Hatena::ブログ(Diary)

伊藤計劃:第弐位相

2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

09-15, 2006 ソビエトファンタジー

ソビエトパンク ソビエトパンクを含むブックマーク

速水螺旋人さんの日記に載ってたアレ

http://www.youtube.com/watch?v=ZLTJXla9jkA

すばらしすぎて涙がでるほど。ディテールがね、ツボをそそるというか。その辺「RED STAR」や「赤い息子のスーパーマン(SUPERMAN:RED SON)」はアメリカ人の仕事なので、微妙にツボを外しているんでしょねえ(いや、好きですけど)。こういうディテールの気合いの入れ方はいかにもニッポニーズらしいアニメですな。さすが4℃

しかし思うのは、スターリンゴシック(以下スタゴ)のコンセプトとゆーのは、ぶっちゃけマンハッタンのパチモンであるわけですが、しかしどうしてソ連は摩天楼を目指さなかったんでしょうか。モスクワって地震が多いとか?スタゴってぽつぽつ点在していてランドマークにはなってはいますが、決して競って林立する方向にはいかなかったわけです。なぜなんでしょう。調べればわかるのかしらね。

どうでもいいですが、今日、はじめて外を歩きました。動かないと治らない、とお医者さんに言われたからです。「イシャはどこだ」よろしく、息吸うたびに筋肉から皮膚を剥がされるような面的激痛と、手術中脇を切開する関係でずっと上げて固定されていたため、ひどい寝ちがえ状態の関節疼痛が続く肩を右手で抑えながら、苦痛に歪んだニタニタ笑いを浮かべた不審者状態で近所を出歩いてきました(とはいえ、歩くのはわりかし楽な部類に入ります。困難なのは、仰向けだろうと横向きだろうと、蒲団に横になるのがものすごい大変だちうことです。まず蒲団に座るのに1分、そこから寝る姿勢までたっぷり2分はかかります)。すると、なんという偶然か「ロシア52人虐殺犯チカチーロ」がレンタルの100円処分ワゴンに放り込まれているではありませんか。HBOのテレビムービーですが、下品な邦題とは裏腹に、上品ささえ漂うなかなかの佳作です。サザーランドの制服姿が中々きまっててオヤジスキーとしてはたまらんものがあります。というわけで保護してきました。

さて、病人のための「24」シーズン5日記ですが、サムが出てきました。とはいってもフロドと男夫婦のラブラブを演じるわけではありません。CTU本部からお目付にやってきた嫌味な男として登場。スーツを来ているのがとても新鮮です。最初ショーン・アスティンだってわからなかったぞ。

と思って調べたら、このシーズン5、ピーター・ウェラーとジュリアン・サンズが出るそうですが・・・ほんとかよ。つまりアレですか、ジャック・バウアーはこれから北アフリカと思しき無国籍地帯へ迷いこんで、CTUへの報告書を、喋るタイプライターで打ち続けるようなテレビにあるまじきダウナー系トリップ展開に突入ですか。「ウィリアム・テルごっこをしよう」とか言ってトニー・アルメイダを射殺ですか。「ジャック・バウアーだ・・・喋る肛門の話をしよう・・・」とかサザーランドがいうわけですか。頭にたくさん乳首のついた謎のクリーチャーの乳液をちゅーちゅー吸いながら。

rasenjinrasenjin 2006/09/16 00:09 >スタゴ
 スターリンは林立させたかったのだと思いますが、死後フルシチョフが「掘立小屋に住んでいる同志もいるのにこんな建物を建てるな」と真っ当な批判をしたのでストップしたそうです。特にモスクワのスタゴ摩天楼が建設されたのは戦後になってからですから、ブームは10年なかったわけで。
 フルシチョフ以降のソ連建築はデザインとしては無個性であまり面白みがないものになりますが、それでもおそるべき巨大建築ぞろいですね。マンハッタンとは違い、主に水平方向に巨大化します。
 そしてソ連崩壊後、スタゴっぽいマンションがどんどん建てられているのは皮肉かもしれません。

ProjectitohProjectitoh 2006/09/19 16:38 つまりスターリン批判の流れ、ということになるんでしょうか。スタゴというのはなんというか、ロシア・アヴァンギャルドの建築(あるいはそのコンセプト)と比べ、装飾過剰でしかもその装飾がどことなくパチモン臭いというか、ゴシックといつつバロックな感じも入ってたりして、ぶっちゃけ「虎皮の敷物」と同じようなおっさん的美意識をどことなく感じて、そこがまた面白かったりするんですが。でもガーンズバック連続体的架空都市の構築という点からすると、スタゴってあんま見栄えがしないというか、アヴァンギャルド建築(もしくはそれがコンペ案どおり作られていた世界)のほうがフィクションとしては見栄えがするなあ、権力的でマチズモっぽいなあ、と思っていたのです。スタゴを使って見栄えがする架空都市を作るとしたら、それこそベラボーに高層化して卒塔婆状態にざくざく立てる(それこそスタゴ版択捉@イノセンスみたいな)しかないのかしら、とこのPVを見てちょっと思いました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/20060915