NO FICTION, NO LIFE

0010-07-04 「アコギなのかリッパなのか」畠中恵

アコギなのかリッパなのか

アコギなのかリッパなのか

元不良で21歳の大学生、佐倉聖は腹違いの弟を養うために元大物代議士の大堂剛の事務所で事務員として働いていた。だが事務員であるはずの彼の元に持ち込まれてくるのは、大堂の弟子の議員たちの抱える様々な問題だった。聖は機転を利かしてそれらの難題を解決していく……。


日常の謎系の短篇集で読みやすく、キャラも立っていてなかなか良い。真実を突きつけるのではなく、うまくまとまる形で解決していくのが政治っぽさかな。ただ、もうちょっと真相に意外性があってほしいところ。

(2006/03/08)