Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

御光堂世界〜Pulinの日記

2011-04-30

西友の弁当が刷新されていた

西友に行ったら298円弁当がまたリニューアルされてこれまでに見たことのない種類が現れていました。今日はまだ買っていないので近いうちに食べてみようと思います。

2011-04-29

ヒップホップ系のリズムがドタバタした感じである理由

ヒップホップ系のリズムが、ドンドンタントタドタトダンって感じのちょっとドタバタしたパターンになるのは、もともとレコードからブレイクビーツ(間奏)の手数足数の多くなるドラムソロの部分をループさせてその上に構築していたのが起こりだから、それが一つの様式になっていったものと思われる。

おおまかなイメージとしては、こんなリズム。

Download

2011-04-27

97円のロールケーキ再び

97円のロールケーキが再び店に現れてきたからまたこれが食事がわりになりそうです。

2年位前に比べて長さが短く改定されていたと前に書いた品のまた少し改められた商品ですね。

f:id:Pulin:20110427083057j:image

2011-04-26

ブログ2年経過

このブログを書き出してから2年経って、今はニュースの感想や時事ネタや短い思い付きみたいなことは主にtwitterに書いているから、ブログは食べ物日記に近くなってきた。

twitterで書いた思い付きがまとまるとこのブログの方へ再編したりしている。

2011-04-24

今日の食べ物 ランチョンミートとエリンギと野菜の炒め物

実際に食べたのは少し前だけど、ランチョンミートが残っていたのを、どうしようかと思って、エリンギと野菜と炒めて食べた。エリンギのグリグリした食感が胆。

エリンギを炒め野菜を塩胡椒で軽く炒めいったん取り出す。ランチョンミートを両面炒め焼き。そこにさきの野菜を混ぜて強火をさっと通して出来上がり。味付けには醤油や味の素少々も。

f:id:Pulin:20110424172654j:image

2011-04-23

今日のお菓子 ケーキ

レ・アントルメの「ローズ」と名が付いていますが桃のようにも見えるケーキ。

f:id:Pulin:20110423074743j:image

2011-04-22

MacBook Pro 導入

不調になったiMacのかわりにMacBook Proを導入した。


Early 2011 モデル。

15インチ、Core i7 2.2GHz クアッドコア、4GB RAM

オプションで

HDDは500GB/7200RPM (容量よりも速度重視)

ディスプレイ解像度は1680×1050 (前使っていたiMacと同じにするため)

を選択した。


最新モデルにしてすごく早くなったかと言えば、起動はiMac(Core 2 Duo 2.4GHz)とさほど変わらない印象だが計って比べれば速くなったとは思う。アプリの立ち上げも速くなっているようだ。

「アクティビティモニタ」で見るとクアッドコアが仮想8コアで動作していて、通常のアプリを4〜5つ同時に使っている程度では充分低い使用率で済んでいることが分る。(下の画像)

f:id:Pulin:20110424162801j:image



音楽アプリではやや音が良くなった感じもある。


ディスプレイ解像度は15インチで1680×1050だと文字などが細かくなり過ぎて見づらくなることもあるのが分った。


MacBook Pro のトラックパッドは良くできているので、この際マウスは使わないで、今までほとんど使わなかったトラックパッドに慣れるようにいろいろな操作をやってみている。まだうまく習得できなくてちょっと指がつる感じ。


今のところメモリーが4GBで特に足りなくなったりはしないので、不足しそうなら折りを見て8GBまで増設する。


MacBook Pro 箱。

f:id:Pulin:20110422061510j:image



MacBook Pro 閉じたところ。

f:id:Pulin:20110422061710j:image



MacBook Pro 画面。

f:id:Pulin:20110422061709j:image



新しいパソコンは常に特有の匂いがある。金属臭なのだろうか。


ということでPowerBookG4 → iMac と来て、約4年ぶりにノート型に回帰した。


(追記)

たとえば、DAWソフトから音声ファイル書き出しでは、上記のiMacに比べて体感的に数割(5割位かな)速くなったかなという印象で、とてつもなく高速化したわけでもなかった。でも、やっぱり速いな。


(追記2)

パソコンが変わるとディスプレイの色合いが微妙に変化するが、色に厳密なグラフィックの仕事をしているわけでもないから、かっちり調整するのも面倒なので、その辺はわりきっている。


