Hatena::ブログ(Diary)

御光堂世界〜Pulinの日記

2013-04-30

今日の食べ物 スパゲッティ

1.6mmのスパゲッティに、キューピーあえるパスタソース・ミートソース・フォン・ド・ヴォー仕立て。

もっちりした味わいのソースでした。

f:id:Pulin:20130430171509j:image

f:id:Pulin:20130430171510j:image

2013-04-29

景観作成ソフトBryceで作った画像

景観作成ソフトBryceで作った画像です。このソフトも最新バージョン7が出ていますが(→ )、MacOSX10.8の環境では動かないです。これはバージョン2をMacOS9.2.2のPowerBook G4/867MHzで動かして作ったものです。

f:id:Pulin:20130429094128j:image


(追記)

こちらの画像はBryceのバージョン6で試しに作ったごく簡単なもの。

f:id:Pulin:20130503103414j:image

2013-04-28

今日の食べ物 スパゲッティ

1.6mmのスパゲッティ、ソースはオーマイ高菜ソース。

ペペロンチーノ風のソースでした。

f:id:Pulin:20130428133439j:image

f:id:Pulin:20130428133438j:image

ブログ4年経過

2009年の4月25日からこのブログを始め、すでに4年が経過した。

日記だからなるべく毎日何かしら書くようにしている。

2013-04-27

2013-04-26

立川の柴崎浄水所

立川市柴崎町にある東京都水道局柴崎浄水所の建物です。

どこか昔風のモダニズム建築を思わせます。いつ頃の建物かよく分かりませんが、意外と古いようにも、案外新しいようにも見えます。(窓のサッシなどは新しいでしょうが。)

f:id:Pulin:20130427074438j:image

f:id:Pulin:20130426152450j:image

f:id:Pulin:20130426152515j:image

2013-04-25

2013-04-24

川越の看板建築2

蔵の並ぶ通りにある看板建築。洒落た作りですが現在は空き店舗のようです。左に見える塔屋のある建物は埼玉りそな銀行川越支店です。

f:id:Pulin:20130424124447j:image


時の鐘のある通りの看板建築の洋品店。色合いが可愛らしいです。

f:id:Pulin:20130424121754j:image


蔵の通りの入り口付近にある洋館風の建物。店舗だったのが廃屋化しているようです。

f:id:Pulin:20130424121933j:image

2013-04-23

川越の看板建築1

川越市役所の斜め向いにある三階建ての銅板葺き看板建築の手打ちそば百丈。もとは釣具店として昭和5年(1930年)に建てられたそうです。(百丈のサイト参照。)

東京の看板建築は法令で三階建てが禁止されていたので屋根裏部屋の形で三階を設けていましたが、この建物は堂々とした三階建てです。

窓のアーチ形や付け柱など凝った意匠が見られます。

川越市元町1-1-15。

f:id:Pulin:20130423161558j:image:w450

2013-04-22

川越の古いビル

アクサ生命川越営業所の二階建てビル。

昭和3年(1928年)に埼玉農工銀行川越支店として建てられ、その後、日本勧業銀行川越出張所、川越商工会議所と変遷を経てきたそうです。

埼玉県川越市松江町2-1-8。

f:id:Pulin:20130422124238j:image:w450


上の建物の近くにあった雑貨屋。かなりボロボロですが良い味を出しています。

f:id:Pulin:20130422091222j:image

2013-04-21

2013-04-20

フラクタル5

フラクタル画像を作るPhotoshopのKPTプラグインとそれが動くバージョンのPhotoshopが現在のMacOSX10.8では使えないので、古いMacを稼働させて画像を作ってみました。ちなみにPhotoshopのバージョン7とKPT5で、MacOS9.2.2のPowerBook G4/867MHzで動かしています。

f:id:Pulin:20130420081016j:image

2013-04-19

今日の食べ物 レトルトカレー

ハウス・デリー・プレミアムレシピ・キーマカレーというレトルトカレー

スパイシーなキーマカレーでした。豆がたくさん入っていました。

f:id:Pulin:20130419073820j:image

f:id:Pulin:20130419073819j:image

2013-04-18

今日の食べ物 レトルトカレー

レトルトカレーS&Bマンダラバターチキンカレー。

サラッとしてスパイシーでなかなか辛さもあってチキンもわりとたくさん入っていました。

f:id:Pulin:20130418084144j:image

f:id:Pulin:20130418084207j:image

2013-04-17

秋葉原の煉瓦造りの倉

先日、秋葉原の東はずれの青島という店でラーメンを食べた際に、近くに煉瓦造りの倉を発見しました。

美術印刷(株)文唱堂倉庫と扉に書いてありました。

昭和2年(1927年)頃の建物だそうです。

東京都千代田区神田佐久間町3-16。

f:id:Pulin:20130419141404j:image

f:id:Pulin:20130419141143j:image

2013-04-16

東京の古いビル 秋葉原の変なビル

秋葉原の北東のはずれに変なビルを発見しました。

古くてくたびれた様子のビルですが、どうやら何かの事情でビルを一部解体したらしく、ビルの壁から構造体(梁と床)の断面が突出しています。

このビルはミツワビル2といい、昭和40年代ごろの建物と思われます。駐車場の中にこのビルだけがぽつんと一棟建っています。このビルは現在トランクルームとして使われているようです。

