Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

御光堂世界〜Pulinの日記

2010-08-31

今の加熱する政局なんだけど

菅対小沢だの、小沢叩きだの、小沢一郎待望論だの、いろいろ盛り上がっている状況だけれど、そもそもこの対決の構図自体、出来レース臭い気もしてきた。最終的に何がゴールとして設定されているのか、どこかへ誘導されるものなのか、見えてくるものがないではないけど、しばらくすれば分ってくるだろう。

2010-08-30

売国・愛国を見分ける表だそうです  そして昭和初期の少年小説へのプロローグ

ネットでこんな表を見つけました。

f:id:Pulin:20100830113346j:image

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/195.html

ずいぶん、浅い分類だなあ、と思いました。国を売る話なのに、もっとも重要な経済・財政の要素には何も触れられていないし、外交や国際関係についても部分的なことだけにこだわっている。文化にも無関係、社会的要素もほとんどない。もっぱら近代史の解釈論が主眼らしいです。

この表を作った人は、それなりに国を憂いていたのでしょうが、真の売国奴は、こんな基準でいいならむしろ高笑いしていられることでしょう。


さて、これで思い起こされたのは、昭和初期の少年小説『ああ玉杯に花うけて』(佐藤紅緑著)です。この小説の中に、塾の師匠(この作品の胆になる人物)が生徒と問答して、

「きみらはなにをもって悪い人物、よい人物を区別するか」

「君には不忠、親には不幸なるものは、他にどんな良いことをしても悪い人物です、忠孝の士は他に欠点があってもよい人物です」

「よしッ、それでよい」

という場面があるのです。

この表には、この問答を思わせる幼稚さがあります。

(ちなみにここで日本史上の悪人として引き合いに出されている人物は、弓削道鏡、蘇我入鹿、足利尊氏、源義経、武田信玄、徳川家康、など)


でも、この小説自体は、自分は嫌いではないのです。むしろ、素晴らしい作品だと思います。このように時代に制約されている部分もありますが、この作品で作者が少年読者に投げかけているテーマは、古来普遍のものであり、読みようによっては非常に現代的な作品でもあります。

この小説については、いずれ詳しく論じるつもりです。

戸籍上に、あり得ないような超高齢者が生存していたっていいじゃないですか  その3

江戸時代生まれ、200歳…戸籍上で生存、なぜ続く?


2010年8月29日14時40分


 高齢者の所在不明問題に関連して、江戸時代生まれの人たちが戸籍上で「生存」している事態が各地で次々と明るみに出ている。27日には、日本最高齢記録をはるかに超す「200歳」の男性まで判明した。なぜ、こんな珍事が続くのか。

 27日午前、玄界灘に浮かぶ壱岐島。ここにある長崎県壱岐市役所の市民福祉課に、驚きが広がった。

 各地で戸籍上「生存」する高齢者が相次いでいるのを受け、同市内の戸籍を調べたところ、100歳以上で現住所の記録がない人の生年月日の中に、見慣れない元号があった。

 「文化7年」。月日の記載はない。西暦に換算してみると1810年だった。生存していれば、今年で200歳になる男性だった。

 山口県防府市出身では「186歳」の男性が見つかった。文政7(1824)年7月10日生まれ。生きていれば186歳だ。江戸幕府13代将軍の徳川家定と同い年にあたる。

 なぜ、こんなことが起きるのか。

 戸籍法では、戸籍が抹消されるのは、自治体に死亡届が提出されてからと定められている。だが各地の自治体の担当者に聞くと、家族そろって移民に出たり、戦争や災害で一族全員が亡くなったりして、親族が死亡届を出せないケースもある。そうした場合に、「生存」のまま戸籍が残る場合が少なくないようだ。

■最初の戸籍は138年前

 そもそも戸籍とは、人が生まれてから死ぬまで、誰と結婚し、子どもが誰かなどを、家族単位で記録するものだ。

 日本で最初に統一的な戸籍ができたのは、1872年の明治5年式戸籍。壬申戸籍とも呼ばれる。法務省民事第1課によると、国内の人口を把握することが急務となり、世帯単位で調査を実施したという。明治19(86)年、明治31(98)年、大正4(1915)年と記載の様式が変わり、昭和22(47)年に現在の方式になった。

だが、戸籍と実態の間には明治期からすでにずれがあったとの指摘もある。

 江戸から現代までの人口変化を数学的に解析した東海大学の新田時也専任講師(数理人口学)によると、明治期の戸籍をもとにした人口は、解析による推計人口より多い。明治40(1907)年ごろには、そのずれは約100万人にのぼっていたとみられる。「死んだ人間が戸籍上生きている、というケースは昔からあったはずだ」と話す。

 死亡届が出された場合、まず戸籍が抹消され、その上で現住地の自治体が住民登録を削除する。

 住民票は行方が分からないだけで削除できるが、その場合でも生きている可能性があるため、戸籍の削除手続きには慎重だ。法務省民事第1課は「戸籍は人の権利の元となる。生死の見届けを間違っては大変だ」。100歳以上の高齢者の戸籍を除籍できる制度もあるが、条件は厳しく、「死んでいると考えるのが妥当で、所在不明、生死の調査ができない」とされている。

 一方、現在の行政サービスのもとになっているのは、市民の住所を示す住民登録制度だ。1952年に始まった。

 住民登録による住民基本台帳は、児童手当などの給付や選挙人名簿の作成など、住民サービスの基礎データとなっている。

 「高齢者所在不明問題」で不正受給が問題になっている年金の支払いも、住民登録をもとに生存を確認している。

■日本の最高齢者は113歳

 「戸籍上の超高齢者」が続出しているなか、国内の最高齢者はどう決まってきたのだろう。

 厚生労働省がこれまで発表してきた国内最高齢者は、戸籍ではなく、住民基本台帳をもとに調べている。各都道府県を通じて、住民基本台帳で生存しているとされる高齢者に対し、電話や訪問で調べ、生存を確認している。厚労省によると、現在の最高齢は、佐賀県在住の長谷川チヨノさんで、113歳だ。

