Hatena::ブログ(Diary)

御光堂世界〜Pulinの日記

2011-06-30

国立の店8

国立南口旭通りの横道に、手作りソーセージの店「ノイフランク」があり、各種ソーセージやハム、薫製の販売の他、小規模なレストランも併設されているので、先日、ソーセージスライス盛り合わせを食べて黒ビールを飲んできました。

f:id:Pulin:20110630113059j:image


f:id:Pulin:20110630111024j:image



ノイフランクのサイト

西友の298円弁当 その28 たけのこ御飯とうま煮弁当

西友の298円弁当の最近出た、たけのこ御飯とうま煮弁当を食べてみました。


内容は、


うま煮

(人参、里芋、こんにゃく、鶏肉、椎茸、たけのこ、れんこん、ごぼう、さやいんげん)

玉子焼き

きんぴらごぼう

漬け物

たけのこご飯


で、総カロリーは428kcalと表示、揚物や炒め物がないから少なめです。

味付けは、うま煮は味が濃くて塩気も強く感じました。もう少しあっさりしていても良かったかな。

たけのこご飯は薄味でちょうどいいです。

298円のお弁当なのであまり多くを求めずに割り切って食べればいいです。

f:id:Pulin:20110630102524j:image


西友の298円弁当試食記まとめ

2011-06-29

ゴキブリが出はじめた

去年一昨年はほとんどゴキブリを見かけなかったのに、この夏は暑いせいかすでにゴキブリがちょこちょこ現れはじめている。

硼酸のゴキブリ駆除剤が効くので家の中の何箇所かに設置した。数年前これで駆除してからゴキブリが減ったのである。

もっぱらチャバネゴキブリが出る。この家ではクロゴキブリは滅多に見ない。


(追記)

硼酸のゴキブリ駆除剤の効き目がいまいち(効き目が現れるよりもゴキブリが増える方が早い?)なので古典的なゴキブリホイホイを設置してみたら面白いように捕れる。これでゴキブリが室内にちょこちょこ出てくることはほとんどなくなったけど、ホイホイに小さいチャバネゴキブリがうじゃうじゃ捕まってモゾモゾしてるのを見る「虫さん可哀想」みたいな気分に。

だが、ゴキブリホイホイに捕まったゴキブリは自然に死ぬと放置しておいたら、死ぬ前に卵(卵鞘)を産んでしまい細かい赤ちゃんゴキブリがそこからポロポロこぼれてきたりするので、捕まったのはこまめに殺虫剤のピンポイント噴射で仕留める。

(追記)

普通の殺虫剤だと卵には効き目がないかもしれない。凍結式の殺虫剤で母体ごと凍らせるのはどうだろう。

暑くなってMacBook Proのファンが常時回転中

今日のようなとりわけ暑い日だとMacBook Proのファンがすぐ激しく回りはじめる。左上のあたりがかなり熱くなっている。

4月に導入したころはファンが回ることも滅多になく熱くなることもなかった。

フィクション作品では未来はディストピアとして描かれることが圧倒的に多い

フィクション作品(SF小説・漫画・映画・アニメなど)で未来が描かれる時、ディストピアとして描かれることが圧倒的に多い。核戦争環境破壊で人類は滅亡の淵にいるか、荒廃の中で暴力支配のもとに置かれているか、文明が退化して細々と生きているか、あるいは宇宙戦争に巻き込まれているかの状態で、未来において人間が平和で豊かで極楽のような世界に暮らしているような物語はまずない。一見ユートピアのような世界が出てきても超管理社会だったりする。なぜだろうか。

一つには、極楽のような世界をひたすら描写しても面白くないし、新興宗教でも布教されているような感じだし、悲劇的状況の方が書きごたえ読みごたえがあるのも確かだろう。単なるユートピアよりもディストピアの方がずっと物語性がある。ディストピアを描くことが文明批評や現代社会への警鐘にもなる。

陰謀論的深読みをすれば、人類はいずれ滅亡する運命だ(あるいは未来は悲惨だ)とフィクションで「教育」しておけば、実際に破滅的状況(悲惨な状況)に直面しても受け入れる心の準備ができているような効果を狙って、私利のためなら人類滅亡をも厭わない「闇の勢力」によってディストピアものがメディアを通じて普及させられてきたのだ、なんて考えることもできる。

ユートピアディストピアの系譜については、さらに考察して加筆したい。

2011-06-28

今日のお食事 つけ麺

新宿東口の「大勝軒まるいち」で辛つけ麺。

辛さが三段階から選べるので一番辛いのを頼みました。

それでも辛いのが好きなら充分にいける程度の辛さでした。つけ汁の出汁は魚の味がして甘さも強いです。

太麺だし盛りが良かったので、小腹が空いたからラーメンでも食べようと思ったのがしっかりお腹いっぱいになりました。

f:id:Pulin:20110628145648j:image

2011-06-27

才能があらかじめ診断できるのならそれにこしたことはないが現段階ではあまり確実ではないのが実際のところだろう

子の才能わかる?遺伝子検査つき本 専門家は否定的


2011年6月27日3時4分


 病気予防や肥満対策が主流だった遺伝子検査ビジネスの世界に、「才能や感性がわかる」という触れ込みの「新手」が登場している。専門家は検査結果を簡単に能力に結びつけることに否定的だが、子供を持つ親を中心に利用されている。

 宝島社は5月、ムック本「潜在能力がわかる!遺伝子検査」(1600円)を発売した。表紙で「あなたと、あなたの子供の『隠れた才能』がわかる」とうたう。

 付録として同封された綿棒で口内の粘膜をこすりとり、中国の政府機関が出資する会社で検査する。特定の遺伝子がそれぞれ「色彩感覚」「チャレンジ精神」など15項目に関係するとし、検査を元に「優秀」「良好」「一般」「不利」の4段階評価した結果が約2カ月で届く。料金は1項目なら1050円または2100円だ。

 初版2万部。これまでの被験者の半数以上が10歳以下。調べた項目は「頭の回転の速さ」など学習能力が6割以上で、「社交性」など性格関係の分野が続く。宝島社の編集者は「性格や潜在能力を知る一つの尺度になる。遺伝子という時代の流れをとらえ、社会に示したかった」と話す。

 だが慶応大の安藤寿康教授(行動遺伝学)は「2万以上ある中の一つの遺伝子の働きは、いわばオーケストラの中の1人の演奏。一つで説明できるのは能力のごく一部にすぎない」と検査の意義を疑問視する。

