更新予定地

2012-10-30

トリプルバトルのリフレクター・光の壁

ダブル・トリプルバトルでは、発動から5ターンの間相手の物理・特殊技の威力を2/3にする補助技

特にトリプルバトルではダブルと同じ軽減率でありながらどの場所から使用しても味方3体が対象となるので、しばしば高い効果を発揮する技となる

光の粘土を持たせることで持続ターンが8ターンまで延びるので、なるべくこれを持たせたポケモンから発動させたい


・主な使用ポケモン


  • ライコウ

f:id:PSP4000:20121030141829g:image

90-85-75-115-100-115:580


準伝説だけに壁を使うことができるポケモンの中でも特に高めの素早さと、悪くない水準の火力・耐久を持つポケモン

弱点も少なく、眼鏡持ちの多いラティオス・サザンドラにも先制して壁を貼りつつ流星群を耐えることができる

また挑発持ちの筆頭であるトルネロス・クロバットの攻撃に耐性を持ちつつ弱点をついて倒すことができる

ドリュウズをはじめ物理の地面タイプには滅法弱いので、威嚇とワイドガードによってサポートをするカポエラーと組ませたい

カポエラーの天敵である負けん気トルネロスを上から縛ることができるのも優秀な点


  • ロトム(ウォッシュ)

f:id:PSP4000:20110730001101g:image

50-65-107-105-107-86:520


FCロトムの中でも特に弱点をつかれにくい優秀なタイプを持つ1体

同じ電気タイプであるライコウと比べると種族値は物足りなく見えるが、ライコウの苦手とする地面技を無効にするばかりかハイドロポンプで返り討ちにすることまで可能

地震はもちろん波乗り・吹雪・熱風といった全体攻撃にも耐性があり、とにかくタイプの強さで受け流せる相手が多い

素早さは劣るのでラティオスなどの強化流星群を上から受けるとどうしようもないが、最速にすれば準速のサザンドラや非雨状態での最速のキングドラ程度までは抜くことができる

耐性の強いウォッシュが最もメジャーだが、ヒート・カットといった他フォルムのロトムもパーティ次第では候補になる


  • ラティオス

f:id:PSP4000:20111210182620g:image

80-90-80-130-110-110:600


強化アイテムを持たせて殴るイメージが強いポケモンだが、そのイメージの強さから挑発をされにくい壁サポートをこなすことも可能

ライコウにはやや劣るがテラキオンより高い速早さ・より高い特攻・悪くない耐久を誇る

基本は壁貼り役でありながら火力も十分にあるので、カポエラーなどを叩けるサイコショックや、強化なしでもそこそこの威力を出せる流星群を搭載することで腐りにくく戦うことができる

