Hatena::ブログ(Diary)

馬鹿睦まじく〜おかる道2013〜

2013-04-30

世界統一政府(新世界秩序=New World Order)について

こんにちは。
今回はシオニスト達が世界を完全に統べる為に推し進める統一政府新世界秩序について
触れてみたいと思います。
ここでこれを取り上げる理由、それはこれはもはや陰謀論では無く至って現実の中で進行中であり、、
その事実をリアルなものとして認識する必要があると思ったからです。
9.113.11をはじめ、メーソン、イルミナティなどの秘密結社なんてのは日本ではオカルトの範囲を超えず、
その謎を追求する人、陰謀と語る人は特異な目で見られがちです。
アメリカ人の4割が米国政府自作自演と捉えられ、専門家による検証の結果、不合理な疑惑が暴かれている9.11は別としても、3.11など確かに決定的な証拠があるわけでも無いのでそれはそれでいいと思いますが、
この新世界秩序はオカルトでも都市伝説でも無いんです。それを伝えたい。
まぁフリーメーソンイルミナティといった活動が謎に包まれた団体はオカルトとして語られます。
存在はしているが、「なにやってる団体なの?」と言われると、「選ばれたエリートしか入会できない
ハイソな団体でどうやら色んな悪事を働いているいるらしい」ぐらいの噂レベルに過ぎないので、
いつまでもオカルトの域を超えないのでしょう。
しかし、その上にそれらの団体をも超越した力を持つ組織が公に存在するんです。
まぁ、メーソンやイルミナティを動かしているかどうかは分かりませんが、世界を影から操る組織。
少なくともアメリカ政府は完全にこの組織の傀儡と化しています。

その組織の名前はCFR(外交問題評議会)と言います。
1919年設立され会員は世界のエリート4000人。半世紀もの間、その存在を公に出ないまま活動してきました。
またの名を「見えざる政府」、「ロックフェラー国務省」なんて呼ばれています。
この組織のバックに存在しているのはかの悪名高きロックフェラー家、モルガン家、ロスチャイルド家
クーンローブ商会、ダイロンリード商会、ブラウン・ブラザース商会です。
ロックフェラーの存在からも分かるように、国連や加盟国も支配下に収めているでしょう。

まずどのような人物が会員なのかざっと羅列してみると、

1,レーガンを除く全ての大統領が会員
2,全ての国務長官が会員
3,全ての連邦準備委員会議長が会員
4,大統領が指名する閣僚の75%が会員
5,統合参謀本部に属する多くの軍人が会員
6,民主党共和党議会指導者が会員
7,政府内の重要なポストにつく者全てが会員

という政党派閥なんておままごとでそんなものは軽く超越した組織だという事が分かります。
さらには、
政界
国際金融
学問
財団
マスメディア
産業界
労働界のトップ達は全て会員です。
こんなとんでもない権力を持った組織が公に存在している。これが現実に存在しています。
メーソンやイルミナティなんてこの組織の傀儡に過ぎない。

そんでその中心にいるロックフェラーは自身の自叙伝でこう語っているんです。
自ら陰謀家であることを認めたロックフェラー
D
すなわち陰謀論オカルト都市伝説では無いといういう事ではないでしょうか。
陰謀論の根幹を成す人物が認めているのですから。

次はそのCFRのビルの前で抗議集会を行う人達の動画を紹介します。
その訴えが事実であるかどうかは検証する必要がありますが、このくらいは余裕でやってのける権力がある事は上記で説明した通りです。
動画が貼り付けできないので、URLを張っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=Usbb5t5YqB4&list=PLO4y4QYbUM9ER8l8LGP5PSNcLRAFxZVZB



「CFRが絶大な権力を持つのは分かったけど、それが新世界秩序とどう結びついていくの?」

本題に入っていきましょう。
その前にそもそも新世界秩序とはなんなのか。人口の調整や国家の統一、一般人の奴隷化などが主要ですが、
それについて詳しく記載されているジョージア州に存在する寄贈者不明の謎の石碑が存在するのでこれを見て下さい。

新世界秩序の十戒 ジョージア州のガイドスト−ン
D

ではCFR→世界政府の流れについて、ジェイ・エビセンター氏の公演の動画を見て下さい。
推測ではない確かに存在する事実を元に語られる内容は必見です。

「崩壊する世界経済新世界秩序の実態」(世界政府新世界秩序編)
D
D

「暴走するアメリカと世界政府の誕生」
D
D
新世界秩序を実行する為の恐ろしい訓練、訓練から脱走した軍人の告発
D

ちょっと本題からずれますが、米国だけではなく日本でも散布されている「ケムトレイル」の実態について。
こんな物質をどんな目的でばら撒いてるんでしょうか。その物質とはナノマシンですよ。ちゃんと証明されています。
D



そしてこれはアメリカ国内だけの話ではなく、統一政府樹立の為の計画が日本でも現在進行中です。
それはTPPです。
本当に日本を解体し、支配する為に最も有効な悪魔の方法だという事を今一度紹介します。
アメリカでもTPPに関してはその強硬姿勢が疑問視されている事がこの動画で分かると思います。

TPP 】 こんな馬鹿げた世界支配の道具を推進しているのは誰だ!アメリカ人も訴える危険性
D

そしてエビセンター氏からの警鐘。TPPで日本が消滅する仕組みを説明しています。
「TPPはNWO!絶対無理!!」ジェイ・エピセンター氏ダイジェスト
D


と、このように新世界秩序は強大な組織の元で進行中であり、私達の生活まで脅かす危険が迫っているのです。
渦中のTPPに参加してしまえば、日本はアメリカ(世界政府)に取り込まれていくのです。

新世界秩序については各国の大統領も堂々と語っています。

ジョージH.W.ブッシュ大統領 新世界秩序
D
新世界秩序 ゴードン・ブラウン英国首相
D
新世界秩序 ニコラス・サルコジ フランス大統領
D
新世界秩序 トニー・ブレア英国首相
D

このように世界政府の樹立、新世界秩序による支配は彼らの最重要な計画なのです。
この巨大すぎる計画から目を背けてオカルトで片付けてしまうのは危険なのではないでしょうか。
知らぬままいつの間にか奴隷化されてはもう遅いのです。

次にメーソン、イルミナティについて。

最近の私の認識では

フリーメーソン設立が石工職人の団体だけに建造物に関わりが深く建造物にシンボリズムで権力を誇示する

イルミナティ=音楽、芸能界を支配し様々な洗脳工作を行う

このような認識です。

イルミナティの音楽業界への影響はこんな感じ。
様々なアーティストがイルミナティの存在を曲に残しています。

http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=Muvg9SlGYRs&NR=1

音楽業界の暴露
D
D
D

レディガガのPVに盛り込まれるイルミナィシンボル
D

おまけ(5分で分かる9.11の疑惑)
D
これも分かりやすい(こちらは10分)
D

では今回はこの辺で。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Occult-Buddha/20130430/1367269366