオクっと。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/OVERFLOW/20171202/1512220734