数値は高いが弱点はやや多い方なので、スカーフの可能性があるドラゴンタイプや吹雪などには注意したい

他のサポート技も豊富に揃っているが、それを活かす場合はラティアスにしたいところ


  • ラティアス

f:id:PSP4000:20120223114706g:image

80-80-90-110-130-110:600


ラティオスの火力にあまり期待せず、サポート特化にする場合はこちら

壁と奥まで届く攻撃技である竜の波動に加えて、追い風・神秘の守り・癒しの波動・手助け・各種天候変化といった多彩なサポート技が揃っているのでパーティによって選択

弱点をつかれても簡単に落ちる耐久ではないがやはりスカーフ流星群には要注意


  • クレセリア

f:id:PSP4000:20111008092738g:image

120-70-120-75-130-85:600


最高クラスの耐久を持つおなじみのサポートポケモン

弱点をついての集中などでもなければ、壁を貼る前に一撃で倒されてしまうようなことはまずない

粘土を持たせて両壁を貼るのも良いし、他の型の技枠の余りにパーティに応じてどちらかの壁を仕込んでおく程度でも活躍は期待できる

元々サポートとしての面が強く素早さもそれほど高くないので、挑発をされやすいのは難点



・壁への対抗策


  • かわらわり

両方の壁があろうが一体に一発当てるだけで二枚の壁を破壊しつつ攻撃する、壁の発動を見てから対抗できる攻撃技

とはいえ格闘タイプにはインファイト・馬鹿力・けたぐりといった高威力の物理技が存在するため

威力75のこの技の採用はポケモン本体の汎用性を落とす部分もあるので兼ね合いが難しいところもある

また、守られたりゴーストタイプに受けられるなどで相手に攻撃が通らなかった場合は壁を破壊する効果も働かないので注意


  • きりばらい

相手の回避率を下げつつ、相手側の壁や神秘の守りや白い霧などを全て撤去する補助技

それなりに多くの飛行タイプや羽持ちのポケモンが使用できるが回避率を下げる効果の対象は単体であり、補助効果としては微妙と言わざるを得ない

神秘の守りも同時に解除できる点を活かして、状態異常を積極的に撒くパーティだと活躍の機会もそれなりにあるかもしれない

かわらわりと同様に守られてしまうと撤去する効果は発動しないが、攻撃が当たりクリアボディなどで回避ダウンが無効化された場合は問題なく発動する


  • ちょうはつ

上から撃つことで壁の発動を止めることが出来る技

壁技持ちは粘土を持たせるためにメンタルハーブを持っていることも少なく、決まれば更に2ターン補助技の発動を止められる

なんといっても補助特化系ポケモンやトリックルームの多いトリプルバトルでは汎用性が高く、特別壁を意識せずとも多くのパーティに自然に仕込みやすいのが優秀な点

とはいえ相手が壁を使う前に決めることが必須であり、クレセリアなど元々補助技主体のポケモンはいいが、ラティオスなど素の攻撃力の高いポケモンに挑発を撃ちこむのはリスクが高くなってしまうことも多い


  • よこどり

優先度+4で猫騙しに妨害されることもなく、壁の始動を防ぐどころか自分のものにしてしまう補助技

決まれば非常に強力だが、壁始動のターンに合わせる必要がある上に挑発のように持続的に止める効果もないのが難点

また、自分サイドを含めて追い風やワイドガードなどの他の補助技が先に使用された場合、そちらを優先して横取りしてしまう点にも注意


  • ほろびのうた

そもそもダメージを与えずに相手を倒す技なので、これによる撃破を軸にするパーティに対して壁は何の意味もなさない

雨パのニョロトノなどに勝ち筋の1つとして仕込む場合だけでも、3体さえどうにかして落としてしまえば守りを固めながら戦う相手もこの技で崩すことが可能

他にも要塞コンボ系、がむしゃらや毒・天候など定数ダメージで削る戦法も壁に対しては有効

2012-09-27

モロバレルの耐久調整案2

1回目

再生力用のHP3n配分を追記


f:id:PSP4000:20110831083710g:image

114-85-70-85-80-30:464


トリックルーム下でのサポート性能の高さから、相変わらずダブル・トリプルバトルにおいて高い評価を保っているポケモン

BW2では夢特性再生力を得たことにより、先発から盾にしていくような使い方もしやすくなったり、特性胞子の暴発によってキノコの胞子が失敗する事故を防止することが可能になった

同時にBW2からの新要素や環境変化によって意識する先が増えた調整ラインと配分案をいくつか




・調整ライン

HPは252振り前提


  • B

90(0)

101(84)…A205メタグロスの思念の頭突きを確定耐え

102(92)…C139クレセリアの拘り眼鏡サイコショックを確定耐え

109(148)…A200ハッサムの拘り鉢巻テクニシャン燕返しを確定耐え

103(156)…A216ランドロスの地震を確定2耐え

111(164)…A197ランドロスのジュエル大爆発を確定耐え

112(172)…A205シュバルゴのジュエルメガホーンを確定耐え

113(180)…A167トルネロスのアクロバットを確定耐え

115(196)…A216ランドロスの手助けジュエル地震を確定耐え

116(204)…A205メタグロスのジュエル大爆発を確定耐え

117(212)…C182ラティオスの命の珠サイコショックを確定耐え

122(252)…A216ランドロスのジュエル大爆発を確定耐え

・補正あり

134(252)…A200ハッサムのジュエルアクロバットを確定耐え、C182ラティオスの拘り眼鏡サイコショックを確定耐え


  • D

100(0)