 日本最高齢記録は、120歳で亡くなった鹿児島県伊仙町の泉重千代さん(86年に死去)。その年齢を巡っても、議論が起きたことがあった。

 1980年代に、医学的な見地から寿命が計算され、日本医学会の総会で疑問が呈されたのだ。「戸籍が十分整っていない時代の生まれで、必ずしも科学的確証がない」と主張された。

 伊仙町役場の担当者は「戸籍が残り、本人が主張する以上、その生年月日は否定することは難しい」。ただ「戸籍が最初にできた時に、どういう経緯で登録されたのかは調べようがない」とも話す。

 86年には、長寿日本一と発表された東京都の女性が戸籍の間違いで、実際は10歳若かったことが分かったことがあった。(福井悠介、河野正樹)

朝日新聞


所詮、記録は書類上のもの、実際は実際。

こういうアバウトさでも社会はきちんと回ってきたのだから、神経質なほど几帳面といわれる日本人にも健全さのようなものが感じられました。。。。


戸籍上に、あり得ないような超高齢者が生存していたっていいじゃないですか

2010-08-29

今年はじめてサンマを食べた

実際は、今ではサンマは一年中出回っていて、冬でも食べられたりはするので、この秋に近づいてはじめて食べたという程度のことです。

久しぶりで、なかなかおいしかった。

(いまカメラが不調なので残念ながら画像なし)

2010-08-28

こんなに暑いのに食欲がぜんぜん減退しない不思議

今、室温は34度。

今年の夏はこんなに暑いのに、食欲が少しも減退してくれない。今年よりは涼しかった去年の夏の方がまだ食欲はなかった。今は、ひどく空腹を感じてしまう。

これだけ暑いのだからしっかり食べないと死ぬぞ、と身体が訴えているのかもしれないが、食欲のままに食べてばかりもいられない。

早く断食が再開できるほど涼しくならないかな。。。。

死刑刑場公開に思う 死刑を身近な刑罰に

死刑刑場公開 まだ開示すべき情報は多い(8月28日付・読売社説)


 死刑が執行される東京拘置所の刑場が報道機関に初めて公開された。

 裁判員制度が始まり、国民が死刑判決にかかわる可能性がある時代になった。これまで情報公開に消極的だった法務省も、姿勢を転換する必要性を認めたのだろう。

 今後も死刑に関する情報の開示に努めるべきだ。

 報道機関には撮影も許可され、密室の様子が初めて外部に知らされた。絞首刑が行われる執行室や刑務官が執行ボタンを押す部屋などが公開された。

 千葉法相は今月、死刑制度のあり方を議論する勉強会を省内に作った。もともと死刑廃止論者だった法相は、制度の存廃論議を始める方針も示し、国民的な議論の必要性を強調している。

 しかし、国民には死刑制度を考える材料が、ほとんど明らかにされていないのが現状だ。

 刑事訴訟法で定められている、死刑確定から6か月以内の刑の執行は守られていない。過去10年の執行までの期間は平均で5年11か月だ。確定から20年以上拘置されている死刑囚もいる。なぜこうした事態が生じるのか。

 1998年以降、執行の事実と人数のみを公表していた法務省は、07年から死刑囚の氏名も公表するようになった。だが、執行順の決定過程は説明していない。

 死刑囚が独房でどのような生活を送り、反省しているかどうかを知ることも難しい。

 執行方法は刑法で絞首と定められているが、これに対する議論は一度もなかったのだろうか。

 7割の州に死刑制度がある米国では、被害者遺族やメディアが執行に立ち会える。当局から執行までの経緯の説明も受けられる。

 法務省は死刑囚のプライバシーに配慮しつつ、被害者側の意向も踏まえた上で、可能な限り説明を尽くすべきではないか。

 法務省の内部には、死刑囚の最後の局面に関する詳細な情報を公開すると、執行方法や処遇などを巡る議論が、いずれ死刑廃止論議に結びついてしまうという警戒感があった。

 死刑の現状を国民に知らせ、執行方法や制度の運用に見直すべき点がないのかどうか、問題提起する姿勢も必要だろう。

 内閣府の世論調査では、死刑制度容認派が8割を超えている。罪に見合う処罰として極刑を求める被害者遺族は多い。

 「存続か廃止か」の議論を急ぐのではなく、現行制度の運用を改善する視点の議論が望まれる。

(2010年8月28日01時13分 読売新聞


今まで全く非公開だったというのは意外でした。

国会議員でさえなかなか見せてもらえなかったそうです。

引用社説にもあるように、死刑執行には、被害者遺族やメディアも、そして判決を出した裁判員なども立ち合えるようにするのも良いことだと思います。被害者遺族には執行のボタンを押すこともできるようにしても良いでしょう(実際にはダミーになっていても良い)。

死刑という制度がある以上、特殊な刑罰ではなく、もっと身近な刑罰として受けとめましょう。

2010-08-27

今日の食べ物 レトルトカレー

激辛を売りにするLEEというレトルトカレー。

f:id:Pulin:20100827083728j:image:h400


たしかに強烈に辛いけど味わいには乏しかった。

f:id:Pulin:20100827083729j:image

戸籍上に、あり得ないような超高齢者が生存していたっていいじゃないですか  その2

除籍作業後回し、紙だけで生きる超高齢者


 紙の上だけで生きる「超高齢者」の存在は、煩雑な除籍作業や戸籍の管理システムなど様々な要因が絡む。

 今後、全国の自治体でさらに広がるとみられ、戸籍制度のあり方が問われる事態となっている。

 戸籍の源流は、1871年に制定された戸籍法にさかのぼる。翌72年に初の全国戸籍調査が行われた。現在は、本籍地を置く市町村が、法務省からの委任事務として管理する。

 死亡届が出された場合、本籍地と住所地で連絡を取り合い、戸籍と住民登録を抹消する。問題になるのは、所在不明の場合だ。

 住民登録の抹消は、各自治体が所在不明を確認すれば、独自の権限で行える。だが、戸籍の場合、法律上、市町村に除籍する義務はない。市町村が法務省に除籍の申請を行い、同省の許可を受けることが必要で、市町村は手続きを後回しにしがちだという。