東京都千代田区神田練塀町76。

f:id:Pulin:20130416154656j:image

f:id:Pulin:20130416154714j:image

f:id:Pulin:20130416160218j:image

f:id:Pulin:20130416154759j:image

2013-04-15

今日のお食事 ラーメン

秋葉原の東はずれにある青島食堂という店でラーメン(700円)を食べました。

ナルトやほうれん草の乗った懐かしいタイプの醤油ラーメンです。スープには生姜の風味が効いています。チャーシューは結構量があります。

f:id:Pulin:20130415181819j:image

2013-04-14

2013-04-13

蜥蜴が日向ぼっこ

擁壁の水抜き穴から蜥蜴がにょろっと出て日向ぼっこをしていました。

二枚目の画像の蜥蜴は気持ち良さそうに眼を閉じています。

f:id:Pulin:20130413154047j:image

f:id:Pulin:20130413155059j:image

2013-04-12

今日のお食事 つけ麺

国立北口(住所は国分寺市光町)にわりと最近できた味噌まるという店でつけ麺(650円)を食べてみました。

つけ汁は魚介出汁のちょっと甘めの味噌味です。麺は無料で特盛りまで頼めます。麺の量が多くて食べごたえがあります。

f:id:Pulin:20130412171632j:image

2013-04-11

今日のお食事 スタ丼屋の牛サガリ焼肉丼

スタ丼屋の4月限定メニューの牛サガリ焼肉丼(780円)を食べてみました。

甘辛い牛焼肉の丼です。キムチやもやしのナムルなども乗っています。

牛肉がなかなかおいしくて量が多めなので食べでがありました。

f:id:Pulin:20130411170448j:image

2013-04-10

東京の古いビル 立川

立川市高松町3丁目にある立川税務署です。

水平的で各階に庇を張り出させたデザインがいかにも昭和中期頃の戦後の役所建築といった趣です。

こういう役所建築らしい役所建築も次第に消えていくのでしょう。

f:id:Pulin:20130410095914j:image


(追記)

立川税務署は離れた新庁舎に移転したそうで、この古い庁舎はすでに取り壊されているかもしれません。

2013-04-09

立川市高松町三丁目の廃ビル?

立川市高松町3丁目の住宅街の狭い路地に廃ビル(というほど大規模ではないですが)とおぼしき建物が建っています。

上階になるほど狭くなる4階建ての建物ですが、作りから見て何かの寮あるいは病院だったのかもしれません。立川に米軍基地があった時代、この辺りはバーなどが建ち並ぶ歓楽街だったそうなので、何かそれに関係があった建物なのかもしれません。

f:id:Pulin:20130409145645j:image

f:id:Pulin:20130409145646j:image

f:id:Pulin:20130409145647j:image

2013-04-08

猫の置物

猫の置物。

以前、確か長野の駅ビルで買ったもの。

f:id:Pulin:20130408163550j:image

2013-04-07

今日のお食事 ラーメン

立川南口のラーメン施設たま館の南木商店で全部乗せ(880円)。麺は細麺とちぢれ麺が選べるうちのちぢれ麺にしてみました。太めでもちっとした感触の麺でした。

どろっとした大変濃厚な豚骨スープのラーメンです。

f:id:Pulin:20130407161655j:image

2013-04-06

精神的不調

このところあまり精神的に調子が良くない。

どうやったら乗り切れるか。

今日の食べ物 ハヤシライス

朝食に、ハウス、ザ・ホテル・ハヤシというレトルトハヤシ。

甘味が強いハヤシでした。

f:id:Pulin:20130406075143j:image

f:id:Pulin:20130406075144j:image

2013-04-05

アップルパイ

アップルパイとコーヒー。

f:id:Pulin:20130405160210j:image

2013-04-04

2013-04-03

2013-04-02

お花見

先日、お花見をしました。場所は国立の大学通りです。

f:id:Pulin:20130402122551j:image

お花見のお供、ビールとサラミと野菜。

f:id:Pulin:20130402122550j:image

2013-04-01

家族内での呼称

日本では家族内での呼称はその家族内の最年少者の視点に合わせるというよく知られた現象がある。

子供がいない夫婦は「あなた」「きみ」や名前で呼び合う、子供ができると「パパ」「ママ」「お父さん」「お母さん」といった呼び方になる、その子供も下の子供ができると「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と呼ばれるようになる、夫婦に孫ができれば「お爺さん」「お婆さん」といった具合に、最年少者の視点に合わせて家族内での呼称が定まる。

人それぞれで呼び方が違っていると一番小さな子が混乱するといけないからという意識が働くこともあろうが、幼児でもなければそんな混乱はしないわけで、一番小さい子が幼児期を過ぎてもこの呼称が続けられるのは、最年少者の視点に合わせた親族呼称で呼べば家族内での役割がはっきりするといった理由なのだろう。

これは別に決まりではないが習慣の一種である。

このため、たとえば自分の息子に対して、その息子に子供がいてそれが最年少者の場合、その視点に合わせて「お父さん」と呼んだりすることも起こるわけである。

自称の場合は最年少者の視点というより相手の視点に合わせることがある。子供相手には「お父さん」、孫相手には「お爺さん」と自称したりする場合である。これもそこに最年少者が同席していればその視点に合わせることもある。


(追記)

幼い子を持つ母親同士が「○○ちゃん(子供の名)のママ」と呼びあったりするのは、家族内の呼称を外側から見て使っているケースといえようか。


(追記2)

創作などではコメディ的に「おい妹」「おい弟」などと呼びかけたりするケースが現れているようだ。