Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

御光堂世界〜Pulinの日記

2010-12-31

昔ロンドンで見た古い小型トラック

ロンドンで見かけた古い小型トラック。車種不明。この時代がかったデザインは1950年代以前のものか?

f:id:Pulin:20101231073755j:image


追記

モーリスパネルバンという車種と判明。

2010-12-30

冬になると昔の写真の整理

冬になると寒いから外に出たくなくなり、手も汗ばむことがないからフィルムをいじるのに都合も良く、昔の写真やフィルムを整理することが多くなる。ぼちぼちと古いフィルムやプリントのデジタル化を行っている。

昔ロンドンで見たロールスロイス

ロンドンで見た高級車。これはさすがにロールスロイスと分かる。シルバークラウドIIIという車種。こういう車はやはり西洋の古い街並みに似合う。

f:id:Pulin:20101230110021j:image

ロンドンの何かの建物の夜景

ロンドンで撮った夜景。フィルムではうまく写っていなかったと思ったものをデジタルで読み込んでいじって見るとそれなりに画像が現れました。この建物が何なのかはもうわかりません。調べています。

f:id:Pulin:20101230050022j:image


(追記)

フィルムの断片に留められているだけなので、本当にロンドンだったか? のあたりから再考する必要があるかもしれません。


(追記2)

ロンドンのウエストミンスター大聖堂だと判明しました

2010-12-29

昔ロンドンで見かけたリムジンタイプの車

ロンドンで見かけたリムジンタイプの車。こういう車だと車種の特定はしやすく、ちょっと調べてデイムラーDS420と判明。

f:id:Pulin:20101229064545j:image

2010-12-28

昔ロンドンで見かけたカッコよくはないけどちょっと味のある古い車

ロンドンで見かけたカッコよくはないけどちょっと味のある古い車。車種は不明。1950〜60年代頃のものか?

f:id:Pulin:20101228154037j:image


追記

イギリスフォード・アングリアと判明。

2010-12-27

今日の食べ物 饅頭とクラムチャウダー

クラムチャウダー(牡蠣も追加)と肉まんとあんまん。

饅頭は中村屋のが気に入っている。

f:id:Pulin:20101227080221j:image

2010-12-26

音声データが貼れるかテスト

Download


4.6MBで3分48秒ほどのMP3ファイルだけどうまく貼れないみたいだ・・・・。


追記

ファイル名を仮名漢字からアルファベットに変えたら貼れるんだ。

ちなみにアフロファンクっぽい曲。自作曲です。

昔ロンドンで見た古くてちょっとカッコいい車

ロンドンで見かけた車種は判らないけど何かカッコいい車。何だろう? 1960年代頃のものか?

f:id:Pulin:20101226071515j:image


追記

ボルボP1800と判明。イギリス車ではなくスウェーデンの1960年代の車だった。

2010-12-25

今日のお食事 ラーメン

中野のkaeruにて。

この系統(二郎系)のラーメンは食べ疲れすると思っていましたが、今回はだいぶ空腹だったからまたチャレンジしてみました。しかもチャーシュー追加で。

こういうのも、込んだ店内でせき立てられるように食べることを(暗に)強いられれば疲れてしまいますが、マイペースで食べることができれば、ちゃんと味わえるのだと分かりました。

f:id:Pulin:20101225132228j:image

2010-12-24

古いMac(PowerBook G4)がとうとうダメになりはじめた

OS9で起動して使っていた古いMac(PowerBook G4)がとうとうダメになりはじめた。モニターの液晶がおかしくなりRGBのGかBが出力されてないのか色合いや階調がうまく表示されないことがある。回路の接触不良なのかモニター裏側を押すとか軽く叩くとかの原始的な方法でとりあえずは治る。8年ぐらい前のマシンだからそろそろ寿命だと諦めてもいいのだがこれが使えなくなると、

・Illustratorが使えなくなる

・Painterが使えなくなる

・ソフトシンセのReBirth RB-338が使えなくなる

・ワープロのORGAIが使えなくなる

・他にも使えなくなるソフトがある

・iMacを修理に出したときの代用(OSXで立ち上げて)がなくなる

などの問題が出る。

でも、頻繁には使わないから治らなくなった時点で寿命と考えるか、今ならまだ修理に出せば直る可能性もあるから直せるうちに直しておいてさらに寿命を延ばすべきか悩ましい。

本質は、古いマシンを使う、ではなく、古いソフトを使いたいという点にあるのだ。

2010-12-23

人類の起源問題

現代人の祖先、別人類「デニソワ人」と交雑


 現代人の祖先が、別の人類とされるデニソワ人と交雑していたことが、独マックス・プランク進化人類学研究所などの国際チームの研究でわかった。

 現代人の祖先が、世界各地で先住の人類を絶滅させつつ広がったとする従来の説を、覆す可能性がある。23日付の科学誌ネイチャーに発表する。

 シベリアのアルタイ山脈の遺跡で発見されたデニソワ人の骨を使い、細胞核ゲノム(全遺伝情報)の一部を解読した。世界各地の現代人のゲノムと比較したところ、オーストラリア北東の島々に住むメラネシア人は、ゲノムの4〜6%がデニソワ人固有のものと一致していた。

