Hatena::ブログ(Diary)

iSEA Laboratory

2018-08-14

伊神 満「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明, 日経BP社, 2018

f:id:Omnia:20180814105638j:image

Christensen, Clayton M.(1997)は、「業界リーダーの座に君臨する企業が、すぐれた経営を行うことによって、業界リーダーの地位を失うことになる」という現象を発見し、これを「イノベーションのジレンマ(The innovator's dilemma)」と呼んだ。

Christensen(1997)は、ハードディスク・ドライブ(HDD)業界の歴史を観察し、リーディングカンパニーが破壊的技術の転換点で必ずつまずいていることを指摘した。またChristensen(1997)は掘削機業界、鉄鋼業界、コンピュータ業界等の業界や、トランジスタ北米オートバイ市場等においてもこのようなイノベーションのジレンマという現象が生じていることを説明した。

本書は、イノベーションのジレンマに対して、【RQ】「既存企業はどうしてさっさと新技術を先取りしてしまわないのか?」について、経済学の視点から説明を行ったものである。

伊神(2018)は3つの観点から説明を進めている。

/契宿覆筏貔宿粉屬共喰い

【分析1】伊神(2018)は「クライダーの法則(HDDの情報記録容量は12ヵ月ごとに倍々になる)」から「HDDの主な材料である『磁気ディスク』の性能は年々向上し、その部品コストはどんどん下がっていった」とし、「HDD価格(P)がHDD部品コスト(Z)につられて下落」すると説明。このHDD部品コスト(Z)を操作変数として、「2段階最小二乗法などの『注意深い回帰分析』」を行い、「新旧HDDの製品の価格(P)と売上台数(Q)の因果関係、すなわち需要の弾力性を測定」した。

「新旧製品間の需要の代替性」を測定することで、「新製品(3.5インチHDD)と旧製品(5.25インチHDD)の間には、相当の代替性がある」とした。

【結論1】以上の分析から、伊神(2018)は「既存企業は、たとえ有能で戦略的合理的であったとしても、新旧技術や事業間の「共喰い」がある限り、新参企業ほどにはイノベーションに本気になれない。(イノベーターのジレンマの経済学的解明)」と指摘した。

既存企業の抜け駆け

伊神(2018)は、

【分析2】・「需要サイド、つまり買い手・消費者にとって、(5.25インチか3.5インチかという規格の違いを除けば)HDDは汎用品、つまり『同質財』であり、」

・「供給サイド、つまり売り手・生産者にとって、競争の性質は『クールノー的』(生産計画と売上目標を立てたら、あとは営業部隊に死ぬ気で売らせるような競争)」

・「クールノー競争における企業の利潤最大化の1階条件」を元にしたコスト算出

HDDメーカーを3社に集約した上での利益算出

(1)新旧両製品を製造・販売するメーカー

(2)旧製品のみを扱うメーカー

(3)新製品のみを扱うメーカー

(1)(3)の利益額が(2)よりも巨額なのだから、イノベーションした方が得」すなわち、【結論2-1】旧製品のみを扱うメーカーは新製品の採用をすべきであることを指摘した。

また、【結論2-2】「ライバル企業数が増えると1社当たりの利益は減る(中略)販売台数が減るだけでなく、競争激化によって利幅も小さくなってしまうので、利益の下がり方は深刻である。既存企業としては、他社が新市場を牛耳る前に(そして新参企業が参入してくる前に)先手を打つのが上策だ。」とも指摘している。

4覿抜屬稜塾漏丙

伊神(2018)は、【分析3】「投資の動学ゲーム分析」より、【結論3】「こと研究開発能力に関する限り、既存企業の方が新参企業よりも優れていることが分かった。ここで言う「イノベーション能力」は、既存企業が積み重ねてきた「技術資本や組織資本といった強み」や、新参企業の特徴とされる「意思決定のスピードと柔軟さ」など、各社のあらゆる長所と短所を合算した数字である。」と指摘した。

伊神(2018)は、「既存企業が鈍重なのは、能力不足のせいじゃない。意欲や、努力が、欠如している」点にも言及しており、以上の【結論1〜3】を踏まえると、【RQ】「既存企業はどうしてさっさと新技術を先取りしてしまわないのか?」に対する解を、既存企業の意欲不足・努力不足にあるとしていることが推察される。

(画像出典:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784822255732

2015-11-23

大阪都 反対意見

・橋下体制における経済効果が曖昧

・市民所得は橋下体制下(H20~)になってから減少している

http://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/cmsfiles/contents/0000164/164906/17-3.xls

大阪市HP 市民所得の分配)

・現在の府市民サービスの低下が懸念される(遠くまで行かなければならなくなる。自分だけならともかく、育児介護世代には大きな負担!)

