ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

デムパの日記  あるいは「いざ言問はむ都鳥」普及委員会

2014-07-23

神経痛?その後

ずっと酷かった腹部の痛みですが、最近は疲労が溜まったときだけ痛むくらいになってきました。

(キリキリ働いた日の夕方とか、週末とかね)

薬が効いているだけなのか、神経の修復が進んで回復してきているのか。

後者だととても嬉しいのですけどね。

気休めに?飲んでいるナボリンSが効いているのだろうか。

【第3類医薬品】ナボリンS 110錠

【第3類医薬品】ナボリンS 110錠

【第3類医薬品】ナボリンS 180錠

【第3類医薬品】ナボリンS 180錠

2014-07-22

お酒

調子がいいときは結構お酒を飲みます。

30才ごろから量は飲めなくなった(二日酔いする)し、そもそも質より量を飲もうという気になったことはないので、毎晩ツーフィンガーとかその程度ですけどね。

飲むのはスコッチやバーボンなどの外国産ウイスキーや、ニッカとキリンの3千円前後のウイスキーなど。

最近では他にジンベースのカクテルやテキーラ、ラムなんかもチビチビやってます。

以前は日本酒、特に宮城県を中心に東北の純米酒なんかも結構飲みましたが、日本酒は風味の変化が早いので買ったらさっさと飲みきらないといけないのと、アルコール度数的にほろ酔い加減になるためのコストがかさむので、最近はご無沙汰です。

蒸留酒よりも悪酔いしそうだし。

2014-07-21

ミズカマキリの共食い

共食いするとマズいから早めに隔離しないとな〜と思って今朝覗いてみると、見事に1匹がもう1匹の腹部に突き刺さっていました...orz

2匹ともサキイカに食いつくくらい飢えていたんだから、当然起こりうる事態でした。

うかつだった。

来週もう一度取りに行くか、あるいは逃がしに行くか。

子供の興味の持ち具合で決めようと思う。

2014-07-20

ザリガニ釣り

土曜日の買い物帰りに子供とザリガニ釣りに行って来ました。

それらしいところ何カ所か見ましたが、どこも水がなかったり流れが速すぎたり。

結局自宅近くの田んぼ脇が比較的マシそうだったのでチャレンジ。

あっさりと1匹釣れました。

f:id:Poisonous_Radio:20140719174424j:image:w360

おまけに、立派なミズカマキリも2匹。

f:id:Poisonous_Radio:20140719174418j:image:w360

ミズカマキリがイカの燻製に食いつくとは思ってもみませんでした。

1匹は成虫、もう1匹は羽根が小さいので幼虫のようです。

2014-07-19

サンショウ

5月上旬にイヌザンショウ30粒を播種。

午前中だけ直射日光が当たる場所で軽く腰水っぽい感じで常に用土が軽く湿っている感じで管理していました。

ちなみに播種時にはコンクリート路面で軽くゴリゴリして表皮に傷をつけ、市販の菌根菌と一緒にポットに播き、光が当たるように覆土はためが見えるか見えないかくらいの極薄いものにしました。

6月上旬から発芽が始まり、中旬までに4本目が発芽。

その後もいつのまにか3本発芽しましたが、それからずいぶん間が開いて7月中旬に新たに2本の発芽を確認しました。

合計9本。

播種時期的には適期を1ヶ月以上遅れたのですが、寒冷地だからなんとかなるかなと、大博打のつもりで播種したのですが、予想外の結果でした。

しかし、いくら寒冷地だったとはいえ、7月中旬になってから発芽するものがあるとは思ってもみませんでした。

さすがは新たに開けた場所に最初に侵入するパイオニア植物ですね。

同時期に播いたサンショウは今のところ1本も発芽しません。

そのかわり朝倉サンショウのこぼれタネがいろんなところで勝手に発芽しています。

サンショウは山に行って取ってくる手もあるので、やはり今後のターゲットはカラスザンショウですね。

1本だけ持っていたのは去年突然枯れてしまったので、なんとか種を入手して実生にチャレンジしたいところ。

2014-07-18

モミジ枯れた?

モミジの葉が全て枯れました。

幹にカイガラムシがびっしりだったので物理的破壊と殺虫剤散布したのですが...

カイガラムシだけでこんなになるとも思えないので、カミキリムシでも入ったのでしょうか?

結構気に入っていた木なので、何とか持ち直してほしいです。

2014-07-17

コクワガタの現状

コクワガタはオス2メス4が無事に羽化。

その他にオス蛹1、性別不明の幼虫が3。

これに昨年からの成虫1ペアの12匹体制となった。

日曜日に今年羽化した連中のペアリングを開始するとともに、しばらく前から同居&ダニ防除をしていた去年からのペアに産卵木を入れた(メスはなんともなかったけど、オスは多少数は減ったようだけど相変わらずダニが付いていた)。

今年からのペアのために、来週もプラケと産卵木の準備(お湯に水没処理)をしないとだね。

2014-07-16

スズムシの幼虫を与えてみた

飼育中のアリたちに孵化したばかりのスズムシ幼虫を与えてみました。

クロオオアリ:いちおう食べてるのかな?あまり好みではなさそう。

ムネアカオオアリ:ワーカーの反応もよく、女王は満腹状態でした。

ヨツボシオオアリ:そこそこ食べているようです。

トビイロケアリ:あっという間にワーカーに食われます。むしろ与えすぎ注意かも。

ということで、クロオオアリにはイマイチのようでした。

この傾向はコオロギと同じですね。

同じクロナガアリでもメープルシロップに対する嗜好性に激しい差があったりするので断言はできませんが、うちのクロオオアリはイモムシを与えたときが一番反応がよく、女王が満腹になっていたのはその時だけでした。

昆虫ゼリーに対する嗜好性もムネアカは群がるのにクロオオアリは無視とかなので、クロオオアリ用によいエサを考えないといけませんね。

蚕の1齢幼虫が安く通年確保できればよいのですが。

あるいは10年ぶりくらいにショウジョウバエでも増やしてみようか。

2014-07-15

モウセンゴケとかオジギソウとか

モウセンゴケは毎年冬越し失敗。

オジギソウは元気に繁るのだけど花も実も付かず。

なのですが、懲りずにまた今年も購入。

オジギソウは水切れに注意。

オジギソウは大きめの鉢に肥料たっぷり。

そんな感じで今年こそは。

2014-07-14

カイコの産卵が始まりました。

羽化してすぐ交尾してすぐ産卵が始まりました。

こんなに慌ただしかったっけ?

長女と一緒に対応に大わらわです。