Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

御光堂世界〜Pulinの日記

2009-05-31

さおだけ屋が潰れて

最近流しの竿竹屋(「たけや〜さおだけ〜」ってやつ)をめっきり見なくなった気がする。

さおだけ屋はなぜ潰れないかとか言う本がきっかけでそのインチキ商売振りがすっかり知れ渡ってしまったので皮肉にも潰れてしまったようだ。

似たような商売の廃品回収車はまだ時々来る。どんなものでも処分すると言って高額な回収料を取るやつ。さすがに最近は無料にてとは言わなくなっている。

こういう商売は同じ客には二度と期待できない(*1)のである地域である程度稼いでしまえばもうよそでやるしかない。だからいずれ商売の限界が来て撤退せざるを得ない。

竿竹屋も潰れたというより終わりが来ただけだったのかもしれない。潰れた竿竹屋が廃品回収屋に転身しているのかもしれない。

竿竹屋がいなくなってみんなよかったかと言うとそうでもないらしい。例えばお年寄りなどの世帯で竿竹を運ぶ能力も無く壊れかけている物干し台を取り壊すことも新しく付けることもできないそういう人たちにとってはたとえぼったくりであっても竿竹屋は便利屋として機能していたというのでいなくなってしまうとそれはそれで困ったことになるらしい。

*1 逆に詐欺商法にだまされやすい人として次々と押し掛けてくる場合もある。そういう業者が未だにやってきている地域はカモにしやすい地域と見られているのかもしれない。


(さおだけ屋および移動販売について→

2009-05-30

ペコちゃんのファッション

不二家の店頭マスコット、ペコちゃんが時々衣装を変えることがあったので、あるとき定点観測してみました。

左上から、某年1月、2月、3月、4月、6月、8月、9月、10月、12月、です。

毎月変わるわけでもないようで、法則性は分かりません。

f:id:Pulin:20090528194127j:image f:id:Pulin:20090529233849j:image

f:id:Pulin:20090529003931j:image f:id:Pulin:20090528194441j:image

f:id:Pulin:20090528194614j:image f:id:Pulin:20090528194757j:image

f:id:Pulin:20090529004231j:image f:id:Pulin:20090529004320j:image

f:id:Pulin:20090528195104j:image

2009-05-29

店頭マスコット・店頭用人形

以前、店頭のマスコット人形が気になって写真に撮って集めてみたことがありました。

昭和レトロ?ですか。一挙掲載します。


f:id:Pulin:20091109161431j:image f:id:Pulin:20091109161457j:image

興和 ケロちゃん(旧、新)


f:id:Pulin:20091231125102j:image

平成になってからの新タイプ ケロちゃんは女の子っぽくなりコロちゃんというキャラが増えた


f:id:Pulin:20090529040035j:image f:id:Pulin:20091110090154j:image

佐藤製薬 サトちゃん(旧、新)


f:id:Pulin:20091109155741j:image f:id:Pulin:20140306175635j:image

サトちゃんムーバー?      平成になってからの新タイプ


f:id:Pulin:20100625174426j:image

平成になっってからの新キャラ、サトコちゃん


f:id:Pulin:20091109161825j:image f:id:Pulin:20091109161539j:image

エスエス製薬 ピョンちゃん(旧、新)


f:id:Pulin:20091109155824j:image f:id:Pulin:20110209062229j:image:w200

ピョンちゃん座ってるタイプ     ピョンちゃんムーバー 

                 「ぢ」「肥後ずいき」にも注目 


f:id:Pulin:20091109162055j:image

ダイオー製薬 ダイオーちゃん


f:id:Pulin:20100624172956j:image

漢方薬局のパンダのマスコット


f:id:Pulin:20090529035521j:image f:id:Pulin:20091130141603j:image

ナショナル坊や          東芝 光速エスパー


f:id:Pulin:20091130141150j:image

日立キドカラー ポンパ君


f:id:Pulin:20091130141257j:image f:id:Pulin:20090531164855j:image

カメラ坊や            メガネドラッグ モモちゃん


f:id:Pulin:20091108144627j:image f:id:Pulin:20091108144503j:image

東京ガス ガス坊や        ナショナルのマスコット 元気くん


f:id:Pulin:20091130143302j:image f:id:Pulin:20091130143359j:image

JRのマスコット          寝具のマスコット


f:id:Pulin:20091205145520j:image f:id:Pulin:20091205145540j:image

壊れてもなお役に立つマスコット



ペコちゃんは画像が多いのでこちら→ ペコちゃん画像

2009-05-28

ミイラになりたいな

ミイラになりたいと思っていたことがありました。即身仏に。

深い理由も特にないですけどその壮絶さに魅かれたと言うか。

しかし、即身仏には一人ではなれません。人の協力が要ります。

すなわち、即身仏になるのは霊験あらたかな修行者で、祈祷や社会事業などで広く信者を集め、日頃から五穀建ち十穀断ちをして身体をミイラになりやすい体質に変え、時期が来たら地中に設けた石室に入って禅定しながら鉦を鳴らす、竹筒を通って音が地上に聞こえる、鉦の音がやんだら入定したものとして、信者は三年待って石室を掘り起こす、そこで見事ミイラと化していたら、形を整えて衣を着せて即身仏として祀る、こういうプロセスのわけです。現代これをやるのはかなり困難でしょう。不可能かもしれない。そもそも不徳の自分にそこまで信者がついてくれるとも思えない。だからといって一人で密かに山にでもこもってミイラをめざしたとしても、単なる自殺であって、気の持ちようですけどあまり意味のある行為だとは思えません。死んで祀られるという栄誉が欲しいわけでもないのですが、むしろ怖々と拝んでほしい、壮絶なミイラ状態を人々に晒すからこそ意味があるとも思うのです。

なんでしょうね。

2009-05-27

ロックアルバム10選

前に書いた音楽ネタが貶しみたいになってしまったので、逆に自分の選ぶロックアルバム10選を書きます。独断と偏見によるものですがよろしく。

(順不同)

勝手にしやがれ!!セックスピストルズ 勝手にしやがれ!!

ロックって言ったらこれでしょ。すげーカッコいい。今聴くとふつうにポップな感じも。1977年作品。パンクとしてなら案外ダムドラモーンズバズコックスの1stと交換可能だったりもします。


ソリッド・ステイト・サヴァイヴァーYMO ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー

YMOはどのアルバムもそれなりに味がありますが、ここはとりあえず一番ヒットしたこのアルバムを。すごくカッッコいいテクノポップです。テクノポップと言うと軽い感じですがYMOは音作りが凝ってます。変態的なジャケットもいいですね。1979年作品。(自分が実際に好きなのは『BGM』や『テクノデリック』の方ではありますが)


In Flat Field (Reis)バウハウス 暗闇の天使

ニューウェーブの走り。暗い耽美的なロック。元祖ゴス。ゴスロリファッションはここから始まった。1980年作品。これは、アナログ盤だと闇の中から這い出してくるようなイメージの曲から始まって、妖しい雰囲気を煽っているのですが、現行CDだとその前に勢い良い曲が付け加えられているので、アナログの頃のイメージで聴くとアレ?って感じも。


ノイ!ノイ! 