 もう一つの要因として、仮に戸籍が除籍されないままでも、当人の家族や市町村側に不利益や不都合がないことがある。

 戸籍は遺産相続などに利用されるが、年金や介護・福祉などの行政サービスは住民登録に基づいて提供される。戸籍に誤りがあっても、支給漏れや不正受給は起こりえないため、自治体側は「積極的に除籍を進める必要性は薄い」という。

 今後、ほかの市町村でも調査が進み、「超高齢者」の人数が膨らむのは必至だ。しかし、戸籍を紙で管理している自治体からは「書類を一つ一つ精査して、すべてを調査するのは不可能。何歳の人が何人いるか、想像もつかない」(大阪府松原市)との声も上がる。住民登録の時と同様、全体像を把握するのは困難とみられ、戸籍そのものの信頼も揺らぐことになりそうだ。

(2010年8月26日09時48分 読売新聞


これが事業者などでは、いかに実態を役所(行政)及び取引相手・商売敵等に把握させないようにするか腐心するのは当たり前だったりするし、実体のない幽霊会社も珍しくはない、それを、たかが個人の戸籍上の生き死にについてまで、行政はあまさずきちんと把握管理しておけ、という観点でこの問題を見るのも何か歪んでいると思う。

引用記事にも、別にこれで実務には支障がなかったと指摘している。仕事に必要のない=意味のない情報集め業務など行なわないのは、行政も事業体であるからむしろ当然であった。

実体不明の戸籍を「正確」にすることよりも、現に存在して困ったり苦しんだりしている人を助けるのこそが行政の仕事である。

そもそも、日本式の戸籍という国民管理システムは世界では珍しいらしい。


(8月28日 追記)

実体が不明なのに、戸籍では生きていることになっている人がいるということは、逆に、実体があっても戸籍では死んでいる人とか、はじめから戸籍がない人とかも、かなりいるのだろう。別人の戸籍になっているケースもあるだろう。戸籍として問題にしたいなら、そういうケースの方であろう。

行政サービスの基本とされる住民登録にしても、実体不明なのにあるケースよりも、実体があるのに、住民登録がない・できないケースのフォローの方が重要である。


戸籍上に、あり得ないような超高齢者が生存していたっていいじゃないですか

2010-08-26

戸籍上に、あり得ないような超高齢者が生存していたっていいじゃないですか

黒船の6年前誕生、戸籍上「163歳」生存


 高齢者の所在不明問題を巡り、江戸時代生まれの人が戸籍上は生存状態にあることが25日、各地で明らかになった。


 三重県志摩市では、黒船来航の6年前にあたる弘化4年(1847年)生まれの163歳の男性が戸籍上いると判明。大阪市も同日、尊皇攘夷

じょうい

派が弾圧された「安政の大獄」の前年となる安政4年(1857年)生まれの152歳がいると発表した。

 大阪府柏原市では、江戸時代生まれの8人が戸籍上は生きており、最高齢は万延元年(1860年)に生まれた150歳の女性だった。三重県松阪市では、文久2年(1862年)生まれの147歳の男性、愛知県高浜市では、幕末の慶応3年(1867年)生まれで142歳の女性が、それぞれ同様にいた。

 大阪市は、戸籍上は生存しているのに、住民基本台帳(住基)に登録されていない120歳以上が、5125人に上った。

 戸籍法は1871年に制定され、翌72年に初の全国戸籍調査が行われた。住基は総務省の所管で、住民登録の抹消は各自治体の権限で行っているが、戸籍の所管は法務省。除籍する場合は、法務省に申請して許可を得る必要があり、手続きは後回しになりがちだ。

 また、戸籍が紙で保存されていた時代は、保管場所を確保するために除籍を行うこともあったが、戸籍法の改正で1994年以降は電算化が可能になった。

 149歳の戸籍上の生存が発覚した大阪府東大阪市の担当者は「保管場所に困らず、(放置しても)特に弊害がない除籍作業より、出生届や死亡届などの処理を優先してきた」と話している。

(2010年8月26日03時03分 読売新聞


今度は龍馬より年上「186歳」 140歳超続出 山口


2010年8月26日21時20分

 山口県防府市で、存命なら186歳となる男性が戸籍上は生きている状態にあることが26日、わかった。江戸時代の1824(文政7)年生まれで、幕末の志士・坂本龍馬より12歳も年上になる。

 同県ではこのほか、光市で1845(弘化2)年生まれの165歳の男性、周防大島町で164歳の男性、下関市で158歳の女性が戸籍上で「生存」していた。

 所在不明の高齢者が相次いでいることを受け、山口地方法務局が今月17日、同県内の全19市町に調査を依頼。26日までに回答があった17市町では、「戸籍上生存」の100歳以上の高齢者が9414人いたという。生きていれば160歳以上が12人、150歳代が33人、140歳代が186人に上るといい、同法務局は「まさかこんなにいるとは」と驚いている。

 各自治体は今後、こうした戸籍について法務局の判断を仰ぎ、許可が出たものから順次抹消するという。同法務局戸籍課は「生きている可能性がどれだけあるかを個別に判断するしかない。作業にどれだけ時間がかかるかわからない」としている。

 九州ではほかに、熊本市で152歳女性、大分市で141歳女性、鹿児島市で140歳女性が、いずれも戸籍上は生存状態になっていることが各市の調査で判明した。

 120歳以上(今年12月までに)で戸籍上は生存している人が315人に上る熊本市は「除籍するには親族などからの届け出が必要だが、身寄りがなかったり、戦争で家族全員が死亡して届け出ができなかったりしたためと考えられる」と説明している。

(朝日新聞


高齢者不明:長崎に「200歳」男性 青森、秋田にも


2010年8月27日 21時1分 更新:8月27日 23時41分


 戸籍上は生存する「超高齢者」の存在が相次いで発覚している問題で、長崎県壱岐市は1810(文化7)年生まれの男性の戸籍が残っていたことを明らかにした。生きていれば今年200歳で、作曲家のショパンや国定忠治と同い年となる。

 市によると、男性の住所や誕生日は不明。06年に戸籍を電算化したが、高齢者の戸籍の見直しはしていなかった。戸籍がありながら住民登録がされていない120歳以上の高齢者はこの男性を含めて72人おり、市は「今後速やかに実態調査をして、戸籍の削除などを進める」としている。

