Hatena::ブログ(Diary)

御光堂世界〜Pulinの日記

2011-05-31

阿佐ヶ谷南口で拾った風景

阿佐ヶ谷駅南口の古いレコード屋。サンサンレコードというお店。店の前にギターも売られています。クラシックや歌謡曲のレコードが多く、シングル盤も豊富にありました。

f:id:Pulin:20110531123845j:image


(追記)

サンサンレコードは2011年末で店じまいしたとのこと。現在ここは空き家になっているそうです。


そこから少し南の方に行くと、古び方に味わいのある家。

f:id:Pulin:20110604042640j:image



そこから少し東の方に行って見つけた草に埋もれた廃屋?

f:id:Pulin:20110531123100j:image



先日つけ麺を食べた三ツ葉亭のすぐ近くにあった年季がはいった居酒屋。

f:id:Pulin:20110601064510j:image

大阪にあった古い建物

大阪市中央区伏見町3-3-3の角地に偉容を誇るこの三階建てビルは芝川ビルといい、昭和2年に「花嫁学校」として建てられ、今もいろいろな飲食店や商店の入居する多目的ビルとして現存しています。

芝川ビル公式サイト 参照


f:id:Pulin:20110531075514j:image



そして、上の画像で芝川ビルの左隣に見える古い二階建てビル?は、秀光社となっていますが、詳細不明。古めかしさから見て、芝川ビルよりもさらに年代物の建物かもしれません。

現存していません。この写真は1990年代半ば頃の様子。

f:id:Pulin:20110531080030j:image

2011-05-30

今日のお食事 つけ麺

阿佐ヶ谷駅南口の線路沿いの東の路地を入った所に最近できたとおぼしき三ツ葉亭でお薦めのつけ麺を食べました。

二人掛けの小さなテーブル二つとカウンター数席の小さな店でした。

麺がちょっと蕎麦を思わせる感じで、つけ汁は魚介系の出汁でした。

今風のラーメン屋はBGMにジャズをかけていることが多かったりしますが、この店のBGMはミニマルテクノエレクトロニカ?系が淡々と流れていて、それはそれで、こぢんまりとした店内によく合っていました。

f:id:Pulin:20110530201918j:image



三ツ葉亭店舗。古い飲食店街の中に。

f:id:Pulin:20110530201917j:image

大阪にあった古い建物

大阪市北区菅原町10-36の角地に、小浅商事大阪支店の古い二階建てビルが独特の重厚感のある気配を漂わせて建っていました。昭和5年の建築です。茶色のタイル張りで石造りのイメージ。アーチ窓を用いたり、ロマネスク風でしょうか。

現存していません。

この写真は1990年代半ばごろの様子です。

f:id:Pulin:20110722170021j:image


小浅商事ビル入り口まわりの装飾。

f:id:Pulin:20110722165204j:image:w450

2011-05-29

大阪にあった古い建物

先日載せた「つねなりスタジオ」のすぐそばにあった、ヒサヤ大黒堂玄武会館。小さな四階建てのビルです。+型の文様がアクセントに付けられています。

隣のビルに「ぢ」と大書されているのでわかるように痔の薬で有名なヒサヤ大黒堂の施設でした。もとは個人住宅?として大正15年に建てられた建物です。四階部分は後の増築のようです。

現存していません。大阪市中央区北浜2-1。

f:id:Pulin:20110529064602j:image



淀屋橋政経ビル。大阪市中央区北浜3-2のあたりにあった古い四階建てビルで昭和のはじめ頃建てられたのだと思われます。2004年に火事があり解体されたそうで、現存していません。

f:id:Pulin:20110529090158j:image



いずれも1990年代半ばごろ撮影。

2011-05-28

大阪にあった古い建物

大阪の北浜に、赤煉瓦の古い二階建てビルが三つ並んで建っていました。

左から、西田三郎商店(明治末期ごろ築)、広田商事(大正初期ごろ築)、桂隆産業(明治45年築)、です。

この写真を撮った1990年代半ばごろは、周囲の高いビルにはさまれて三棟並んでかわいらしく建っていましたが、現在は右端の桂隆産業だけが残っていて喫茶店として使われています。大阪市中央区北浜1-1。