前に貶すような記事を書いたので名誉挽回。ハロガロ1曲で決まり。能天気なビート、シンプルなのに退屈しない。半日ぐらいこのビートに浸っていたい! 1972年作品。


天使と小悪魔ケイト・ブッシュ 天使と小悪魔

嵐が丘1曲で決まり。死ぬほど美しい歌。1977年作品。


クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)キングクリムゾン クリムゾンキングの宮殿 

これから4枚はいわゆるプログレというジャンルになるんですが、自分は特にジャンルとしてのプログレが好きなわけではなく、これらのアルバムが性に合ったってことです。

キングクリムゾンのこれは元祖プログレとされるだけあって創造性がヒシヒシと今聴いても伝わってきます。1969年作品。


チューブラー・ベルズマイク・オールドフィールド チューブラーベル

アルバム1枚で1曲という大作。インストルメンタル。繰り返しフレーズを多用しているのが神経質な感じもしますが基本的にはフォークっぽいまったりとした世界です。1972年作品。


イル・ヴォーロII(紙ジャケット仕様)イル・ヴォーロ II

イタリアのバンドです。これもインスト中心の硬質なロックですが民族音楽っぽいフレーズが出てきたりする演奏は非常に緊張感があります。1975年作品。


ルース・イズ・ストレンジャー・ザン・リチャードロバート・ワイアット ルース・イズ・ストレンジャー・ザン・リチャード

ジャズっぽいロックで、民族音楽の要素もあるも過剰にファンキーにはならず、どこかミニマルで醒めた感じの曲があるのも良い。1975年作品。


ボサ・ノヴァ2001ピチカートファイブ ボサ・ノヴァ2001

シックなロック?というよりポップス?メロディがいいです。自分が口ずさむ曲が何曲も入っています。1993年作品。




ジャズアルバム5選

2009-05-26

若者の酒離れについて

若者の「離れ」に関して、そのうちの酒離れについてもう少し考えてみよう。

まず、酒は飲むよりも飲まない方がいい、酒は百薬の長とか、適度の飲酒の方が寿命が延びるとか言われても、酒は飲まない方がいいに決まっている。

酒を飲まないというのは絶対的な善である、これは間違いない。念頭に置いておこう。飲酒を奨励するモラルなど古今東西に存在しないだろう。

だから、若者が酒を飲まなくなっているのは理由はどうあれ諸手を挙げて歓迎すべきことなのである。

酒離れだからといって、飲まない人間に飲ませるのはモラルに反している。

飲まない・飲めない酒を懇親の名目で無理に飲ますという理不尽が行われてきたのがこれまでの日本である。

自分の経験から言っても、酒は適量というのがなかなか難しいものだ。飲めば飲むほど飲みたくなる(酒を受け付けない人除く)。だから今は自分は一切飲んでいない。要するに酒は飲むか飲まないかしかないのだ。

若者が酒を飲まない理由は、まずお金がないから、そして、乏しいお金を酒に使うほど酒に魅力がないから、である。

経済的にゆとりがなければ嗜好品に回せるお金はない。切り詰めてもお酒を飲もうというほど酒に魅力がない。

酒を飲んだ所で少々酔っぱらうだけ。酔って自分を忘れてみた所で結局一時的逃避に過ぎず、現実の明日が良くなるわけでもない。酒で憂さを晴らすなんて幻想に過ぎない。若者は酒に飲まれているすり減った中年以上の世代よりもよっぽどよく分かっている。今の若者は基本的にまじめなよい子なのである。若者はスタイリストでもあるから酒を飲んでみっともなくなることを避ける。

それが酒飲みのオッサンたちに酒を強要されればますます酒が嫌いになるのは当たり前だ。

酒が嫌いだったのに無理矢理飲んで飲酒が習慣化してしまったら悲劇でしかなかろう。

酒の消費を拡大するために若者にもっと酒を飲ませるようにしようなどと考えている酒メーカーは猛省しそんなプランは直ちに引っ込めるべきである。

酒などごく限られた人の間で細々と飲まれている程度でいいのである。


若者の何とか離れとは結局

2009-05-25

Mac OSX 10.5 ←→ OS 9 ファイル共有

・OS9マシンをOSX 10.5(Leopard)マシンに繋ぐ方法。

1. OS 9マシンとOSX 10.5マシンをLANケーブルで繋ぐ。

2. OS 9のコントロールパネル→ファイル共有で

「TCP/IP 接続でファイル共有を可能にする」

にチェックマークを入れる。

ファイル共有の開始ボタンを押す。

3. そこに表示されているIPアドレスを

OSX 10.5のメニューの、移動→サーバへ接続…でのダイアログのサーバーアドレス欄へ入力、接続ボタンを押す。

ネットワーク設定AppleTalkは使用にチェック。

4. 現れたダイアログにあらかじめOS 9に設定してある名前とパスワードを入れる。

5 .次のダイアログでファインダーにOS のドライブ名が表示される。共有したいドライブにチェック。ドライブがファインダーに現れる。

これでOSX 10.5マシンでOS9マシンのドライブが共有できる。


・OSX 10.5マシンをOS 9マシンに繋ぐ方法。

1. OSX 10.5マシンとOS 9マシンをLANケーブルで繋ぐ。

2. OS 9のアップルメニュー→セレクタでAppleShareをクリック→サーバーのIPアドレス…ボタンをクリック。AppleTalkは使用にチェック。

3. 現れたダイアログにOSX 10.5のシステム環境設定のネットワークで設定されているIPアドレスを入力。

4. その次のダイアログにOSX 10.5に設定してある名前とパスワードを入力。

5. OSX 10.5マシンのドライブ一覧ダイアログが現れるので共有したいドライブにチェックマーク。OKボタンを押すとOS 9のデスクトップにそのアイコンが現れ共有できる。


自分の環境、PowerBook G4/867(OS 9.2.2)、iMac 2.4(OSX 10.5.7)ではこれでうまくいっている。


*2010年1月2日追記

先日、OSX10.6 Snow Leopardにバージョンアップしたら、OSX マシンをOS 9マシンに繋ぐ方法、の方がうまくいかなくなっているのが分かった。互換性がないとかいうような警告が出るのだが‥‥。OSX10.6になって仕様が変わったのだろうか。