 研究チームによると、人類の祖先は40万〜30万年前にアフリカを出て、ヨーロッパに移動した集団がネアンデルタール人に、アジアに広がった集団がデニソワ人になった。それに遅れて6万〜5万年前にアフリカを出た現代人の祖先が先住者と交雑し、今に至ったらしい。欧州やアジアなどの現代人の祖先とネアンデルタール人との交雑を示す研究成果は、今年5月に発表されている。異なる人類どうしの交雑、共存が一般的だった可能性が出てきた。


(2010年12月23日12時20分 読売新聞



f:id:Pulin:20101223171104j:image


f:id:Pulin:20101223171120j:image



人類の起源問題。

つまり、人類って何? 人間って何? といった深〜いところに係わってくることだと思う。


そして「世界祖語」の問題。

人間のさまざまな言語は究極的には一つの「祖語」から派生したとの考えがあるが、言語獲得以前に分岐した何種類かの人類がそれぞれ言語を持ったのち再び混ざっていきそこで言語の混合も起きたのなら、言語の起源も一つではないことになる。

(化石からみてネアンデルタール人の声帯は現生人類のように言葉を話せる構造にはなっていなかった(=言語は持っていなかった)という説もある。それなりに話せたという説もある。)


(追記)

何種類かいた人類のうち現生人類だけが最終的に残ったのは、現生人類は生成文法で言うところの「普遍文法」をたまたま脳内に獲得し言語を発達させていったが、他の人類はついに言語を得られなかったから滅んでいったのだろうか。

言語を持ったのは現生人類だけで言語の起源はやはり単一の世界祖語なのだろうか。

今日の食べ物 カレー

S&Bスリランカキーマカレーというレトルトカレー。

f:id:Pulin:20101223160953j:image:h400



辛さは不足しているけど、粉唐辛子を混ぜたりすればいい。

f:id:Pulin:20101223161112j:image

一橋大学図書館の時計塔

一橋大学附属図書館には、高い塔屋があって時計が付いていますが、動作していないのか狂っているのか、時刻が正確に合っていることはないようです。

f:id:Pulin:20101223060200j:image

2010-12-22

今日のお食事 ワンタンメン

立川駅改札内の商店街の「雲呑好」でワンタンメン(塩味)。

f:id:Pulin:20101222182159j:image



女性店員さんが、ちょっとお人形さんのような美少女でした・・・・・。

2010-12-21

米軍立川基地跡 2010年12月の現状

半年ほど前に米軍立川基地跡の現状を見に行きましたが、その時は夏で草木が繁茂していたので内部がよく見通せなかったので、冬になって草木も少し枯れたろうと、再び行ってみました。

今回はわざわざフィルムカメラ(CONTAX TVS II)で写真を撮ってきました。


半年前にもあった米軍住宅の廃屋とおぼしき建物はまだ残っていた。

f:id:Pulin:20101221174411j:image:w405


煙突と何かの構造物

f:id:Pulin:20110721101536j:image


フェンスの向こうに古い道が残っているようだ。

f:id:Pulin:20101221175229j:image


全体は森林化している。

f:id:Pulin:20110721101739j:image

この目一杯広角で撮った時の周辺光量の落ちっぷりが、このCONTAX TVS II というカメラ、レンズの味わいなんですよね。


おまけ画像。ここの付近にあった送電塔。カメラのチェックのため撮ってみた。

f:id:Pulin:20110721101344j:image:w405

2010-12-20

今日のお食事 ラーメン+チャーハン

スタ丼屋のラーメンと辛チャーハン(ミニ)。

スタ丼はこってりしているのにラーメンはごくあっさりしている。辛チャーハンはかなり辛い。

f:id:Pulin:20101220123635j:image

2010-12-19

この冬の若い女性のファッション傾向

ここ2年ぐらいで、若い女性のファッション傾向が、夏はロングスカートで、冬になるとミニスカートやショートパンツで脚を出す(ただしタイツは穿く)傾向がはっきりしてきたと思います。

つまり、脚を出すのでも生足よりもタイツを穿いた方が脚の形はよく見えるし、でも夏にタイツを穿くのは暑いからそれは冬の方が良く、ロングスカートでもふわっと軽い感じのは夏に向きます。


この冬、とある街角で。4人連れの若い女性のうち3人がミニ+タイツというスタイル。

f:id:Pulin:20101219160025j:image:w400

2010-12-18

松本清張「「静雲閣」覚書」

松本清張「「静雲閣」覚書」(『突風』(中公文庫)所収)。

日本の古典的な推理小説によくありそうな、「土蔵や座敷牢などに閉じこめる」「没落華族」「復讐」、とまさに三題噺で揃えたような話で、書きようによってはいくらでもえげつなく膨らんでいきそうなところを、そこは清張のこと、乾いて爽やかとも言える短編にあっさりとまとめている。清張作品にしては毒気が少なくてややもの足りなさもある。でも、このぐらい抑制が効いているから通俗に流れ過ぎず良いのだろう。