f:id:Pulin:20150215130349j:image

f:id:Pulin:20110616015503j:image


もと桂隆産業ビルの喫茶店は「北浜レトロ」という店名で、なんだかすごく率直ですね。

2011-05-27

大阪にあった古い建物

大阪は土地勘がないので、うまくイメージがつかみづらいのですが、古い近代建築なども東京とは違うどこかエキゾチックな雰囲気を感じます。

台湾の街などを思わせる印象もあります。

1990年代に撮った大阪の古いビルをいくつか載せていきます。


つねなりスタジオ。

大正2年ごろ建てられた赤煉瓦のかわいらしい二階建てビルです。現存していません。大阪市中央区北浜4-51。

f:id:Pulin:20110829163337j:image



上の物件の近くにあったこの赤煉瓦の三階建てビルは何でしょう? 周囲の様子からGoogleの地図とストリートビューで中央区北浜3-1と場所の特定もできましたが現存していません。この写真の時点では「高宮画廊」「山本画廊」と鰻料理の「うな伊」が入っています。

今のところ何の建物か分りません。

f:id:Pulin:20110616020121j:image

2011-05-26

新富町の回効散ビルなど

以前にも少し触れたこの小振ながら装飾がにぎやかな建物は、喜久屋ビルといい、それ以前は、回効散ビルとも全国石油ビルとも呼ばれ、変遷を経てきたようだが、元は森田製薬回効散本舗本社ビルとして昭和3年(1928年)に建てられた建物だった。角地に建っていたのでかなり目立っていた。東京都中央区新富2-4。

都市徘徊blog 徒然まちあるき日記 喜久屋ビル 参照)

ぼくの近代建築コレクション 喜久屋ビル/新富2丁目 参照)

2007年に解体され現存していない。


これらの画像は1990年代半ば頃のもの。

回効散ビルその1

f:id:Pulin:20110721134153j:image



回効散ビルその2

f:id:Pulin:20110721134152j:image



回効散ビル入り口アーチ部分装飾

f:id:Pulin:20110526110056j:image



この回効散ビルの建設工事を請け負ったのは地元の竹田組という建設業者であり、下の画像の二階建ての建物がその事務所であったらしい。家のようでもあるが二階建てビル(もしくは一種の看板建築)。中央区新富1-4。これも現存していない。

ぼくの近代建築コレクション 竹田ビル/新富1丁目 参照 )


f:id:Pulin:20110721134151j:image

f:id:Pulin:20110721134150j:image

国立市の東端の古いアパート群

先日ラーメンを食べた中華料理店「餃子王」の近くに古いアパート群を見つけた。二階建ての鉄筋アパートが何棟かあり、古びて蔦が絡んだりしているが廃墟ではなく、何戸かにはまだ住んでいる方もいるようだった。

調べたら一橋大学の宿舎であると分った。学生寮ではなく教職員宿舎である。上下階で一戸(メゾネット型)らしいから、単身者向けではないだろう。

f:id:Pulin:20110526011304j:image

f:id:Pulin:20110526011303j:image

f:id:Pulin:20110526011330j:image

f:id:Pulin:20110526011302j:image

ベランダが付け足されているこの部屋はすでに無人


築40年は経過しているだろうか。この様子だといずれ取り壊すか建て替えるのだろうと思う。

鉄筋コンクリート造に見えるが一橋大学の資料だとこれらの建物は組積造(ブロック造や煉瓦造など)となっている。


(追記)

2016年8月時点でもまだ建っている。

f:id:Pulin:20160827151850j:image

2011-05-25

今日のお食事 ラーメン

府中と国立の境目の辺りにある中華料理店「餃子王」でラーメンを食べました。

住宅街の中にある町の中華料理屋のただずまいです。出前もやっているようです。定食もありました。

f:id:Pulin:20110525135741j:image


店名にちなんで餃子も食べました。(320円)

f:id:Pulin:20110525155126j:image



ごく普通のあっさりした醤油ラーメン。(400円)

f:id:Pulin:20110525132419j:image

リバプールのギリシャ神殿風の建物

リバプール大聖堂にのぼる時その脇で見たこのギリシャ神殿風の建物は何だろう? イギリスの街にギリシャ神殿? と不思議に思っていました。

最近調べてみて、19世紀の初期に建設されリバプール大聖堂が建つまで使われていた小礼拝堂(墓地の礼拝堂)、とわかりました。その時代はこんなギリシャ様式のリバイバルが流行っていたのですね。今は時々美術ホールなどに使われたりしているようです。

f:id:Pulin:20110524080000j:image

2011-05-24

今日の食べ物 レトルトカレー

大塚食品カレーデスカイ・ビーフ。

JALの機内食のカレーを元にしたレトルトカレーとのことです。

経営再建中の日航がカレーも商品にした涙ぐましい努力なのかな?というわけでもないのでしょうけど。他に野菜カレーやハヤシもありました。

f:id:Pulin:20110524010052j:image:h400

f:id:Pulin:20110524010422j:image


しっかりした味の洋風カレーでした。

2011-05-23

この古いビルは?

