Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

御光堂世界〜Pulinの日記

2012-11-30

今日の食べ物 モツのトマト煮

またモツのトマト煮を作ってみました。作り方は前回に準じますが、今回はセロリとじゃがいもを入れたのでよりシチュー風になりました。

上に乗っている葉っぱはセロリの葉。

f:id:Pulin:20121130173628j:image


(追記)

さらにパプリカを追加して煮込んでみました。じゃがいもはほとんど溶けています。

f:id:Pulin:20121201085627j:image

2012-11-29

今日のお食事 つけ麺

小金井大勝軒のもりそば(700円)。

この店は新小金井街道沿いのそば屋のような外観をした大きな店で、元はやはりそば屋の店舗だったらしいです。

このもりそばはつけ汁がちょっと甘い魚介風味で麺は結構量がありました。

f:id:Pulin:20121130180231j:image

2012-11-28

今日の食べ物 缶詰のカレー

輸入品のオリエントグルメ・レッドカレーという缶詰のタイカレーにじゃがいもとパプリカを追加してみました。画像では沈んでちょっと見えづらいです。

f:id:Pulin:20121128171226j:image

f:id:Pulin:20121128171241j:image

2012-11-27

今日の食べ物 モツのトマト煮

モツのトマト煮を作ってみました。


豚の白モツをアクを取りながら塩ゆで

適当なところで、ブイヨン(コンソメ)適量、トマト(今回は缶詰のカットトマト使用)、トマトピューレ、輪切り唐辛子少々、を投入、かきまぜる

一煮立ちさせる

保温調理法で一晩置く


という作り方でやってみました。食べるときにパセリを散らしてもいいかと思います。


f:id:Pulin:20121127092858j:image

2012-11-26

今日の食べ物 おにぎり

手早く食事を済ませるためにおにぎりと味噌汁。

f:id:Pulin:20121126165453j:image

2012-11-25

今日の食べ物 レトルトカレー

ヤマモリの輸入品のタイカレーチキンレッドというレトルトカレーに、じゃがいもと辛さを増すために粉唐辛子を追加してみました。

f:id:Pulin:20121125081417j:image

f:id:Pulin:20121125081418j:image

2012-11-24

『悪の教典』を読んだ

先日、映画版を観て、どうしても原作が読んでみたくなったので貴志祐介悪の教典』を一気に読んだ。映画以上に面白かった。

読んで感じたのは、この作品の感触や雰囲気が、かつて読んだ大藪春彦ハードボイルド小説と似ているということだった。

主人公蓮実聖司の、外面(さわやかな甘いマスクや人当たりの良さ、仕事の有能さなど)は良いが内面は「悪」、そして抜群に頭が切れる、というキャラが、大藪春彦の主人公を彷彿とさせた。大藪春彦作品でよく出てくる、真面目なサラリーマンが裏では悪党というパターン*1を、主人公を教師に置き換え現代的に再現したように感じた。蓮実のアメリカでの前職のくだり*2などもハードボイルド的である。

蓮実の行動原理は、蓮実がまさに殺そうとする犠牲者に

「なぜ、こんな、馬鹿なことをする? あんたは、頭がいい。人の心をつかむのもうまい。いくらだって、まともなやり方で成功できるじゃねえか? なのに、いったい何のために、こんな……」

と問われて次のように答えることで表されている。

「(略)……日常生活においては、誰もが、様々な問題に直面するだろう? 問題があれば、解決しなければならない。俺は、君たちと比べると、その際の選択肢の幅が、ずっと広いんだよ。」

「かりに、殺人が一番明快な解決法だとわかっていたとしても、ふつうの人間は躊躇する。もし警察に発覚したらとか、どうしても恐怖が先に立つんだ。しかし俺はそうじゃない。X-sports(引用者注;甚だしく危険を伴うスポーツ)の愛好家と同じで、やれると確信さえできれば、最後までやりきることができるんだよ。X-sports と同様、途中でためらうとかえって危険だけど、思いきって突っ走れば、案外走りきれるものなんだ。(略)」

このように目的のためなら殺人も厭わないあたりもハードボイルド的に感じる。(そのため蓮実の行動が若干策士策に溺れるという感も無きにしもあらず)

