Hatena::ブログ(Diary)

Pinesの日記

2012-06-04

胎動

| 23:04 | 胎動を含むブックマーク

f:id:Pines:20080412094625j:image


初めて胎動を感じたのは,17週の終わりだった。

寝る前にお腹に触れていると,中から柔らかく突き上げる感触があった。

お腹だけでは感じず,手を当てて微かに分かる,微妙な優しい感触。


全く自分の意志と関係なく動くそれは,明らかに自分とは違う何者かの存在を実感するに十分だった。


「ああ,本当にいるんだ」


そう実感できた時,例えようもない幸福感に包まれた。

嬉しくてお腹に手を当ててはにやにやしてしまう。

ふいに母性が沸き上がってきて,塩分やらカロリーやら気をつけなければならない面倒な食事も,きちんとバランス良く食べようという気持ちになった。

「かーちゃん頑張るでー!」と妙に張り切って呟いた覚えがある。


正直,胎動を感じるまでは不安だった。

自分はちゃんと母親になれるのだろうか。

母性なんて本当に芽生えてくるんだろうか。

「妊娠が判明すれば母親には自然と母性が芽生えてくるものです」なんて書いてある妊娠本を見て,溜め息をついていた。

ただでさえワーカホリックで仕事好きなので,余計にそう思えたのかもしれない。


胎動を感じるまでは,お腹にいることを頭で理解していても,実感できるのは病院でエコー画像を見られる時だけだった。

相方が「父親の実感が湧かない」と不安げにしていたが,私だって同じだった。

勝手に自分の身体が変わっていくだけで。

妊娠中にやってはいけないことは避け,安静にするようにしていたが,そうするように書いてあったからそうしたまでのことで...。

本当にいるんだろうか。妄想か何かじゃないのか?


こんな不安が,胎動一つで吹っ飛んだ。

最初は夜寝る前だけ動いていたのが,徐々に動きを増し,仕事中や運転中にも動くようになっていく。

点状の突き上げしかなかったのが,複雑な動きをするようになってきた。

膀胱も容赦なく蹴られるし,驚くほど強い時もある(27週現在)。

でも,全く苦痛じゃない。とても愛おしい。


きみはここにいるんだね。

私たち夫婦のところに来てくれて,ありがとう。

時が来るまでお腹でぬくぬく過ごしなさい。

そして生まれてきたら,一緒にこの美しい世界を楽しもう。

2012-05-06

体調の変化

| 21:54 | 体調の変化を含むブックマーク

f:id:Pines:20100410103616j:image

サクラが終わったら新緑の季節。一雨ごとに新芽が伸びていく。


つわり

 あまりひどくはなかったが,匂いに敏感になった。魚の生臭さ・スーパーでの揚げ物をしている匂いがダメだった。Twitterで「スーパーの魚売り場と総菜売り場に近づけない」と愚痴ったところ,「結界が張られているのです」とユーモアたっぷりのリプライがきた。この表現の仕方が面白くて,しょっちゅう使っていた。

 最盛期に気持ち悪いと感じたのは,すれ違った人の加齢臭,女性陣の集まり(香水),タバコを吸った人の臭い。食べ物ではルッコラミョウガ納豆など香りが強いもの。食べ物で吐くことはなかったが,気持ち悪いと感じるとダメなようで,煮こごりを洗っている時に「う、ぷるぷるして気持ち悪...」と一度戻してしまった。気の持ちようなのかもしれないが、気持ち悪いと感じることは止めようもないので難しい。また,歯磨きをするときも「うえっ」となりやすく,歯磨きで戻してしまったことも。なお,戻しても風邪の時のように苦しい・気持ち悪いということはなく,吐いた直後のダメージはそれほど大きくなかった。

 つわりとは違うが,無性にイチゴが食べたくて仕方ない時期があった。また,その日その日で食べたいものがころころと変わる。ある日は揚物が食べたいのに,次の日は見たくもなかったり。自分で自分の食べたいものが予測できなくて困った。スーパーに入って体の要求に応えるという日々が続いた。この症状は安定期には解消した。


睡眠不足

 深く眠れる方だったが,急激に眠りが浅くなった。4−5時には一度目が覚めてしまう。これは頻尿も関係していて(大きくなった子宮膀胱が圧迫されるため),トイレに行ってまたうとうとするという眠り方。また,毎日のように明け方にとても鮮明な夢を見るようになった。睡眠不足を多少なりともカバーするため,朝早く起きる習慣をつけるのをあきらめ,少なくとも7時間は布団に入るようにしている。それでも眠いので,午前中はパソコンに向かい,特に眠い午後は手を動かす仕事を入れるようにしている。この症状は現在進行中。


