Sweet Soul Music

2009年02月08日

[]


ちょっと移転してみます。

http://d.hatena.ne.jp/howdymoon/

2009年02月07日

P5NEO2009-02-07

[] Let Me Show Ya / Jazzanova (2008)


ドイツプロデューサー/DJユニットの新作。

適度にキャッチーだし、ジャズだけでなくノーザンソウルの雰囲気もあるし、Leon Wareの「Rockin' You Eternally」までやっているし(しかも本人も参加)。10の「Gafiera」にはAzymuthまで参加しているというクロスオーバーぶり。

先行シングルの「Let Me Show Ya」は、Lou Courtneyあたりを彷彿とさせます。

[] 


E社@名古屋からMさんたち来校。

実物投影機を3台新たに貸していただく。

合計、4台貸与していただいているが、

みんなにもっと使っていただけるようにしていかないと。


人にものを頼む立場になってよくわかったが、

食事を用意して配膳するだけじゃダメ

ちゃんと箸を持たせてあげるくらいまでしないと、

なかなか食べてもらえない。


料理自体はとてもおいしいものなのに・・。

一度味わえば、あとはほおっておいても

どんどん食べてもらえるものだと思うんだけどな。

 

2009年02月05日

P5NEO2009-02-05

[] What Would I Do / Dynamics


今、iPodから流れているのは

Dynamicsの『First Landing』。'69年発表の1st。

ラフな音づくりに、

'69年というなんとも微妙な時期の雰囲気が表れているかな。

どの曲もいいんだけど、

やっぱ、“What Would I Do”がベスト

チョー甘甘なハチロクバラードで、涙がちょちょ切れます。

[]  王様の耳はロバの耳


教育工学系のプロジェクトに参加している関係で、先週の土曜日東京出張した。

田町の駅には初めて降りたが、なかなか殺風景な雰囲気である。

会議自体は司会者堀田先生の見事なリードで、

温かい雰囲気の中にもスピード感のある内容の濃いものだった。

さすがは堀田准教授。回し方と一言コメントがすごい。

とてつもなく忙しいはずなのに、その仕事術を学びたいものだ。


サブ運営者の高橋准教授以外は初対面。

それでも和やかに話し合いができたのは、

参加者コミュニケーションスキルが高いせいだろう。

北は北海道から、南は宮崎まで37名の教員

佐藤先生@岩手 以外は名前も知らない方々ばかりだったが、

会議後、ネットでググってみると、すごい方ばかりだった。

こんな席に参加してもいいのかしら・・・・。


会議後、全員でランチ

その後、お茶の水まで移動し、いつものコース。

ディスクユニオンの駅前店は広くなり、買いやすくなった。

前は棚と棚の間で人がすれ違うことができなかったからなぁ。

ここでは10枚ほど。

当然、Soul館にも移動して、新譜を中心に10枚ほど。

買っても、なかなか聴けないのになぁ。


話は変わって

spamコメントがひどすぎるので、コメント欄を廃止。

もう、「王様の耳はロバの耳」と床屋が叫んだ井戸みたいだな。

でも、たまにはその井戸に叫びたくなるので、

細々とやり続けていくつもり。

2009年01月11日

P5NEO2009-01-11

[] Sunday Basketball / Peter Gallway


土・日と市協会長杯のバスケット大会

今年度から主顧問を若手に譲り、副顧問となったため、

バスケット界では半ばご隠居状態。

その分、二日間の試合はけっこう気楽に見ることができました。

この3年間、市内では負け知らずだったのですが、今のチームは成績不振。前回は下から2番目の成績でしたが、今回はやっと2位にまで上り詰めました。

決勝となった試合も1点差で負けたので、春には追い抜けると予想しています。

[] 11:14 (2003)


CSで録画してあったもの。

あらすじはこんな感じ(引用元:みんなのシネマレビュー

11:14に向けて織り成される5つのショートストーリー。深夜の飲酒運転を突然襲う空から降る人影。悪ふざけで人身事故を起こすばかりか、大事なものまで落としてしまう若者グループ。犬の散歩中、墓地死体と傍らに落ちている我が娘のキーホルダー発見する父親。深夜のコンビニで男友達から強盗の狂言を持ちかけられ、意に反して巻き込まれてしまうレジ係。墓地でのセックス中、落ちてきた石像の頭につぶされ男は即死、慌てて隠蔽しようとする少女。やがて5つのストーリーは、11:14に向け収斂していく。