 藤田保健衛生大の宮川剛教授(行動神経科学)は「血液型占いは科学的でないという合意があるので、批判されない。遺伝子検査は科学だが、検査結果を能力に結びつける解釈は『占い』に近い。そのために反発が起きる」と話している。

 一方、近い将来、自分の遺伝子を調べるのは当たり前のことになるとみる。「これを機に今から遺伝子との付き合い方を考えるのもいい」

 同じ中国の会社と提携し検査と育児相談を始めると昨年発表した都内の会社は3日後、中止を決めた。ネット上で「子供の選択を狭める」など批判が相次いだからだ。日本人類遺伝学会も昨年、医療機関を通さない検査の弊害を指摘した。

(高重治香)

朝日新聞


私が以前にも思ったように(→ ここここ)、自分の能力や適性があらかじめ分れば、芽が出ない種に一生懸命水や肥料を与える徒労(伸びる見込みのない才能を伸ばす努力をする徒労)をしなくても済む(やらされなくても済む)ので、それにこしたことはないが、この記事の専門家の指摘のように、人間の才能・能力・性格・適性などは遺伝子をちょっと調べてすぐ結果が出せるほど簡単には分らないのが現状だろう。

いまのところ、人生には、さんざんやった末、はじめてできない・才能がないと分る徒労はどうしても避けられない部分がある。

将来的にもっと研究が進めば、確度の高い検査法も現れてくるだろう。

才能を存分に発揮して業績を残すのも人生だし、一生かかって自分には成果を残せる才能は何もなく人生全てが無駄だったという真理に到達するのも仙人の境地のようで悪くないが、しかし?

2011-06-26

西友298円弁当 その27 幕の内弁当

西友の298円弁当の幕の内弁当を買ってみました。幕の内弁当は前にもありましたがこれは2011年バージョンです。


内容は、


小振りなコロッケ

ミニ竹輪磯部揚げ

鮭塩焼き

玉子焼き

こんにゃく

人参

漬け物

ご飯


で、総カロリーは615kcalと表示。

西友で売っているお総菜の寄せ合わせみたいな感じですね。幕の内弁当というには少し寂しいですが、298円のお弁当だと思えば、これで充分でしょう。

鮭が少ししょっぱかったです。たまたまかな。

f:id:Pulin:20110626112027j:image



西友の298円弁当試食記まとめ

台北の古いビル

先日の続き、台湾台北の大稲呈地区の古いビル。

この建物は西洋風のバロックな作りが凝っています。

f:id:Pulin:20110719110028j:image



これも付け柱やエンブレムがあったりして良い味が出たビルです。古び方もいいですが現在は化粧直しされているようです。

f:id:Pulin:20110719110957j:image:h600



このビルも装飾が凝っています。

f:id:Pulin:20110719110027j:image



写真は1990年代の撮影ですが、これらのビルは現存しているようです。

遊び半分にHDR化して載せています。

2011-06-25

台湾の古い町家

先日の続き、台北の大稲呈地区の亭仔脚(アーケード)。内側の様子。

f:id:Pulin:20110625072808j:image



大稲呈地区。三階建て程度の古いビルもあったりします。

f:id:Pulin:20110625073509j:image

2011-06-24

暑い時にはゴーヤチャンプルー

暑い時に元気を付ける食べ物はやっぱりゴーヤチャンプルー

今回はポークランチョンミートを使ってみました。

1.ランチョンミートの小片を両面軽く炒め焼きして取り置く

2.輪切りにしたゴーヤをさっと炒めて取り置く

3.ランチョンミートを再び加熱したフライパンに入れて熱したところに2のゴーヤを入れてさっと炒め

4.あらかじめ重しをして水気を切っておいた豆腐を千切って入れる

5.強火で手際よく炒めて

6.最後に溶き玉子をかけてまぜて出来上がり

味付けは、塩、味の素、最後に火をとめたら醤油数滴、好みで胡麻油も数滴。

お皿に盛って食べる直前に削り節を振りかける。

ゴーヤチャンプルーのポイントは、

ゴーヤはワタを充分取り除き薄く切る、好みもありますがワタが残っていたり切り方が厚いと苦味が強く残ります。

・炒めすぎない。ゴーヤの色が変わらない程度がいいです。歯ごたえもシャキシャキします。

・水っぽくならないようにする。だから豆腐は入れる前に充分水気を抜いておきます。

f:id:Pulin:20110624133753j:image


今回は気分でスパイスとして青唐辛子も入れてみました。

暑くて体温調節がヤバイ!

暑さで体温調節がうまくいかなくなってきたのか、暑さと同時に妙な寒気も感じる嫌な状態になってきた。そして、頭痛もするしひどく胸が苦しい。

充分に眠れてもいない。

台湾の古い町家

台湾台北西部の大稲呈(呈は正しくは土偏に呈)地区の古い家。

日本の「看板建築」に似ていますが、台湾の建物は通りに面した部分にはアーケードが作り出されていて、そこが日差しやスコールを避ける歩道になるし、住宅用途であっても一階には店が開けるように作ってあることが多いです。

f:id:Pulin:20120327084905j:image


このようなアーケードのことを「亭仔脚」と呼びます。

f:id:Pulin:20110810080921j:image


赤煉瓦造りの古い家がだいぶ傷んでいる様子。

f:id:Pulin:20110625064409j:image


大稲呈地区は台北の街ができた頃の中心部で古い街並みが多く残っていました。


1990年代撮影。

2011-06-23

今日のお食事 つけ麺

国立北口の「さんさん」で辛つけそば。

このお店の特徴は麺に蕎麦粉が練り込んであってラーメンなのにお蕎麦のような風味と食感があることです。玉子麺という普通のタイプの麺も選べます。

今回は辛いつけ麺を食べてみました。かなり辛みが利いたつけ汁でした。この場合、蕎麦風の麺よりもあえて普通の麺を選んだ方がもっと引き立つかな、と思いました。蕎麦タイプの麺ならあっさりした醤油味スープが合いそうです。

f:id:Pulin:20110623061900j:image



食べたのは別の日ですが、同じ国立で、辛いつけ麺だから、あわせて載せます。

国立南口の「楽まる」で辛つけ麺。見た目ほどは辛くなく、甘みや酸味の方を強く感じるつけ汁でした。

f:id:Pulin:20110623091252j:image

2011-06-21

今日のお食事 ラーメン

立川南口の「とんがら亭」で店名のとんがらラーメン。

「ホープ軒」などと似たタイプのトンコツ醤油スープに揚げニンニクやバターやコーンが乗っています。とんがらとは辛い意味ではないです。薬味としてテーブルに一味唐辛子が置いてあるので好みで辛くもできます。

f:id:Pulin:20110621115956j:image



(追記)