蓮実の性欲の旺盛さも見るべきポイントである。


映画では端折られていた日常の描写や蓮実の過去が小説では詳しく描かれていたので、映画で腑に落ちなかった場面の意味も分かった。


主に学校での日常を描く小説の前半部分では、他人への共感能力を欠く反社会性人格障害の「サイコパス」のはずの蓮実が、悪党だと分っていても、登場人物の中で一番人間的で、仕事への情熱と責任感や生徒への想いに溢れた魅力的な教師だと思えてくるから面白い。蓮実はすべて人を欺く演技でそうしていることになるわけなのだが。

そのようなことから、この作品のテーマは、蓮実の異常な人格を描くサスペンスの他に、理想の教師というものはしょせん演技でしか存在しないし、かつ演技であっても蓮実ほどのことができれば申し分ない、といったことなのかもしれない。


この小説も映画版も蓮実以外の登場人物はあまり思い入れた描き方をしていないので殺されてもたいして可哀想に感じないようになっている。


(追記)

携帯電話の普及により、外部との連絡が取れない孤立した状況をミステリーやサスペンス物で設定しづらくなっているわけだが、この作品ではそれをちゃんと伏線を張った上でかなりの力技でクリアしているのが興味深かった。


悪の教典〈上〉 (文春文庫)

悪の教典〈上〉 (文春文庫)

悪の教典〈下〉 (文春文庫)

悪の教典〈下〉 (文春文庫)

*1:『戦士の挽歌』や『蘇る金狼』など

*2:勤務先の投資会社の経営陣が不正な取引で利益を得ていることを嗅ぎつけそれを掠め取ろうとした企て

2012-11-23

映画『悪の教典』を観た

いま非常に評判が良い映画『悪の教典』を観ました。評判通り面白かった。

映画を観にいったのは十数年ぶりで、前回観たのが『ハンニバル』だったから、そんな映画ばかり観たがるのは病んでいるのかもしれません。

悪の教典』は、高校で生徒に「ハスミン」というあだ名で呼ばれる人気者で学校からの信頼も厚い英語教師蓮実聖司(もちろん二枚目)が実は他人への共感能力を全く持たない反社会性人格障害「サイコパス」であり、自分の邪魔になる人間を平然と始末する殺人を重ねていくという話で、貴志祐介の同名小説が原作です。

前半は正義感の熱血教師かと見えた蓮実が女子生徒と関係を持ったあたりから彼の本性が見えはじめ、後半はある殺人の躓きから蓮実がそれを隠蔽するために生徒を猟銃で皆殺しにしていく凄まじい描写です。蓮実は凶暴というより淡々とむしろ事務的に殺人をするのが怖いです。冷酷な殺人マシンと化すのではなく生身くさい部分も結構残っている独特のキャラクターです。蓮実役の伊藤英明は後半になると目が据わっていき非常に迫真感のある演技でした。普段映画もテレビも観ないのでこの役者さんもよく知らないのですが「ハスミン」みたいな人物がいたらこういうタイプだろうという説得力が非常にありました。

蓮実がなぜそんな人格なのかという点はよく分からなくてそこがちょっと弱い感はありました。映画ではわずかに触れられるだけだった生い立ちや過去の犯罪に関係があるようですし、もっと詳しく描かれているだろう原作も読んでみたくなりました。

しかし、貴志祐介作品は後味の悪さが特徴的ですね。むちゃくちゃ不快というわけでもないですが後味がもやもやとする。初期の『黒い家』とか『クリムゾンの迷宮』とかもそうだったし、『青い炎』そう、最近のだと『新世界より』もそうでした。

悪の教典』にも続編が構想されているらしくいったいあの後どうするのかとすごく気になります。蓮実はラストで警察に逮捕されるのですが、あれだけの犯罪をしたらいくら狂人を装っても死刑は免れないでしょうから、それこそ『ハンニバル』のように脱獄して別人となって生きるのか?

あと、蓮実が山の中の廃屋のような家に住んでボロボロの軽トラで通勤しているのも印象的でした。


(追記)

原作を読んだ。

2012-11-22

ブログの色変更

11月になったのにこのブログの色を冬仕様の暖色に変更するのを忘れていたので本日変更。

今日の食べ物 野菜の味噌汁

ダイエットで野菜だけを食べるにしてもサラダだと身体が冷えるので味噌汁にしてみました。

温野菜として売っていたものを具に使った味噌汁です。ちょうど切らしていましたが七味唐辛子をかけてもいいと思います。

f:id:Pulin:20121122062900j:image

2012-11-21

断食?日経過

微妙に体重が減っているのだけど断食はうやむやになっているからまた仕切り直しかな。

2012-11-19

断食3日経過?