足の付け根の痛み

 妊娠初期(3ヶ月ごろ)とめきめきとお腹が出っ張ってきた妊娠中期(5ヶ月)に左足の付け根が痛んだ。もともと腰痛持ちなので、腰の筋肉と繋がっている臀部の筋肉が痛むのかと最初思っていたが,どんなに揉んでも叩いても改善しない。ひどい時には歩くたびに痛むので歩行速度がめっきり遅くなって,お婆さんのように少しかがんで「イタタタタ…」と左足をかばいながらよろよろ歩いていた。後で妊娠本を読んで分かったが,子宮骨盤を繋ぐ靭帯が伸びることによって起こる痛みなのだそう。妊娠初期の痛みは2−3週間,中期の痛みは1週間ほどで消えた。

2012-05-02

ヤマザクラとソメイヨシノ

| 21:37 | ヤマザクラとソメイヨシノを含むブックマーク

 関東に越してきて初めてサクラを楽しんだ。なんでも今年はかなり遅いそうで,ウメも咲いているというのにサクラも咲いていた。ここは北海道か。

 興味深いことに,九州ではヤマザクラの方が開花が早かったのに,関東では同時か少し遅いようだ。気温による開花機構への反応が異なるのだろうか。なお,サクラの開花機構は明らかになっていて,一定期間寒さに晒されることと,その後の気温の上昇に依存することが知られている。


f:id:Pines:20120415121051j:image

 なんといってもソメイヨシノの満開と散り染めは美しい。毎年見ても飽きることはない。


f:id:Pines:20100410071000j:image

f:id:Pines:20100410082618j:image

 ヤマザクラの変異も面白い。個体によって,深い赤色の葉を持つものから,淡緑の葉を持つものまで。花の色と葉の赤さは関係があるようで,赤色の葉を持つ個体の花は薄紅色を呈するものが多い。

ヤマザクラの変異については個性派揃いのヤマザクラのページが面白かった。葉の色を赤芽・茶芽・黄芽・青芽に分類するそうだ。


 どちらのサクラもいいもんだなと思いつつ,春を楽しんだ。もう5月(!)、蛙の声やツバメの姿とともに、初夏に向かっていく。

2012-04-30

妊娠したことを職場へ報告するタイミング

| 23:39 | 妊娠したことを職場へ報告するタイミングを含むブックマーク

f:id:Pines:20100410071315j:image

 心拍が確認されると,胎児側の原因で流産する確率がぐっと下がる。そのため,心拍が確認された時点で妊娠診断書を渡されて,市役所へ行って母子手帳を受け取って下さいと言われた。せっかく平日に休んでいるので,その足で市役所に向かった。市役所の職員さんからおめでとうございますと祝福を受けた後,みっちりと説明を受け,山のような書類やパンフレット母子手帳を渡された。


 さて,職場への報告はどうするか。病院に行く前に,ネットで報告のタイミングを調べてみると,安定期に入った頃がよいとする場合と,できるだけ早い方がよいとする場合が見つかった。

 安定期に入ってからの報告というのは,つまり妊娠を報告したのに流産してしまうというパターンを恐れてのこと。この場合に受けるデメリットは,周囲の噂になること,周りに気を使わせてしまうことだろうか。しかし,私は仕事で山に行くし,実験でかなり重い物も持つ。安定期に入るまでの流産しやすい間こそ,周りからの理解と助けが欲しい。このように判断して,病院に行った日の午後には研究室のボス,その上のボス,ラボメンバー,それからプロジェクトリーダーに報告することにした。


 この判断は正解だったようで,報告時に一番上のボスから,出張や仕事内容を配慮するよう研究室のボスに指令をして下さった。一番上のボスはやたら妊娠に詳しく,なんでもちょうどお孫さんが産まれる直前だったそう。また,ラボメンバーも厳寒期(当時1月)の山での調査を代わってくれたり,重い物を持ってくれたり,なにかとサポートしてくれた。おかげで流産することも無く,無事に安定期まで到達することができた。みんな,本当にありがとう。


 それから,プロジェクトリーダーから「早めに言ってくれて助かった」と言われた。彼はその時ちょうど次年度に始まる新たなプロジェクトの計画を練っていたところで,私をそのメンバーの一員として一つの小課題を任せようとしていたそうだ。もし課題案を申請した後だったら,小課題未達成になるか,代わりの人員を調整or探さねばならない。それは,彼にとってかなりのダメージとなりうる事態だった。このように,自分の知らないところで何かの計画(研修や海外出張や新規プロジェクトなど)に入っている可能性があるので,妊娠が判明したら庶務や仕事が絡みうるラボにもすぐに報告しておく方がよいだろう,とラボのボスに忠告を受けた。