何だろうか? 

多分20年以上前の写真。「東陽ビル」と書いてあるので調べたら、今も東京の中央区日本橋横山町4-10に現存し「大原第5ビル」という名前になっているビルでした。

昭和5年建築の相当古い建物です。

f:id:Pulin:20110523123037j:image:w450



現在の「大原第5ビル」。リニューアルされてきれいになっています。

http://www.office-trend.jp/chuo-ku/nihonbashiyokoyamacho/00121753.html

2011-05-22

今日のお食事 ラーメン

立川南口のラーメンスクエアの北海道恵比寿で「昔ながらの醤油ラーメン」。

そのチャーシュー麺にしてみました。

確かに昔風の醤油ラーメンでした。チャーシューは思ったよりも厚くて多かったので食べごたえがありました。

ラーメンスクエアのテナントはときどき入れ替わり、ここは最近入った店のようです。

f:id:Pulin:20110522203404j:image

今日の食べ物 レバ刺し

食べたのは数日前ですが。

レバ刺し(牛)。ごま油にまぶし塩を振ります。付け合わせはラッキョウ。

f:id:Pulin:20110522062002j:image


食中毒問題で生肉は食べるべからずとなると、これも希少な食材になるかもしれないので、食べられるうちに、思い出として。

2011-05-21

錯覚?先入観?不思議な動画

猫のシルエットが回転している。人により右回りにも左回りにもまた見方によってはどちらにでも回っているようにも見れる動画。

自分は今のところ左回りにしか見ることができない。

f:id:Pulin:20110521114315g:image



そして、上の動画を逆再生させてみたのが下の動画だが、逆再生しているはずなのにやはり左回りに(自分には)見える不思議。

f:id:Pulin:20110521122521g:image


この動画は34コマからなるアニメーションで、上は1→34方向への順で再生の繰り返し、下は逆に34→1方向へ戻る順で再生の繰り返し。なのに逆回転に見えない?

2011-05-20

今日のお食事 ラーメン

熊本ラーメン桂花の五香肉麺。ラーメンに揚げた豚肉が乗ったいわゆる排骨麺です。排骨はスパイシーですが少々塩気が効き過ぎの感じも。

f:id:Pulin:20110520121642j:image

2003年に撮った猫の画像

8年ほど前の2003年に撮った猫の画像がハードディスクの中から発掘された。

どこで撮ったのかも憶えていない。野良猫がいたから撮ってみよう程度の気分で撮ったのだと思う。

f:id:Pulin:20110520080635j:image

2011-05-19

今日の食べ物 レトルトボルシチ

レトルトカレーも飽きてきたのでMCCのレトルトボルシチ

f:id:Pulin:20110519072457j:image:h400


カレーほどはご飯に合わないかも。

f:id:Pulin:20110519072409j:image

2011-05-18

西友の298円弁当 その25 とり竜田揚げ弁当

最近西友の298円弁当の新種として出た「とり竜田揚げ弁当」を食べました。


f:id:Pulin:20110518141319j:image


内容は、


とり唐揚げ五つ

ペペロンチーノ

玉子焼き

人参の煮物

椎茸の煮物

ご飯


で、

総カロリー数は734Kcalと表示。揚物のため少し多めです。

甘辛い大根おろしソースは袋に入っています。かけた状態。↓

f:id:Pulin:20110518140504j:image


シンプルで画像の通りですが、添え物のペペロンチーノはニンニクが効いていて気に入ってます。


西友の298円弁当試食記まとめ

純正調と平均律

西洋音楽の純正調とは、和音がきれいに響く音階で、和音は音同士が単純な整数比であるほどきれいに響くことに基づく。しかし純正調では、ある調ではきれいな和音になる音階でも、別の調に移る時ただ平行移動的に音階を移動するだけでは音同士の整数比例関係が崩れて和音が狂うので、ピアノやフレットのある弦楽器などのような音が全て固定されている楽器には向かない。