この店は2015年の1月で閉店したそうです。

すぐ近くの予備校(代ゼミ)が閉校することになり主な客層だった予備校生を失ったことが影響しているのでしょう。

2011-06-20

「記号的な中国人」の日本語「〜ある」の起源は九州方言だろう

記号的・漫画的に中国人の日本語をあらわすのに「〜ある」というしゃべり方にされるのは、九州弁が起源で、つまり、昔は長崎に唐人として中国人が多く住んでいたから、彼らも日本語は長崎弁をしゃべるようになり、そこから、後になっても、九州方言にみられる「連用形+ある」の話法が「〜ある」となって、記号的に中国人を表すしゃべり方とされるようになっていったのであろう。

他所の人間からみると「〜ある」というのは何となく九州弁的な喋り方の印象なのである。

(追記)

これは裏付けがない仮説である。「連用形+あり」は九州弁というより古語の用法になる。

東京の古いビル

国会議事堂のようなあまりにも有名なものはかえって写真に撮ろうなんて気も起きなくて、撮ったことがあったかな? と探したら一枚だけありました。いつ撮ったのかはもう憶えていません。

建設に17年かけて昭和11年に完成した建物です。何様式とも言えない不思議な折衷式の建物です。

f:id:Pulin:20110620080255j:image

2011-06-19

手塚治虫の仏教観

手塚治虫には代表作『ブッダ』があるが、そこで描かれるブッダは、悟りきった超人聖人の釈尊というよりも仏陀になってからも最期まで悩み続ける普通の人間であるし、仏伝に出てくる人物やエピソードに相当な独自解釈が加えられている。また、晩年の作『火の鳥 太陽編』では、善神として日本土着の神々が描かれ仏教の「神々」はそれを脅かしに来た異国の邪神の扱いになっているから、手塚治虫は人間としてのブッダに関心はあっても宗教としての仏教は醒めた目で見ていたのだろうと思われる。

手塚治虫の思念に土着回帰があってその象徴として日本の神々が描かれたのかもしれない。

このテーマはもう少し考察して加筆予定。


ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)


火の鳥 10・太陽編 上

火の鳥 10・太陽編 上

2011-06-18

武蔵国分寺楼門

西国分寺の「山泉」でお蕎麦を食べたあと、南に向い武蔵国分寺の方まで行ってみました。

ここには江戸時代に建てられた楼門があります。

武蔵国分寺楼門HDR画像。

f:id:Pulin:20110719110420j:image

西国分寺でお蕎麦

先日、西国分寺の「山泉」でお蕎麦を食べました。ラーメン店熊祥の近くにある店です。ここにはもう一軒お蕎麦屋さんがあるのですが、そちらは閉まっていたので、今回は「山泉」で。

ごく普通の小さな蕎麦屋といった風情の店でした。ついでにビールも飲みました。肴としてきのこと大根おろしのあえもの。

f:id:Pulin:20110618130244j:image

2011-06-17

放火せずに音で燃やせ!

大学生連続放火「音楽性のなさにいらだち」


 閑静な高級住宅地として知られる東京都世田谷区上馬で、連続放火件事件が発生した。警視庁世田谷署は16日、火をつけた同区在住の私立大学1年の少年(19)を器物損壊容疑で逮捕。現場は半径50メートル内で15日午後11時すぎから約2時間で5件のボヤ騒ぎが発生した。少年は2件については認めており、同署では、ほか3件も関連性が深いとして捜査している。

 世田谷署などによると、少年の犯行動機は自分自身への失望だった。少年は、今年4月に入学した大学で音楽を専攻していたが、調べに「自分の音楽性のなさにいら立ちを感じていた」と供述しているという。事件を起こす前の15日夜に飲み会に参加。捜査関係者には「酔っぱらった勢いで火をつけてしまった。やってしまった」とも話しているという。未成年ながら飲酒の上、自分でたばこを吸うために所持していたライターで、火をつけたとしている。

 これまでの取り調べで、少年が認めているのは3件目の車の後部ワイパーに火をつけたことと、4件目の道路標識の支柱に貼られたチラシを燃やしたこと。しかし、5件目の放火の一部始終を見ていた住民が警戒のため巡回していた警察官を呼び止め、少年が入っていった家を教えたことから逮捕につながっている。

 さらに調べで、3件目の放火事件の直後、少年は自ら「車が燃えているようだ」と110番通報していたことも分かった。電話はすぐに切り、同署員が現場に駆けつけた際には、少年の姿はなかったという。捜査関係者は「なぜ、わざわざ自分で通報したのか。芸術家の考えることは分からんね」と話している。

 (2011年6月17日8時6分 日刊スポーツ)


どんな音楽をやっていたのか分りませんが、「火を付けたい!」という気持ちをぶつけるのも音楽ですから、クラシックをやっていたならロックやファンク方面に転向した方がよいかもしれません。どうしても火をつけたいなら、ステージで楽器とか燃やすパフォーマンスがありますよね。


Pファンクの1978年のライブ。この映像には映っていませんが、このツアーではステージで派手に炎を爆発させていたようです。

D

のらくろの出世の限界

戦前の人気漫画『のらくろ』は、主人公の「のらくろ(野良犬黒吉)」が、食うに困って軍隊(猛犬連隊)に入り、はじめは失敗して叱られてばかりして(営倉という軍隊内の牢屋にも入れられたりする)いたのが、次第に機転を利かせた活躍をして出世(昇進)していき、二等兵だったのが、下士官になり、士官学校に入り、将校になる、そして当時の日本の状況を反映し、のらくろの犬の国と隣国の豚の国の戦争の話になり、そこでものらくろは手柄を立てて大尉にまで昇進し、戦争が一段落ついたところでのらくろはあっさり軍隊を除隊し、大陸で鉱山開拓のような仕事をはじめる、ここまでで戦前にかかれた部分は終る。

作者(田河水泡)は、のらくろをもっと軍隊で活躍させる構想でいたが、軍隊を漫画化したことに当時の軍部は面白くなく、作者は当時の戦争を美化宣伝するようなストーリーも描いて軍部に迎合したが、やはり軍部は気に入らず、結局のらくろを除隊させ軍隊ものから冒険ものにテーマを変えたが、戦争が激しくなって描き続けられなくなったという。

