Peka日記 このページをアンテナに追加

検索およびキーワードのページからここに流れ着いた方へ
HPはこちら

スマブラXフレンドコード:5241-1170-3884
へたれですがお手合わせ願えるとうれしいです。

何気に妹の希望でサイトのどこかにPBBSを設置してます。
興味のある方は探してみるのも一興かと。

Twitter ID:pekatan158

2015-12-09 ここの存在意義とは

[]Soundfontぺたり 22:39

これだというSoundfont発見したので紹介。鳴らしてるのはワルツ14番ですです。

癖の強い音ではあるが、グランドピアノ寄りの音色フォルテアタックも強いので、しっとりとした曲から堂々と力強い曲までこなせる。

容量は282MBなので環境によってはうまく再生できないおそれあり。

もともとの音源調律問題か、オクターブで鳴らすと唸りが目立つ音域があるほか、リリースのせいか音が鳴りっぱなしになるのが難点か。

それにさえ目をつぶれば、化けそうな気はするが・・・?

ステージピアノ仕様で音こそ細いが、総合的にみれば今までのSoundfontの中では一番かな?音色リアル不安なく使える。

容量は143MB(145MBという情報もあり)で、前述のClavinovaより少し大きい程度。

レイヤーも8あるが、切り替わりも自然差異が小さくてかえって抑揚が物足りないくらいか。

自体アタックが控えめ(低〜中音域の境目辺りで顕著)なので堂々とした曲調はやや不向きだが、ノクターンバラードのような曲調にはぴったり。

相対的に低音域が弱いのでイコライジング必須か(このサンプルも低〜やや中域をゲインしている)。

現在のところここで手に入るが、ここもいつなくなるかわからないので気になったら早めに手に入れておくといいかもしれない。

これ以外にもSplendid Grandの上位版とかが手に入れられるので、押さえておいて損はないはず。

入手先についてはこちらのブログでも紹介していただきました。

2015-04-13 また久々

[]新しいSoundfontを導入 01:15

PCを新しくしたついでにTimidity++も入れ直して新たなSoundFontを追加してみた。

あくま単独で鳴らしてみた場合なので、あしからず。

Yamaha U1

音の感じは悪くない。でもやっぱり音域によって音色ががらりと変わってしまうところは違和感が拭えない。

Keppy’s Steinway Piano

Steinwayとあるが、音のキャラクターはClavinovaPiano1V2.0に近い。ポップス系向き。

低音域の音量は充実している。音も澄んでいて音律の違いもわかりやすい。

ただし容量が大きいためかTimidityでは中低音の連打で音が不自然に切れてしまう。PCスペックが上がってもせいぜい150MBくらいが限界なのか・・・?

64bit版で問題なく鳴らせることを確認。でもさすがにSalamanderは駄目でしたとさ。

Keppy’s YAMAHA C7

上に同じくKeppy StudiosからC7。C7自体はEquinoxにもあるが、クオリティはこちらのほうがはるかに高い。

容量もそこそこで破綻要素がないのでClavinovaPiano1V2.0と同様に扱える。硬めの音色だがアタックが少し弱めなのでそこまで耳障りでもない。

2014-04-24 気が向いた

[]またもSoundFont聞き比べ 18:14

今回はショパンのValse Op.34-3で聞き比べをしてみる。調律はキルンベルガー第1だが、純正音程うんぬんよりも速いフレーズでの挙動などでそれぞれの音源問題点、弱点が露呈してきたのでそっちをメインに紹介。前回と合わせて聞き比べるとさらにいいかも。

なお、音が途切れるノイズは何度再生しても同じところに入るものなので、あしからずご了承ください。

続きを読む

2013-12-29 こっそり

[][]参加しました 21:05

C85の3日目に参加されるSBFR様の新譜Portable Memories March - First Story:Gold & Silver」にて1曲提供しました。

前回はDisc1のトリを飾りましたが、今回はDisc1 Gold Discのトラック1をいただきました。まさしくトップバッター

今回は諸事情で忙しいのもあって前回ほど凝ることができず、かなりシンプルな構成だったりところどころ荒があるかなと思われる部分もありますが、雰囲気は出せたかなと思います。

そして提供楽曲として初めてSoundfontを導入した\革新的!/な作品でもあります。

後日談的なものTwitterのほうでつぶやこうかなと。

さて、肝心のブースですが、3日目(31日)西こ-25a「salvation by faith records」です。

旧作にちょっと遊びすぎたDisc1のトリが収録されてる「Portable Memories March - Red & Green」もございますので、購入されてない方はご一緒にいかがでしょうか?

ちなみにわたくし、例の如く行けませんorz

2013-11-14 せっかくの休みなのに・・・

[]唐突ピアノSoundfont聞き比べ 16:29

最近SoundFontに手を出して、いろんなピアノ音源を落として鳴らしたりしてるこの頃。別にやることいっぱいあるんだけd(

先日落として鳴らしてみた音源をここで紹介。Timidity++で何も設定せずにMU500用データで鳴らしたものなのであしからず。

サンプルはショパンワルツ14番(Valse14)とエチュードOp.25-9(Etude25-9)の2種類。

もちろんキルンベルガー第1なので前者は純正音程後者ピタゴラス音程メインとなる。

Valse14のほうは一部音源で音が少し割れてるところがあるけど面倒なのでそのままにする聞き比べにあるまじき体たらく。それでもよければどうぞ↓

YAMAHA MU500

言わずもがな比較用に置いておく。ベロシティのダイナミクスは大きめ。

GPO Concert Steinway Piano

GPO-Concert-Steinway-ver2.sf2こちら

元となっているGMフォントこちら

グランドピアノよりかはアップライト、ホンキートンクっぽい雰囲気の音。純正音程を嗜むのには向かない。

音自体はピアノっぽいが、前回の記事にあるとおり減衰が不完全なのでペダル踏みっぱなしの曲には向かない。ラグタイム系にはぴったり。

終わったときに音がぷつっと切れるのはどうにかならないものか・・・。

ちなみにVer2は変なリリースがかかっているのか、高音がやたら伸びて耳に障ったので載せない。

Stereo Grand Piano (SGPno)