そこで、どの音からはじめてもオクターブ間の12音の高さの関係が常に2^(n/12)、(nは始めの音からの順番)、になるように調節した音階平均律である。平均律では音の関係がきれいな整数比にはならないが、かなり近い近似になる。

下の表はC(ド)から1オクターブ高いCまでの12音の関係(小数点以下3桁)。


音 音の順番(n) 純正調での倍数関係 純正調の倍数の値 平均律での値(2^(n/12))
C01/11.0001.000
C#118/171.0591.059
D29/81.1251.122
D#36/51.2001.189
E45/41.2501.260
F54/31.3331.335
F#67/51.4001.414
G73/21.5001.498
G#88/51.6001.587
A95/31.6671.682
A#107/41.7501.782
B1115/81.8751.888
C122/12.0002.000


この数値は音の高さ(周波数)の比例関係だから、波長(弦の長さなど)はこの逆数で、弦の長さが半分になれば音の高さは倍、2/3になれば5度高い音、のようになる。


和音も単純な正弦波の重ね合わせなら、きっちり比例関係になっている方が響きは純粋で良いのかもしれないが、実際の楽器音にせよ、もっと複雑な波形の構造をしているから、微妙にずれていても、かえって深みのある音になるのかもしれない。DTMをやっていると、シンセで音を作る時に2つオシレーターを使う時、音のピッチをわずかにずらしておくと厚みのある音になる。

2011-05-17

ジェームス・ブラウンの「Mother Popcorn」と「You Got To Have A Mother For Me」が同じ曲であること

ジェームス・ブラウンのヒット曲「マザー・ポップコーン」(1969年)は、入り組んでカクカクした感じのリズムが面白いファンクです。

ところで、ジェームス・ブラウンの1970年前後の未発表音源を集めたコンピレーション盤『マザーロード』に収録されている「ユー・ゴット・トゥ・ハヴ・ア・マザー・フォー・ミー」という曲は「マザー・ポップコーン」と実質的に同じ曲です。歌詞がほとんど同じで曲構成もよく似ています。「You got to have a mother for me」は「マザー・ポップコーン」の歌詞の一節に出てくるフレーズでもあります。「ユー・ゴット・トゥ・ハヴ・ア・マザー・フォー・ミー」の歌詞に「ポップコーン!」という掛け声を加えると「マザー・ポップコーン」になります。

「ユー・ゴット・トゥ・ハヴ・ア・マザー・フォー・ミー」はリズムがガンガン押してくる曲なので非常に性急な感じがしますが、テンポ(BPM)は118前後で、「マザー・ポップコーン」のテンポ117前後と、ほとんど同じです。後者は入り組んでいても隙間を感じさせるリズムなので前者に比べもっとゆったりした感じになって聞こえます。

「録音データ」では、「マザー・ポップコーン」が1969年5月3日、「ユー・ゴット・トゥ・ハヴ・ア・マザー・フォー・ミー」が1969年1月13日となっていて、後者の方が数か月早いのですが、これをリリースしないで前者に作り替えたのは、曲調があまりにも性急でテンションが高過ぎる(聞きようによってはかなりやかましい)からもっとゆるさを感じさせた方がいいという判断があったのかもしれません。

ちなみに、ポップコーンというのは当時流行っていたダンスのスタイルの一種です。

「ユー・ゴット・トゥ・ハヴ・ア・マザー・フォー・ミー」は歌詞やボーカルを差し替えてJBの相棒であるボビー・バードの“I NEED HELP (I CAN’T DO IT ALONE)”という曲になりました。


Motherlode

Motherlode


20 All Time Greatest Hits

20 All Time Greatest Hits

「マザー・ポップコーン」はジェームス・ブラウンのいろいろなベスト盤にたいてい収録されています。これにも。



James Brown - Mother Popcorn Part 1

D


James Brown - You Got To Have A Mother For Me

D

2011-05-16

駅のエスカレーターは不要であること

今、節電のため、都内の駅のエスカレーターが停められていたりします。

特に、既存の階段の片側にエスカレーターを作った形式のは、その分階段が狭くなっているところに人が集中するから混雑して大変です。

停めているエスカレーターの部分を歩いて登ればどうか? と思っても止ったエスカレーターは立ち入り禁止になっています。

実際、止ったエスカレーターを歩いて上ったら分るように、エスカレーターの蹴上げ(段)・踏み面(奥行き)の寸法形状は人間が歩いて上るのには全く適していなくて非常に上りづらいから(エスカレーターとしてはそれがよい寸法でも)、そこを上り下りさせたら転ぶ人が続出する(大怪我にもつながる)ことは目に見えていて、立ち入り禁止にするのも仕方ないのでしょう。