 近代の戸籍制度は、1871(明治4)年制定の戸籍法に基づき始まり、翌72年に初の全国調査が行われて戸籍が作成された。

 27日はこの他に、青森市で184歳女性▽東京都中央区で177歳男性▽横浜市秋田県能代市で170歳男性−−が戸籍上「生存」していることが分かった。【蒲原明佳、前谷宏】

毎日新聞


これはむしろ微笑ましい。

役所の戸籍管理の杜撰と思う向きもあるかもしれないけど、実体不明でも、戸籍の中だけで長寿を重ねていく人がいてもいいじゃないですか。

戸籍は国民の生死をあまさず記録反映していなければならない、それが近代国家・現代国家、と考えてしまうその前提が一種の「思考の罠」ではないかと思ったのは、生死所在不明高齢者問題の時と同じです。公文書至上主義の観念の人には我慢ならないことなんでしょうけどもね。

この超高齢者の方々があっさり除籍されてしまうなら寂しいですね。特に問題とされることもなく、このまま200歳でも300歳でも1000歳までも長生きしてほしかったですよ・・・


戸籍上に、あり得ないような超高齢者が生存していたっていいじゃないですか その2

戸籍上に、あり得ないような超高齢者が生存していたっていいじゃないですか その3

2010-08-25

今日のお食事 カレー

海南チキンライス夢飯、のマレー風カレー。なかなかスパイシーでした。これは中(880円)を頼んだのですが、ご飯はやや少なめに感じました。さらっとしたインディカ米なのは好もしいです。

f:id:Pulin:20100825163619j:image

2010-08-24

今年も「ファフロツキーズ」はあったらしい

去年の6月ごろ、日本各地で空からオタマジャクシだのカエルだの小魚だのが落ちてきた? と話題をさらったファフロツキーズ現象は、今年もやはり6月ごろにあったらしい。

http://asios-blog.seesaa.net/article/151804136.html


今年のは、もう飽きられてネタ性もなくなったせいか、大々的には報道されなかったもののようだ。

今日も朝から暑い

さっき目覚めた。

昨夜、暑いから寝たら死ぬかもしれないと思ったけど、無事だったようだ。

体重を測ったら2キロ減ってた。

今、室内温度は31度。

2010-08-23

暑い、さっさと寝る

今、室内の温度が34度になっている。

今年の夏の暑さにはある程度慣れてきても、気分は良くない。

冷房は嫌だから、扇風機だけ付けて、もうとっとと寝てしまうことにする。まさか寝てるうちに熱中症で死ぬこともなかろう。水は多めに飲んでおく。

では。

企業が神対応とかいって喜んでいる底の浅い人々

任天堂、ディズニー、ジッポー…“神サポ”“神対応”は本当か? 


8月21日20時11分配信 産経新聞


 「任天堂DSを修理に出すと無償で新品に交換してくれた」「ジッポーライターはどんなに古くても無償で修理してくれる」−。インターネット上には、企業のカスタマーサポート態勢の素晴らしさについての“うわさ”が広がっている。「神サポ」「神対応」(神様のようなお客さま対応)とも呼ばれ、まことしやかに語り継がれているサポートは真実なのだろうか。

 

 ■神サポといえば任天堂?

 「神サポート」とネットで検索すると、真っ先に出てくるのが、ゲーム会社「任天堂」(京都市)の対応だ。ネット上では任天堂のカスタマーサポートの良さはもはや定説になっている。

 「交通事故にあった少年のゲームボーイが無償で修理された。そのゲームボーイには、ゲームボーイなどの開発に携わり後に交通事故死した●●氏(本文実名)からと思われる『○○君へ、車には気をつけてね。●●』と書かれた手紙が同封されていた」

 「シールがペタペタと張られ、塗装もはげたニンテンドーDSを修理に出したところ、無償で新品交換されたにもかかわらず、シールが元の位置に張られていた」

 このような事例は枚挙にいとまがなく、「任天堂の神サポまとめ」サイトが立ち上げられるほどだ。

 ■世界中から問い合わせ

 しかし、任天堂広報にこうしたサポートは本当にあったのかを取材してみると、意外な反応が返ってきた。

 「世界中からネットのうわさの真偽の問い合わせが1日に何十件と来るが、1つのうわさの真偽を答えてしまうと、『これは本当ですか』『これはどうですか』ときりがなくなるので、答えられない。世界中で『井戸端会議』をしているようなものだ。良い対応をしているということを広めてもらうのは喜ばしいが、こちらからは何も言うことはない」

 良いうわさか悪いうわさかにかかわらず、一度コメントしてしまうと、すべてのうわさの真偽を答えてしまう必要が出てくるため、「ノーコメント」を貫いているようだ。

 「無償修理」のうわさについても、「保証期間が切れていれば、基本的には無償ではない」と、紋切り型の回答が返ってきた。

 ■ディズニーランドのキャスト

 「東京ディズニーランドで、ペットボトルの飲み口につけるストロー付きの人形の部品をなくしてしまった。ほんの小さな部品だが、ストローにふたをするものなのでないと使えなくて困るところだったが、遺失物センターで保管してくれていた」

 「キャスト」と呼ばれるスタッフの来場者への対応に定評がある東京ディズニーランドディズニーシー。運営会社のオリエンタルランド広報(千葉県浦安市)に、落とし物対応について確認してみたところ、「年間2500万人が来場するので1件1件の対応の確認は難しいが、そういう対応をしたこともあったかもしれない」とのこと。

 同社によると、落とし物の対応はケース・バイ・ケースで、来場者から届けられる場合が多いのだという。

 また、生まれてまもなく子供を失った夫婦へのサービスの話も有名だ。

 「子供をディズニーランドに連れてくるのが夢だった夫婦は、ワールドバザールにあるイーストサイド・カフェへ。かわいいお子様ランチがあるが、8歳以下でないと注文することができない。スタッフに事情を話すと、こころよく注文を聞ききいれてくれた上に、『本日はよくきてくださいました。ご家族で楽しんでいってくださいね』と子供がそこにいるかのように対応した」