*2010年12月5日追記

久しぶりにPowerBook G4 (OS9.2.2)とiMac(OSX 10.6.5)を共有させようとしたらもうドライブ自体で共有させられなくなっていて、OS9の方にも共有フォルダを作っておいてそこを通じてファイルのやり取りをするしかないようだ。共有フォルダはOS9のユーティリティのMac OS設定アシスタントで作れる。


*2012年3月追記

OSX10.7.3の環境ではもはやOS9に接続することが不可能になってしまったらしく、どうやってもうまくいかない。


(さらに追記)

Appleのサポート情報によると次のような方法があるらしい。

実際にやってみてはいないのでどうなるかは分らない。

古い AFP サービスに接続する OS X Lion 以降で、AFP クライアントの古い認証方式を有効にして古い AFP サーバに接続する方法について説明します。

http://support.apple.com/ja-jp/HT200160

2009-05-24

ファーストフードという表記法

前の記事でファーストフードと書いてから気がついたけど、今はファストフードと表記するんだね。その方が原音に忠実ということで。

でも、長年ファーストフードで馴染んできたし、原音からかけ離れた外来語などたくさんあるわけで、なにもファーストフードだけ「正しく」書かなきゃならない意味も感じられないので、このブログでは、昔から定着していたファーストフードという表記のままとする。

若者のラーメン離れ

言われるとありえそうな若者の「離れ」を一つでっち上げてみましょうか。嘘は書かないというこのブログの掟破りですがまあ一つ余興に。

即ち、若者のラーメン離れ。

かつてはラーメンと言えば若い人が喜んで食べる食べ物というイメージがありましたが、近頃はそうでもないらしい。

ラーメンは日本人の国民食、ラーメン人気は相変わらずで行列のできる個性的な店も多い。ところが、ラーメン屋に行列している客を見ると…みんな中年以上の人が多く若い人は一人二人混じっているくらいです。これはどうしたことなのでしょうか。取材したラーメン屋の近くには牛丼店とハンバーガー店がありそこには若者があふれています。せっかくすぐそばにこんなうまいラーメン屋があるのに、彼らはなぜこちらに来ないのでしょううか?

はっと気がつきました。値段です。このラーメン屋は一番安いメニューでも700円します。一番高いメニューなら1000円を超えています。それに比べて牛丼・ハンバーガーのファーストフードなら300円程度、500円もすればお腹いっぱいになります。単なる食事と考えればわざわざ高いお金を払ってラーメンを食べる意味がない。ラーメンがおいしいと言ったって所詮ラーメンですから。栄養の方もどっちもどっちなのに。まして行列までして食べるか。金銭的に苦しい今の若者にとって、多少おいしいからと言ってラーメンを食べるのは賢明な選択ではありません。

ラーメンはいまや単なる趣味の食べ物であり、若者はそういう無駄なお金がかかる娯楽・嗜好品からは離れる時代なのです。

そこで、今やラーメンを喜んで食べるのは、比較的懐にゆとりのある中年の人ばかりとなってきた、そういうわけなのです。そうなると、ラーメンはオヤジ臭い食い物というイメージになり若者はますます離れていきます。

ラーメン屋は今は栄えているようでもこの先厳しくなってくるでしょう。ラーメンに思い入れのない若者が年を取ったってラーメンを食べるようになるわけでもないし、今熱心にラーメンを食べている中年層が年を取れば嗜好の変化で次第にラーメンからは離れていく。ラーメン屋の客がいなくなる。

生き残るのは、味のマニアックなこだわりよりもまず安い店になるでしょう。

今風のラーメン専門店は皆淘汰されて、行列にも縁のない街の中華屋みたいな店が生き残る、そんな時代になるのかもしれません。

*あくまでフィクションです。

2009-05-23

若者の車離れについて

以前、若者の何とか離れについて書いたが、そのうちの、車離れについてもう少し考察してみたい。

若者が車を買わなくなった最大の理由はお金、経済的不自由さ、にある、これは間違いない。

そしてもうひとつ、若者にとって車が価値や魅力のある商品でなくなったことも大きな理由だろう。

車に価値や魅力があれば多少お金は苦しくても無理して買うものだ。

地方などで車が生活必需品になっている場合も、若者は軽ワゴン車などの安くて実用的な車種を買い、若者向きだとされていたスポーツカー、クーペ、外車、一頃ハイソカーと言われていたようなステータス誇示型の車は買わない、今、スポーツカーを買うのは高年齢層である。

かつて車の魅力の一つにナンパやがあった。ナンパスポットで愛車を誇示し女の子を誘う、それも今はそんなことをしなくても出会い系などの方法にとって替わられた。かつては車がなければデートもできなかったが、女の子も今は男の車に乗せてもらうことに喜びなど感じなくなった。

車の魅力の一つ、メカいじりの楽しみ。今の若者は理工系離れで、機械などを油まみれになって積極的にいじることに楽しさを感じない、また機械いじりということならパソコンいじりにとって変わられている面がある。

若者はスピードにも憧れなくなった。どんな高性能の車でも現実には速度制限があるから速いスピードが出せるわけもなく、まじめで遵法精神の強い現在の若者は、そんな無意味なオーバースペックの車を買ったりはしない。

若い人の一部に痛車、というムーブメントがある。車体にアニメ・漫画・ゲームのキャラをでかでかと描き、そのオタク的かっこわるさ「痛さ」を競うもので、まさに車のかっこよさやステータスを破壊する行為である。まあ一種のイベントだからこれが現代の若者の車像というほどのものではないが、車はここまで「貶められた」。

車に価値を見いだせなければ、高いお金を払って維持費(そして燃料代)もかかるだけの車を買うわけがない。車をどうしても若い人に売りたければ、車にまつわる古い価値観にとらわれず、21世紀日本にふさわしい新しい価値を提出していく他はないだろう。だが、車なんかどうでもいいという価値観が根付いてしまっているとすれば、もうそれを覆すのは難しいかもしれない。


(追記)

近いうちに軽自動車の税が大幅に引き上げられるような話もあり、車全体で見れば所有や維持のコストがさらにかかるようになると、ますます車離れは進むであろう。


若者の何とか離れとは結局

2009-05-22

ノイ!4

変わったCDを手に入れた。ドイツテクノバンド、ノイ!(NEU!)の4というアルバム。このバンドの70年代の作品はすばらしいので少し期待をしたのだが…

Wikipediaの記述によると、もともと1985〜1986年の未発表作品でメンバーはリリースを望んでいなかったという作品。4というのも日本で付けたタイトルのようだ。