こうなると、止ったら階段としても使えないそんなエスカレーターはただ階段を狭くした効果しかなく、もともと作る意義はなかったのではないか、と思ったりします。

バリアフリーの観点から駅のエレベーターは必要でも、エスカレーターはなくてもいいでしょう。

階段を狭くしているエスカレーターはむしろ撤去し階段に戻すことが必要でしょう。

動く階段であるエスカレーターが動かなかったら階段にもならないとは実に皮肉です。


(追記)

エスカレーターは動くものという先入観があるから止ったエスカレーターは歩きづらいとする説もありますが、動いているエスカレーターならそれほど違和感なく歩けたりもするわけですが、止ったエスカレーターの寸法がやはり人間が動くのには適していないのだと思います。

今日のお食事 タイ料理

タイ料理バイキングに行きました。国立のタイ料理店バーンキラオです。

f:id:Pulin:20110516044333j:image:h600


タイ料理店ですがゴーヤチャンプルー、筍の炒め物、豆腐サラダ、フォー、炒飯(インディカ米)、トムヤンクンスープ、など。他に何品かありましたが、まずこれを食べました。


デザートのタピオカココナッツミルク

f:id:Pulin:20110516044650j:image

2011-05-15

今日のお食事 つけ麺

国分寺北口の店(店名失念)でつけ麺。つけ汁は魚の味がしました。


f:id:Pulin:20110515050945j:image


以前、国分寺北口の中古レコード屋に大きな猫がいて、店内を歩き回ったりしていたのを思い出したので、今回、猫を見にいくつもりで訪れたらレコード屋は移転していたので、途中のラーメン屋でつけ麺を食べてきました。

レコード屋は同じく国分寺北口の離れた場所に移っているようなので、猫がどうなったか分りませんが、機会があったらまた行こうと思います。


(追記)

このレコード屋(珍屋)さんの猫は別のお店に引き取られたようです。

@mezurashiya

珍屋 レコード

珍屋にいた猫のプチは今、国分寺南口の花屋パルテールさん(以前、北口一号店の隣にあった花屋さんです)のアトリエにいますよ。と言うわけでパルテールさんもよろしくお願いします。 http://yfrog.com/h2ekjmzj

http://twitter.com/#!/mezurashiya/status/67098071129006080

2011-05-14

色がかわいい小型シンセサイザー

Alesis Micron

37-Key Analog Modeling Synthesizer

Micronは、ウェーブ・シンク機能を持った連続可変ウェーブ・シェイプとFMシンセシスを音源とし、フィルタ・セクションには、複数のウェーブ・シェイプで変調をかけることが可能な2基のLFOとサンプル&ホールドを備えており、フィルタ・タイプは16種類あります。Micronは、各ボイス3オシレータの8ボイス・ポリフォニックで、4パートのマルチ・ティンバを構成しています。更なる機能としては、強力なモジュレーションマトリックス、プログラマブル・ステップ・シーケンサ、アルペジエータ、ドラム・キット用のステップ・シーケンサ、ダイナミック・リアルタイム・フレーズ・シーケンサを搭載しており、これらはすべてMIDIクロックに同期することができます。

エフェクト・セクションには、ポリフォニック・ボイスに影響を与えない40バンドのボコーダや4種類のドライブ・エフェクト、そしてリバーブ等のステレオ・バス・エフェクトを搭載しています。Micronには、アサイン可能なリアル・タイム・コントローラとして、3個のノブと2個のモジュレーション・スライダ、そしてピッチ・ホイールを装備しています。

http://www.alesis.jp/products/micron/


というもの。

シンセサイザーらしからぬかわいい色合い。

赤の他、青のバージョンも出ていました。

楽器店でときどき見かけることもありましたが生産完了になったようです。もう店頭在庫だけなのでしょう。

見た目に似合わず重厚な音が出ます。

今の機械は、どれも性能はもう充分なぐらい進歩したから、こんな見た目のもかえって面白いです。


f:id:Pulin:20110514080104j:image


f:id:Pulin:20110514080103j:image



(追記)