 

 こうして私の取った選択「妊娠が確定したらすぐ報告する」は正しかったようにみえる。ただこれは結果論だ。例えば,Twitter上で「流産したため噂になって,大きな会社なのに知らない人がいないくらいになってしまった」ということも聞いた。このような事態によって,かなりの心理的ダメージを受けることは想像に難くない(ただでさえ流産によって悲嘆に暮れているだろうに)。それによって,会社を辞めざるを得なくなることや,鬱病を発症するなどの大きなデメリットを受けることも考えられる。

 もしこのエントリを見て報告のタイミングを考える方がいらっしゃったら,両方のメリットとデメリットをよくお考え下さい。

 

2012-04-23

コウノトリが来た

| 22:38 | コウノトリが来たを含むブックマーク

f:id:Pines:20100410080851j:image

 我が家にようやくコウノトリが来た。今は安定期に入って,胎動を感じ始めたところ。妊娠してから今までのことを忘れないように記録しておく。


妊娠発覚

 もともと妊娠を希望していたこともあったので,いつも基礎体温を測っていた。つうても2年前くらいか。その前は割と適当にやっていたのだが,不妊治療をしていた友人から「基本だよ!」と一喝されたのが効いて真面目にやり始めた。エクセルでちまちまとデータを打ち込んで,体温変化や生理周期を把握。自分の生理周期は33-40日でかなり長く,また月によって変動することもこれで把握。

 余談。基礎体温は朝起きたら布団から起き上がらずに体温計を口にくわえて計る。寝起きの悪い私にはこれがしんどくて、よくくわえたまま眠りに落ちていた。どうにかならないもんなのか、あれ…


 で,妊娠発覚前。生理から40日くらい経って「今度こそか」と思ってはがっかりする,ということを繰り返していた。そんな中で古巣九州へ出張。その時も40日ほど経っていたが,いつものことだろうと気にも止めず普通に働いて仕事後に同僚と飲んだり,古巣での知り合いとバーに行ったり。

 この出張,4日間くらいだったろうか。終わって帰宅したら,すでに45日過ぎている。これは今までにない長さということで,妊娠検査薬でチェック。ばっちりと太い反応線が出た。おわわわわ,ついに来たかー!よく来たー!と喜びつつも,深酒したことが悪影響していないかを不安に思った。


妊娠確定

 妊娠検査薬はhCGという絨毛性性腺刺激ホルモンをキャッチするもの。すなわち,子宮外妊娠であっても反応する。着床しても胚側の要因で育たない場合も多い。なので,産科に行って正常な妊娠かどうかを確定させる必要がある。しかし,あまり早く行っても,医者にも分からない。

 じりじりしながら病院を探した。産むのは相方の家の近くになるだろう。しかしそれまでは何かあったらすぐに駆け込めて対処ができるところが望ましい。となると小さいクリニックではなく総合病院が適切,できれば職場や家から近いところと判断した。


 実は,妊娠する少し前に,50kmほど離れた場所の産科で不妊診療をしようとしてかかり始めたばかりだったが,50kmという距離を考えて却下した。例えばいきなりお腹が痛くなった時や出血があった時,自力でその病院に行くことは無理だし処置が間に合わないだろう。


 そうして決めた病院,土曜に行こうと思ったが,隔週で土曜が休みであった。さすがにもう一週間は待てないと仕事を休み,朝イチで予約して初診を受ける・・・が,えらい(2−3時間)待たされた。これはデフォのようで,後に分娩の予約をするだけの病院でもこのくらい待たされた。産科の先生が少なくなっていることを実感する。


 この時5週3日目。子宮にいることをエコーで確認。胎芽が心拍を打つのがはっきり見えた。ライトの点滅のように瞬いていた。いるんだという実感と,無事だったんだという安堵感からか...いや,ただただ嬉しくて,涙がこぼれおちた。

Poisonous_RadioPoisonous_Radio 2012/04/24 18:51 おめでとうございます!
第一子妊娠がわかったときのことを思い出して、なんかジーンとしてしまいました。
なお「胚」という表現に親近感というか、なんともいえない微笑ましさを感じたのは秘密です(笑)

PinesPines 2012/04/24 22:10 ありがとうございます!
うう,胚じゃなくて胎芽だったよと気づいて直そうと思ってたのに,コメントに入れられてしまうとはw