(追記3)

インターネットのブラウザーを立ち上げながらソフト音源をいくつも再生しているとさすがにメモリーがギリギリになる。CPUは4コア(仮想8コア)の設定にしておけば前のiMacであったようなたまに音がブチブチ切れることはなくなった。


(追記4)

5月になってやはり新型iMacが発売されていた。

もう少し待って検討すればよかったかもしれないが、むしろここは持ち運びできるMacBook Proにしたことで、どこかでライブなどができる可能性もあるとか、学校で勉強したいとか、夢を広げて考えよう。

2011-04-20

今日のお食事 ラーメン

新宿西口の武蔵で。おすすめらしい1000円のラーメン。二つ入っている角煮は甘味が強い。スープは魚介出汁の醤油味だが濃厚な感じ。

f:id:Pulin:20110420131407j:image

2011-04-17

人を殺す夢を見た

昨日見た夢は人を殺す夢だった。ぶん殴ったり固いものをぶつけたりしていたら相手が弱って死ぬのだが、夢だからいつの間にか首を切り落として殺したことに変わっていて、そして自分が監獄に送り込まれる部分を、映画の予告編のように急展開で見る。グロシーンもふんだん。もちろん目覚めは良くない。

人を殺す夢を見たのはおそらく初めてで、ショッキングだったけど、夢であっても何だか度胸が付いたと言ったら変か。


最近、死にたくなったと思っているのが形を変えて人を殺す夢として現われたともとれる。

2011-04-16

今日の食べ物 関西風きつねうどんカップ麺

関西風きつねうどんのカップ麺を見かけたので買ってみました。

f:id:Pulin:20110416075218j:image


確かに関西風の薄口醤油のイメージがありましたがまあ普通のカップ麺のうどんでした。

f:id:Pulin:20110416075219j:image

2011-04-14

自己の矛盾する心理状態

死にたくなってきたという負の方向とパソコンを新しくしようという正の方向の両方の心理が自分の中で共存しているのが何だか奇妙だ。

昨日の記事参照。

2011-04-13

そろそろ

何だか死にたくなってきた。

前から3月ごろに東北地方で大きな地震があって大きな被害が出そうな予感がしていたその通りのことが起きたし、今度はそろそろ自分が地面に呑み込まれる番かな。

パソコンを買い替えるとしたら

購入後4年近くたってまだあと少なくとも2年(現状の性能に全く不満は無いから使えるならいつまでも)は使うつもりでいたiMacが不調(ハードの異常らしい)になってきて、いっそのこともう買い替えてしまおうかと思うと、次の候補もまたiMacで検討するが、先頃発売されたMacBook Proの性能が非常に高いようなので、またノート型に戻る手もある。しかし、5〜6月ごろまでにはMacBook Proを凌ぐほどの性能のiMacの新型が発売されるような噂もあるので、しばらく様子見か。

比較のためのメモ。


iMacのメリット

・画面が大きいので使いやすい。何年かノート型(PowerBook G4 15インチ)を使っていてiMac(20インチ)に移ったとき画面が大きくなって使いやすさに感動した。

・コストパフォーマンスが高い。

・メモリーが16GBまで積める(64bitのOSの効果が発揮できる)。


iMacのデメリット

・大きくて場所をとる。特に高性能の27インチモデルは狙い目だがうちに置いたら洒落にならないほどでっかい。

・今のiMacの経験で長持ちするのか不安になってきた。



MacBook Proのメリット

・コンパクトで場所をとらないし、サイズは小さくても解像度は高いモデルも選べる。

・万が一の時データごと持って逃げられる。ここにきて地震が頻発し始めてこの要素も重要かもしれないと思った。

・現状ならiMacをしのぐ高性能。


MacBook Proのデメリット

・同性能のiMacよりも割高(新型iMacがでたらの比較)。

・解像度が高いモデルが選べるとは言え画面の絶対的なサイズの小ささ。

・開け閉めする可動部があるノート型はその部分の耐久性が長期的に不安。

・メモリーが上限8GBまでしか積めない(64bit OSを活用するには物足りない)。これに関しては、上限8GB(4GBのモジュール×2)が公称だが、8GB×2の16BGでもきちんと認識するという情報もある。