このAlesisAkaiに技術提携して作られたMicron改良版ともいえるのが、Akai Miniak (http://www.akai-pro.jp/miniak.php) のようです。これ↓。

f:id:Pulin:20110516175822j:image

しかし、操作性とか抜きにして考えれば、オリジナルのMicronのほうが絶対に楽しいデザインだと思います。Akai製の方はごくありきたりなデザインに見えます。

2011-05-13

信仰の問題

宗教的信仰なら、自分は仏教を信仰しているはずだった。

しかし、お前の信じているそれは仏教ではない、お前が間違ったことを教わったか勝手に解釈しているだけだ、として、また違う考えを教えられたらどうなるだろうか? そして、それが複数あり、それぞれ異なっていたら。

Aをするのが仏教だとの教えに従って実践していたらAをしないのが仏教だと言われたら?

信仰に関しては常にこの問題がつきまとってくる。

そこで、仏教を信じているのではなくAの実践を善いと思って行っている、と考えることもできる。これも仏教である、と主張することもできる。

宗教でいくつも宗派が分かれていくのも、このようなことから起きているのだろう。

2011-05-12

「人為を排したありのままの自然を尊ぶ」「現代型アニミズム」についての考察

宗教的に存在してきた終末や滅びの観念(最後の審判とか末法、諸行無常)を乗り越えて、科学技術が人類の永久繁栄を約束するはずだったが、どうも期待通りではないらしいことが、20世紀の終わり頃までに明らかになってきた。そこで既存宗教でも科学でもない繁栄の原理として現れたのが、「人為を排したありのままの自然を尊ぶ」、という、宗教というなら原始宗教と通ずるアニミズムだった。

「ありのまま」は日本人に好まれる観念でもある。よく「ありのままの自分(あなた)が好き」と言ったり、日本仏教の中心になった本覚思想も「ありのままで仏である」という考え方である。

(本覚思想については、平安時代頃から高貴な人の出家が相次ぎ、高貴な人は出家したからといって小僧から修行させるわけにもいかず、それなりに遇さねばならず、そこで「修行しなくても本来仏」のような考えが必要になった実際的な理由もあったのではないかと、私は邪推している。)

食べ物について、手を加えない、自然を損なわない形のものが一番おいしいという考え方も、その現代的アニミズムに関係がある。

今問題になっている生肉の食中毒の件も、ありのままの生肉は最高に旨い食材だが、さばいてすぐ食べるのではなく流通過程の余計な手が加わるから食中毒菌が付着していけない、と考えれば、自然志向と辻褄が合う。肉は焼いて食べないとよくないんじゃないの? と聞かれた時には。

以前、子供が喉に詰まらせる事故が起きて蒟蒻ゼリーがひどく叩かれたのは、それがきわめて人為的加工食品のイメージが強いからだろう。それに比べて同じく喉に詰まる食べ物でも餅は自然のイメージだし、食中毒が起きても肉自体は自然の食べ物と認識される。ブロイラー肉は自然度が下がるから好かれない。

人為を排した自然を尊ぶのは、刑罰で過失よりも故意の方が重い罪で、殺意があったか無いかが裁判で争われて、結果が同じでも人為(意図)の介入をより重くみるのとも通じているのだろう。

「人為を排したありのままの自然を尊ぶ」志向を経済システムに適用するのが、自由主義・新自由主義の、政府の干渉を排し放任しておいても市場がひとりでにうまくやるという思想になる。

「人為を排した自然を尊ぶ」「現代型アニミズム」の根底にある考えをものすごく粗っぽく表せば、人間=悪または不完全、自然=ありのままに体現されている善または模範、となる。


(続く)



(補足として)


「人為を排したありのままの自然を尊ぶ」志向「現代型アニミズム」に関して自分自身がどうなのかはっきり分らないでいる。


炊いて食べることが前提の米も非自然的食品では? と考えると屁理屈っぽくなるが、それも貯蔵という加工過程の代償にそうせざるをえなくなったと解釈できる。


ここで、「人為を排したありのままの自然を尊ぶ」と回りくどい表現をしているが、よく言われる「自然との共生」も同じである。


ここで言う「自然」とは「特に人間以外の森羅万象・環境」的な意味と「自ずとそうなる状態」の両義である。


自然の中に道徳の答えもあると、即物的に強引にもっていくと、「水からの伝言」のような話になる。


動物の生活(子育て、雄と雌の関係、動物社会の仕組み、食生活など)に人間生活の模範を見出そうとするのも、「人為を排したありのままの自然を尊ぶ」「現代型アニミズム」の即物的な形である。