このCDも、だから現在は廃盤らしい。そういうと隠れた傑作が想像されるが、聴いてみると、なんだか凡庸な作品に感じた。80年代の録音の割に音が古く、このバンドが70年代にやっていたことの弛緩した繰り返しという感じで、ぜんぜん鋭い所がない。聞きよいといえば聞きよいが、聞いて残るものがない、退屈な音楽であった。これでは確かに作っても発表はためらうだろう。70年代の創造的な作品とは比べるべくもない。14曲収録。

まあそういうことで。

f:id:Pulin:20090522002353j:image



(追記)

2010年に再発された↓のCDがほぼ同じ内容らしいです。

Neu! '86

Neu! '86

2009-05-21

被告の格好

読売新聞の記事によると

被告はネクタイ・靴姿、裁判員に予断与えぬ対策で


 21日にスタートする裁判員制度で、法廷での被告の姿が大きく変わる。

 これまでは拘置中の被告がジャージーなどを着て、手錠・腰縄姿で入廷する光景が一般的だったが、「犯人という予断を裁判員に与える」との指摘があるため、法務省は被告に貸与するネクタイや靴を購入した。手錠・腰縄も裁判員に見せない対策が検討されているものの、保安上の懸念から関係機関の協議は難航している。

 法務省はこれまでに、結び目がほどけない取り付け式のネクタイを男性400人分、革靴に似せたかかとの部分がない靴を男女700人分、計約280万円で購入した。かかとをつけていないのは、走りにくくして、逃走を防ぐ狙いがある。各拘置所に配布し、裁判員裁判に出廷する被告に限って貸し出す。

 従来は、ネクタイは自殺防止の観点から着用を認められず、靴もサンダルに限定されていた。日本弁護士連合会が裁判員の予断を防ぐための対応を要望したことを受け、法務省は運用を変更。同省幹部は「保安上問題がない形状の物があったので譲歩できた」と話す。

 昨年7月に東京地裁で行われた模擬裁判では、今回購入したものと同様のネクタイと靴が試験的に使われた。無罪を主張した被告の印象について、裁判員役を務めた自治体非常勤職員の女性(44)は「きちんとした格好をするのは(有罪という印象を与えないために)良いことだと思った」と語ったが、男性会社員(42)は「身なりよりも、むしろ被告の言動などで判断した」と影響を否定している。

(後略)

とのこと。

これは、男性会社員(42)氏の対応が正しいでしょう。見た目で判断しない。他の人もそうあるべき。

被告が保安状の理由からだらしない格好を余儀なくさせられているというのは、犯人という予断を与えるというより、屈辱的な扱いで問題があると思うけど。

2009-05-20

5月21日から裁判員制度が始まりますが

裁判員制度は大丈夫なのだろうか。例えば守秘義務。

人は自分の体験を他人に話したがる習性がある。職業上知った秘密は口外しないというのが成り立つのは職業倫理が期待できるからで、職業でもなく一回だけしかやらない裁判員で知り得たことを終生秘密として守り通せるか。重大な秘密だとされれば余計話したくなるものだ。20歳でやったとしたら死ぬまで数十年誰にもいえない。苦しい。厳罰になろうとうっかり話してしまう人が続出するだろう。ここまでの範囲が秘密でそれ以外は構わないと定められていても、実際はそう簡単に割り切れるものではなく、秘密でない部分を話しているうちについ話が及んで秘密の領域まで話してしまうということも充分あり得る。

また、裁判員経験者を社会は温かく迎えてくれるだろうか。例えば職場でも、あの人は裁判員という特殊なことをやった人、という色がついて見られるのではなかろうか。死刑を下した同僚に、普通に接することができるだろうか。

いろいろ考えさせられることが多い制度である。

マスコミは総じて問題点は指摘しつつも制度は支持するという姿勢のようだ。明確に反対を唱えられない空気のようなものがあるのだろうか。少し不思議だ。

2009-05-19

仏ヶ浦の奇岩怪石

下北半島の西側に奇岩怪石の連なる仏ヶ浦という海岸があります。白い岩が印象的。

写真は少し古いですが。3枚目は仏頭のようですね。

f:id:Pulin:20090513182051j:imagef:id:Pulin:20090513182613j:imagef:id:Pulin:20090513182000j:image

2009-05-18

仏教名句

「仏道をならふといふは、自己をならふなり。自己をならふといふは、自己をわするるなり。自己をわするるといふは、万法に証せらるるなり。万法に証せらるるといふは、自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり。悟迹の休歇なるあり、休歇なる悟迹を長長出ならしむ」

〜道元

(仏道をならうというのは自己をならうことである。自己をならうというのは自己を忘れることである。自己を忘れるというのは宇宙のすべてによって明らかにされる(=悟らされる)ということである。宇宙のすべてによって明らかにされるとは、自分及び他者の身心(=意識・感覚)を抜け落ちてなくならせるということである。そこには悟りの跡形もなく、跡形のない悟りが永遠に続いていくのである)


「五大に皆響きあり 十界に言語を具す 六塵悉く文字なり 法身は是れ実相なり」

空海

(五つの元素(からなるあらゆるもの)には皆(真理の)響きがある 十界(=全ての世界)は(真理を語る)言語を持っている 六つの感覚による全ての認識対象はことごとく(真理を表す)文字である 仏の真理はありのままの姿である)


「菩提本より樹無し 明鏡もまた台に非ず 本来無一物 いづれの処にか塵埃を惹かん」

〜六祖慧能

(悟りにもともと(たよりになる)樹などはない 明鏡(のような心)もまた(悟りの)台ではない 本来無一物 どこに汚れがつくことがあろうか)


「応無所住而生其心」

まさに住する所無くして、しかもその心を生ずべし。

〜金剛般若経

(何かにとらわれることなく発心しなさい)


「願わくはこの功徳を以て普く一切に及ぼし、我等と衆生と、皆共に仏道を成ぜんことを」

〜普回向


f:id:Pulin:20090502111237j:image

2009-05-17

長崎市のせこさ

朝日新聞の記事によると

21日に始まる裁判員制度で、裁判員に支払われる日当について、長崎市は有給休暇をとって審理に参加する職員に受け取りを辞退するよう求める方針を固めた。市人事課は「職員が両方を受け取ることへの市民感情に配慮した」と説明している。

 裁判員を務めると、1万円以内の日当が支払われる。市は規則により、職員が欠勤して審理に参加する場合は、届け出によって特別休暇扱いとして給与を支払うことにしている。この制度を利用する職員に、日当を辞退するよう求める。

 同課によると、総務省は給与と日当の受給について問題がないとの見解を示しているが、井川孝稔人事課長は「日当も給与も税金だ。職員が両方をもらえば、税を二重に取っているように市民から見えてしまう」と話している。