突風 (中公文庫)

突風 (中公文庫)

2010-12-17

今日の食べ物 コンビニのカルビクッパ風スープご飯

コンビニ(サンクス)のカルビクッパ風スープご飯(398円)。やはりご飯の量がかなり少ないので冷ご飯を適量入れて鍋で温めて食べました。コンビニのものにしては結構美味しいです。なかなか辛いのも良い。スープは煮こごりのような状態で固まっていて温めると溶けてきます。

f:id:Pulin:20101217061025j:image

2010-12-16

15年以上前のSimCity2000を起動してみた

15年以上前のSimCity2000を古いMacで起動してみました。

街を発展させていくこのゲーム、自分は攻略法がよく分かってなくて、街を衰退破滅させてしまわないまでも、いくらやってもある一定状態以上には発展していかず、ダラダラとした停滞状態がいつまでも続くだけなので、やがて飽きてやらなくなってしまいましたっけ・・・。

f:id:Pulin:20101216034940j:image

2010-12-14

今日の食べ物 ハマグリのお吸いもの

ハマグリが送られてきたのでお吸いものにしました。あいにく、三つ葉とか他に入れるものがなかったから、まったくハマグリだけ。

f:id:Pulin:20101214170618j:image

2010-12-13

今日の食べ物 おでん

実際に作った(食べた)のは数日前だけど。

おでんなんかは「保温調理法」でやると、ガス代も節約できて、かつ、大根がいい感じに柔らかくなります。

竹輪麩は特にうまいとも思わないけど入れないと何となくもの足りないから入れます。

f:id:Pulin:20101213150812j:image

2010-12-12

昔はじめてコウガイビルを見た時何の生き物だか分らなかったこと

十数年前、はじめてコウガイビルを見た時、これが何の生き物なのか分らなかった。

ある日、玄関先に体長20センチほどの細長くて黒くてヌメヌメした生き物が這っているのを見た。自分は中途半端に虫や生き物に関心があったから、これがミミズやヒルやナメクジの仲間でないことは直感できた。でも何の生き物なのかは分らない。

写真だけ撮っておいて、それを持ってあとで図書館で生物の図鑑をいろいろ調べて、これはコウガイビル(扁形動物)であると分った次第。

f:id:Pulin:20101212120255j:image

2010-12-11

西友の298円弁当 その22 鶏黒酢あん十六穀米弁当

西友の298円弁当はもうバリエーションが出尽くして、盛り付け方が多少変わっても新種は出ないのかと思っていたら、今日これまで見た記憶がない、鶏黒酢あん十六穀米弁当、というのを見つけました。

内容は名前の通りなのですが、


鳥の唐揚げ三つ

椎茸一つ

人参

蓮根一切れ

に甘酸っぱいあんがかかったものに

玉子焼き

ごぼうサラダ

雑穀入りご飯(特に味つけはしていない)

漬け物


でした。総カロリーは676kcalと表示。

これと入れ替わって他の弁当が姿を消していたりして、いままでに書き留めた弁当が全種類揃って店頭に並んでいたことはないですね。ときどきローテーションしながら四種類程度が店に出ているようです。


f:id:Pulin:20101211155437j:image


f:id:Pulin:20101211155501j:image



西友の298円弁当試食記まとめ

カマキリの身体がフニャフニャに柔らかいのは自然の摂理であること

カマキリ(蟷螂)はあれだけ攻撃的な肉食昆虫なのに、その身体特に腹部はフニャフニャと柔らかくて頼りない感じがして、甲虫のように固く覆われてはいません。攻撃的で他の虫などを捕食してはいても自身の身体は特に防御に強いわけでもないカマキリのありように、自然の合理性としての摂理を感じます。

自然の進化のシステムが作用すれば、攻撃にも防御にも強いなんて欲張りなことにはならないのです。

2010-12-10

「メタボな子減少 文科省調べ」というニュースに思う。貧困化によりついに来るべきものが来た?

メタボな子減少、視力の低下は続く 文科省調べ


2010年12月9日22時58分


 「メタボ」な子は減少したが、身長はこれ以上伸びず――。文部科学省が9日に発表した今年度の学校保健統計調査(速報)で、子どもたちのそんな傾向が示された。身長はこの10年は頭打ちとなる一方、健康志向で太り過ぎへの気配りは広がったようだ。視力の低下に歯止めがかからず、携帯電話の普及といった生活の変化への対策の遅れも映し出された。

 調査は4〜6月、5〜17歳を対象に実施。身長、体重は約70万人、視力などは約335万人を抽出調査した。

 肥満傾向の子どもは2001年度前後をピークに減少が続く。06年度と10年度で比べると、全体に占める割合は9歳は9.70→8.30%、12歳は11.73→9.98%、15歳は11.98→10.52%に減少。平均体重も大半の年代が前年度より減少か横ばいだった。食べ過ぎの制限や運動習慣を取り入れる家庭、学校が広がった影響もあるとみられる。