・大学や図書館の数が減らされる可能性がある

・愛着ある地名が無くなる

・公共交通機関の優待がなくなる

大阪都 賛成意見

・2重行政の解消により、税金の無駄の減少が予想される

・企業誘致・官公庁誘致により景気の向上が見込まれる

大阪ダブル選2

ウィーンはいつもウィーン」という曲があります。

今も小学校で習うのかな?

僕は大阪に帰ると、この曲(というよりも曲名)を思い出します。

環状線を降りて、街並そのものや、大阪梅田あたりの賑わいなんかを肌で感じると、

大阪はやっぱ大阪やわ、と。


そんな大阪で、昨日、2回目の大阪ダブル選が行われました。

昨日は朝からハラハラしていましたが、維新が両方を制しましたね。


大阪府大阪市を潰して、一つにすることには大反対ですが、

東京一極集中を打破し、日本を活性化させ、成長させることには大賛成なので、

複雑な気分です。


2015年5月17日に行われた住民投票の結果と、今回の市長選挙の結果を比べると、

少なからずこのように感じている人はいらっしゃるのではないでしょうか。


よくよく記事を調べてみたら、大阪の問題は自分が思っていた問題意識よりも事態は深刻になっています。

(脱・一極集中大阪の街は貧富二極化、しぼむ中間層(朝日新聞デジタル 2015年11月17日10時58分)

http://www.asahi.com/articles/ASHCJ6F6JHCJPLFA011.html


(脱・一極集中)旺盛な消費 郊外の富裕層朝日新聞デジタル 2015年11月18日11時43分)

http://www.asahi.com/articles/ASHCG0F4VHCFPLFA00S.html


大阪のことを、いろんな視点からもう少し考えてみたほうがよさそうです。

ここでは、人々の知恵をお借りしながら、少しずつでも大阪都のメリットやデメリットを挙げて(まとめて)いこうかと思います。


どんな形に変わろうと、皆にとって良い意味での

大阪はやっぱ大阪やわ、という共鳴が奏でられることを願いつつ。

2013-07-27

選挙について

「投票行ってきました。小学生は、一緒に会場に入れないと言われました。外で待たせて下さいと言われました…。一人で待たせるの不安ですよね?」

人気ロックバンド・GLAYのボーカルTERUさん(42)がツイッターでこんな疑問を投げかけ、議論を呼んでいる。

夏野剛「これはつまり子連れは投票するなってことか?」

(中略)

「投票する時のルールが厳しくなればなるほど、若い世代投票率が悪くなるのではないか?と懸念してしまうのは、僕だけでしょうか?」

http://www.j-cast.com/s/2013/07/26180277.html?p=1

2012-08-11

職業としての学問 マックス・ウェーバー

f:id:Omnia:20120811222023j:image

先日、朝日新聞のbeで紹介され、気になったので読んでみました。

脳ミソをブチ抜かれるような刺激を受けました。

『学問に生きるものは、ひとり自己の専門に閉じこもることによってのみ、自分はここにのちのちまで残るような仕事を達成したという、おそらく生涯に二度とは味わわれぬであるような深い喜びを感じることができる。』

『ある写本のある箇所について「これが何千年も前から解かれないできた永遠の問題である」として、なにごとも忘れてその解釈を得ることに熱中するといった心構え―これのない人は学問には向いていない。』という。本当にこの素養は必要だと感じるが…

学問に関してだけではなく、ビジネスに対する心構えも厳しい。

『いわゆる「趣向」のたりない、したがって思いつき、しかも独創的な思いつきにとぼしい連中は、商人になっても実業家になっても、一生かかって精々番頭か技師になるくらいが関の山であろう。』

仕事に対しても刺激を得られました。

職業としての学問 (岩波文庫)

職業としての学問 (岩波文庫)

2012-04-08

Omnia2012-04-08

airpen

またまた便利そうなアイテムの紹介です。

紙に書いた文字を、テキスト化してくれるらしい。

汚い字でも読み取ってくれて、データ送信が楽なら使ってみたい気もします。

どうなのかなー