101(4)…C182ラティオスの命の珠流星群を確定耐え

107(52)…C125ゴウカザルのオーバーヒートを確定耐え

111(84)…C184メガヤンマの命の珠エアスラッシュを確定耐え

113(100)…C158ユキノオーの命の珠吹雪を確定耐え、C177サザンドラのジュエル流星群を確定耐え

115(116)…C139クレセリアの拘り眼鏡サイコキネシスを確定耐え

116(124)…C182ラティオスの拘り眼鏡流星群を確定耐え、C187ウルガモスの命の珠熱風を確定耐え

127(212)…C197ボルトロスの拘り眼鏡めざめるパワー飛行を確定耐え

130(236)…C158ユキノオーのジュエル吹雪を確定耐え、C177トルネロスの暴風を確定耐え

132(252)…C182ラティオスの命の珠サイコキネシスを確定耐え

・補正あり

133(164)…C161キングドラの手助け+命の珠流星群を確定耐え

134(172)…C156ゴウカザルのオーバーヒートを確定耐え

139(212)…C216ボルトロスの眼鏡めざめるパワー飛行を確定耐え

141(228)…C194サザンドラの拘り眼鏡大文字を確定耐え、C125ゴウカザルの命の珠オーバーヒートを確定耐え

145(252)…C216シャンデラのジュエル熱風を乱数上2つ以外耐え



・配分案

個体値は31-×-31-31-31-0〜1を前提


  • ダブル型

性格:なまいき

努力値:252-0-84-0-172-0

実数値:221-×-101-105-134-31

(A205メタグロスの思念の頭突きを確定耐え)

(C139クレセリアの拘り眼鏡サイコショックを最高乱数以外耐え)

(C156ゴウカザルのオーバーヒートを確定耐え)

(C161キングドラの手助け+命の珠流星群を確定耐え)


BW2の教え技によって出現した手助けニョロトノ+珠キングドラの組み合わせに対抗するためのD寄り配分

この組み合わせからの手助け流星群を耐えることで、少なくとも2回は隣のポケモンを単体攻撃から守ることが可能になります

手助け+ジュエル流星群は極振りしても乱数でしか耐えられないので流石に妥協

オボンを持たせるためにHPを220にする場合、HPをDに4回せば同じ調整ラインを実現可能


  • ダブル型(再生力)

性格:なまいき

努力値:236-0-92-0-180-0

実数値:219-×-102-105-135-31

(H3n)

(A205メタグロスの思念の頭突きを確定耐え)

(C139クレセリアの拘り眼鏡サイコショックを確定耐え)

(C156ゴウカザルのオーバーヒートを確定耐え)

(C161キングドラの手助け+命の珠流星群を確定耐え)


上記の配分を再生力の回復効率が上がるHP3nにしたもの

調整ラインはほぼ変化なし


  • トリプル型

性格:なまいき

努力値:252-0-164-0-92-0

実数値:221-×-111-105-123-31

(A205シュバルゴのジュエルメガホーンを確定耐え)

(A197ランドロスのジュエル大爆発を確定耐え)

(A167トルネロスのアクロバットを最高乱数以外耐え)

(C194サザンドラの拘り眼鏡流星群を確定耐え)


毎回強制選出のトリプルバトルでは相手を選べず様々な攻撃を受けることになるので物理耐久をある程度確保しつつ、現在トリプルバトルに数多く存在する控えめ眼鏡サザンドラを意識した配分

眼鏡大文字だと無理ですが不一致の炎技を拘るリスクは大きく、BW2からは炎技を熱風にしているものも存在するため流星群を撃たれる機会も十分にあります

オボンを持たせるためにHPを220にする場合、HPをDに4回せば「A197ランドロスのジュエル大爆発を最高乱数以外耐え」になる以外は同じ調整ラインを実現可能


  • トリプル型(再生力)

性格:なまいき

努力値:236-0-180-0-92-0

実数値:219-×-113-105-123-31

(H3n)

(A205シュバルゴのジュエルメガホーンを確定耐え)

(A197ランドロスのジュエル大爆発を確定耐え)

(A167トルネロスのアクロバットを確定耐え)

