NO FICTION, NO LIFE

0011-10-03 「マリアビートル」伊坂幸太郎

マリアビートル

マリアビートル

元殺し屋の木村は、六歳の息子をデパートの屋上から突き落とした狡猾な中学生・王子に復讐するために、東北新幹線<はやて>に乗り込む。一方、誘拐された男性を救い出した蜜柑と檸檬の二人組、ツキのない殺し屋の七尾もそれぞれの依頼を果たすために<はやて>に乗っていて……。


「グラスホッパー」に続く、殺し屋たちの物語。最近の作品では抑えめとなっていた、洒脱な会話や巧みな伏線が盛り込まれている。

七尾と彼に指示を出す真莉亜の会話は楽しくて好きだし、七尾と蜜柑&檸檬との駆け引きあたりは緊迫感もあって良い。ただ、王子がとにかく憎たらしすぎて、いちいち引っかかってしまって、一気読みとならなかったのが残念。

あと、それぞれの決着の付き方が少しあっけないかなあ。まあ、キャラクタに合っていると言えば言えるが。

(2011/01/03)

藍色藍色 2012/06/22 18:43 久々に血なまぐさいお話でしたが、
エピローグの爽やかさは顕在で、安心しました。
トラックバックさせていただきました。