無邪気な子供の読者は、のらくろがどんどん手柄を立ててこのまま大将・元帥にまで登り詰めることを期待したかもしれないが、現実の軍隊では正規のコースを通ったキャリア組でもない二等兵あがりがいくら手柄を立てようがそんな昇進ができるわけもなく、のらくろが大尉にまでなったのも異例の出世だから、軍部が不快に思ったのもそこかもしれないし、けっきょく軍隊ものとしての『のらくろ』はそこまでが限界だった。

草履取りが関白にまでなった秀吉の時代や足軽が大官になった明治初期とはもう違うのである。

軍隊も官僚組織だから、高級幹部になれる要員はあらかじめキャリア組として決っていて、現在の自衛隊でも兵隊クラスから幕僚長にまではなれない。


f:id:Pulin:20110617124520j:image:h300

のらくろ漫画大全 (スーパー文庫)

2011-06-16

西友の298円弁当 その26 厚揚豚みそ弁当

西友の298円弁当で書き忘れていたのがありました。

この春に新種として出ていた「厚揚豚みそ弁当」です。食べたのは一月ほど前でして現在売り場には見かけなくなっているので、書く時機を逸した感もありますが。


内容は、


味噌味の厚揚げ数切れ

豚肉数切れ

人参

ニンニクの芽

玉子焼き

ポテトサラダ

漬け物

ご飯


で、総カロリーは565kcalと表示。

味噌味のおかずは甘辛い味付けです。ご飯が進むからよいでしょう。

f:id:Pulin:20110616170354j:image



西友など、スーパーが298円弁当を売り出しはじめてから、コンビニでも追随し一時期300円以下の弁当が出ていたようですが、やはり、スーパーの298円弁当よりもサイズが小さかったり内容が乏しかったり見劣りしたので、今はコンビニの弁当は398円程度が多いですね。コンビニの弁当は若い人向けが多いので、多少高くてもボリュームを持たせたり肉類を多くしておく行き方にしたようです。それでも、数年前まで、コンビニの弁当も500円程度はしていたようなので、デフレの進行が分ります。


西友の298円弁当試食記まとめ

Googleの、画像で画像を検索するサービスを使ってみたら

Googleの新しい検索サービスの、画像で画像を検索する、をやってみた。

色と構図で判断するシステムらしくて、このブログに貼っている画像で検索したところ、街中のビルの画像で検索すると似たような風景の画像がヒットすることもあれば、風景とは全然違うただ何となくぱっと見の色と構図が似た印象のコラージュのような画像がヒットすることもあった。添えられている文字情報も判断材料にしている様子もある。

先日掲載した神戸ムスリムモスクの画像(→ 12 )で検索すると、あの建物の他の画像がヒットする。ちょっとやってみたところ、このブログの画像で場所まで同じものが出るのは国内風景ではあれだけだった。西洋の世界的に有名な名所のような風景だともう少しヒット率が高くなるようだ。レトルトカレーの箱の画像なら他の同じ画像も出る。

場所でも建物でも物体でも正体不明の画像でこれは何だろう? と検索して探すのは、それが余程メジャーなものでなければ、今のところ無理だろう。

GoogleのブラウザChromeで画像を表示させて画像をクリックしコンテクストメニューでカメラマークを選ぶか画像検索の入力欄に画像ファイルをドラッグして検索すると、すぐ結果が表示される。コンテクストメニューで行うには、ChromeにSearch by Image という拡張機能をインストールする必要がある。Chromeウェブストアで無料ダウンロードできる。

Googleの方針で人の顔での画像認識はしないそうだが、著名人の肖像で検索すると同じ人の画像がヒットする。顔自体を認識しないシステムはプライバシー的な配慮なのかもしれないがあまり意味がないようだ。

京都の古いビル

京都の街の中に異彩を放つ、赤煉瓦の洋館に東洋風のドームを載せたこの建物は、明治45年建築の西本願寺伝道院です。はじめ真宗信徒生命保険の社屋として建てられました。京都市下京区東中筋通

何だかちょっと威圧的で怖い雰囲気もありますね。

f:id:Pulin:20110616070050j:image:w424

f:id:Pulin:20110616070138j:image

f:id:Pulin:20110616070137j:image



おまけとして、一番目の画像をHDR化してみました。。。

f:id:Pulin:20110719111553j:image

2011-06-15

GoogleのChromeでこのブログの画像を見たら色が変わっていた!

Googleの新しい画像検索サービスSearch by Image (画像をもとに似た画像を検索する)を試してみようと、GoogleのブラウザーChromeを起動させてみたらそのサービスはまだ装備されていなかったが、えらいことに気がついてしまった。

自分のブログの画像を表示させると、色が変わって何か彩度の低くくすんだ画像として表示されてしまうものがけっこうあるのだ。困ったことである。普段使っているMacOSXのブラウザーSafariでは、画像は作った通りに表示されるから全く気付かないでいた。画像のカラープロファイルの設定が適切でなかったようだ。ここのところ載せている建物の画像はせっかくだからできるだけ意図した色合いで表示したいと思ったので、不適切な色合いのものは、これから修正して全面的に差し替えていくことにする。

Safari以外のブラウザーではFirefoxではChromeで色が変わって見える画像もSafariと同じに表示されるのだが?

また久しぶりに断食してみよう

なんだかじわじわと、2kgほど体重が増えているので、減量のため断食する。

この季節になると体重が増えやすいのだろうか?

東京の古いビル

新宿駅南口から甲州街道を西に下った交差点の角(渋谷区代々木2-8-5)の新宿南口ビル、昭和39年(1964年)築の四階建て雑居ビルです。高度成長期の頃のビルによく見られる簡素な作りです。

それでも、やはり、角地のビルには独特の存在感がありますね。広告で埋まっているのも味があります。

f:id:Pulin:20110918113054j:image


新宿南口ビル階段室。

f:id:Pulin:20110615175129j:image

2011-06-14

東京の古いビル

新宿駅南口から甲州街道を東に下った交差点の角(新宿区新宿3-32-10)の松井ビル、九階建ての雑居ビルで、古いビルでも昭和30年代後半〜40年前半ごろの建築ではないかと思っていましたが、ネットのオフィス物件情報などに1932年竣工としているものもあり、いくら何でもそこまで古くなかろうと疑っていたところ、昭和33年(1958年)に新宿ACBというジャズ喫茶がこのビルの地下に開業したという話を見つけて、ならば、少なくともその頃までには建っていたわけで、1932年竣工説もあるいはその通りなのかもしれません。この位の規模のビルになると戦後昭和20年代のまだ物資が乏しいころよりもむしろ戦前の方が建てられた可能性が高いと思われます。