(C194サザンドラの拘り眼鏡流星群を最高乱数以外耐え)


上記の配分を再生力の回復効率が上がるHP3nにしたもの

トルネロスのアクロバットが確定耐えになった代わりにサザンドラの眼鏡流星群が最高乱数以外耐えに

2012-09-16

この指とまれカメックス

案だけメモ


f:id:PSP4000:20120916233149g:image

79-83-100-85-105-78:530


例のタマゴ配布によって、このゆびとまれを使用することが可能となったカメックス

単水タイプは弱点が電気・草の2つに対し抵抗は炎・水・氷・鋼の4つあり、特にメタグロス・ハッサムの単体攻撃と、晴れ・雨・霰の天候絡みの全体攻撃に多いタイプを半減できるのが大きな強みとなりそう

また、炎半減タイプを持つこの指・怒りの粉持ちは非常に希少な存在でもある(他はXD技で覚えているブーバーのみ)

素の耐久に関してもそこそこに十分な数値を持っており、同じこの指持ちであるトゲキッスよりわずかに低い程度

(トゲキッス 85-50-95-120-115-80:545)


一方で遺伝技を使えないことからこの指とまれ以外の技選択肢はかなり狭く、まともな攻撃技は一致単体攻撃の熱湯・ハイドロポンプ、サブウェポンの冷凍ビーム、素早さ関係を操作する凍える風くらいしかない

基本サポート的な働きをすることを考えると熱湯・凍える風・この指とまれ・守るがスタンダードな技構成になるか


  • 配分案

性格:おだやか

努力値:252-0-20-4-196-36

実数値:186-×-123-106-165-103

(A189ハリテヤマの根性インファイトを確定耐え)

(C146化身ボルトロスの10万ボルトをオボン込み確定2耐え)

(C182ラティオスの拘り眼鏡流星群をオボン込み最高乱数×2以外1.5耐え)

(凍える風1回でS準速101族+1)


オボン持ちの特殊耐久重視の配分

トリプルバトルの場合はカポエラーを意識して、素早さを重視するものも候補に挙げられるかもしれない

2012-08-05

バンギラス・ドリュウズ+トルネロス

f:id:PSP4000:20110831083330g:imagef:id:PSP4000:20120223114704g:imagef:id:PSP4000:20110730001101g:imagef:id:PSP4000:20110920182101g:imagef:id:PSP4000:20110831083710g:imagef:id:PSP4000:20110920182102g:image

ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
カポエラーいかくかくとうジュエルねこだましインファイトマッハパンチワイドガード
バンギラスすなおこしヨプのみいわなだれかみくだくけたぐりまもる
ロトム(ウォッシュ) ひかりのねんどハイドロポンプ10まんボルトリフレクターひかりのかべ
ドリュウズすなかきいのちのたまじしんいわなだれみがわりまもる
モロバレルさいせいりょくくろいヘドロギガドレインキノコのほうしいかりのこなまもる
トルネロス(化身)まけんきひこうのジュエルアクロバットおいかぜちょうはつまもる



バンギラス・ドリュウズの最大の難敵であるカポエラー・霊獣ランドロスという二大威嚇持ちに対して非常に強い性能を持つ、まけんきトルネロスを組み込んだパーティ

今期レーティングではいずれも1700前半あたりからトリプルでは1敗で1810、シューターでは2敗で1804まで到達することができました


対ハッサムやナットレイへの炎技、対ガブリアスへのドラゴン・氷技持ちを搭載できていないなど

まだ不安定な部分や確定していない部分も結構多いのですが、とりあえず原型ということで晒してみます


  • カポエラー

性格:いじっぱり

努力値:252-52-4-0-4-196

実数値:157-134-116-×-131-115

(H207-B131バンギラスをジュエルインファイトで確定1発)

(S無補正最速バンギラス+2)


トリプルバトルではもはや説明不要の便利サポートポケモン

初手でミラーした際にトルネロスの自由度を上げたいことと

追い風を絡めて抜ける範囲を広げるため、ダブルでも使っていた少し速めの配分としました


パーティ内で全体攻撃を使えるのポケモンは2体しかおらず、ワイドガードを破るフェイントを使う機会はあまりないと判断し、砂パミラーでの攻撃力を確保するためマッハパンチを採用


