整腸亭日乗 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 05 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

2015-06-27 再び「文学は実学である」ということ

[]文学空気のあるところ 文学の空気のあるところを含むブックマーク 文学の空気のあるところのブックマークコメント


荒川洋治氏の新刊書『文学空気のあるところ』(中央公論新社,2015)を入手、読了する。


文学の空気のあるところ

文学の空気のあるところ


荒川氏の著書から、毎回、文学のこと、詩のことについてなど、忘れられようとしている作家作品を教わる。


昭和というか、戦後はみんなが本を読んでいる、・・・11頁)


小説には密度があった。読むほうは密度のあるものを与えられていた。これが昭和です。(15頁)


昭和戦後に、多くの文学全集が刊行され、家庭の書棚には、どれかが揃っていた。そのことの意味

昭和読書というのは、読むか読まないかではなく、必要な時には、こんな本があるという状態であったこと。


今は、読むひとより、ネットで書くひとが増えた。ブログFacebookには、編集者が介在しない。校正もない。書きたいことをだらだらと書く、そんな時代である、と荒川氏は警句(小生もブログを書いている=恥!)を発している。


中村草田男の名句「降る雪や明治は遠くなりにけり」は、昭和6年の作。つまり明治終焉して20年くらいの時期に詠まれた俳句である昭和が終わり、26年が経過している。昭和が遠いという感覚ではなく、「ALWAYS三丁目の夕日」は、一種の懐古、懐かしさへのあこがれであり、「昭和は遠くなりにけり」の感覚ではない。


花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)


「名作・あの町この町ー地図」では、物語の始点から終点へ、日本地図の上から作品作家を見る。この地図から、私の場合三島由紀夫の「橋づくし」が読みたくなり、近所の本屋さんで新潮文庫を買い求めて、早速読んでみた。荒川氏の紹介がなければ、まず読むことはなかったであろう小説だ。

三島由紀夫短編の巧みさが表現されている作品であった。収穫。


荒川氏の著書を読むと、読書の幅が拡がる。現在、新刊本を必ず購入する著者の一人となっている。


荒川洋治から結城信一島村利正加能作次郎田畑修一郎など、あまり知られていない作家たちを教えられた。


奈良登大路町・妙高の秋 (講談社文芸文庫)

奈良登大路町・妙高の秋 (講談社文芸文庫)

出雲・石見

出雲・石見


過去にも『文学こころ』『昭和読書』『世に出ないことば』『文学の門』『文学がすき』等々、その都度、購入・読書が楽しみな現代詩作家だ。

黙読の山

黙読の山

ラブシーンの言葉

ラブシーンの言葉

文学が好き

文学が好き

文学の門

文学の門

昭和の読書

昭和の読書

文芸時評という感想

文芸時評という感想

文学のことば

文学のことば

読むので思う

読むので思う


何よりも荒川氏の「文学実学である」という<ことば>が良い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/PreBuddha/20150627