野菜サラダを食べたので断食ではなく野菜サラダダイエットになってしまった。

2012-11-18

生野菜サラダ

断食中だが生野菜サラダを大量に食べた。

f:id:Pulin:20121118133743j:image

断食2日経過

断食2日経過。

体重0.3kg減。

2012-11-17

断食1日経過

断食1日経過。

体重0.7kg減。

2012-11-16

断食開始

また久しぶりに断食することにした。

2012-11-14

神田神保町すずらん通りにあった看板建築

千代田区神田神保町古書店街の靖国通りから一本南に入った裏通りのすずらん通りにかつては看板建築がいくつもありました。

この一帯も今ではビルに建て変わり看板建築はほとんど見られなくなりました。

これらの画像は1990年代の半ば頃撮った写真です。


だいぶ古びてはいるものの二階窓の庇が三角形のペディメント風でいい感じのアオヒ印房とツルオカピアノ。

f:id:Pulin:20121114090037j:image


赤く塗られた中華料理店。

f:id:Pulin:20130130152712j:image


大きなパラペット部分にアーチ型の飾りがあるスポーツ用品店と牛丼店。

f:id:Pulin:20121114085109j:image


マンサード屋根の楽器店の三慶商店。三階の窓が洒落ている。

f:id:Pulin:20121114145852j:image


この時点ですでに営業していなかったと思われる店舗。

f:id:Pulin:20121128174323j:image



(追記)

2013年1月に見たら、上から三番目の画像の建物はまだ建っていました。小諸そばの店舗になっていました。

f:id:Pulin:20130122103831j:image


(参考)

すずらん通り周辺にはこういった建物もありました。

神田神保町にあった看板建築

神田神保町にあった看板建築

東京にあった古いビル?

2012-11-13

西友の298円弁当 その36 ハンバーグ&白身魚フライ弁当

西友の298円弁当の新種を見かけたので食べてみました。

ハンバーグ&白身魚フライ弁当です。


ハンバーグ

白身魚フライ

玉子焼き

ポテトサラダ

ナポリタン

ご飯


という内容で、総カロリーは776kcalと表示。

ハンバーグもフライも何となくふわふわした食感でした。ハンバーグにかかっているソースは甘めでした。

ナポリタンは酸味が強めの味付けでした。

この弁当だけでは野菜不足ですので何かで補った方が良いでしょう。

f:id:Pulin:20121113051235j:image


西友の298円弁当試食記まとめ

2012-11-12

はてなブログの画像データサイズ

はてなブログの消えた建築に画像を貼って気付いたのだが、画像のデータサイズが勝手に2倍近く大きくされてしまう。こちらのはてなダイアリーの方ではそんなことはないのに、どうしたことだろう。

