Multiverse このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-07-29-Tuesday 宴会で頭痛

マクロスFライブレポートPart3

※この記事にはネタバレ記事しかありません。大阪公演に参加される予定の方は、この記事を見ない方がより当日のライブを楽しめるかも知れません。


















今日は宴会でした。

大して飲んでいないのにやたら頭痛がします………

あまり体調が良くないようです。

結構しんどいので今日は短めにPart3です。

恐らくPart4で完結かな…KORG DS-10の感想もそろそろ書きたい所です。

でも今はレポート優先で頑張ります。


00d:May'nと中島愛交代

満を持してのMay'n登場に

愛:「シェリルさぁーん、待ってましたよ〜」

と待ちくたびれた感じ。

May'n:「いや〜観覧車3回も乗っちゃってね

この観覧車という話、実はセットリスト「00c:中村悠一神谷浩史登場」の時に

愛:「シェリルさんはまだ来ないんですか?」

と早く助け船が欲しい愛に対して

中村もしくは神谷(記憶曖昧):「シェリルは昼の公演が終わった後「まだ時間があるから遊んでくるわ」って言ってさっき観覧車に乗ってたなぁ。今頃は多分頂上の辺り………」

という小ネタが事前にあって、その流れに沿ったもの。

イチイチ細かい設定ありがとう御座いますw

ちなみに昼公演の時はこの設定が変わっており、シェリルが遅れている理由が

「新木場辺りでフォールド断層に引っかかっている」

という何ともマクロスFらしいネタになっていたそうですw

ネタとしては昼の方が良かったですねヽ(´ー`)ノ


10:ノーザンクロス

D

取りあえず一度聞けば分かりますよ…

格好良すぎです





この前の放送で聞いて

「んんんんんんんんなにこの曲っ!!!!!(;´Д`)」

ってあまりの格好良さに痺れまくったんですが、いきなりこの曲を最初に持ってくるなんて………!!

しかもED映像にシルエットだけ映っていたMay'nの踊りを

そのまま踊ってる!!

いかんマジで歌も踊りの動きも格好良すぎる!!!!!!!

サテライトプラス以来の生May'nですが、相変わらずの歌唱力………

中島愛とは完全にベクトルが違う、プロシンガーとしての格好良さが対照的に際立ってました。

「♪君の空飛びたかったーぁぁぁぁうぁぁぁぁうぁぁぁぁぁーぅ」

の所とかホントに鳥肌立ちました…生で聴けて本当に幸せだと思った…………


1つ言えることは、この二人のディーバ*1

比較する対象ではなく対照的な存在

であるということです。

中島愛の繊細な歌声でノーザンクロスは絶対に歌えない。

May'nのパワフルな歌声で星間飛行は似つかわしくない。

お互いが上手く補完し合う関係にあるんですよね。

そのことを改めて考えさせてくれたノーザンクロスでした。


11:ダイアモンド クレバス

パワフルな新曲から一転して前ED曲へ。

May'n自身が「最も思い入れのある曲」と話していましたが、今回も感情豊かに歌い上げていました。

サテライトプラスの時は外環で、歌うには非常に困難な状況。

更に大勢の人前で初披露。

完璧というレベルには若干達していなかったのも事実。

今回は完璧でしたね。

曲を完全に“自分の物”にしてます。

中島愛同様、May'nもまた成長しているのだと実感させてくれました。

二人とも凄いよ…本当に18歳か?


12:Welcome To My FanClub's Night!

曲名紹介の時の盛り上がり、凄かったですね。

みんな待ってましたと言わんばかりの大喝采!!!!

なんかさっきから鳥肌立ちっぱなしなんですけどマジで(;´Д`)

イントロから立ち上がっていく会場の熱気と興奮。

Aメロに入る頃には自然と体が動き出し、

「♪Welcome To My FanClub's Night! S.O.S」

の歌詞の時には、自分も含めて観客の数人がアニメ15話「ロスト・ピース」でのシェリルライブ映像にあった

マクロスプラスのイサムの様に手をバルキリーYF-19)に見立てて上にかざし挙げ、バレルロール*2

の動きを真似てました。

一緒にやってくれる人が居てくれて嬉しかったですね。

マクロスFサントラ「娘フロ」発売時に初出だったこの曲がかなり人気だった、ということを会場のもの凄い盛り上がり方が証明。


13:What 'bout my star?

もちろんこの流れならサントラ同様この曲で決まり!

中島愛も再びココで登場。

「What 'bout my star?@Formo」バリにデュエットで熱唱。

@Formoバージョンではなくオリジナルバージョンでデュエットというのがポイントです。

ステージを二人でめまぐるしく動きながら観客席に歌詞同様のカウントダウン指さしをしたり、ノリノリ。

さっきから名曲ばっかりで凄すぎです。

確か今日は

ランカ・リーデビューライブ

のはずなのにシェリル曲でこんなに盛り上がって良いのか?w

…なんて事は完全にみんな忘れ去って大興奮(;´∀`)

興奮冷めやらぬままステージが暗転。

二人の姿が消え去り、再びバックスクリーンに映像が映し出され………





と、今日はここまで!!

ここからがこのライブの真骨頂とも言えます。

無事にレポートPart4で終わるのかどうか心配ですがwwwwworz

ま、まぁ…頑張ります………(;´Д`)

少しでもこの感動が読んでくれている方に伝わることを願って。

ではお休みなさい…zzzzz

*1:歌姫

*2:航空用語。航空機(戦闘機)が行う機動の一種。詳細は「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB_%28%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90%29」を参照。

 @w)ノ @w)ノ 2008/07/30 02:12 「Welcome To My FanClub’s Night! S.O.S」は題名聞いただけで、脳内再生始まるww 鳥肌たつわww

>手をバルキリー(YF-19)に見立てて上にかざし挙げ、バレルロール
よくわからんが・・・・ やってみてぇええww

Connection: close