  • バンギラス

性格:いじっぱり

努力値:244-4-4-0-4-252

実数値:206-171-131-×-121-113


カポエラーとほぼ同じ理由で意地っ張りのHS振り

ミラーやBW2で増えた馬鹿力持ちなどからの即死を避けるために持ち物はヨプ、特筆することのないテンプレ構成だと思います

相手のバンギラス・サザンドラ・キリキザンなどへの打点を増やすため、サブ技枠にはけたぐりを採用していますが

ハッサム・ナットレイを意識して炎のパンチの採用を検討しても良いかもしれません


  • ロトム(ウォッシュ)

性格:おくびょう

努力値:244-0-4-4-4-252

実数値:156-×-128-126-128-151


ライコウより遅いが、対雨・砂の両方を見ることができる粘土持ちの壁貼りロトム

ドリュウズの地震が当たらず、エアームド・グライオン・ランドロスなどの物理面子で処理しにくい相手を攻撃できることもあってパーティ的にも非常にタイプ補完が噛み合っていると思います

準速のサザンドラや非雨下の最速キングドラより速く壁を立てるために臆病HS振り


  • ドリュウズ

性格:いじっぱり

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値:186-205-80-×-85-140


砂パおなじみのフィニッシャー

最大火力を確保し、一応スカーフテラキオンや非砂下のドーブルまで抜くため意地っ張りAS振り

威嚇の繰り出しや格闘タイプの行動をトルネロスが抑えているので、威嚇を受ける前に安全に立てやすい身代わりを採用しています


  • モロバレル

性格:なまいき

努力値:252-0-164-0-92-0

実数値:221-×-111-105-123-31

(A197霊獣ランドロスのジュエル大爆発を確定耐え)

(C194サザンドラの拘り眼鏡流星群を確定耐え)

(最遅)


対雨・トリックルームへの強力な抑止力となるポケモン

配分は明らかに増えてきた眼鏡サザンドラを意識し、以前よりも少しDに厚めの配分としました

持ち物は最近増えてきたヤミラミの挑発を防ぐためのメンタルハーブ、ミラーに強いラムなどとも迷って回していますが、今のところは汎用性の高い黒いヘドロとしています


今回は試験的に新しく解禁された夢特性である再生力を採用してみましたが、あまり受け回しをせずモロバレルを盾に殴っていくパーティのため引っ込める機会は実際少なかったので、胞子でもあまり問題はなさそうに感じました

ただトリックルームを自分から展開しないことから後攻胞子を撃つ場面は割とあったので、事故を防止する効果は発揮できていたとも言えるかもしれません


  • トルネロス(化身)

性格:ようき

努力値:140-100-4-0-12-252

実数値:172-148-91-×-102-179

(アクロバットでH157-B116カポエラーを確定1発)

(A偶数)

(C194サザンドラの拘り眼鏡竜の波動を確定耐え)


物理4枚の構築でありながら、強力な威嚇耐性を持たせることができるこのパーティのメインテーマポケモン

威嚇や凍える風などの能力ダウン技を受けるとAが2段階上昇するため、相手は必然的に威嚇持ちの繰り出し・ダウン技の使用を強く制限されることになります


このルールではあまり多くないラティオス1発を意識する必要はあまりないので、配分はカポエラーをいかなる状況でも倒せる程度のAを確保しつつ、壁と合わせてなるべく一撃で倒されないために残りは耐久に配分

技は主要のアクロバット・守るに加え、袋叩きパなどの相手の追い風に対抗するための追い風、コンボパーティ・トリルへの対策として挑発を搭載

2012-06-19

トリプルバトル ランク付け(2回目)