とのこと。

何ともせこいですね。裁判員の日当は何のためだと思っているのでしょうか。この市は職員の給与は最低段階の基本給だけで一切手当や賞与も払わないとでもいうのでしょうか。

市民の人気取りのようですが、市民だって逆に呆れるんじゃないですか。

2009-05-16

Googleストリートビューはプライバシー侵害か

グーグルはストリートビューについてプライバシーを侵害しているという声が上がっていることから、プライバシーに配慮した画像に撮影し直して掲載していくことにした。(ただし日本のみ)

プライバシーを侵されているというのはどういう点にそれを感じるのだろうか。

自分の姿や家、車などが写っていることだろうか。しかし、道を歩けば人の顔も家も車も目視できることで、それらを見たからといって、あなたは私(の家、車)を見ましたね、プライバシーの侵害だから見ないようにして下さい、とは言えない。逆に見られるのがいやなら外出せず、家もシートで覆うなりしておけば良いということになる。では、撮影という行為が問題だとするのだろうか、写すことがけしからんといい始めれば、風景の撮影さえできなくなってしまうが、実際問題はこの辺りにありそうだ。撮影されることすなわち記録に残されることがいやだ。ただ見るだけならその時々の一瞬に過ぎないから許容できるが、撮影して記録としてとどめられること、これに言いようのない不安を覚えるわけだ。カメラは命を吸い取るという迷信をあながち笑うことができない。自分の家なり何なりがストリートビューで撮影され記録に残され、しかもそれは全世界の人に公開される、丸裸になったようで、これに非常な不気味を感じる。家の周りの様子など、実際に現場に来れば見られるものだが、ストリートビューなら絶対現場にやってくることのない人間にも見られる、というのが何かいやな感じにもなる。

ストリートビューが撮影し直すのは日本だけだそうで、日本人の肖像権プライバシー意識が高いのかと言うと、日本人は世界有数のカメラ好き民族であって、ことあるごとに何でも携帯のカメラでパチパチ写しているから、自分は写すけど自分が写されるのはいやという虫のいい話となる。

それから、ストリートビューをライブカメラのように勘違いしている人もけっこういそうだ。だが、自分の知っている場所では建物が建て替えられてストリートビューの画像とは風景が変わってしまった場所がある。そういう所はたくさんあるだろう。(どの程度かの頻度で更新はするとしても)ある一時の風景と認識しておけば、抵抗感も減る。

(近日、ギリシャで、プライバシー保護が充分でないとして、Googleが撮影禁止処分になったらしい)


(2011年6月追記)

ストリートビューについて、自分もこの時点ではプライバシー問題を考えたりしたが、使っているうちに利便性が分って、プライバシー問題はささいなことであると思うようになった。

地図さえ軍事機密として禁ずる世界よりは、ストリートビューが自由に使える世界の方がはるかにましだろう。

2009-05-15

ネットでホモネタが流行る理由

「やらないか」とか「ガチムチ」とか、ネットには何かと「ホモネタ」が溢れてますよね。ネット界の住人は何であんなにホモネタが好きなんでしょうね?

多分ワンクッション置いて語れるエロだからでしょうね、大部分のノンケにとっては、ネットだから下ネタを言いたくても、これがオマ○コがグチョグチョとかストレートなエロネタなら直接的過ぎて卑猥でありネタとして扱いづらい。一方ホモネタならノンケにとってどこか人ごとという感じだから下品な表現もむしろ笑いになる。同じチ○ポという語もホモの文脈中だとあまりいやらしく感じない。だからホモネタが流行る。性というものは本来どこか滑稽なものです。

(若い)女性の間でBL(ボーイズラブ)という一種のホモ話が人気なのも安全にエロを楽しめるからと見ています。女性は普通のポルノなんかまず買えませんからね。

ネットでホモネタが流行る一方一般芸能界ではオカマネタが流行っているようです。ネットではオカマはあまりネタにならないように、先のBLでもオカマが題材になることはまずないようです。興味深いいことです。ホモとオカマの違いは説明無くても分かりますよね。オカマに比べてホモはやはり「下品」ですから、ネットのネタにはなってもお茶の間には登場させられないのでしょう。


追記

昔はホモバーや発展場やホモ雑誌などの中にしかなかったホモスラングが、今はネットを通じてノンケでも誰にでも分かるようになったり、ホモ画像もネットにあふれていたりするから、ホモに対する敷居が下がったっことも「ホモブーム」の理由でしょうね。

2009-05-14

動詞の命令形

暗黒大陸じゃがたらの「でも・デモ・DEMO」(アルバム『南蛮渡来』収録)を聴いていたらラストの方で、「しゃべり続けろ、しゃべろ!しゃべろ!しゃべろ!」という歌詞があって、なんか落ち着かない気分になってきて、しゃべる、の命令形って何だっけ?しゃべろ、なんか違うような、動詞活用表を辞書で確認し、しゃべるは五段活用だからしゃべれ、が正しい形と確かめて安心しました。この歌詞は「〜続けろ!〜続けろ!」というフレーズに続くものだからあえて語呂として、しゃべろ、としている可能性があります。ただ、一段活用の命令形がオ段、五段活用の命令形がエ段、と別れているので混同というのは起こり得るものでしょう。

しかしファンキーでカッコいい曲ですね。

南蛮渡来

南蛮渡来

2009-05-13

与那国島の奇岩怪石

与那国島には自分好みの岩がごつごつした地形が多いです。いくつか紹介。


f:id:Pulin:20090517101746j:image

与那国島中央最高部のティンダバナという岩の浸食地形。


f:id:Pulin:20090426141310j:image

与那国島東端部の、サンニヌ台という巨岩が切り立った地形。豆粒のような人物に注目。


f:id:Pulin:20090427161356j:image

サンニヌ台近くの軍艦岩と呼ばれる奇岩怪石。

2009-05-12

つぼみvol.2

私は最近、女の子同士の恋愛を扱った百合というジャンルの漫画に関心があります。

そのアンソロジーコミックつぼみ VOL.2 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)が出たのでさっそく読んでみました。vol.1は非常に充実していただけに2号はいかに?