ビルの内装にしても新しくなっていて、そこまで古い痕跡はよく分からないのですけれど。

あるいはまた、1932年ではなく昭和32年竣工ではないかとも思います。

ちなみに、新宿に現存する古い商業ビルだと、伊勢丹が昭和8年築、三越(2012年以降ビックロになっているビル)が昭和4年築、です。

f:id:Pulin:20110913150937j:image


余談として、昔のジャズ喫茶には、レコードをかけて音楽を聴かせる店の他、バンドが出演して演奏するライブハウスの形態の店もジャズ喫茶と呼んでいて、新宿ACBはライブハウスの方だったようです。ライブハウス型のジャズ喫茶に出るバンドもジャズだけでなくポピュラー音楽全般と幅広かったようです。


(追記)

松井ビルは上から見ると平面が台形に近い形をしていて、横道に入って裏側から見ると、三階建ての別のビルのように見えるこの部分も松井ビルの一部のようです。

これならあるいは昭和20年代末頃のビルでもおかしくないので、ひょっとしたら松井ビルの本来はこの部分だけであり、後に九階建てにまで増築されたのかもしれません。

f:id:Pulin:20110627200613j:image


この裏側の部分の入り口(裏口?)にも年季が入ったムードがあります。

f:id:Pulin:20110627201228j:image



(追記2)

昭和22年に撮影した航空写真でこの場所をみると、確かに松井ビルらしき形が写っているので、そうなるとやはり昭和7年建築である可能性が高いかもしれません。

goo地図」

http://map.goo.ne.jp/map.php?st=4


(追記3)

オフィス情報によっては1958年(昭和33年)竣工としているものもあり、それならば新宿ACBの開店とも合うので、つまり、昭和7年に建てられた古いビルが建て替えられたのかもしれません。

2011-06-13

京都の古いビル

京都電電ビル。

大正15年建築・昭和6年増築の3階建てビル。電電公社NTTの電話施設として使われてきましたが、2001年にリニューアルされコの字型平面と中庭を活かした複合商業施設「新風館」となりました。京都市中京区烏丸通姉小路

f:id:Pulin:20110616011333j:image

f:id:Pulin:20110616010815j:image

f:id:Pulin:20110616011153j:image


これらの写真は1990年代に撮った改装工事前の状態です。

今日のお食事 冷麺

日高屋の東北復興支援メニューの盛岡冷麺冷やし中華ではなく韓国冷麺に似たコリコリした食感の麺です。

f:id:Pulin:20110616011543j:image

2011-06-12

京都の古いビル

1928ビル。名前の通り1928年(昭和3年)に毎日新聞社京都支局として建てられた三階建てのビルで星形のアクセントやバルコニーが付けられているなど面白いデザインの建物です。毎日新聞京都支局が移転したあと1998年から多目的スペースとして使われる1928ビルとなりました。京都市中央区三条通

この写真はまだ毎日新聞社だった頃の状態で、現在の外壁は黄土色に塗り替えられています。

f:id:Pulin:20110722164538j:image



上の1928ビルから三条通りを少し西に行くと、赤煉瓦二階建てのダマシンカンパニーがあります。明治23年(1890年)築の商店建築です。

f:id:Pulin:20110722164733j:image

f:id:Pulin:20110722164732j:image



そこから三条通をさらに西に行くと、二階建ての小振りですがどっしりした京都萬年社ビルがありました。大正14年の建築。2008年にマンション建設により解体され現存していません。

f:id:Pulin:20110722164912j:image



これらの写真はいずれも1990年代に撮影。

2011-06-11

京都の古いビル

京都四条大橋のたもと(東岸)にある老舗西洋料理店の「レストラン菊水」は大正15年築の古い建物が今も現役です。RC造5階建てで上にアーチ状の塔屋の突起がある目立つビルです。

レストラン菊水公式サイト参照。


f:id:Pulin:20110722164400j:image



レストラン菊水と橋をはさんで対角線上(西岸)には、中華料理店「東華菜館」のこれもひときわ目立つ建物が建っています。「レストラン菊水」と同じく大正15年築のスパニッシュバロック様式とも言われる四階建ての堂々としたビル。塔も付いています。もとは西洋料理店で中華料理店が入ったのは昭和20年からとのこと。

東華菜館公式サイト参照。


f:id:Pulin:20110611082432j:image



写真はいずれも1990年代撮影のもの。

2011-06-10

今年もオタマジャクシが降ったらしい

石川で2年ぶり空からオタマジャクシ

 2009年に全国的な話題となった「空から降るオタマジャクシ」が8日朝、石川県加賀市で見つかった。南河武志さん(65)方の玄関前で約20匹が死んでいるのを、妻の早智子さん(65)が発見。玄関ポーチの屋根にも数匹落ちており、南河さんは「空から落ちてきたんじゃないですかね?」と話している。

 南河さんによると、8日午前6時頃、早智子さんが掃き掃除をしようと玄関先に出たところ、体長2センチ前後のオタマジャクシが干からびた状態で大量に落ちているのを発見した。最初はゴミかと思ったが、後ろ足が出ていたため同種と確認。7日夕に掃除した時はいなかったという。

 南河さんは「ちょうど新聞のコラムで『今年は来るか』と読んだばかりだったので『あ、来たわい』と思って新聞社に電話しました。空からの贈り物? もっとええもんだとええんですけど」。自宅から約100メートル離れた営巣地に向け飛来するシラサギを日頃から目撃するため「ひなに餌を持っていく途中に口からこぼれたんじゃ」と推測している。

 09年6月に石川県七尾市で約100匹が見つかって以降、同秋までに北海道から鹿児島までの20道県27市町で発見された「空オタマ」。原因については「鳥が運んだ」「竜巻が巻き上げた」と、さまざまな臆測が飛び交ったが、依然として謎は解明されていない。


(2011年6月9日06時03分 スポーツ報知)


空から何かが(魚とかオタマジャクシなどが多い)が降ってくるファフロツキーズ現象が今年もあったらしい。一昨年、去年と、6月に起きて、主にオタマジャクシが目立つのは、この時季にオタマジャクシが増えて活発に活動するからだろうが、この原因はともかく、他の季節のファフロツキーズは、特に気付かれていないだけかもしれない。