 この涙を誘う神サポについては、「ほかのレストランでもサービス業をやっているところならば、お客さまの心を酌んで同じように対応していると思う」と“謙虚”な回答が返ってきた。

 ■車にひかれたライターも「永久保証」

 「何年たっていても正規品のジッポーなら無償で修理してくれるらしい」

 ネット上には、ジッポー(米国)のライターのキャップと本体のちょうつがいが壊れたため、修理に出したところ、無償で修理してもらった人の体験談が多くある。修理されて戻ってきたライターには、消耗品の着火石も添えられていたとも。

 国内でジッポーの修理を行っている、ジッポーサーヴィス(愛知県一宮市)によると、ジッポー社では、1933年の創業以来、火をつけて、キャップをして火を消すという一連のライターの機能が故障した場合は、「永久保証」を行っており、「車にひかれて完全につぶれた場合でも代替品を送っている」という。ただ、火をつける機能以外、「本体のメッキがはがれた」「へこみができた」などについては保証外だという。

 同社では「ライターはストラップもないし、片手で扱うため落としやすい。しかも毎日使うものなので故障しやすい。企業の責任として創業者の意向で無償修理するようにしている。また、古い家具などを重宝する欧米の国民性もあるのではないか」と話した。

 ■企業信仰という“究極のブランド”

 同様に、1846年創業のボールペンなどの筆記具メーカー、クロス(米国)でも、機能保証を行っており、本体を回してもペン先が出てこないなど、筆記具として使えない場合は、永久保証を行っている。

 マーケティングコンサルタントの西川りゅうじん氏は、神サポについて、「企業の対応の良さにつけこんで来る人が出てくると、神サポも企業のコスト要因になりかねない」としつつも、「誠実で迅速な対応をしてくれるということがブログなどで広まると、その企業への“信仰”や“信奉”ともいえる究極のブランドを得ることにつながる」と指摘した。


なのだそうだ。

でも、昭和後期ごろまでの、まだ盛んだったころの地域の個人商店や小規模営業では、時々ちょっとしたおまけをしてくれたり気を利かせた対応をしてくれたりするのは、サービスとしてむしろ普通だった。

それ以後、現代の都市化で人間関係が希薄になると、客はかえって店の人間味のある(見方によっては馴れ馴れしい)対応を鬱陶しがるようになっていった。それよりも、コンビニだとかチェーン店のそっけない決まり切った対応しかせず、ロボットのような対応、その方が良しという感覚になっていった。コンビニではいくら買おうがなじみ客になろうが決しておまけはしてくれない(バイト店員にはそんな権限がないからできない)。でも、都市現代人の感覚では、イレギュラーな対応をされるよりも、それがいいのだ。(注1)

そうであっても、何か味気ないな、という気持ちは残る。

そんな状況において、大企業が気を利かせた対応やサービスをしてくれた(という話を聞いた)りすると、驚いてすぐ感激してしまう。ここでの感激の対象は、店員とかの個人というよりも企業そのものであることがポイントである。個人単位の対応なら鬱陶しくても企業としてのなら良いという捉え方である。ある種の歪みを感じさせる。

そして、大企業というのは、客にはたまに「神対応」をして感激されたとしても、自分よりも弱い立場の取引相手には日常的に神対応を強いて、というか逆に神として奴隷対応を強いていることも多いので、単純な企業崇拝・企業信仰は甚だ底が浅いといわねばならない。


(注1)自分は以前こんなことを考えてみた

店員はあくまで店にいるロボットに過ぎないから、それを超えたことはするな、という考え

今、求められる接客

まいんちゃんがうけてるのは

NHKの子供向け料理番組「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」が大人にまで意外なほどうけているのは、アニメや実写のまいんちゃんが可愛いのに加え、芸能界楽屋落ち的な話の作りが、興味を引くものがあったからかな?


(2010年8月30日追記)

大人のファンを意識してメイドさんの格好になったのかな?

f:id:Pulin:20100830191437j:image

2010-08-22

昔の人に比べて今の人ときたら、という後ろ向きの発想

もともと日本人は高徳なモラルをもっていたのに、戦後の個人主義の風潮がそれを破壊した、という論に自分は与しない。

今の観点からみても、当時の観点においても、日本にだって過去からインモラルな事象は数多くあった。

歴史は教訓になるとしても、過去にしか規範や理想モデルを見いだせないのは、ルネッサンス的史観であり、自らの一方的な主義や価値観を過去の恣意的ないいとこ取りによって正当化するご都合主義でもある。

だから何、というわけではないが、昔は良かったとか、昔に戻したいとかいうような考えだけでは、「今」「今後」は良くならないということである。

2010-08-20

平賀源内研究所?ではぜひ!

民主党:「平賀源内研究所」構想 国がタイムマシン助成?


2010年8月20日 15時0分


 奇想天外、反主流の研究大歓迎−−。民主党の文部科学部会が、こんな科学研究拠点の創設を提言した。その名は「平賀源内記念研究所(仮称)」。新たに発行する「科学宝くじ」の収益を、タイムマシンなど実現不可能とされる研究や常識にとらわれない研究に投じる。事業仕分けで「投資に見合う研究成果を」と強調してきた民主党が、成果主義で買えない「夢」を育てることができるか。

 提言は19日、同部会の科学技術チームがまとめた。欧米では研究機関に偉人の名を付けることが多い。

 チーム主査の首藤(すとう)信彦衆院議員(元東海大教授)によると、静電気発生器「エレキテル」など数々の発明をなした平賀源内(1728〜79年)を研究所の名に頂く。日本は明治維新以降、西洋科学を欧米から輸入し発展させてきたが、それ以外の手法や日本独自のテーマについても再評価して育て、次世代の発展につなげたいという。

 原資は、受け取り手が現れないまま有効期限を迎えた宝くじの「時効当せん金」の一部を活用するほか、新たに「科学宝くじ」を創設して年間10億円程度を調達。国内外から50人程度の「異才、奇人」を集め、自由に研究してもらう。

 実現性は未知数だが、首藤議員は「タイムマシン研究でもいい。欧米に追いつけ追い越せの理工学以外から、新たな分野が開かれる可能性がある」と夢を膨らませる。【山田大輔】