今号も300ページ超、全17作のボリュームがあり良い意味でお腹いっぱいって感じでした。


特に気になった作品

・「エビスさんとホテイさん」 きづきあきら+サトウナンキ

OLもの。ホテイさんが何というのでしょう、ツンデレ? でカワイイ。ちゃんと気持ちを読んでるエビスさんも。しっかりした力強い線で描かれた独特のタッチが心地よい。

急展開動揺するエビスさん、次号を待て、楽しみ。


・「しまいずむ」 吉富昭仁

お互いの妹に恋する中学生同士の話。前回の続きですね。なぜか二本載ってました。

妙に変態っぽさがアップした内容でした。やっぱりこの二人がこういう風になっていくんですかねえ。


・「オオカミの憂鬱」 水谷フーカ

レズビアンで自信家のエレベーターガールが一癖あるロリ服の少女を落とす話。他愛もない話だけど、ほのぼのしていい、でもこの主人公ロリコンですよね。


・「星川銀座四丁目」 玄鉄絢

ちょっと設定が分かりづらかったけど、イイ話、って感じ。これも続き物かな? これもロリコンですよね。

 

今回は全体的にフェティッシュな作品が目立つような。そういう路線なのかな。


f:id:Pulin:20090515163218j:image:h400

f:id:Pulin:20090517220735j:image:h400

2009-05-11

民主党、小沢代表辞任

 民主党の小沢代表は11日夕、党本部で記者会見し、代表職を辞任する意向を正式表明した。「政権交代の大目標を達成するため、自ら身を引くことで民主党の団結を強め、挙党一致をより強固のものにしたい」と語り、党内の結束を優先した判断であることを強調した。(朝日新聞

とのこと。

「不祥事」を起こした身はとにかくいっぺん引かないと「世間」が納得してくれない、という日本的処世術に結局従ったと見ました。

こういうときに、説明責任がはたされないうんぬん、というのはきちんと説明しろ、ではなく頭を低くしてとにかくあやまれ、だから。

選挙はまだ当分無いだろうし、この時期というタイミングを見計らったのでしょう。

そして、今回代表を辞めても次の次の選挙までには返り咲いて小沢政権といくのでしょう。

コーラとウォッカを使ったアルコール飲料7月発売

コーラとウォッカを使ったアルコール飲料『キリン コーラショック』(キリンビール)が、7月8日より全国で発売される。

キリン独自のコーラフレーバーにウォッカをブレンドするから、コーラらしいしっかりしたうまさが楽しめる。

コーラのあの高い炭酸を生み出すために、高炭酸(自社製品比1.5倍)にすることで、ピリッととくる強い刺激を実現。

だそうで、

・成人のコーラの飲用者がアルコールも一緒に飲用する確率が高い

・コーラの飲用率を時間帯別に見ると、夜にもっとも飲まれている

ことから、コーラ好き、お酒好きの大人に向けての商品となっている、とのこと。


コーラをウォッカにね。。。。

私は今はお酒はもう飲まないけど、スピリッツ類をコーラで割ってよく飲んでいたこともあったよ。ラムとかね。きついお酒を口当たりよくする手段として。

ただ、スピリッツをコーラで割ると、炭酸が妙に気が抜けること、ある種のえぐみのようなものが出る、という感じがして気になってはいた。

この商品はどうなんだろうね。

缶チューハイのベースは多くは焼酎でなくウォッカだそうだけど。

2009-05-10

ワイルドだった生物の実験

私が高校生の頃、生物の授業でけっこうワイルドな実験をやりました。

脊髄の反射を実験するため、実験台のトノサマガエルの上顎から頭の脳の部分にかけてを口からハサミを入れてバッチンと切断する、そして残った身体の運動を観察するというもの。その手順を示された生徒達は、ウワーッて感じだったけど、それでもちゃんとその通りやりました。残酷で見てられない、などというものはいなかった。頭を切り取られた蛙でもピョンピョンはねるんですよ。

また、血液型を調べるという実験もあって、これは生徒がお互いに小さなメスで耳たぶの膨らんでいる所を突き刺して採血しました。出る血は一滴だし痛みもほとんどなかった、もちろん事前にアルコール消毒します。これも怖くてできないなどという生徒はいなかった。

そもそも、実験において、動物愛護とか生徒にショックを与えないとか、わずかでもの危険性は避けるとか、そんな考えははじめからないわけです。

今でもこういう実験をやっている学校はあるのでしょうか。

ちなみにその実験で私は初めて自分の血液型を知りました。

2009-05-09

宇宙の最後は永遠

現在は膨張しつつある宇宙が、遠い将来収縮に転じ、最後は急速な収縮で一点に縮み消滅する。これをビッグクランチという。(収縮しないばあいもありうるが)

宇宙 最後の3分間 (サイエンス・マスターズ)という本によれば

ビッグクランチで宇宙が潰れて無に帰するほんの瞬間前、その時の超高エネルギーを自由に制御できる超存在が、極小に近い空間のあらゆる領域にアクセスしそこで起こっている無限回の振動を利用して思考すれば、宇宙消滅までの瞬間が超存在にとって主観的には無限の時間として捉えられる。

とのこと。

このイマジネーションにうたれた。

SFのアイディアとして、その超存在が現出させる21世紀初頭の地球に似た世界、というのはありか? つまり今は実はその世界なのだ、という話。

宇宙 最後の3分間 (サイエンス・マスターズ)

宇宙 最後の3分間 (サイエンス・マスターズ)

2009-05-08

店員はあくまで店にいるロボットに過ぎないから、それを超えたことはするな、という考え

昨日のネタ今、求められる接客にも関係しますけど、あなたが道を歩いていて、たまたま、いつもよく行くコンビニの店員とすれ違い、相手から「いつもありがとうございます」のような挨拶をされたら、あなたは、礼儀正しい店員だと感心するよりも、何だこの馴れ馴れしい奴は、と不快に思うでしょう。毎日のように行くコンビニでも、毎日のように行くからかえってそう思うのです。つまり、毎日何分か滞在し、いつも同じような食物や酒を買い、各種料金を払い、エロ本も買い、立ち読みをする、だらしない格好で行ったりもする、そんな自分の部屋のように親しいコンビニだからこそ、店員という人間がこちらを個人として認識しているのを知らされるのが不快なわけです。だから道ですれ違っても挨拶などされたら気持ち悪い嫌だ。これは、主婦にとっても、スーパーの店員に道で挨拶されたら同様の不快を感じます。店員はあくまで店にいるロボットに過ぎないから、それを超えたことをするな、と。

2009-05-07

今、求められる接客

今の人は、店員に愛想良く「まいどあり」なんて声をかけられたら二度とその店には行きたくなくなる、もちろん仏頂面でじろじろ睨まれてもよくない、私はあなたのことを意識していますよと客に感じさせたらもうダメ、結局コンビニ店員のようなそっけないアルバイト的態度がよしとされることになる。

2009-05-06

ソフト遍歴、こんなソフトを使ってきたっけなぁ 思い出深い懐かしのソフトの数々

今回は印象に残っているソフト。

現行のはひとまず置いておいて、主にOS9以前の絶版ソフトを挙げてみます。



 ドローソフト

スマートスケッチ(後継はアニメーションソフトFlashの描画機能)

ペイントソフトの感覚で使えるドローソフト。安価。ブラシツールで描いた曲線がなめらかなベクトルデータになる。

f:id:Pulin:20100406074754j:image:h400

f:id:Pulin:20100406074751j:image:h400



 ドローソフト

Expression(マイクロソフトのグラフィックソフトの一部となる)