ソフトシンセReaktorのプリセットにY.M.O.というのを見つけた

部品を自由につなぐようにプログラミングしてシンセサイザーその他の音響デバイスを作るソフトウエアのReaktor 5 のバージョン5.6 に付属していたSubHarmonicというシンセのプリセットにY.M.O.という名前のものがあった。その音を鳴らしてみると、YMOだとしたらアルバム『BGM』のころの音かなあという感じ。

このシンセの構造を開いてみても相当複雑になっていて、どんな仕組みで音を出すのかさっぱり分らない。倍音(ハーモニー)を加えていく方式のように推測した。

Y.M.O.プリセットそのまま適当に音を鳴らしてみた。この短いフレーズのウワモノのぶわぶわした感じの音がそれ。

Download


SubHarmonicのインターフェイス。

f:id:Pulin:20110616013049j:image

震災で生じた大量行方不明者の問題は「戸籍上だけに存在する超高齢者」の問題と似ていると思ったこと

不明8千人、懸命の捜索続く 財産処理や相続など難航も


 東日本大震災の発生からまもなく3カ月、警察庁によると9日現在で8146人の行方が分かっていない。行方不明者とその家族は、法と現実のはざまに取り残されたままだ。未曽有の災害は、私たちが当たり前のことと信じてきた社会の礎を揺るがしている。

 今回の行方不明者が最終的に、伊勢湾台風(401人)、阪神大震災(3人)などと比べて桁違いに多くなるのは間違いない。元々、日本の法体系は、一人ひとりの生死がきちんと届け出られていることが想定されている。「生存者」とされる限り、家族であっても勝手に私有財産などを処理できない。被災地を中心に、遺産相続や生命保険受給などをめぐるトラブルが頻発する恐れがある。

 警察当局は、懸命の捜索を続けている。岩手、宮城、福島3県では約2千人態勢で捜索を継続しており、1日に数人から十数人の遺体を発見している。がれきが折り重なった場所や水路など、捜索が進んでいない場所もあり、警察庁の安藤隆春長官は3日にあった全国警察本部長会議で「身元確認率100%を目指し、全力を尽くしていただきたい」と訓示した。

朝日新聞 2011年6月10日3時0分)


日本では、上の記事にもあるように、個人一人一人の生き死にまで戸籍で国家に把握管理されているのが望ましい状態、さらにそうでなければならない状態とする建前があるから、個人の生死が国家で把握できていない事態が発生してしまうと、法的な混乱が起こる以上に国民感情としても落ち着かなくなってしまうことは、去年の「戸籍上だけに存在する超高齢者」続出問題が社会に衝撃を与えた件でも分ったことでした。

しかし、戸籍はしょせん書類であり、現実の完璧な写像にはなりえません。

今日の食べ物 缶詰のカレー

缶詰のカレー、MCCタヒチ風ビーフカレー。

同じMCCの缶詰めジャワ風ビーフカレーに比べ色が黄色っぽくて味も普通のカレーの風味。これも肉は多めです。

f:id:Pulin:20110610050311j:image:h400


f:id:Pulin:20110610050312j:image

2011-06-09

中野駅南口の都営住宅団地

中野駅南口を出てすぐ左側にある団地。

廃墟ではなく、現役の都営住宅アパート団地ですが、昭和26〜27年ごろ建てられたといいますから、もう60年近く経過して、古色蒼然の味わいになっています。デザインも戦前の同潤会系の様式と通じるものがあります。

近いうちに再開発が行われる話もあるようです。

f:id:Pulin:20110610041943j:image

f:id:Pulin:20110609075025j:image

f:id:Pulin:20110823220736j:image


この写真を撮ったのは1年半ほど前です。10数年放置して劣化したフィルムを使って撮ったので、画質がひどく荒れていますが、それがかえって何だか良い感じになりました。そこに少しHDR加工しています。


階段室を屋上に凸出させる造りは、昭和10年頃の建築の「竹平寮」(東京の九段にあったもと憲兵隊下士官アパート → )にも似ています。

f:id:Pulin:20110609153049j:image

今日の食べ物 缶詰のカレー

缶詰のカレー、MCCジャワ風ビーフカレー。

なぜ他のレトルトカレーのように袋入りではなく缶詰なのでしょうか? 

スパイスは利いていて肉も多め。辛口だけど自分には辛さはまだ物足りないです。

f:id:Pulin:20110609071904j:image:h400


f:id:Pulin:20110609071900j:image

2011-06-08

奈良今小路郵便局?

昔(20年位前)奈良へ行った時見かけた古めかしい建物。

入り口に「奈良今小路郵便局」と右書きで書いてあるからその建物なのだろうと思いますが、現在、奈良市今小路町11(東大寺の近く)にある奈良今小路郵便局は新しい建物なので(そしてこの場所とも違うように思われるので)、この建物にも少し不審がありますね。写真では入り口のガラスが割れすでに使われていないような状態に見えます。

f:id:Pulin:20110608070651j:image

2011-06-07

今日の食べ物 レトルトカレー

「国立薬膳カレー」(こだわり食品株式会社)というレトルトカレーとしては値が張る400円台のカレーを。

チキンカレーです。

f:id:Pulin:20110607121519j:image:h400

f:id:Pulin:20110607121508j:image


「薬膳」と謳われているだけあって、なかなかスパイシーで良い感じでした。ちょっと甘味と酸味がありました。鶏肉も充分入っています。箱には30種類のスパイス使用と書いてあります。

神戸の宗教建築

赤煉瓦で高い塔屋(鐘楼)が目立つ神戸栄光教会は大正11年築のゴシック様式の教会(プロテスタント)でしたが、阪神大震災で倒壊し、その後、前の形状をほぼ踏襲して2004年に再建されました。

神戸市中央区下山手通4。

この写真は震災倒壊前の神戸栄光教会です。再建された教会の塔屋や側面は耐震性を考慮し少し異なった形状になっています。

f:id:Pulin:20110815163715j:image

f:id:Pulin:20110815163716j:image



神戸ムスリムモスクは、イスラム様式に則った玉葱型のドーム屋根と四本の尖塔(ミナレット)を持つ昭和10年建築のイスラム寺院です。阪神大震災にも耐え抜き健在です。

神戸市中央区中山手通2-25。

f:id:Pulin:20110607062334j:image

f:id:Pulin:20110607061836j:image


これらの写真はいずれも1990年代前半の様子です。


最後の画像をHDR化すると。。。

f:id:Pulin:20110607235112j:image

2011-06-06

携帯電話の電磁波に発癌性がある、とのこと

携帯電話の電磁波「発がんの可能性も」 WHOが分析


 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は31日、携帯電話の電磁波発がん性の関連について、限定的ながら「可能性がある」との分析結果を発表した。耳にあてて通話を長時間続けると、脳などのがんの発症の危険性が上がる可能性があるといい、予防策としてマイク付きイヤホンの使用を挙げている。

