セントラル・ステーション分室 このページをアンテナに追加

QLOOKアクセス解析

2012-03-08

感想:アニメ「下級生2〜瞳の中の少女たち〜」(2004年)第9話「第九章 …夏祭り…逸れ人…」


 アニメ「下級生2〜瞳の中の少女たち〜」(全13話)の感想です。

(※以下、今回の話の結末まで書いてありますのでご注意ください)

■TVアニメーション 下級生2〜瞳の中の少女たち〜 【原作:エルフ キャラクター原案門井亜矢

http://anime.softgarage.com/kakyusei2/index.html

■原作ゲーム(18禁)のサイト

http://www.kakyu2.com/

 CS放送・AT-Xでの視聴です。

地上波放送:2004年10月〜12月(全12話))


第9話 『第九章 …夏祭り…逸(はぐ)れ人…』


■あらすじ

 夏祭りの時期。図書館司書の「横溝ふみ」(声:西川宏美)は、学生時代にシュンと似た少年(実は本人)と出会っていた事を思い出す。教育実習生の「沢村香月」(声:及川ひとみ)は子供の頃、夏祭りの夜に友達にからかわれて置き去りにされて以来、祭りが苦手だったが、シュンに連れられて祭りを見て回る。シュンは香月に一歩踏み出す事で何かが変わる事が有ると忠告する。それを聞いたたまきは、誰か(多分姿無き恋人)からの電話に、別に好きな人が出来た事を告げていた。


■感想

 前回がえらく唐突な展開で面食らいましたが、今回はいつものノリで一安心。しかしふみの回想に何の意味が有るのか解んないや。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Perry-R/20120308/p7
リンク元