上とは別アプローチのもっと多様な表現が可能なペイントソフトのようなドローソフト。効果線(集中線)機能が秀逸で、今でも漫画家に愛用者が多いという話も。

f:id:Pulin:20100406090551j:image:h400

f:id:Pulin:20100406090549j:image:h400



 ドローソフト

FreeHand(絶版)

Illustlatorと同等の機能でそれより安かったことがポイント、使い勝手も良い。

f:id:Pulin:20100406080146j:image:h400

f:id:Pulin:20100406080145j:image:h400



 お絵描きソフト

SuperPaint(絶版)

いかにも初期のパソコンでお絵描きという感じのソフト。ドットが粗いのも味わい。ペイントもドローも使えるなど意外と多機能で侮れない。



 3Dソフト

StrataVision3d(絶版)

安価で操作性もシンプル、にもかかわらずきれいな本格的な3D画像が出来上がる。

f:id:Pulin:20100405131245j:image:h400



 音楽MIDIシーケンスソフト

Ballade (絶版)

楽譜入力で音符をちょんちょんと置いていく、これがコンピューターでアナログなことをやっているようで楽しかった。リズムの打ち込みもやりやすかった。

f:id:Pulin:20100406081821j:image:h400

f:id:Pulin:20100406081820j:image:h400



 ソフトシンセ

Rebirth(現在は開発元からフリーダウンロードできる)

テクノの名シンセTB-303と名リズムマシンTR-808TR-909を再現したソフトシンセ。本物に迫る音と評判。実機を模倣したくせのある入力方法でもちょこちょこと短い作品を作って遊んでたっけ。

f:id:Pulin:20100406085144j:image:h400

f:id:Pulin:20100406085143j:image:h400



 ワープロソフト

ORGAI(絶版)

原稿用紙モードが秀逸なワープロソフト。縦書きを積極的なウリにしていた。

f:id:Pulin:20100406083439j:image:h400

f:id:Pulin:20100406083438j:image:h400



 DTPソフト

PageMaker(まだ販売はしているらしい)

図表を多く含むレポートなどの作成がワープロよりも簡単にきれいにできた。



 アイディアプロセッサー

Inspiration(現在英語版はあり)

ダイアグラムのような図と箇条書きを相互変換できる、使って楽しいソフト。

f:id:Pulin:20100406080935j:image:h400

f:id:Pulin:20100406080934j:image:h400



 統合ソフト

クラリスワークス , Appleworks(絶版)

ワープロ、表計算、データベース、ドローなどの統合ソフト。たいていのMacにはプリインストールされてたけど自分が買った機種にはついてなかったので、後になって買った。データベースがやりやすく、蔵書目録とか作ってたっけ。

f:id:Pulin:20100406084300j:image:h400

f:id:Pulin:20100406084259j:image:h400



古いMacでこれらのソフトは動かせるけど、最新の現行機種でも動作可能な仕組みを作ってほしいなぁ。一種の文化遺産だし、使い捨てにするのは惜しい。


*番外 石原豪人の何とか美術館というCD-ROM画集。

絵が興味深かった上、いろいろゲームっぽい仕掛けもあって楽しかった。今は手元にありませんが、あまりに古いソフトなので所有するPowerBookG4ででさえ動くか分かりません。

2009-05-05

私のMac遍歴

今、私の使っているパソコンはiMacです。

初めてパソコンを購入して以来、ずっとMacを使ってきました。特にApple信者というわけではないですが。

とりあえずまとめてみました。


機種名(購入時スペック)(画像はイメージです)


1台目 Quadra650(CPU:68040,33MHz RAM:8MB HDD:230MB OS:漢字Talk7.1)

そろそろパソコンを買わなきゃなというので、何にしようか?当時はまだWindows95さえ出る前で、MS-DOSの時代です。だからMS-DOSの機種にするつもりだったんですが、どうも使い勝手が悪いなとも思っていました。設定とか面倒だし。そこで、ちょっとMacに触ってみて、あ、簡単だ、ということであっさりMacに決定。

家に持って帰ってまで仕事をするつもりはなかったので、職場のパソコンとの互換性はあまり気にしませんでした。

ところがこの機種は、PowerPCという当時のCPUの新規格の一つ前の型で、PowerPC付きの増設カードがついていて、差し込んで使って下さい、となっていました。

メモリーは最後は64MBくらい、ハードディスクは1G増設しました。

ネットを始めたのはこの末期です。当時はダイヤルアップ接続です。

f:id:Pulin:20090505035511j:image



2台目 Power Mac7600/200 (CPU:PPC604e,200MHz RAM:32MB HDD:2GB OS:MacOS8.0)

1台目を3年半ほど使ってそろそろ新しいの、ということで通販で安かったこの機種に。

ところがこれも当時の新規格G3からすれば一つ前の型でした。

これにもCPUカードを買って差したりしながら増強し、5年ちょっと使いました。一番長く使ったMacがこれです。

メモリーは最後は400MB、ハードディスクは48GB増設しました。

増設のために筐体を開けると、前面の金具部品がぱらぱらと外れてきて戻せなくなるのでした。

ちなみにQuadra650はしばらく持っていましたが。二台のMacを繋げて使いこなすなどという高度なことが自分にできるはずもなく、結局邪魔になるだけなので捨ててしまいました。故障もなかったのにもったいない。

f:id:Pulin:20090505102555j:image



3台目 PowerBookG4 (CPU:PPCG4,867MHz RAM:512MB HDD:40GB OS:MacOs9.2.2 OSX10.2)

Power Mac7600/200がとうとう起動しなくなり、そもそもあの機種ではOSXも動かないということで買い替えました。今度はノート型です。

OS9からOSXに乗り換えて、違いに驚きましたが意外に早く慣れました。やっぱりMacはMacですね。

これは実際に使ったのは1年半ほどです。メモリーは1GBに増設。

このマシンはまだ持っています。逆にOS9専用機となっています。

f:id:Pulin:20090505035537j:image



4台目 PowerBookG4  (CPU:PPCG4,1.5GHz RAM:2GB HDD:80GB OS:OSX10.3)

新しいPowerBookです。3台目の能力不足を感じ買い替えたのですが、今度は中古で買いました。

これは3年ほど使いました。一回ハードディスクがクラッシュする故障に見舞われました。

この機種から無線LANとなりました。

このマシンは売却し次のiMacを買う資金に充てられました。

f:id:Pulin:20090505035549j:image



5台目 iMac  (CPU:C2D,2.4GHz×2 RAM:4GB HDD:320GB OS:OSX10.4)