 身長も男子は前年度と比べて、全年齢で減少か横ばいだった。増加した年齢がなかったのは初めて。女子も13、17歳を除くと減少か横ばいだった。身長は戦後、栄養状態の改善から一貫して伸びてきたが、00年前後から横ばいになっている。

 一方で、視力低下やぜんそくに悩む子どもたちは増加。裸眼視力0.3未満の割合は10年度、小学校が7.55%、中学校が22.25%で、この5年でそれぞれ1.8ポイント、2.6ポイント増。小学校は過去最悪の割合だ。

 日本子ども家庭総合研究所の衛藤隆副所長は視力低下について「暗い中で、目から近い距離にある携帯電話やゲームを使う子どもが増えていることが背景にある。目を休ませるなどの指導が足りていない」。(井上裕一)

朝日新聞


子供の肥満傾向が減り平均体重・身長も横ばいか減少しているというこのニュース。

この記事では、健康志向で食べ過ぎの制限を取り入れる家庭が拡がったとか解釈していますが、ひょっとしたら、食べ過ぎの制限も健康志向ではなくむしろお金がなくて子供に充分に食わせてやれなくなってきたということなのかも?

貧乏人は安いけどカロリーが高いだけの栄養が偏ったジャンクフードばかり食べて肥満してしまうというのは大人はそうでも、成長期の子供は、偏った栄養しか摂れなければ、満足に栄養が摂れなければ、やはり発育も悪くなるのではないでしょうか。だから身長も体重も伸びなくなってきている。

また、貧しくなっておやつ的なおかし等も食べられない子供も多くなっているとも思います。

つまり、貧困化により、記事内にもある「戦後の栄養状態の改善」がついに「栄養状態の悪化」に転じたのでしょう。

2010-12-09

富士山がはっきり見えていたから

昨日は空気が澄んで富士山がはっきり見えていたから何となく撮ってみた。

f:id:Pulin:20101209051317j:image

2010-12-08

毒々しい味のドクターペッパーが無性に飲みたくなって

売ってる自販機で買ってきた。

ドクターペッパーって何か1年に一回程度は飲みたい気分になることがある。

f:id:Pulin:20101208171222j:image:h400

今日のお食事 ラーメン

吉祥寺北口の密集した飲食店街中のラーメン屋みんみんでワンタンメン(730円)。最近ワンタンメンってあまり見かけなくなったなぁと思って食べてみました。昔風の店構えにふさわしい懐かしい感じのラーメンでした。

f:id:Pulin:20101208154023j:image



吉祥寺みんみん店舗

f:id:Pulin:20101208155342j:image

2010-12-07

昭和30年代はノスタルジーの対象にはなっても昭和30年代のものには価値がないと考えてみたら

歴史を活かしたまちづくり


1 東京大学キャンパス構想


(中略)


残すに値しない昭和30年代の建物


 保存しようと考えられていない建物は、これから少しずつ再開発をしていくことになっています。皮肉なことですが昭和30年代に建てられた建物は、この先再開発によって無くなってゆきます。それより古い建物、昭和の初めぐらいに建てられた建物は残るのですが、高度成長期の安普請でできた建物はなくなっていくのです。こういう建物は、質も悪く、アスベストが使ってあり、それを取るのに手間もかかるからです。

 例えば工学部には5号館や8号館(かつて都市工学科もここでした)など昭和30年代〜40年代に建てられた建物がありますが、これらも将来無くなる予定です。

 ただ歴史的な建物が全部残せるかというとなかなか難しいのが現実です。例えば赤門を入ってつきあたりの建物は医学部の本館ですが、我々としては残したいと思っているのですが、もう少し大きな建物を建てたいという意向が強く、どの辺りのところに接点があるのか、ファサードだけになるのか、もう少し中まで残せるのか、難しいところです。


(後略)

http://www.gakugei-pub.jp/kanren/rekisi/semi04/02-1.htm


東京大学の西村幸夫教授が上記のように述べています。

この感覚が表すところは広く一般的にもあるのではないでしょうか。

つまり、いま昭和30年代がノスタルジー的に語られるのも、戦前の古き良きものがまだ豊富に残っていた時代、その中で高度成長に向っていた時代としての昭和30年代に対してであって、その頃新しく建てられた安っぽいビルなどには価値は見いだされていません。テレビが普及しはじめた時代は神話的に懐かしく思えても、その当時のテレビなどは今は使い物になりません。

ノスタルジーを感じるのは、いいとこ取りをした仮想的世界の昭和30年代になのです。

昭和30年代とは、高度成長時代として語り草にはなっても、この西村教授のいうように物として歴史に残ることはないのでしょう。


(追記)

