NO FICTION, NO LIFE

0011-09-17 「Anniversary 50」国内アンソロジー

カッパ・ノベルス創刊50周年記念作品と銘打った「50」をテーマとした書き下ろしアンソロジー。

以下は各編の感想。


「深泥丘奇談──切断」綾辻行人

ホラーの部分はあまり分からないけど、その上に成立する真相はなかなか。


「雪と金婚式」有栖川有栖

楽しめるけど、本格ミステリとしての驚きを求めてしまうなあ。


「五十階で待つ」大沢在昌

オチはそう来るかあ、という感じで肩透かし気味に驚いた。


「進々堂世界一周 シェフィールド、イギリス」島田荘司

本格ミステリのイメージが強かったので、普通にいい話でちょっと意表をつかれたけど、なかなか良かった。


「古井戸」田中芳樹

リドルストーリー。でも、オチが欲しいなあ。


「夏の光」道尾秀介

少年物。謎解きと物語の両面で良かった。


「博打眼」宮部みゆき

江戸怪談。政吉の生き様が印象に残る。


「天の配猫」森村誠一

ちょっと偶然が過ぎるかなあ。


「未来の花」横山秀夫

ちょっと「50」に無理がある気もするが、警察物として良かった。

(2010/01/01)

藍色藍色 2011/01/04 14:54 全てが読み応えのある、最初から最後まで楽しい一冊でした。
今年も、よろしくお願いします。
トラックバックさせていただきました。

OkiOki 2011/01/04 21:35 コメント&トラックバックありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

Connection: close