これは自然主義的誤謬(自然は正しいのだから道徳の範とすべきだとする考え)という論理的誤謬の一つである。自然主義的誤謬は自然でないものは悪であり不道徳であるとする考えにも結びつく。


「人為を排したありのままの自然」も多分にフィクションであるが、フィクションと気付いていながら後生大事にする姿勢とも言える。

2011-05-11

今日のお菓子 アイス 

さっぱりしたものが欲しくなってアイスを食べた。

f:id:Pulin:20110511093753j:image

今日の食べ物 レトルトカレー

レトルトカレーは多くが100円〜200円台で300円を超すと高い印象ですが、400円台のこのカレーを買ってみました。

MCC「鳥肌の立つカレー」です。


f:id:Pulin:20110511092155j:image:h400


f:id:Pulin:20110511094032j:image

さらっとしたスープ状のカレーで、具は鶏肉二切れと値段にしては少なめです。カレーの味は意外とあっさりしていて、レトルトカレーにしては辛さは強く感じました。

この値段でも常に食べたいと思わせるほどすごく美味しいわけでもなくやはりレトルトカレーの一種だと思いました。

2011-05-10

米軍府中基地跡2011年5月の現状

米軍府中基地跡は2011年5月になってもまだ廃墟状態が残っていました。今年中にはここの再開発が始まるとの話もあります。

ここは植物が繁る季節に来ると草木に埋もれたようになって内部の建物もよく分からなくなるほどです。


森の中にあるのはこれ(→)と同じ建物です。

f:id:Pulin:20110510094944j:image



この建物も蔦に覆われています。(冬の状態→

f:id:Pulin:20110510095726j:image



パラボラアンテナ

f:id:Pulin:20110510111044j:image

f:id:Pulin:20110510100114j:image


鉄塔パラボラアンテナ。給水塔のようなものの上部も見える。

f:id:Pulin:20110510100338j:image


パラボラアンテナの裏側。

f:id:Pulin:20110510125225j:image


この基地跡で今でも使われているのはパラボラアンテナではなくこの鉄塔だそうです。

府中通信施設(Wikipedia)参照。

f:id:Pulin:20110510100635j:image



このパラボラアンテナ鉄塔は、中央線に乗ると武蔵小金井国分寺間を通る時に小さく見ることができます。



おまけに、ここの側で見たツツジの花。横に古い外燈のようなものがあります。

いかにもデジタルっぽい画像です。

f:id:Pulin:20110510101558j:image:h600

西友の298円弁当 その24 鶏大根煮と鶏五目御飯弁当

最近、西友の298円弁当が刷新されて三種類位の新種が出ていたのをみつけ、まず「鶏大根煮と鶏五目御飯弁当」を買ってみました。

内容は、


鶏肉二切れ

大根二切れ

人参二切れ

椎茸

を煮て餡をかけたもの

玉子焼き

きんぴらごぼう

漬け物

鶏五目ご飯


でした。

総カロリーは461kcalと表示。揚物や炒めものがないのでカロリーは低めのようです。

味付けはさっぱりしていて五目ご飯も薄味です。

椎茸には輪切り唐辛子がまぶしてあってこれはかなり辛いので注意。

内容としても軽い一食にはいいでしょう。


f:id:Pulin:20110510061210j:image



西友の298円弁当試食記まとめ

2011-05-09

今日のお菓子 黒糖蒸しパン

黒糖蒸しパン。蒸しパンの素朴な味わい。これには漉し餡がはさんであるけど無い方がすっきりしてよかったかも。


f:id:Pulin:20110509043857j:image:w450

2011-05-08

今日の食べ物 レトルトカレー

MCCトプカインドムルギカリーというレトルトカレー。

スープ状のさらっとしたカレーで、野菜などの具が多め。


f:id:Pulin:20110508074447j:image:h400


f:id:Pulin:20110508074448j:image

2011-05-07

国立の大学通りの空き家?