昭和30年代を代表する建造物(昭和33年、1958年竣工)で長らく東京のシンボル(あるいは当時の日本のシンボル)となってきた東京タワーは、その役目を東京スカイツリー(2012年竣工)に譲りましたが、2013年に登録文化財になりました。今後さらに重要文化財等となって恒久的な保存の対象となるのかはまだわかりません。

2010-12-06

おそろしく使い勝手が悪い水フィルター式掃除機のこと

今うちで使っている掃除機は、欧州社製のえらくごっつい水フィルター式の掃除機です。ゴミが水フィルターで濾過されるから排気は埃を含まないできれいになって出るという触れ込みの品です。もともとは、故郷にあってそれをぜんぜん使われていなかったのをうちに引き取って使っているのです。十数年前に買った当初は母などはよい掃除機を買ったと喜んでいたようですが、じきに使わなくなってしまったらしいです。

使うのがとにかく面倒だから。使い勝手が悪いから。

使うたびに水を入れたり捨てたりする手間もあるし、水を入れるゴミ受け容器からゴミを取って洗って乾かすのも手間(*注)、ノズルだのパイプだの附属品がやたらと多くて、掃除箇所によっていちいち付け替えなければならないし(そんなノズルがこれまた安定しなくて外れやすかったりもする)、図体は重くて大きくて取り回しは悪いし、そして、排気に埃が含まれないからアレルギー対策には良いとの謳い文句はあっても、肝心の吸引力は特に良くもないとなると・・・。欧米の大邸宅で使うならともかく日本の狭く段差も多い家にはおよそ向いていない掃除機だと、自分で使ってみてもつくづく思いました。さらに、大きくて部品も多いから収納場所にも困るのですよね。

日本の家では、コンパクトで部品をあれこれ取り換えなくても何にでも使えるような、細かい所にまで使えるような掃除機が、やはり一番いいですね。

母は、訪問販売の実演を見て良いと思ってこれを何十万円かで買ったらしいです。

うちの母は、年寄りが携帯電話を持つといろいろな詐欺を呼び込むことになるから便利でも持たないのが一番だ、と言うほどの用心深いような人物ですが、携帯電話は持たなくても、訪問販売で変なものを買わされていたら同じことだなと。

この捨てるに捨てられないでいた掃除機を、いま自分が意地で使っています。


うちの母は昔は賢い消費者を気取っていたようですが、人間老いてくるとやはり、と思うと、なんだか哀しいものがあります。


それにしても、日本の掃除機では、本体にコードが引っ込むようになっていたり、裏側に細かい所用のノズルが収納できたりとかするのは、まさに狭い日本の家ならではの需要によるものなのかな、と思ったりします。


(*注)

このゴミ受け容器を掃除するのが手間で、うちの母が思い付いてやっていたのが、流しの三角コーナーに入れる水切りゴミ袋に容器の水をゴミごと流す(風呂場や便所などに)やり方。これだとそれほど手間はかからなくなる。でも、掃除のたびに一々それをやらなければならないのは面倒には変わりがない。

アンチミステリーよりもメタミステリーといった方が良いかも

中井英夫『虚無への供物』

夢野久作ドグラマグラ

小栗虫太郎黒死館殺人事件

の「三大奇書」などとおどろおどろしい呼称で呼ばれる作品やそれと同系統の推理小説を指して「アンチミステリー」と言ったりする。単なる謎解き推理だけではなく推理小説の構造やあり方や全体の体系自体がテーマとして絡んでくる作品を指す。

その意味では「メタミステリー」と言った方が適切かもしれない。メタという語は近頃乱用されていて軽い語感になったけれど。「アンチミステリー」という言い方は中井英夫が『虚無への供物』について自称したのが起こりらしい。

個人的には、『黒死館殺人事件』は文章が分りづらく読んでも話もトリックも内容もよく理解できなかったので、「アンチミステリー」「メタミステリー」どちらにせよ何とも言えない所もある。

2010-12-05

iPodをめっきり使わなくなったこと

三年ぐらい前にiPod shuffleを買いました。そしてよく散歩の時には使っていました。音楽を聴きながらの散歩で楽しくなりました。でも一年ぐらい前からあまり使わなくなり、今では全く使っていません。

理由としては、散歩の時に聴くような音楽はだいたい限られているから一通り聴いてしまうと新味がなくなってくること、iPod shuffleのバッテリーの持ちがよくないうえ切れる時は突然ぷつっと切れてしまうので歩いている時それが起きると非常に萎えてしまうことなどで、結局は飽きてしまったのですね。


(2012年8月追記)

再び散歩や掃除の時などにiPodを使うようになった。

『ロリコン野郎が昭和へGo!』っていくら何でも?

f:id:Pulin:20101205073101j:image


ロリコン野郎が昭和へGo!』


価格    1,365 円 (税込)

サークル  Studio Gaudi

商品形式  同人ソフト(ゲーム):アドベンチャーゲーム


商品紹介


昭和末期――ロリコンへの風当たりが今ほど厳しくなく、その手の雑誌や写真集が普通の本屋で買えた時代。

そんな時代に迷い込んでしまった、ひとりのロリコン男がいた。

公園、団地、銭湯……街のそこかしこで、妖精たちが無防備な姿をさらしている。

どうせ元の時代には帰れないんだ……欲望のままに生きてやる!