はてなブログはまだ未完成らしく不具合が多いようだ。いっそのこと消えた建築は別のブログに移動させてしまうか。

2012-11-10

西友の298円弁当 その35 エビピラフ洋風弁当

西友の298円弁当の新種を見かけたので食べてみました。

エビピラフ洋風弁当です。


白身魚フライタルタルソースかけ

ポテトフライ3本

小さなウインナー

玉子焼き

ポテトサラダ

ナポリタン

海老ピラフ


という内容で総カロリーは677kcalと表示。

ポテトフライには味はついていませんでした。玉子焼きはふわっとしていました。ピラフは炒め具合などもなかなかよい思いました。

この弁当だけでは野菜不足ですので何かで補った方がいいでしょう。

f:id:Pulin:20121110164900j:image


西友の298円弁当試食記まとめ

2012-11-09

今日の食べ物 レトルトカレー

朝食に、印度伝統料理人ひよこ豆のカレーというレトルトカレー。輸入品です。

ホクホクした感じの豆カレーでした。辛口となっていますが自分の感覚だとそれほど辛く感じませんでした。

f:id:Pulin:20121109171521j:image

f:id:Pulin:20121109171537j:image

2012-11-08

蕎麦 国立の更科甚五郎

先日、国立の大学通りにある更科甚五郎という蕎麦屋で「谷保天そば」を食べました。この店の人気メニューだそうで、定価は時価となっていますが900円でした。

天ぷらそばです。

揚げたての海老の天ぷらがプリプリでした。

f:id:Pulin:20141114141748j:image

2012-11-07

東京の古いビル 兜町

昔の写真を整理して出てきた、この大きな古いビルはすでに存在していなそうだから、消えた建築の方に載せる題材かと思って調べたところ、現存していました。

兜町の日証館ビルという昭和3年(1928年)建築のビルです。基部のアーチや石造りで重厚感があります。もとは6階建てで7階部分は増築でしょう。

東京証券取引所の隣、日本橋川の側にあります。この画像の日証館ビルの手前に見えるビル(高度成長期頃のビル)はすでに建て替わっているようです。

東京都中央区日本橋兜町1-10。

f:id:Pulin:20121107121945j:image


兜町にはその他、成瀬証券や

f:id:Pulin:20121107062659j:image


山二証券といった古いビルが現存しています

f:id:Pulin:20121107065348j:image


画像はいずれも1988年頃に撮影した写真です。

2012-11-04

京橋にあった謎のビル?

東京都中央区京橋2-12の交差点(地下鉄浅草線室町駅のある所)の北西の角にかつて不思議な建物が建っていました。平屋の建物にしては作りが妙に立派な、まるでビルが一階部分だけになったような建物です。東信商事という会社の社屋のようです。

f:id:Pulin:20121104090028j:image

この画像は1980年代の末頃に撮影した写真ですが、1994年に新しいビルに建て替わっています。


ぼくの近代建築コレクション

東信商事、京二館ビル/京橋2丁目

によりますと、昭和10年代に建てられたRC造のビルが戦災で損傷したのを1階部分だけ修復して使っていたのではないかとのことです。

2012-11-03

国立の天下市

国立でこの週末行われている天下市というイベントを見てきました。

縁日の屋台(天下市に便乗して出店しているだけで直接関係はないようです)や国立市内の店の屋台が出て賑やかです。

f:id:Pulin:20121103161329j:image

f:id:Pulin:20121103161411j:image

山羊が居ました。

f:id:Pulin:20121103161700j:image

ぐるぐるとつながったポテトチップスを食べてみました。

f:id:Pulin:20121103161807j:image

やけに人だかりがしている屋台を見たらクマのアクセサリーが大量に。

f:id:Pulin:20121103163620j:image

大学通りのこのアンティークショップは滅多に店を開けていることがないようですが今日は開いていました。

f:id:Pulin:20121103162045j:image

その隣のもう一件のアンティークショップ。

f:id:Pulin:20121103164003j:image

ちょうど一橋大学の学園祭とも重なっていますので人出が凄いです。

f:id:Pulin:20121103161442j:image

f:id:Pulin:20121103170225j:image

一橋大学の兼松講堂の中に初めて入ってみました。

f:id:Pulin:20121103161535j:image


お土産として大根餅と胡瓜のキムチを買ってきました。

f:id:Pulin:20121103162156j:image


(追記)

日曜日は大学通りが歩行者天国でした。

f:id:Pulin:20121104170912j:image

縁日の屋台でじゃがバターを買ってビールを飲みました。

f:id:Pulin:20121104171008j:image

一橋大学の学園祭ではお子様向けの出し物がありました。一橋の学園祭は天下市と同時開催されるためお子様向けの企画がわりと目立ちます。

f:id:Pulin:20121104171037j:image

一橋大学の兼松講堂。

f:id:Pulin:20121104171534j:image

2012-11-01

銀座にあった謎のビル

銀座の泰明小学校の近く、高速道路の脇にあった正体不明のビル。4階建ての古いビルの上に増築して5階または6階建てにしているように見えます。そのためひどくバランスが悪く感じます。ビル名称不明で1980年代の末にこの写真を撮影した時点ではすきや苑という焼肉店が入っていました。

元のビル自体はひょっとしたら戦前にまでさかのぼる古いビルだったのかもしれません。今この場所には1992年に建て替えられた西山興業西銀座ビルというビルが建っています。

東京都中央区銀座5-1-16。

f:id:Pulin:20121101125148j:image