 フランスリヨンで31日まで開かれた作業部会で、14カ国の専門家31人が議論し、携帯の電磁波について、五つある発がん性分類で上から3番目の「可能性がある」に位置づけた。IARC分類は、各国が規制措置をする際の科学的根拠となるため、今後、規制論議が始まる可能性がある。ただ、動物を対象にした研究では明確な関連性がないとした上で、今後、長時間携帯を使う人などを対象にした研究を重ね、さらに分析を進めるべきだとした。

 電話回線を通じて31日記者会見した作業部会のジョナサン・サメット委員長(米南カリフォルニア大学)は、「(脳のがんの一種である)神経膠腫(こうしゅ=グリオーマ)や、耳の聴神経腫瘍(しゅよう)の危険を高めることを示す限定的な証拠がある」とした。

 検証した過去の研究では、1日30分、10年以上の携帯使用で、グリオーマの危険性を40%高めたとの報告があるが、発がん性が明確に証明されたとまでは言えないという。

 一方で、同じく電磁波を出す電子レンジやレーダーを職業上使う場合や、ラジオやテレビ、各種無線通信に日常生活で触れる場合も同様に検証したが、発がん性との関係はないとも結論づけた。

 会見に同席したIARC幹部は、メールなどの文字を打つ形での携帯電話の使用は、発がん性との関連はないと説明している。ただ、音声通話の際は「長期的な人体への影響を考えるならば、イヤホンを使うなどの予防策がある」と述べた。(ジュネーブ=前川浩之)

     ◇

 〈発がん性分類〉WHOの一機関である国際がん研究機関(IARC)が判断する、人間への発がん性の危険度。(1)発がん性がある=グループ1(2)おそらくある=グループ2A(3)可能性がある=グループ2B(4)あるかどうか分類できない=グループ3(5)おそらくない=グループ4、の五つの分類がある。(3)には、殺虫剤や人工着色料に含まれる化学物質など約240が挙げられている。コーヒーも膀胱(ぼうこう)がんとの関連で(3)に分類されている。

■「根拠はまだ限定的」

 WHOの国際がん研究機関(IARC)が、携帯電話の電磁波を、「発がん性の可能性がある(グループ2B)」に分類した。ただ、「2B」は発がん可能性があるという分類の中では根拠が弱いレベルで、物質のほか、職業としても消防士やドライクリーニングの従業員などがこの分類に指定されている。

 IARCは多数の論文を検討した上で、「根拠はまだ限定的。さらなる研究が必要」とも言及している。

 電磁波とがんの関係は、携帯電話が広く使われ始めた1990年代から指摘され、世界中で様々な研究が行われているが、まだ確定的な結論は出ていない。

 97年にできた総務省の委員会が実施した動物実験や、約430人を対象に行った調査では、携帯電話と脳腫瘍や聴覚神経のがんの発生との因果関係は証明できなかった。IARCの決定に対し、世界各国の科学者たちが作る団体は「時期尚早の決定」と批判するコメントを発表している。

 それでもIARCがこのような決定をしたのは、少しでも健康に害を及ぼす可能性があるものは早めに注意喚起する、というWHOの「予防原則」からだ。

 携帯電話は多くの人の日常生活に欠かせない。結論が出ていない段階で過度に恐れる必要はないが、一方でリスクはゼロでないことを理解し、使用することが必要だろう。(大岩ゆり)

朝日新聞 2011年6月2日6時0分)


自分が子供の頃はテレビ(ブラウン管)から有害な電波が出ているからで近くで見るなと言われていた。

そして、本を読むことで自分の視力は急速に低下した。細かい字を読むことは目に悪い。

文化・文明生活を支える「道具」は全て、大なり小なり人体には有害であると覚悟して使った方が良いのが、冷酷な現実であろう。

上の記事では予防策としてイヤホンの使用を薦めているがそれとて危険性は0ではなかろう。(人間の耳はイヤホンのようなものから耳元で音を聞く前提で作られてはいない)

自分はヘッドホンで音楽を(大音量で)聴くことが多いので、ヘッドホンからも音波の他電磁波が出るわけで、当然脳にも相当なダメージを受けているはずである。バカになったのはそのせいかもしれない? 子供のころ母親から、ヘッドホンばかり聴いていると頭が悪くなる、と脅されたような記憶もある。それがあながち嘘でもなくなったかもしれない。

こうなってくると、「ゲーム脳」説についてもひょっとしたら荒唐無稽とは言い切れず、何がしかの悪影響はあるかもしれないと念頭に置いた上でゲームをやるべきである、となる。

衣食住についても、まったく無害なものは何もない。

さらに、テレビだの読書だの携帯だのゲームだののインドアとは対極のイメージであるスポーツでさえ、やり過ぎは(特に子供の)肉体を破壊することが明らかになっているので、もう、人間のなすこと全てが、人間を脅かしている、人間自体の業として、これが人間存在の苦しみそのものであると思う。

スポーツに関して、肉体発達の極限までの競争もまた、何か病的な状況に陥っていくというのは、ここ(→ )で触れた通りである。

人間は火の使用によって文明を発達させていったが、火はまた人間にとって非常に危険でもある、つまりそれがすべてを表している。

神戸にあった古い建物

赤煉瓦二階建てのシノザキ栄町ビル(日新ビル駐車場)。

以前撮ったこの建物、現存していませんが、神戸市中央区栄町4-1-11、と場所の特定ができました。

いつごろ建てられたかは不明。阪神大震災で倒壊したのかも不明。

f:id:Pulin:20110606044511j:image




小振な二階建ての洋館の趣がある杉原産業ビル。

大正5年頃湯浅商会として建てられたとのこと。現存していません。阪神大震災で倒壊したわけではないようです。

神戸市中央区栄町通3-12。

f:id:Pulin:20110606044909j:image




河南工芸社ビル。大正時代の建築らしい。古い映画館にも通じる旧時代のモダンの意匠に風情があります。

現存しています。神戸市中央区三宮2-9-7。

f:id:Pulin:20110606045226j:image



これらの写真はいずれも1990年代はじめ頃の様子です。


三番目の河南工芸社ビルの画像をHDR化すると。。。

f:id:Pulin:20110608001141j:image


(追記)