そう決意した男は、さっそく獲物となる少女を物色しはじめた――


■公園で……

 鉄棒で遊んでいた少女が、逆上がりを見せてくれる。くるくると回るたびにワンピースの裾がめくれ、白いぱんつが丸見えになる。

「すごいよ!」

大げさに褒めると、彼女は嬉しそうに何度も逆上がりをしてくれた。


■団地で……

俺は芸能プロのスカウトだと嘘をついて、団地でおしゃべりに興じている少女達に近づいた。

言葉巧みに丸め込んで、写真を撮らせてもらうことに。

「可愛いですよ〜。それじゃ、ちょっとだけセクシー路線に行ってみましょうか」

「えぇ〜」

少女は口をとがらせるが、まんざらでもないようだ。

俺は、少しずつ要求をエスカレートさせていった。


■鍵っ子を見つけた俺は……

ぴっちりとしたショートパンツ姿のボーイッシュな少女を見かけた俺は、すかさず後をつけた。

少女がドアの鍵を開けた瞬間、一緒に家の中へ押し入る。

「おとなしくしろ! でないとぶっ殺すぞ」

「う……や、やめて……」

長居はできない。

おびえきった少女に抱きつくと、ムリヤリ唇を重ねた。


-----------------------------------------------------------


だそうです。

エロゲームに一々突っ込みは野暮ですが、いくら大らかな昭和時代だからって少女ヌード写真集は買えてもこんなことは普通にはなかった・・・・・・・。

2010-12-04

粗悪品が横行

買って半月も経ってないこたつ布団カバーのファスナーがもう壊れた。開け閉めなんか特にしてないのに自然に開いてしまって閉じられなくなった。安い商品だったけどそれにしても酷いものだ。今は安くしなければ売れない、でも、やはり安かろう悪かろう。安い粗悪品ばかりが横行する・・・・。

次の総選挙では野党はこう戦う?

次の総選挙では野党は。


民主党の掲げる「政治主導」「政府に大量の与党議員を入れる」へのアンチテーゼとして、民主党の「政治主導」とは政党が国家を乗っ取ってしまうナチスや旧ソ連中国北朝鮮式のやり方であると批判し、日本の政治風土の伝統では国会議員はあくまで国家の支援役として官僚とともに車の両輪として国政を運営してくのが本来のあり方であり政党自体は重要ではないと主張する。国会が国権の最高機関であるとは責任をとれる(選挙に問うことができる)ということであるとする。

政治家は政治の方向性が一致していればあえて政党という形をとってまとまっている必要もない。

選挙では、比例代表制がある限りはそこでは政党として立てざるを得ないが、小選挙区には無所属として立てる。政党の地方組織はそのまま個人後援組織にくら替えする。

無所属議員が国会で不利なのはごく少人数だからであって、仮に無所属議員が何百人も誕生し政党勢力を凌駕すればこれを尊重した国会運営方法に変えざるをえなくなる。

政党を引っ込めた野党勢力は、例えば「強い日本」とか「日本復活」とか何でもいいから統一スローガンと、三〜五つ程度の共通公約と、首相とする候補者を掲げた緩い連合体として、政党ではなくあくまで無所属として選挙に立つ。これも民主党がはじめたマニフェスト選挙へのアンチテーゼであり、多数の細かいマニフェストを掲げようが実際は有権者は目を通しはしないし、あとでマニフェストと実際の政策の整合性がとれなくなってって追求されるのも今の民主党政権の惨状を見れば分る。候補者や選挙区ごとの事情を考えても、多数のマニフェストを掲げて縛るよりも曖昧さを残しておいた方が良い。そのためにも政党という形はとらない方が良い。

次の総選挙で、野党、自民党の側がこのような政党隠しに打って出るか、今まで通り政党を出してくるかは分らないが、こんな方法もあるのではないかと思ったので、メモとして記す。実際にやろうとしたらクリアすべき問題がいろいろあって困難だろうとは思うが。

議会制度120年にして政党政治が終る予感もしている。


(追記)

最近のアメリカでは、既存政党とは異なる形の草の根保守といわれる「テーパーティー運動」が起こって、先の中間選挙でも影響力を発揮した。それを真似たようなものが日本にも出るかもしれない。


(2012年1月追記)

現民主党政権の不甲斐なさから、次の総選挙では自民党が圧勝するだろうといわれている。

そうなれば、あえて政策を事細かに訴えなくても現政権への批判票がそっくり野盗に回ってくるわけだから、具体的すぎるマニフェストを出すことで言質をとられて政権獲得後に困るよりも、そこは曖昧でおおざっぱにしておく方が得策になるだろう。