 ◇平賀源内

 江戸中期、高松藩(現香川県)出身の蘭学者、発明家。蘭学の知識を基に静電気発生器「エレキテル」を復元、石綿を使った「燃えない布」などを発明したほか、薬学・植物研究や鉱山開発、浄瑠璃創作、陶芸「源内焼」の創始、「土用丑(うし)の日」にうなぎを食べる習慣を提案したりと多方面で異才を発揮した。

毎日新聞 2010年8月20日)


平賀源内とは、一般には引用記事の解説にあるような人物として知られていますが、もう一つの顔は高名な男色家です。『男色細見』とか『菊の園』といった江戸時代における陰間茶屋(ホモ風俗)案内書を出して評判になりました。

岩波古典文学体系の風来山人(平賀源内)集収録の作品には「糞門(かま)を掘りて」などという表現があったりして、おおぉっ! と思ったりしました。

平賀源内にちなむ研究所ならぜひ、人間科学・人文部門で、男色・同性愛などの研究を行ってほしいものです。

今日のお食事 カレー

お茶の水のカレー店エチオピアの右隣のカレー店(店名失念)のチキンカレー。

辛さも、スパイシーさも、さほど特徴のないカレーだった。

f:id:Pulin:20100820153359j:image

2010-08-19

今日の食べ物 またゴーヤチャンプルー

またゴーヤチャンプルーなんだけど、暑さを乗り切るスタミナをつけるため、豆腐の代わりにあえて豚肉を入れて食べた。味噌汁とご飯もつけた。

f:id:Pulin:20100819063927j:image

2010-08-18

近代感覚と伝統の齟齬

 広がり続ける大麻汚染に、全国の神職らが心を痛めている。若者らの健康被害はもちろん、「大麻は麻薬」というイメージが定着してしまったからだ。

神社界にとっての大麻は、神棚にまつる伊勢神宮のお札で、麻薬とは無縁の神聖なもの。

伊勢神宮の式年遷宮を4年後に控え、宮司らが「大麻取締法の名前を変えてほしい」 と声を上げ始めた。

神社本庁によると、全国8万の神社を中心に氏子に毎年頒布される伊勢神宮のお札は神宮大麻とも呼ばれ、900万体が頒布されている。ところが、今では 大麻は犯罪のイメージと結びつき、神職らも大きな声で参拝者に「大麻の頒布 です」と話しにくく、頒布が伸び悩んでいる。

 伊勢神宮は2013年に、20年に1度の式年遷宮を迎える。「遷宮までに、 大麻といえば神宮大麻というのが、世間の常識になってほしい」と近藤さんは 神社関係の集まりで訴えていく。

 ただ、厚生労働省の監視指導・麻薬対策課は伝統文化は尊重したいとしながらも「大麻大麻。法律名を変えるのは難しい」との見解だ。


一年ぐらい前の新聞記事(朝日新聞らしい)ですが、現代の感覚で伝統文化を見るとこういう齟齬を生じるのです。今は単なるお札である神宮大麻も起源は「大麻」そのものだったから大麻と呼び習わされてきたものです。神社側の、「大麻」は悪いものではない、という主張が、言葉としての大麻の悪いイメージを払いたいにとどまらず、その根源にまで向っていって欲しいものです。

これまで神社界としては、神道の性にまつわる部分は、近代の倫理に適合させて、淫祠邪教や単なる民俗扱いにして、現われないようにすることが出来ました。

しかし近現代の感覚にばかり気を取られていると、例えば、いずれ、社会の酒についての意識がさらに厳しくなると、お神酒をノンアルコール酒にせざるを得なくなるかも知れません。

伝統とか、宗教が、近現代の日常感覚とは異なるのは当然でもあるので、あまりそればかりに気を取られて本筋を見失わないで欲しいと思います。

2010-08-17

今日の食べ物 ゴーヤチャンプルー

室内の温度が34度あって、暑くてくらくらするので、昨夜はよく眠れなかったし、ゴーヤチャンプルーを作って食べ、ビールを飲んで、今日は早く休んでしまう。

f:id:Pulin:20100817161059j:image

2010-08-16

暑くて気持ち悪い

あまりに暑いせいか吐き気がする。室内の温度は31度ある。寝たけど少しうとうとして目が覚めた。冷たい水を飲む気にもならなくなってきたので、生理食塩水っぽいものを作って飲んだ。少しはさっぱりするかな・・・

今日のお食事 油そば

国立南口の楽まるで油そば(550円)。海苔が少々湿気っていた。

f:id:Pulin:20100816153142j:image

寝る時は明るくして寝ている

いつの頃からか、寝る時も灯りを付けっ放しにしている。

暗い方が安眠できるともいわれるし、闇が怖いわけでもないのだが、暗くなってしまうとかえって落ち着かないので、蛍光灯を煌々と灯して寝ている。

睡眠時間が長くなってきているのは、それと関係があるのかもしれない。

2010-08-15

煩悩や執着を捨てる悟りへの道は物を捨てることから始めよう

802 :おさかなくわえた名無しさん :06/03/10(金) 17:32:24 ID:s2RHsW2o

上にコレクションについての話がありましたけど

私は夫のコレクションを捨ててしまって後悔した立場でした

鉄道模型でしたけど

かなり古い模型がまさに大量(線路も敷いてて一部屋使っていた)という感じでした

結婚2年目ぐらいから「こんなにあるんだから売り払ってよ」と夫に言い続けたのですが

毎回全然行動してくれずに言葉を濁す夫にキレてしまい

留守中に業者を呼んで引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました

帰ってきた夫は「売り払ったお金は好きにしていい」「今まで迷惑かけててごめん」と謝ってくれました

残っていた模型も全部処分してくれたのですごく嬉しかったです

でもその後夫は蔵書をはじめ自分のもの全てを捨て始めてしまいました

会社で着るスーツとワイシャツや下着以外は服すらまともに持たなくなり

今では夫のものは全部含めても衣装ケース二つに納まるだけになってしまって

あまりにも行きすぎていて心配になり色々なものを買っていいと言うのですが

夫は服などの消耗品以外絶対に買わなくなってしまい

かえって私が苦しくなってしまいました

これだけ夫のものがないと夫がふらっといなくなってしまいそうですごく恐いのです

こういう場合ってどうしたらいいんでしょう


ネットにこんな書き込みがあって、これに対しては、何ともひどい話だ、この妻の無神経さに腹が立つ、夫に同情する、などの意見が多いようでした。

でも、この夫は大切にしていたコレクションを捨てられたことが切っ掛けで、何か心がふっきれ、感傷や執着といったものを超越し悟りに近い境地へ近づいたのではないかという気もします。少なくとも、コレクションに起因する悩み(もっと欲しいのに買えないとか、メンテの手間や煩わしさとか、妻との軋轢とか)からは解放されました。妻もやがて夫の境地が理解できて、必要最低限以外の物は捨てられたかもしれません。