いざとなったら、画面の大小は、MacBook Proにも外部ディスプレイをつないでデュアルモニターで使うこともできるから、それほど重要な点でもなかったりする。



ネット端末として使うならもはやパソコンである必要もないけど、それ以外の作業もするから。

徳用無印MacBookもあるけど、画面がMacBook Proよりもさらに小さくなるし、性能は今使っているiMacと同じ程度だし、FireWireポートがないので所有のオーディオインターフェイスが繋げなくなるので×。


Windowsマシンは今使っているソフトが使えなくなるから選択肢にはない。


(追記)

iMacの不調は内蔵電池が切れたせいかもしれない。パソコンには電源以外にも内部に制御用の電池が入っていてその寿命は3〜4年程度と言われている。これが消耗すると動作がおかしくなることがある。最悪起動さえしなくなる。基本的にパソコンは今でも3年以上の使用を想定していず内蔵電池の寿命以内に買い替える前提で売っているらしい。iMacはユーザーが分解できる構造になっていないから内蔵電池交換しようと思ったらやっかいのようだ。

2011-04-11

パソコン不調でしばらく写真を載せられなくなるかも

パソコン不調でしばらく写真を載せられなくなるかも。

2011-04-09

節電で中央線車内が暗かったこと

節電により中央線車内が薄暗かった。

電力が足りる足りない以前に「暗い世の中」も悪くないのでずっとこの状態が続いてほしいと思った。

f:id:Pulin:20110414060602j:image




しかし、自分は寝る時でも明りを灯しておかないと寝られない体質になっているので、暗いのが良いと言いながら矛盾している。

2011-04-08

今日のお食事 つけ麺

新宿西口の「ほりうち」でつけ麺の「ちゃーざる(チャーシューつけ麺)」麺の盛りがよくチャーシューもどっさり入っていても黙々と食べれば意外とスルッと食べられてしまう。つけ汁はさっぱりと酸味が利いている。

自分はラーメンに胡椒を入れる食べ方はあまりしないのだが、ここのつけ汁には胡椒が合うと思う。量が多めだから食べはじめて後半に単調に感じてきたら胡椒をちょっとだけ振れば変化が出て良い。


f:id:Pulin:20110508133457j:image

2011-04-07

お花見

国立の大学通りでお花見をしました。


大学通り

f:id:Pulin:20110407063839j:image



桜が満開です。

f:id:Pulin:20110409150931j:image



花見のお供、お寿司とビール。

f:id:Pulin:20110407073636j:image



一橋大学が。

f:id:Pulin:20110407064105j:image



f:id:Pulin:20110407083447j:image



架空BGMは、高橋幸宏「回想」。


(追記)

この日は満開の少し前で、じっさい満開になったのは8〜9日あたりでしょう。

2011-04-06

今日のお食事 カキフライ定食

カキフライ定食を食べました。

カキが大きくてプリプリして肉汁も多くて良い感じでした。

右の筒はマヨネーズ。


f:id:Pulin:20110406160932j:image


f:id:Pulin:20111204171025j:image

ここのお店は、なんとなく、町の定食屋のたたずまい(手書きのメニューが壁に貼ってあったりします)がありますが、新宿駅南口を降りたところすぐ(超一等地?)にある長野屋という店です。