たぶん、アメリカ本国でも大々的に興業は打たれなかったと思うけど、

なかなか楽しめる作品でした。

お話の中身はたいしたことないんだけど、いくつものストーリーが

最終的に一つに収束していく構成が見事です。

80分ちょっとという上映時間の短さもプラスに働いていますし。

狂言強盗に巻き込まれるレジ係はヒラリー・スワンク製作も)です。

2009年01月10日

P5NEO2009-01-10

[] Home Is Where The Hatred Is


新学期になって2日。通常業務(=授業)に加えて、

飛び込みの会議やら新規業務があって、お茶を飲む暇もない二日間。

この三連休も、うち二日はバスケット大会

残り一日はたまっている仕事をかたづけないといけないハズ。


大会の行き帰りに聞いたのはヴィッキー・アンダーソン。

ジェームス・ブラウンファミリー女性歌手で、旦那はJBの右腕のボビーバード。 

アルバムを一枚も出さず,シングルオンリーだったのだけど,

これは30枚近くのシングル音源から選曲されたベスト盤。 

JBの女性版のようなファンキー路線もあり,JB御大が参加している曲もあり,

「Super Bad」Mother Popcorn」Mr.Big Stuff」のような有名曲のアンサー・ソングもあり。

ボビー・バードとのデュエットである「You're Welcome, Stop On By」「Home Is Where The Hatred Is」の暗闇な感じが素敵です。

[] 21グラム(2003)

CSで見たもの。

「命が消えるそのときに、人は21グラムだけ軽くなる」というのがタイトルの由来です。

あらすじはこんな感じ(引用元:みんなのシネマレビュー

心臓移植の提供者を待つ重病のポールショーン・ペン)。

熱心なキリスト教徒として更生したジャックベニチオ・デル・トロ)。

ドラッグ依存症から立ち直った幸せな家庭の主婦クリスティーナ(ナオミ・ワッツ)。

三人を結びつけたのは一瞬の過ちで起きた交通事故だった。惑わされた時間の流れの中に三人の魂の彷徨を描く。 

こりゃ、すごい。時間軸をバラバラにした構成で最初は「?」の連続だったけど、

途中からは謎解きやパズルを解いているような感じで、見ていて心地よいものでした。

同じ時間軸をずらした構成の『メメント』では味わえなかった快感です。

加えて、デル・トロ、ナオミ・ワッツ、ショーン・ペンの演技が見事。

ショーン・ペンが出ている映画は私にとっては外れがないですね。

21グラム [DVD]

21グラム [DVD]

2009年01月06日

4日は40度近くの高熱が出てダウン。

40代になってからは、すぐにこういった高熱が出る。

この12ヶ月で4度目だ。


仕事始めのつもりだった5日は静養のために寝て過ごす。

たまっていた映画などを見まくった。

なんのためらいも遠慮もなくダラダラとできるのは病気のいいところか。

この日に見た映画をいくつか紹介する。

[] ブロークバック・マウンテン(2005)


CSを録画したもの。

ゲイを扱った映画という程度の予備知識しかなかったが、なかなか引き込まれる内容でした。

あらすじはこんな感じ(引用元:みんなのシネマレビュー

1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。羊の放牧に季節労働者として雇われたイニスヒース・レジャー)とジャックジェイク・ギレンホール)。対照的な性格の二人だが、大自然での過酷な労働の中、いつしか精神的にも肉体的にも強い絆で結ばれていく。セクシャリティを超えた二十年間に及ぶ愛憎を繊細かつ大胆に描いたアン・リー監督の問題作。ヴェネチア国際映画祭獅子賞受賞、アカデミー賞監督賞他三部門受賞。ハリウッド若手有望株主演二人の競演も話題に。惜しくも夭折したヒース・レジャーの代表作。


要は二人の人間の「純愛」を描いたものだが、

それがたまたま男同士だったというだけなのかもしれない。

「純愛」というけれども、お互いに結婚生活を営み、子どもまで作っておきながら、

年に何回も家を空けて、ワイオミングの山の中で過ごす二人。

これが男と女の映画だったら、まったく見る気もしないのだけど・・。


監督も脚本も、そして主役2人の演技はとてもとてもうまい

それ以上にアルマ(=イニスの妻)の描写はさらに見事。

アルマは結婚して2年ほどで、二人の愛を知るのだけど、

生活苦のためか、イニスへの愛のためか、娘を含めた家族の生活を守るためか、ずっと黙っている。

見ている方としては、いつ切り出すのだろう、いつ切り出すのだろうとドキドキして、

そして・・・・。   以下は自粛。 

このシーンなんて女でもないのに、奥さんの立場を考えたら・・・って思ってしまった。 


とにかくいい映画です。内容は重いし、生理的に受け付けないという人もいるでしょうけど。

自分もゲイに対する偏見は無いつもりだったけど、

この映画を映画館に一人で見に行けるか・? というと、「うーん」という感じ。

なにより、アン・ハサウェイ(ジャックの妻役)の美乳が一瞬だけ映った場面を

巻き戻して(しかも一時停止して)見とれてしまう俗物でした(笑)