ブライトピアノ系の音色で、クラシックよりかはテクノダンス系の曲に合いそう。

でもリリースが長くてスタッカート全然からないのが大きな欠点

SRX-Grand Piano 3

音としては悪くないけど、レイヤーの切り替わりが不自然音律うんぬんよりそっちのほうが気になる。

イコライジング次第で多少は改善される?アタックは弱め。

000 SGrand 0.7 stereo

丸みのある音で、ノクターンバラード向き。曲を選ぶが音源としては質が高いほう。

一部レイヤー切り替わりで音量差がやや不自然かも?ドビュッシーの月の光をこの音源で鳴らすと絶対いいと思う。

Equinox Grand Pianosポップアップ広告注意)

ピアノ音源としてはいい感じ。デフォルトで音がやや左寄りになっているが、慣れれば気にならない。

GPOほどではないが減衰が不完全なのでペダル踏みっぱなしでボロが出る。

ちなみにSteinway DとYAMAHA C7の2種類あるが、これはSteinway D。

高域が少し弱めなので、気になるならイコライザで心持ち上げてみるのもあり?

11/30追加)

YAMAHA C7

打って変わってこちらは明るい音色。低音がチェンバロみたいだとは言わない。

Steinway Grand Piano 1.2

音の癖が強くところどころ電子音っぽさがあるのは否めないが、紹介したものの中では割と安定して聞ける。

そのままだと高域が耳に障るかもしれない。アタックはやや控えめ。

Valse14のE minor部分の澄んだ響きはこれに軍配。Clavinovaには敵いませんでした

Piano Old Lady 2.0

ピアノっぽさという点ではやっぱりこれがピカイチ。さすが数百MBするだけはある。音自体は小さめ。

しかしやや中低音でホンキートンクのような調律の狂いが目立つのと、ベロシティが小さいときに中低音で弦を弾いたような甲高いノイズが出ることがある。

前者は古いピアノ妥協すればいいが、後者はまさに爆弾ノイズが出ちゃったらSplendidやClavinovaに替えちゃおう。

11/15追加)ClavinovaPiano1V2.0

ClavinovaというYAMAHA電子ピアノサンプリングした音源だが、電子ピアノながら実に音がいい。

無論生のピアノっぽさはSteinwayやOld Ladyには劣るものの、音が澄んでいて音律比較にはもってこい。総合的に安心して使える音源としてはダントツ

電子ピアノ音律変更機能はヴェルクマイスターみたいなメジャーのしかなかったりするので、キルンベルガー第1というニッチ音律適用できるのはSoundfontならでは。

(以下11/29追加)

CelvianoGrand2耳注意

マイルドな音色ピアノで音はいい・・・・・・音はいいが、なぜかピッチ30セント低い

絶対音感持ちにはつらい音源なのは間違いなさそう。とりあえずVienaみたいな編集ソフトで直すことは可能なようだが、88音×4レイヤーでいちいち手間がかかりそう・・・。作者はなんでこんなことをしたのかわからん

11/30追加)とりあえずモダンピッチ準拠に直した。

Sgrand0.7とも違った穏やかな音色で落ち着く。

低音にいくほど減衰の不完全さが出てきやすいので長くペダルを踏む曲は避けたほうがよさげ

WST25FStein_00Sep22

Steinwayピアノサンプリングしたものらしい。音色は幾分GPOに似通っているが、中高音のアタックがつぶれて違和感が。GPOよりも使いどころに困るかな・・・。

Concert Grand

そのままだと割とブライトピアノに近い音色。音は比較的澄んでいる。

そして音が左に寄ってるのはEquinoxと同様だが、より顕著になっている。

楽器構造上こうなっちゃうのだろうか?アップテンポの曲には合いそう。

acoustic_grand_piano_ydp_20080910

自分環境ではまともに鳴ってくれなかったSalamanderGrandPianoV3の軽量版的位置づけらしい。

音はSalamanderと同様澄んだ硬めの音で、Steinway Grand Piano 1.2と少し似ている。

この特性を利用してラ・カンパネラ辺りを鳴らすといい感じになると思う。音量はかなり小さい。

ただしステレオのかけ方がいまいちで、悪い意味で音があちこちから聞こえて統一感に乏しい。

高音のフォルテが左(真ん中?)から聞こえるのは明らかに変。

11/30追加)Splendid Grand 136MB

ネットで調べたらClavinovaPiano1V2.0に並んで評価の高いSoundfontをやっとTimidityで鳴らせた。

音が出るのはブライトピアノだけみたいなので、おそらくそれ調べてみたら1種類しかなかった。とはいピアノっぽさはきちんと出ている。

それでもOld Ladyには敵わない(てか別格)が、Old Ladyのような爆弾を抱えてないという点では安定して聞ける。

音自体が丸いのか、ベロシティが比較的強めでもキルンベルガー第1のシントニックコンマD-Aが違和感なく聞けたりする。

A5-C6辺りのmp-mfくらいで音が割れてるように聞こえるのが欠点。でもブライトピアノからと割り切って聞いたほうが得。

たぶん追記するかも