現在の機種。Intel製のCPUに替わったMacです。これは発売後まもない機種で買いました。

しばらくノート型を使っていたため画面が今でもデカク感じます。

まだ当分これを使っていきます。

f:id:Pulin:20090505035458j:image



1台目と現行5台目を比べると、CPUで73倍、メモリーで500倍、ハードディスクで1390倍になってますね。

最近はネットばっかで、創造的なことは一台目二台目の頃の方が充実してた気がします。

続きはソフト編で


(2012年追記)

6台目 MacBook Pro  (CPU:core i7,2.2GHz×4 RAM:8GB HDD:500GB OS:OSX10.6)

2011年4月以降使用中。

2009-05-04

熟練工が要らなくなると

住宅設備のうち給水(給湯)配管では、古くから一般的な、一本一本塩ビ管をつないでいくという方法から、ヘッダー工法という、集中ユニット式のものをつなぐ工法へと変化しました。

これは塩ビ管のような熟練は要らず、少し訓練すれば誰にでもできる工法であり、修理の時もヘッダー部を交換すればよいので簡単です。

ただしその反面、未熟練の配管工が大量発生することになりました。

それにより、ヘッダー工法を用いない排水管の部分で、ベテラン配管工ならば行わなかった単純施工ミスが目立つようになり、漏水事故などを起こしています。

いろいろな産業分野で、この例のような作業の簡便化とその反面の未熟練工化が起こってきているらしい。

2009-05-03

憲法記念日に思う

自分は特に改憲論者ではないし、いつかは変えるにしても憲法改正が緊急の課題だとは思ってはいません。

ただ、戦後の混乱期に慌ただしく作られて至らない所もある今の憲法に対して、世界一すばらしい憲法であるかのように過剰に賞賛する、そういう立場に対しては違和感を感じます。

護憲(憲法を「護る」)という言い方も、気持ちは分かるけど、なんか変な気がします。

憲法自体が何か別のことの象徴になっているようで、これはことさら憲法を変えたがる立場の人についても同じで、憲法というのは日本の戦後そのものなんだな、と思います。

2009-05-02

十仏名

十仏名(じゅうぶつみょう)


清浄法身毘盧舎那仏(しん じん ぱ しん び る しゃあ のう ふう)

円満報身盧遮那仏(えん もん ほう しん る しゃあ のう ふう)

千百億化身釈迦牟尼仏(せん ぱい か しん し きゃあ むう にい ふう)

当来下生弥勒尊仏(とう らい あ さん み るう そん ぶう)

十方三世一切諸仏(じい ほう さん しい い しい しい ふう)

大乗妙法蓮華経(だい じん みょう はあ りん があ きん)

大聖文殊師利菩薩(だい しん ぶん じゅ す りい ぶう さあ)

大乗普賢菩薩(だい じん ふう えん ぶう さあ)

大悲観世音菩薩(だい ひ かん し いん ぶう さあ)

諸尊菩薩摩訶薩(しい そん ぶう さあ もう こう さあ)

摩訶般若波羅蜜(もう こう ほう じゃあ ほう ろう みい)

諸仏光明真言灌頂陀羅尼

光明真言(こうみょうしんごん)


おん あぼぎゃ べいろうしゃのう まかぼだら まにはんどま じんばらはらばりたや うん

大悲心陀羅尼

大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)


なむからたんのー。とらやーやー。なむおりやー。ぼりょぎちー。

しふらやー。ふじさとぼやー。もこさとぼやー。もこきゃるにきゃやー。

えんさーはらはえー。しゅたのーとんしゃ。なむしきりー。

といもーおりやー。ぼりょきちーしふらー。といもーおりやー。

ぼりょきちーしふらー。りとぼー。なむのらーきじきりー。もこほどー。

しゃみさぼー。おとじょーしゅべん。おしゅいん。さばさとー。

のもぼぎゃー。もはてちょー。とじとーえん。おぼりょぎー。

りょぎゃちーからちー。いきりもこー。ふじさとー。さぼさぼー。

もらもらー。もきもきー。りといんくりょくりょー。けもとりょーとりょー。

ほじゃちやー。もこほじゃちやー。とらとらー。ちりにー。

しふらやー。しゃろしゃろー。ももはもらー。ほちりー。いきいきー。

しのしのー。おらさんふらしゃりー。はざはざー。ふらしゃやーくりょくりょー。

もらくりょくりょー。きりしゃろしゃろー。しりしりー。

すりょーすりょー。ふじやーふじやー。ふどやーふどやー。

みちりやのらきんじー。ちりしゅにのー。ほやものそもこー。

しどやーそもこー。もこしどやーそもこー。しどゆきーしふらやーそもこー。

のらきんじーそもこー。もらのらそもこー。しらすんおもぎゃやーそもこー。

そぼもこしどやーそもこー。しゃきらー。おしどやーそもこー。

ほどもぎゃしどやーそもこー。のらきんじー。はぎゃらやーそもこー。

もほりーしんぎゃらやーそもこー。

なむからたんのうとらやーやー。なむおりやーぼりょぎちーしふらやーそもこー。

してどー。もどらー。ほどやー。そーもーこー。


f:id:Pulin:20090502113908j:image


この陀羅尼の大意は、

観音(千手千眼観音)に帰依いたします。仏法を守護するシヴァ神に幸あれ。栄えよ。めでたや。

となります。

2009-05-01

『巨人の星』考

一般的にはスポ根ものの典型とされている『巨人の星』。

自分は漫画やテレビアニメをリアルタイムで見た世代ではなく、原作の漫画を後から読んで感動しました。

この作品は確かに前半部はスポ根ものといえましょう。

しかし中盤、主人公星飛雄馬が、ある出来事をきっかけに、自分にとって野球とは何なのか、野球をやる意味は何なのか、と悩み始め、そして、できたばかりの恋人と死別するあたりから、この話の本質は一人の若者のアイデンティティの模索が真のテーマとなり、野球は単なる舞台装置に過ぎなくなり、ある種破滅的な結末へと到ります。

その絶望的に暗いムードが話に横溢し子供心にもずしんと来ました。

この作品は野球というスポーツを結果的に否定してしまっています。大リーグボールなどという「魔球」はチームプレイである野球というフォーマットを逸脱する作用を及ぼしています。

単純に夢を描けるような野球はここにはありません。

単なるスポーツものでないことは明らかです。

「魔球」のための酷使で肉体を破壊するという強引な手段で野球を自分の人生から切り捨てた飛雄馬が、ラストで一人「巨人の星」を仰ぎ見て「俺の新しい人生でこんどはどんな夢の星にするかな」という場面は、何とも言えず胸に迫るものがありました。

後年、続編が作られましたが、平凡な野球ものとなっていて、作ってほしくなかったと思いました。