民主党に政権交代したのもマニフェストへの期待ではなく自公政権への批判から民主党へ支持が向っのであったが政権獲得後にマニフェストが重荷になってしまったわけである。それを教訓にし、次に政権を獲得する政党はその轍を踏むことはないだろう。

2010-12-03

今日の食べ物 天ぷらうどん

昨日の残りの天ぷらで天ぷらうどん。

f:id:Pulin:20101203164502j:image

「ヒ素食べる細菌、NASAなど発見 生物の「常識」覆す」というニュースで思う

ヒ素食べる細菌、NASAなど発見 生物の「常識」覆す


2010年12月3日5時1分


猛毒のヒ素を「食べる」細菌を、米航空宇宙局(NASA)などの研究グループが見つけた。生物が生命を維持して増えるために、炭素水素窒素、酸素、リン、硫黄の「6元素」が欠かせないが、この細菌はリンの代わりにヒ素をDNAの中に取り込んでいた。これまでの「生物学の常識」を覆す発見といえそうだ。

 今回の発見では、NASAが記者会見「宇宙生物学上の発見」を設定したため、「地球外生命体発見か」と、CNNなど国内外の主要メディアがニュースやワイドショーで取り上げるなど「宇宙人騒動」が起きていた。

 この細菌「GFAJ―1」株は、天然のヒ素を多く含む米カリフォルニア州の塩湖「モノ湖」の堆積(たいせき)物から見つかった。研究室で培養して調べたところ、リンの代わりにヒ素代謝に使い、増殖していた。リンは、炭素などほかの5元素とともに、生命体が核酸(DNAやリボ核酸)やたんぱく質などを作るのに必要な元素だ。ヒ素とリンは化学的な性質が似ている。

 これまで、永久凍土や深海の熱水の中など「極限環境」で生きる微生物は複数見つかっているが、こうした性質はもっていなかった。

 地下水や土壌のヒ素汚染に苦しむ地域において、汚染環境の浄化に応用できる可能性も秘めているという。

 この発見は、生命が環境に応じて柔軟に対応できることを示しており、地球外生命体探しでの「生命に必須な水を探す」といった「常識」も覆される可能性がありそうだ。

 金沢大の牧輝弥准教授(微生物生態学)は「これまでは生物が利用できないと考えられていた物質の満ちた環境でも、微生物が増殖し生存する可能性が出てきた。この細菌の発見で生物細胞を構成する『六つの元素』の概念が変わり、生物細胞内での新たな代謝の仕組みが提唱されるかもしれない」としている。

 

研究成果は2日付の米科学誌サイエンス電子版で発表される。(松尾一郎、勝田敏彦=ストックホルム

朝日新聞


地球と全く違う様式の生命体の話では、以前『竜の卵』(ロバート L.フォワード著)というSF小説を読んだことがある。中性子星において生命が発生し、そこでの生命活動は素粒子レベルの反応速度で行われるから、時間尺度も地球の数百万倍の速さとなり、そして、そこで進化した知的生命体(芥子粒ほどの平たい虫のような形状)が人間とファーストコンタクトをする話である。

その知的生命体はそれでも人間とちゃんと仲良く意思疎通できて、その歴史も人類史のパロディのような記述だったが、実際はそんな生き物がいたとしても、人間とは全く異質な精神の持ちようをしているだろうから、意思疎通は不可能だろうと思った。


竜の卵 (ハヤカワ文庫 SF 468)

竜の卵 (ハヤカワ文庫 SF 468)



追記。

続報のようなニュースが。

宇宙人発見かと思ったのに…NASAにやられました


2010年12月3日10時56分


 「宇宙人捕獲じゃなかったの?」「地球で見つかった細菌ってことか」――。「地球外生命体の発見か」の事前報道に期待して、日本時間の3日午前4時から中継された米航空宇宙局(NASA)の会見を見ていた人たちは「ヒ素を食べる細菌の新発見」との内容に肩すかしを食らった。

 騒ぎの発端は11月末。NASAが「宇宙生物学上の発見について」と題した会見予定を公表したことだった。会見出席者ぐらいしか詳細な情報はなく、様々な臆測を呼んだ。

 米CBSや、CNNのニュースブログは「地球外生命体発見か」と報じ、国内の一部新聞社やテレビのワイドショーも取り上げた。「ウィキリークスに暴露されそうになったため、自ら発表することにしたのではないか」との見方も出た。

 関心の高まりを受けて、ネットで流れるNASAの会見を動画サイト「ニコニコ動画」は日本語に同時通訳して配信、「ユーストリーム」なども中継して、計数万人が視聴した。

 NASAの発表は、生物学の常識を覆す科学的成果だったものの、地球外生命の発見でないことが判明すると、「がっかり」「すごい発見だけど……」「宇宙人が出てくるのを期待してたのに」と落胆の書き込みが相次いだ。

 国立天文台渡部潤一教授は「科学的には面白い話だけど、成果を大きく周知したいNASAの思わせぶりな作戦にメディアもみんなもうまいことやられたね」と話した。(東山正宜)