国立の大学通りの洋菓子店「レ・アントルメ」の近くに少し不思議な家がありました。人が住んでいる様子はないし、しかし廃墟でもなく整然と管理されているようでもあります。新しい雰囲気でもなく作りは古そうです。何でしょうか?


f:id:Pulin:20110507093040j:image


(追記)

半年近くたって、2011年10月すぎに見たらまだ存在していました。

f:id:Pulin:20111111162216j:image

2011-05-06

初期ヒップホップのオムニバスCD

先日ヒップホップに触れたがヒップホップについて自分は実際のところよくわからない。中古屋で見つけて買ったこのCDなどは参考になるかな。ヒップホップの初期の頃の曲を集めたオムニバス盤


Classic Hip Hop M/Cuts V.1

Classic Hip Hop M/Cuts V.1

Classic Hip Hop M/Cuts V.1


収録曲


1. My Philosophy / BDP


2. It's My Beat / Sweet Tee & Jazzy Joyce


3. Strictry Buisiness / EPMD


4. Peter Piper / Run DMC


5. Strong Island / J.V.C.F.O.R.C.E.


6. Eric B President / Eric B & Rakim


7. Have A Nice Day / Roxanne Shante


8. Serious / Steady B


9. Jimbrowski / Jungle Brothers


10. Description Of A Fool / A Tribe Callede Quest


11. Talkin' All That Jazz / Stetsasonic


12. King Of The Beats / Mantronix

2011-05-05

2011-05-04

今日のお菓子 麦チョコ

コーヒー請けに麦チョコ。今朝はコーヒーだけど最近はまた紅茶も飲んでいる。

f:id:Pulin:20110504135828j:image

2011-05-03

MacBook Pro のファンが急に激しく動きだしたらしく

大きな音を立てたので何事かと思って「アクティビティモニタ」で調べるとCPU使用率が急上昇していてその少し前に使ったExcel(2004)が正常に終了していず無反応状態になっていたからこれを強制終了させるとCPU使用率は一気に減りファンの音も収まった。このExcelは古いPowerPCアプリのせいかIntelMacの最近のOSではうまく終了しないことが時々ある。

ディスクユニオン立川店

国立駅前から移転したディスクユニオン立川店を覗いてみたらビルの二階で面積が旧国立店の半分程度になり棚もかなりきつきつに置かれている印象だった。

CDは旧国立駅前店のボリュームを何とか維持しようと努めていたようだがアナログが顕著に減っていた。


ディスクユニオン立川店

http://diskunion.net/shop/ct/tachikawa


ディスクユニオン立川店は立川駅北口さくら水産のあるビルの二階へ上がっていく。

(追記 このさくら水産は2012年夏ごろ撤退し、現在はガストになっている)

f:id:Pulin:20110509235900j:image


ディスクユニオン立川店店舗入り口。

f:id:Pulin:20110510000259j:image



せっかくだから、ジャケ買いで絶対外れそうなものを買おうと思って400円で買ってきたのがこれだ。

Thank You for Giving Me Your Valuable Time

Thank You for Giving Me Your Valuable Time


「黄金色の蓄音機が奏でるロックン・ロール、リズム&ブルース、ソウル・ミュージック、シネマ・スコア…。忘れようとしても思い出せない。聴いてもいないのに懐かしい。ノルウェーの若き才人、カーダの世界へようこそ。」

と帯のコピーは面白そうにみえる。聞いてみるとまさにその通りのいろいろな音楽素材をコラージュ的に繋ぎ合わせてビートを被せた不可思議な音楽。特につまらなくはないのだけれど、これは2003年の作品で、今のソフトや機材なら自分でも作れそうかな、と思ってしまうから意外性があまりなかった。外れを買いたかった点では間違っていなかった。


(追記)

懐かしのナンバーをズタズタに切り刻んで繋ぎあわせノイズを被せるという方法はレジデンツが『サード・ライヒンロール』(1976年)ですでに試みている。レジデンツの場合、ポピュラー音楽・商業音楽をファシズムの母胎として告発するテーマだったが、カーダの盤はそのような批判性は希薄である。

ザ・サード・ライヒンロール(紙ジャケット仕様)

ザ・サード・ライヒンロール(紙ジャケット仕様)

2011-05-02

ブログデザイン変更

初夏にふさわしくブログの色を暖色から寒色に変えてみた。(はてなダイアリーの「Cock-blue」というテンプレ使用)

2011-05-01

今日の食べ物 お寿司

スーパーのお寿司を買ってきて食べた。


f:id:Pulin:20110501130252j:image