そのためか値段もちょっと高目の1000円でした。


f:id:Pulin:20110406161146j:image

このお店(長野屋)。

ネットの情報によると、もうすぐ創業100年になるそうです。

2011-04-05

桜桜桜

だいぶ桜が咲いてきました。そろそろ花見日和です。


f:id:Pulin:20110405175625j:image



桜アップ。

f:id:Pulin:20110405180821j:image


f:id:Pulin:20110405190234j:image

2011-04-04

ディスクユニオン国立駅前店閉店セール

ディスクユニオン国立駅前店が国立駅周辺再開発に伴い4月5日に閉店し4月22日に立川駅北口に移転オープンするそうです。

閉店セールの割引きで、ジャズの中古CDを420円で買ってきました。もうかなり棚がスカスカの状態でした。

f:id:Pulin:20110404092244j:image

2011-04-03

今日の茶菓子

今朝は黒糖麩菓子。

f:id:Pulin:20110403084951j:image:w400



昨日はチョコマシュマロ。

f:id:Pulin:20110403085023j:image

2011-04-02

西友の298円弁当 その23 デミメンチカツ弁当

西友の298円弁当シリーズにいつの間にか新種が出ていたようです。

デミメンチカツ弁当です。


甘いソースがかかったメンチカツ

唐揚げ

輪切りウインナー入りペペロンチーノ

玉子焼き

漬け物

ご飯


で、総カロリー量は797kcalと表示。揚物が多いためやや高めです。

メンチカツの歯ごたえはかなり柔らかめですね。ソースはデミグラスソースとはちょっと違う気もするしけっこう甘いです。ペペロンチーノはニンニクが効いて良い感じ。

西友の298円弁当が出始めてから2年ほど経って、すでに「298円弁当」も一つのジャンルになった感がありますね。


f:id:Pulin:20110402161219j:image



西友の298円弁当試食記まとめ

2011-04-01

自然界の四つの基本的な力にそれぞれ基づく生命形態が存在する可能性について

地球外生命体の真の姿とは? 科学的に考えてみる

の記事を読んだのですが、特に興味深かったのは最後の方の、・もっとすごい可能性 の部分。

引用してみます。


・もっとすごい可能性

地球上の全生命体は自然の基本的な4つの力のひとつである電磁気力に裏付けられていますが、そうではない、まったく異なる生態を持った生命の形が地球外に存在する可能性もあります。

4つの力の他の3つのうち、ひとつは核力(「強い力」)で、原子核とその構成要素を結びつけています。もうひとつはいわゆる「弱い力」で、放射性崩壊を起こすものです。最後のひとつは重力で、これが4つのうちもっとも弱いものです。理論上は、他の3つの力のうちのひとつが独占する環境において進化する生命体も存在しえます。


・クロモ力学・核力の生命体

これらの生命体は核力のみが支配する環境で進化します。地球上で核力が、原子核を結びつける以上にもっと強くならない理由は、その力が非常に強いにもかかわらず、10〜15メートル程度の範囲でしか有効でないためです。この環境は、ある種の天体での環境ではありうるかもしれません。特に中性子星は非常に密度が高く、高温の中性子の海とマントルがあるため、その可能性が高そうです。これらの中性子はある種の生命体にとって一種の「原始のスープ」になるのではないかと理論づけられています。


・弱い生命体

「弱い力」の生命体は想像しにくいです。この力自体ができることは少なく、何かを結びつけているわけではないためです。でも理論上、弱い生命体が環境の操作を通じて生き残る可能性はあります。というのは、その生命体が崩壊やそのプロセスに影響を与えて、結果として起こる不均衡を通じてエネルギーを得ることができれば、ということになります。


・重力生命体

重力はエネルギー源として非常に効率がよく、しかもどこにでもあります。なので、重力ベースの生命体は可能性がもっと高そうです。小さな有機体は我々と同じような方法でエネルギーを収穫できるかもしれず、重力エネルギーを風や滝、水流から変換します。もっと大きな生命体は、ブラックホール恒星間の衝突の巨大な重力エネルギーを使うかもしれません。


地球のような通常の化学反応に基づく生命のあり方を、電磁気力に裏付けられた生命体、ととらえるわけですね。

その上で、自然界の他の力に基づく生命の可能性を考えています。


・クロモ力学・核力の生命体については、竜の卵 (ハヤカワ文庫 SF 468) というSF小説で中性子星上の生命が描かれているのを読んだことがあります。(→)そこでは知的生命体が胡麻粒サイズの鮑に似た生き物として描写されていました。


・弱い生命体については、何かイメージしにくいですがもやっとした不定でエネルギーからエネルギーへ常に移動しているイメージでしょうか。弱い力に依存するならサイズはやはり小さいでしょう。


・重力生命体となると、サイズは超巨大化して天体サイズで銀河系サイズの生命体もありえるわけです。天体自体が比喩的な意味(地球はガイアで生き物みたいな言い方)でなく重力に基づく生命体として存在することにもなります。

『竜の卵』に描かれていた中性子星上の生命は原子核反応によるから時間尺度が地球生命の数百万倍の速さで進行する(知的生命体の一世代が数秒)のに対し、重力生命体は逆に非常にゆっくりとした尺度になって一世代が数億年などになるのでしょう。