朝日新聞


そういう勘ぐり方をすれば、これは、いきなり宇宙人(宇宙生命)発見とか発表したら衝撃が大き過ぎるから、こんなことから徐々に、宇宙人(宇宙生命)は居てもおかしくない→居ました、と持っていく教育効果を狙ったステップなのじゃないかなとも見れる。

2010-12-02

今日の食べ物 天ぷらうどん

天ぷらは出来合のを買ってきただけだけど。

f:id:Pulin:20101202182444j:image

謀略事件の道具は鉄道から飛行機へ

以前、松本清張をよく読んでいたので、『昭和史発掘』や『日本の黒い霧』に思いを馳せ「謀略事件の道具が鉄道から飛行機へ」ということを考えてみた。

近現代の日本史に大きく関わる、謀略事件の道具は、国内の鉄道から満州の鉄道へ移り、戦後国内の鉄道に戻り、さらに舞台は空へと移ったとも見える。

鉄道を道具に使った謀略事件に関して松本清張は、戦前の石田検事怪死事件は戦後の下山事件の教科書となったのではないかと述べ、つまりこういうことを実行する闇勢力は戦前戦後に亘って連綿と一環して続いていることを示唆している。

これについて自分は特に何か説なり結論なりがあるわけでもない。メモとして記す。



鉄道を使った謀略事件(戦前)


・石田検事怪死事件(1926年(大正15年)10月30日)

・張作霖爆殺事件(1928年(昭和3年)6月4日)

・柳条湖事件(1931年(昭和6年)9月18日)


その後に来たもの

満州事変(1931年(昭和6年)9月〜)



鉄道を使った謀略事件または不可解な鉄道事故(戦後)


・人民電車事件(1949年(昭和24年)6月9日)

・下山事件(1949年(昭和24年)7月5日)

・三鷹事件(1949年(昭和24年)7月15日)

・松川事件(1949年(昭和24年)8月17日)


その後に来たもの

朝鮮戦争勃発(1950年(昭和25年)6月)


・JR福知山線脱線事故(2005年(平成17年)4月25日)←これは謀略には関係ないと思うが規模が大きかったので参考として



飛行機を使った謀略事件または不可解な航空機事故


・もくせい号墜落事故(1952年(昭和27年)年4月9日)

日航機羽田沖墜落事故(1982年(昭和57年)2月9日)

・大韓航空機撃墜事件(1983年(昭和58年)9月1日)

日航ジャンボ機墜落事故(1985年(昭和60年)8月12日)

・大韓航空機爆破事件(1987年(昭和62年)11月29日)

・911テロ(2001年(平成13年)9月11日)


その後に来たもの

冷戦の最高潮と終結(1989年(昭和64年・平成元年))、そして米軍が主導する対テロ世界戦争へ・・・


これも大量交通機関の主役が鉄道から飛行機へ移ったことに伴うものだろうから、それ以前の謀略事件の道具は船だったのだろう。



(追記)

2011年(平成23年)3月11日に東日本大震災が起こり特に津波被害で万を超す犠牲者が出る大惨事となり、さらに原発事故まで誘発されたが、これも謀略には関係なかろう。地震兵器だとかの陰謀論を唱えている人もいるようだが、ありえそうもない。

ここでいうのは大量交通機関が謀略の道具に使われるという設定の話だから、次に宇宙船が一般的交通手段になったらまた宇宙船で何か起こされるなどは、まだ遠い先のことだろう。

2010-12-01

夜更かししてしまった

ネットをいろいろ見ていたらついこんな時間まで起きていてしまった。

ここのところずっと早く寝るようにしていたのだが。

学校の単位に不合理を感じたこと(理工系は報われない?)

自分が学校に通っていた頃の話で今はどうなのか知らないが、学校では授業の単位が、講義を受けるものは3単位、実習・実験などは1単位と計算されていたと思う。これは学習時間が単位の基本となっていて、講義などは学校で授業を受けるのとそのための予習復習の自習時間も含めて3単位、実験・実習などは学校においてすべて行われ(実験の自習はできない)るから1単位、のような計算であった。

でも、実際はこれははなはだ不合理な単位計算であって、建て前はともかく講義は寝ていようがさぼろうが予習復習なんかやらなくても3単位(テストも何でも良いから書けば単位は呉れるのもあった)、実験や実習は寝ていることもさぼることもできず毎回膨大なレポートの提出が必ず課せれ四苦八苦してそれを書き上げねばならずそれでいて1単位と割に合わない。

勉強とは自分のためにやるものだから勉強すればそのぶん身に付くのだからそんな損得勘定はどうでもいい、とも考えられるが、人情として労力が報われない感じはどうしてもしてしまうので、そんなことが実験実習が多い理工系が敬遠される原因のひとつにもなっているのではないかな、と思ったりもする。


(追記)

今も単位の計算方法はたいして変わっていないようだ。そして、実際はそんなに勉強していないのに単位は貰えるという状況を問題視し「単位の実質化」を目指す動きが出ている。