NO FICTION, NO LIFE

0010-05-25 「MOMENT」本多孝好

MOMENT (集英社文庫)

MOMENT (集英社文庫)

大学生の神田は幼馴染みの葬儀屋・森野の紹介を受け、病院で清掃のバイトをしていた。その病院には末期の患者の元に黒衣の男が現れ、死ぬ前に一つ願い事を叶えてくれるという噂があった。

ひょんなことからある末期患者の願いを叶えた神田は、その時のいきさつから、他の末期患者の願いも叶えようとするが……。


うまいなあ。設定の良さもあるんだろうけど、大学4年生でありながら就職活動もせず、前に進むのをためらう神田、葬儀屋として地元に根を張りつつある森野、前が無くなってしまう依頼者のバランスが絶妙。あと、形式的には連作短編だけど、短編としての質も高くて、特に「WISH」と「FIREFLY」の真相は印象に残った。

あえて言えば、主人公の探偵能力の高さに疑問を感じたけど、それぞれの短編のその後や神田と森野のその後など、書かれていない内容についても様々に想像してしまいます。この終わり方だと難しそうだけど、うまいこと続編書いてくれないかなあ。

(2005/11/13)

藍色藍色 2011/02/08 18:19 軽妙な台詞や展開で、重くなりがちなテーマを
軽く書きながら考えさせるテクニックはさすがです。
トラックバックさせていただきました。

Connection: close