2009年01月03日

[] あけましておめでとうございます


今年の年賀状です。

f:id:P5NEO:20090103163625j:image


ピンク・フロイドの『原子心母』とフランク・ザッパはすぐに決まったんだけど、

仕方なく、ABCの『Beauty Stab』を入れ、

もう一枚がどうしても見つからなかったので、無理矢理にですが、

バーズの『ロデオの恋人』を加えてみました。

左隅に小さく牛が載っているのです。


2008年子年だったので、ネズミ・ジャケのアルバムを探したのですが、

なかなか見つからず、結局はこんな感じに。

Skin Alley が出したパチもんミッキーのアルバムでした。


f:id:P5NEO:20090103193628j:image



2007年亥年だったので、当然ながらジャケが見つからずに、このシリーズは中止。


2006年はこんな感じ。

f:id:P5NEO:20090103194243j:image


2005年はこう。『Dixie Chicken』が無理矢理な感じ。

f:id:P5NEO:20090103194245j:image


最後に2004年はこう。

f:id:P5NEO:20090103194246j:image

2008年12月31日

[] 2008年を振り返る


久しぶりなので自分一年を振り返ることにする。

仕事

久しぶりの1年担任。

学級経営はまずまずといったところで、毎日を楽しめている。

教科経営は、けっこう重い役割(というか肩書き)を任された。

荷が重すぎるところであったが、それはそれで+の面もあったかな。

校務については再び研究主任。

外に出かける機会も増えて、楽しみながら進められている。


とにかく、仕事の面ではとても充実していた一年だった。

4月からは仕事ばかりで、時間がとれないことばかりと言える。


プライベート

娘はJ女子高校に入学。

古文・漢文に手こずりながら、なんとかやっているみたい。

息子は名古屋の外語大に合格

これまでの蓄えが彼の4年分ですべてなくなる。

家内は相変わらずピアノ研鑽を積んでいる。

先日も大阪であった全国規模のコンクールで3位入賞


趣味世界

優先順位の1位はNFLになってしまった。

NHKBSだけでなくて、CSGAORAにも加入したために、

1週間に7試合も見ることになる。

1試合が2〜3時間だから、プライベートの時間の大半はNFL視聴に当てなきゃいけないというわけ。

9月〜1月末までは毎日、そんな感じでNFLにどっぷり漬かった生活だ。


だから、音楽を聴く暇がほとんど無い。

というよりも、意図的に避けていたような1年だったかも・・・。

2008年に買ったのは100枚も無かったはず。


映画の方はCSで録画したものを1週間に1本ほど。

手当たり次第に見ているから、けっこうミーハーなものも多く見た1年だった。


この項目立ても最初に「仕事」で始まるように、

仕事・仕事・仕事・・・の1年だったように思う。

2008年12月30日

[] 007オクトパシー(1983)


ロジャー・ムーアが老けすぎだ。

あれではおじいさん。

そのくせ、モードアダムスとはイチャイチャしているし・・。

[] 無念ペイトリオッツ

ドルフィンズが最終戦に勝ったために

ペイトリオッツのプレーオフ進出が阻まれた。

たしかにブレイディが抜けた穴は大きかったし、

ディフェンス陣が次々と脱落した穴は修復できなかったけど・・無念。

ブレイディ抜きのベリチック采配が見たかったのに・・。


同じく、サンディエゴデンバーをこてんぱんに叩きのめしてしまった。

こちらは8勝8敗でプレーオフに進出か・・・。

サンディエゴのプレーオフ初戦は、去年と同じ組み合わせ。

つまりインディアナポリス

ラン・ディフェンスが低調のコルツと復調気味のトムリンソンとの対決が今から楽しみだ。

クロマティペイトン・マニングも。

勝っても負けても、ノーブ・ターナーにとっては最後の試合だろう。

2008年05月22日

[] Z


初めて見たのは高校生の頃。

約25年ぶりですから、当然、詳細は覚えていなかったのですが、

ラストシーンの衝撃と、緊張感はずっと記憶にあったのです。

ずいぶん政治的な映画ですから、誰もが楽しめるという内容じゃないですが、

カメラスピード感と淡々とした演出、時折はさまれるフラッシュバック

見ている人を煽って、ハラハラさせるものになってますね。


特筆すべきなのは、映画音楽

ミキス・テオドラキスというギリシア音楽界の巨人のようですが、

なにか鬼気迫るような緊張感があって、この映画のテンポにぴったりのもの。

アル・パチーノが出ていた「セルピコ」や「その男ゾルバ」もこの人。


Z [DVD]

Z [DVD]

度々流れるメイン・テーマはギリシアの民族楽器のブズーキというもの。