河南工芸社の建物は昭和10年築だそうです。

2011-06-05

今日のお食事 ラーメン

西国立駅の線路を渡り少し東の所にある「街かどのラーメン屋さん」で、看板メニューの「だ〜る〜麺」(750円)。

スープがトロトロしてネギが一杯乗っているちょっとユニークな塩ラーメン。スープにとろみがついているから熱々です。ここに、辛味と酸味を加えると酸辣湯麺になるイメージです。

f:id:Pulin:20110616013728j:image



「街かどのラーメン屋さん」店舗。ここは住宅街に見えますが、「はごろも商店街」という通りです。店は少ないです。

f:id:Pulin:20110605153013j:image

神戸にあった古い建物

神戸には「海岸ビル」と呼ばれるビルが二つありました。

この四階建ての海岸ビルは、大正7年(1911年)に三井物産神戸支店として建てられましたが、阪神大震災で倒壊し、その後、上に現代的な高層ビルを乗せる形で外壁が再建されました。神戸市中央区海岸通3。

f:id:Pulin:20110605060459j:image



上の海岸ビルから少し西に行った所にあるこの三階建ての海岸ビルは明治末〜大正初期ごろ兼松商店本社として建てられました。こちらは阪神大震災にも耐えて健在です。正面が白い石造りで側面の方は赤煉瓦になっています。神戸市中央区海岸通3。

f:id:Pulin:20110605061131j:image



これらの写真はいずれも1990年代はじめ頃の様子です。

2011-06-04

神戸にあった古い建物

このイオニア式列柱の立派な第一勧業銀行神戸支店は、大正5年築の堂々とした古典様式の二階建てビルでしたが、阪神大震災で倒壊し、現存していません。神戸市中央区栄町通3-6。

f:id:Pulin:20110831125744j:image



上の建物の近くにあったこの赤煉瓦の東京駅にも通じる雰囲気の建物は第一銀行神戸支店として明治41年(1908年)に建てられた二階建てビルです。阪神大震災で倒壊しましたが、2001年に神戸市営地下鉄海岸線のみなと元町駅の入り口がこの場所に作られる際、外壁が再建されました。神戸市中央区栄町通4-4。

f:id:Pulin:20110604034712j:image

f:id:Pulin:20110604034711j:image



これらの写真はいずれも1990年代はじめ頃の様子です。


上の画像が暗いからHDR処理してみると。。。

f:id:Pulin:20110605083817j:image

f:id:Pulin:20110605063354j:image

2011-06-03

今日のお食事 ラーメン

立川南口を少し東に行った所にさいきんできたらしい「花鳥風月」という雅な名前のお店でお薦めの「藻塩ラーメン」をチャーシュー麺にして。

スープも麺もごくあっさりとした塩ラーメンでしたが、チャーシューは今風のちょっとコッテリした感じ。

f:id:Pulin:20110616014037j:image


(追記)

このお店は開店して半年ちょっとしか経っていないのに、今月11日に閉店したそうです。一時閉店して別の場所に移転するとの噂も聞きましたが、はっきりしたことは分りません。

立川北口の屋根が立派な家

立川北口のダイエーのそばの屋根が立派な家、を再び見ると、妻飾りに「懸魚」が付いているし、軒も反っているので、けっこう本格的な和風建築として作られたのではないかと思う。全体の造りからみて元銭湯説が有力か。

f:id:Pulin:20110603153927j:image

f:id:Pulin:20110603153926j:image


f:id:Pulin:20110603154007j:image

懸魚(げぎょ)

日本建築で屋根の破風の中央などに装飾として付け下げる上図のような形状の飾り板。

道端に雀が横たわっていた

こんな状態を見たのは初めてかもしれない。

これは何かの予兆だろうか?

f:id:Pulin:20110616014252j:image

神戸にあった古い建物

このイオニア式列柱の立派なビルは日産ビル(中国銀行神戸支店)。

大正9年築の鉄筋コンクリート造の堂々とした六階建てビルでしたが阪神大震災で倒壊し現存していません。この写真は1990年代はじめ頃の様子です。

神戸市中央区栄町通2-40。


f:id:Pulin:20110603060724j:image

f:id:Pulin:20110603060828j:image


f:id:Pulin:20110603060827j:image

当時のニュースで、この正面の部分だけがかろうじて残り後ろが崩れ落ちている状態が映っていたのを見た記憶があります。

2011-06-02

大阪の古い建物

御堂筋を睨むようにコンクリート剥き出しの古びてごっつく大きな建物が存在感を放っていたのが大阪市交通局曽根崎変電所でした。昭和11年の建築で、今も現役でいます。北区西天満2-7。

f:id:Pulin:20110810081101j:image

f:id:Pulin:20110828155812j:image:h600

このヒレみたいにくりかえし付けられている突起物は何でしょう? 電気施設だからパソコン部品にあるようなヒートシンク

2011-06-01

大阪の古い建物

大阪市中央区高麗橋2-6の角地に、赤煉瓦の二階建てビルが建っています。明治45年築の大中証券ビルで、今は結婚式場になっています。右側に見えるのは昭和5年建築の浪速教会の塔屋。これも現存しています。

f:id:Pulin:20110616014627j:image



そして、上のビルからほど近い場所(中央区伏見町2-2)の角地に、大正12年築の伏見ビルがあります。この写真を撮った1990年代半ばごろは傷んだ様子でしたが今はきれいになっています。

f:id:Pulin:20110601061440j:image

東京の古いビル 神田小川町

古いビルといっても、戦前の重厚な建物ではなく、現存する戦後建築です。

お茶の水明治大学の南の角地(千代田区神田小川町3-10)に建つこの細長い六階建てビルは振天堂ビルといい、昭和37年(1962年)の建築ですから、それでも50年近く経っています。このビルのエレベーターは手動タイプです。

f:id:Pulin:20110601041148j:image


(追記)

晴れた日に撮影した振天堂ビル。

f:id:Pulin:20120411085113j:image



振天堂ビルにはいろいろなお店が入居しています。

f:id:Pulin:20110601075353j:image



振天堂ビルの手動で開け閉めする懐かしいタイプのエレベーター。

f:id:Pulin:20110613195300j:image


内側からは把手で操作する。

f:id:Pulin:20110726054409j:image



神田小川町1-6の五叉路の角に立つ五階建ての日建田所ビル。詳細不明ですが、外壁のつるつるした濃緑色のタイル貼りの感じから昭和40年ごろの建物だと思われます。

f:id:Pulin:20110601073431j:image


角地のビルには独特の存在感が漂いますね。


(追記)

日建田所ビルは昭和45年建築らしいです。