現代においては、悟りを目指して出家したくても、社会的実生活や家族は簡単には捨てられないという現実があるので、疑似的な出家行為として、執着を断つ道へ入るには、こうやって物を捨ててしまうことが近道のようにも思います。

自分の場合、コレクションってほどでもないですが、CDが2000枚近くあって、一応整理して収納しているので特に邪魔ではないものの、これも、何は残して何は捨てるのような取捨選択はあえて考えず、一気に捨ててしまうか、ゴミの日ごとに端から20枚ずつ捨てていくとかの方法で、執着を断つ実践にしたいと思っています。

結局、

物を捨てる際には欲をかかずに思い切りよく捨てるべきこと

物を処分する時は、一番大切な物をまず捨てよう!

の実践に他ならないわけです。


(追記)

引用した書き込みには続きがあるようです。

828 :802 :06/03/11(土) 12:21:02 ID:ImOgEUVz

皆さんありがとうございます

今朝出勤前の夫と話をしました

謝ろうとしたのですが

「君の気持ちに気づけなかった僕が悪いんだから」

という答えしか返ってこなく謝らせてもらえませんでした

取り戻すか新しいのを買おうとも言ったのですが

「もういいんだ」を繰り返すばかり

考えてみれば夫のコレクションは結婚以来ほとんど増えてません

昔からのものばかりだったのでしょう

夫の部屋の中だけでしたし掃除もしていました

(共働きのため家の掃除は殆ど夫がしています)

ただ新婚の家に既に夫のコレクションが沢山あったので

私は結構苛ついていたんだと思います

別に部屋に籠っているというわけでもなく

二人で映画を見たりご飯を作ったりしている時間の方が遥かに長かったのに

なぜか私は苛ついていました

本も読まなくなってしまいました

私が見ているテレビを後ろからボーと見ているだけ

謝らせてもくれないぐらい傷つけてしまったんだと思います

妻の方は気にしすぎだと思います。これをきっかけに執着を断つ境地になっていればいいと思います。

2010-08-14

つぼみ、エビスさんとホテイさん

つぼみvol.7つぼみ VOL.7 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)と、単行本、きづきあきら+サトウナンキ『エビスさんとホテイさんエビスさんとホテイさん (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)を買った。

つぼみは、相変わらず趣味性の高い百合もの。フェチ特集の付録小冊子は少々えげつない?

きづきあきら+サトウナンキは『まんまんちゃん、あん。』を読んで確信したように、端倪すべからざる作家だと思いました。

エビスさんとホテイさん (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)の巻末には、本誌連載後の後日談として、エビスさんとホテイさんとエビスさんのお姉さんとその娘ハナちゃんが一つの家で仲良く暮らしていることが描かれ、小学生になったハナちゃんは、ホテイさんのことをエビスさん(お母さんの妹=おばさん)の友達だと、親友(女の子?)に説明していましたが、単なる友達ではないらしいと子供ながらに薄々気付いているようです。ハナちゃんも女の子に感心があるようです。ハナちゃんもがんばろう、といった感じなのでしょうか。

つぼみ VOL.7 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)

つぼみ VOL.7 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)

2010-08-13

今日のお食事 つけ麺

国立北のまっこうやで、熊本風豚骨つけ麺。以前とはメニュー構成や呼び方などが少し変わっていた。画像には紅生姜の容器が写っているけど、以前は高菜があった。

f:id:Pulin:20100813061810j:image

2010-08-12

今日の食べ物 わかめチャンプルー

チャンプルーといっても特に沖縄料理というわけではありません。

ネギを炒め玉子を炒り、モヤシを炒め、わかめを入れてさっと炒めて出来上がり。味付けは塩少々、中華だしの素、唐辛子など。

f:id:Pulin:20100812165801j:image

菅民主党政権も結局・・・

弱者救済をうたう民主党政権や、韓国に対する謝罪談話を出した菅直人首相などは、バリバリの右派からすれば、極左に見えるらしい。

しかし、いまの民主党政権の本質は、自民党政権がやりたくても「手を汚したくなくて」躊躇していたことを、政権交代で民主党という看板にすげ替えてやってしまうことのようだ。

普天間基地の問題にしても、沖縄県内移設やむなしで強引に決着させようとしたり、消費税の大幅引き揚げにしても、民主党政権としてやれば、自民党は手を汚さないで済む。

韓国に対する謝罪にしても、自民党でも必要はあるとわかっても、右派の支持層を慮れば、自民党政権の時にやすやすとは出せない。だから、節目において村山首相とか菅首相の非自民党の首相が出す役目を負う。日本として謝罪は出した形にして、自民党としては必ずしも賛成ではなかったという立場をとる。

これらをもって、別に菅政権が自民党の傀儡とか別働隊だとかいうわけではない。傀儡というなら、自民党政権もその傀儡であったもっと別次元のものに、結局は民主党菅政権も抗いきれなかったということだろう。この点については、ネットでも色々な指摘がなされているので、ここでは触れない。

いまの状況からすると結果として、2009年8月の総選挙で自民党の側は戦略的後退として大敗北してみせた、と言えないこともない。

民主党政権の立場もまだ揺れているようだから、今後どう転んでいくかで、政権交代は何だったのかということも、もっと見えてくるだろう。

2010-08-11

残暑が終わったら冬は寒くなる?