以前考えたランクからダークホールの禁止化に加え、BW環境も終期ということで再度考えてみました

例によって勝手な主観に基づいたものになっています


ランクポケモン
S+カポエラー
S-クロバット ユキノオー トゲキッス モロバレル サザンドラ
Aニョロトノ キングドラ バンギラス ルンパッパ トドゼルガ ドリュウズ シャンデラ
Bメタグロス ラティアス ラティオス トリトドン グライオン クレセリア エルフーン ブルンゲル テラキオン トルネロス
Cギャラドス サンダー キュウコン ハッサム ドーブル スイクン ハリテヤマ ヤミラミ チェリム ガブリアス ドクロッグ ルカリオ ドータクン ロトム(ウォッシュ・フロスト) ヒードラン ムシャーナ ナットレイ
Dカイリキー ルージュラ ラッキー カビゴン ゴルダック カイリュー バクフーン ヤミカラス ヤドキング ソーナンス ハピナス ダーテング ココドラ ヤミラミ ボーマンダ ゴウカザル ラグラージ カバルドン マニューラ ベロベルト グレイシア グライオン ロトム(カット・スピン・ヒート) エムリット ローブシン コジョンド キリキザン ランクルス ウルガモス ボルトロス ランドロス
Eリザードン プリン ピクシー パラセクト ウインディ バリヤード ルージュラ カブトプス ヘラクロス ニューラ ポリゴン2 バクーダ ユレイドル ソーナノ サマヨール ドダイトス ムクホーク ムウマージ ポリゴンZ エテボース ヨノワール レジギガス タブンネ ナゲキ デスカーン アーケオス ゾロアーク コバルオン


  • S+


f:id:PSP4000:20110831083330g:image

50-95-95-35-110-70:455

特性の威嚇に猫騙し・フェイント・ワイドガードといったトリプルバトルにおける主要なサポート技を使いこなす

恐らく初期から現在まで、頭ひとつ抜けてトップクラスの使用率を誇るサポートポケモン

BW2では強力なメタポケモンとして注目を集めている、まけんきトルネロスの登場にも勢力を落とさず生き残ることができるかどうかも気になるところ


  • S-


f:id:PSP4000:20120619230505g:image

85-90-80-70-80-130:535

特性精神力により猫騙しを通さず、奥まで届くアクロバットで攻撃できる優秀なカポエラーメタポケモン

追い風、挑発、黒い霧などのサポート面の技も揃っており、アクロバットが通らない相手にも削りを行う怒りの前歯もある

負けん気トルネロスの登場により、カポエラーに強い飛行タイプとしての立場がどうなってくるかは気になるところ


f:id:PSP4000:20110831083709g:image

90-92-75-92-85-60:494

雨対策としても比較的組み込みやすく、単純に追い風やトリックルーム下におけるアタッカーとしても申し分ない強力な全体攻撃を持つ天候始動要員

これまでも多かった霰トリパにおける活躍もさることながら

トドゼルガのために霰を利用するパーティも増えたことで、更に活躍の幅を広げている


f:id:PSP4000:20110908104206g:image

85-50-95-120-115-80:545

全体的に不足のない種族値を持つこの指とまれ要員

この指の他にも追い風、光の壁、アンコール、トリックなど多彩なサポート手段を持つ

攻撃面でも奥まで届いて6割の怯みを狙えるエアスラッシュや、輪唱パーティではアタッカーになれる程度の高いCも持っており、とにかく万能に仕事をこなすことができる



f:id:PSP4000:20110831083710g:image

114-85-70-85-80-30:464

優秀なタイプからの怒りの粉によって味方への単体攻撃からの強力な壁となり、トリックルーム下では低速さからキノコの胞子をばら撒く、トリパでの運用としてもトリパメタとしても非常に妨害性能の高いサポート要員

ダークホールドーブルの存在が消えたことで、ラム・カゴ・神秘の守りのような催眠対策を積極的に採用する必要が薄くなったことから、相対的に活躍しやすくなったともいえるポケモン

ダークホール規制後に数を増やした重力雨パーティに対する抑止力の高さも魅力


f:id:PSP4000:20120405185555g:image

92-105-90-125-90-98:600

竜の波動と悪の波動の奥まで届く2つの一致攻撃を持つドラゴンタイプ

特に悪の波動によって、ブルンゲル・シャンデラ・クレセリアといった上位のエスパー・ゴーストタイプに対して高い打点を持っており

トリパにおけるミラー対策としては、攻撃力のあるメガネサザンドラは特に人気が高い