ラニーニャ現象:気象庁が発生と発表 今冬寒くなる可能性


2010年8月10日 19時18分 更新:8月10日 21時1分

 気象庁は10日、太平洋赤道域の海面水温が基準値より0.5度以上低くなるラニーニャ現象が発生しているとみられると発表した。ラニーニャ現象エルニーニョ現象と同様、異常気象の原因の一つと考えられている。

 気象庁気候情報課によると、ラニーニャ現象の発生は08年春に終息して以来約2年ぶり。ラニーニャ現象が発生すると、夏から秋にかけては太平洋高気圧の勢力が強まって西日本から沖縄奄美地方にかけて残暑が厳しくなる傾向がある。

 また、冬は冬型の気圧配置を強める働きをするため東日本から沖縄奄美地方にかけて気温が低くなる傾向


毎日新聞


今年の冬はずいぶん寒かったと思ったら、次も、また寒くなるのか。暑いのよりも寒いのが苦手だから嫌だな・・・

2010-08-10

今日の食べ物 ワカメとオクラ

ワカメとオクラをノンオイルドレッシングであえて食べた。オクラは電子レンジで軽く加熱してから塩もみ輪切り。

f:id:Pulin:20100810163425j:image

2010-08-08

今日のお食事 油そば

食べたのは昨日だけど。

立川南口の宝華で、この店の名物という油そば。これは標準だけど、もう少し量が多くなる中盛り、大盛りもある。

f:id:Pulin:20100807173030j:image

2010-08-07

ブログのデザイン変更

なんか今までのデザインがくどい気がしてきたので、はてなダイアリーのテンプレの中からcock-blueというのに変更した。

国立の店2 つけ麺

食べたのはだいぶ前だけど載せてなかったので。

国立の富士見通りに最近できたみたいな鉄砲マルという店の、坦々つけ麺。味が濃い。

f:id:Pulin:20100807075048j:image


2010年10月9日追記

この店はできてそんなに経ってないと思ったら、もう別の店(タイ料理屋)になっていた。


追記

2014年現在、ここは哲麺というラーメン屋になっています。

2010-08-06

今日のお食事 辛口牛肉麺

新宿西口台湾料理の店、霞舫で辛口牛肉麺(700円、大盛りでも同値段)。

日本によくある激辛ラーメンのようなひたすら唐辛子でヘビーに辛いのとは異なり、唐辛子以外にもスカッとする香辛料が多く使われているので、辛くても夏でもさっぱりとした気分で食べられます。

盛り付け方も台湾の屋台を感じさせます(香菜がないのが少々惜しい)。

f:id:Pulin:20100806170400j:image

2010-08-05

今日の食べ物 久しぶりに肉を食べた

夜中、スーパーで売れ残りの捨て値半額の肉を見つけたので、買って焼肉にして食べた。

あまりうまい肉ではなかった。

f:id:Pulin:20100806000750j:image

2010-08-04

悪夢に悩まされる

ここのところ、グロテスクファンタジーといった趣の悪夢をよく見るので、目覚めた時気分がザワザワする。

2010-08-03

100歳以上の高齢者が実際は死んでいたとか行方不明だったとかいう最近の事件は・・・

高齢者(さらには全国民の)の生存確認・所在確認、といった「新たな業務」を創出するためのマッチポンプ臭い気も?

児童虐待・育児放棄に適切な対処ができなかったという同時期の事件も全く無関係ではないような?


100歳超す高齢者「確認方法見直す」 長妻厚労相


2010年8月3日10時45分


 東京都内で100歳超の高齢者の所在を自治体が長年把握していなかった問題が相次いだことを受け、長妻昭厚生労働相は3日の閣議後会見で「実態を把握する方法を省内で議論して、必要な対策を今後打ち出していく」と述べ、実態把握の方法を見直す方針を示した。100歳以上の高齢者は自治体が住民票をもとに確認し、厚労省に報告しているが、調査方法などは自治体任せになっている。


 長妻氏は「100歳以上は数多くいるが、一定の年齢以上に区切ると一定の数になる」と指摘。例えば110歳以上など、対象を絞った所在確認の調査を検討する考えだ。

朝日新聞


そもそも、すべての個人の生死や所在やその他もろもろが、国家や行政機関によってすベて把握されているのが望ましいことなのでしょうか?

近代国家・現代国家はそうあるべし、と考えてしまっては、何か思考の罠に落ちてしまうような気もします。

2010-08-02

97円のロールケーキはなぜ消えた?

去年よく食べてた、97円のロールケーキ、がこの春ごろから近所のスーパーからなくなってしまった。あれだけで一日分の食べ物として充分だから便利だったのに残念だ。

2010-08-01

今日の食べ物その2 納豆麻婆茄子

麻婆茄子を挽肉の代わりに納豆を使ってみたそれだけのもの。

意外と、意外性のない味でした。特におすすめできるような代物ではありません。どうしても興味があればやってみたら、といったところ。

f:id:Pulin:20100801113120j:image

断食挫折・・・

昨日、断食で空腹が辛くなってきたので早めに寝て、起きたら平気になっているかもしれないと思ったけど、目覚めてもやはり耐え難い感じなので、結局食事を取った

どうもこう暑くなってくると、断食は自分では二日程度が限界のようだ。精神的にはまだ我慢できても、もっと本能的な部分でやばいものを感じてきてしまう。暑くなる前は、八日間の断食もできていたのに。

今日の食べ物 夏を乗り切る梅にんにく炒飯

夜中にお腹が減ったので、梅にんにく炒飯を作って食べました。

梅干5〜6個の種をとり除き、にんにく5〜6粒をみじん切りにしておく。ネギを細かく切ったのをさっと炒めたら、少し固めに炊いておいたご飯0.8合ほどを入れてほぐしながら炒める。化学調味料と胡椒で軽く味付け(塩は要らない)。そして先の梅干とにんにくをよく混ぜて炒め、全体的にぱらっとしてきたら出来上がり。梅干の酸味とにんにくの風味が暑い時には心地よい感じ。玉子を炒って入れたり仕上げに鰹節を混ぜると味わいが増すけど、今は菜食中だからそれらは無し。(二食分)

f:id:Pulin:20100801031727j:image

付け合わせは大根スープ