Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

御光堂世界〜Pulinの日記

2013-10-31

今日のお食事 ラーメン

国立の旭通りの大和家でラーメン(650円)にトッピングでもやしキャベツ(100円)を追加してみました。すると丼に一杯入ったもやしキャベツが出てきました。いっぺんには乗せられないので少しずつスープに入れながら食べました。

f:id:Pulin:20131031171711j:image

2013-10-30

今日の食べ物 海苔弁当

弁当のたぐいを食べることは滅多にないのですが気が向いて某弁当屋の海苔弁当を食べてみました。

白身魚のフライと竹輪の天ぷらだけが乗った非常にシンプルな海苔弁当です。

f:id:Pulin:20131030164246j:image

2013-10-29

今日の食べ物 コーンフレーク

朝食にココア味のコーンフレークを牛乳とともに。

f:id:Pulin:20131029140342j:image

2013-10-27

久しぶりにCDを買った

久しぶりにCDを買いました。

ソニー・ロリンズの『Saxophone Colossus』です。50年代のジャズの傑作ですが、このCDはオリジナルアルバムそのままのCD化ではなく、2枚組になっていて1枚に『Saxophone Colossus』が収録、もう1枚には『Newk's Time』と『Tenor Madness』が収録されています。『Saxophone Colossus』の方は以前よく聴いていたものの現在手元にないので買い直しですが、あとの2作は聴くのは初めてです。そちらの方も『Saxophone Colossus』と同時期の傑作だそうです。むしろこっちの方が目当てです。

このCDは非常な廉価盤でアルバム3枚分入っているのにAmazonで670円でした。


Saxophone Colossus

Saxophone Colossus

2013-10-26

二重目的語文

〜が〜に〜を〜する

といったタイプの二重目的語文を考えてみよう。


スポーツ大会で優勝者に大会会長から記念品が贈呈されその際にファンファーレが鳴ったという状況があるとする。

そのときの、

(1) 会長は優勝者に記念品を贈呈した。その際にファンファーレが鳴った。

という文から、

記念品贈呈の際に、ファンファーレが鳴った。

とは言えても

*優勝者贈呈の際に、ファンファーレが鳴った。

とは言えないことが分る。(*は言えないという印)

このような場合、単に位置的にではなく構造的に「記念品」と「贈呈」が接近しているのに対し「優勝者」と「贈呈」は離れた関係にあるからだとされる。(注1)


ところが、例えば、学校が保護者に緊急事項を連絡してその際にミスが起きたという状況の、

(2) 学校は保護者に緊急事項を連絡した。その際にミスが起きた。

という文からは、

緊急事項連絡の際に、ミスが起きた。

保護者連絡の際に、ミスが起きた。

のどちらも言えそうである。

文の構造は(1)も(2)も同じであると考えられるのにこの違いはなぜだろうか。


この理由はよく分らないが、構造ではなく意味的な要因が関わってくるからなのだろう。

とりあえずメモとして。


(注1)

「記念品贈呈」といえても「優勝者贈呈」とは言えないので、基本語順は構造的に、〜が〜に〜を〜する、であるという説明がなされることもあるので、そう考えるとこの理由は循環していることになる。

2013-10-25

言語においては結合法則は成り立たない

足し算やかけ算では、

(a+b)+c=a+(b+c)

(a×b)×c=a×(b×c)

といった結合法則が成り立つが、言語においてはこうした結合法則は成り立たない。語を線状に足し合わせたのではすまない性質を持っている。

たとえば、

(1) 背の高い少年と少女

といった場合、異なった二通りの解釈がある。

背の高いのは少年だけとする

(2) [背の高い少年]と少女

という解釈と

少年と少女の両方背が高いとする

(3) 背の高い[少年と少女]

という解釈である。

これは言語が階層構造を持っているからである。

(2)の構造は

f:id:Pulin:20131025124750j:image

(3)の構造は

f:id:Pulin:20131025124810j:image

である。

言語にはこのような階層構造があるため結合法則が成り立たないのである。


(追記)

こうした場合、解釈の曖昧さを排除するにはどうしたらよいか。

(2)の解釈なら

少女と背の高い少年

と言い換え

(3)の解釈なら

背の高い少年と背の高い少女

と言い換えればよいわけだが

表現の自然さは劣る。

2013-10-24

今日の食べ物 スタ丼風のもの

スタ丼風のものを作ってみました。豚肉をにんにくを加えた醤油でねぎとともに炒めたものです。

スタ丼の店のとは全く似てない味になりました。店のスタ丼と違ってご飯の上に海苔も敷いていません。

f:id:Pulin:20131024161832j:image

2013-10-23

OSX10.9 Mavericks

Macの新しいOS、OSX10.9 Mavericks が出た、なんと無料である、というメモ。

導入した使用感などは後で書く。


(追記)

二時間弱でダウンロードとインストールが終わった。

特別な不具合はないが、Safariがたまにもたっとした感じになったりする。


(追記2)

Dashboardの時計が↓のように変になっているのに気付いた。

f:id:Pulin:20131025170438j:image

2013-10-22

今日のお食事 ラーメン

国立北口(住所は国分寺市光町)の味噌まるで辛味噌ラーメン(750円)を食べました。

真っ赤なスープの激辛というほどではないですが結構辛いラーメンです。

f:id:Pulin:20131022173530j:image

2013-10-21

今日の食べ物 レトルトハヤシ

成城石井(協力中村屋)のビーフハヤシ。

ここのレトルトカレーは結構美味しいのでハヤシにも期待したのですが意外と平凡な味でした。

f:id:Pulin:20131021170316j:image

f:id:Pulin:20131021170317j:image

2013-10-20

二重主語文

(1) 田中さんが息子さんが大学に受かった。


のように「主語」(あるいは「主格」というべきか)が二つある(ように見える)文を二重主語文と言い、日本語の特徴の一つとされている。

こうした文は自分の感覚だと非文とまではいかないがかなり不自然な文に感じる。どうも座りが悪い。このような文は実際にどの程度使われることがあるのだろうか。

(1)を会話文風にして


(2) 田中さんがね、息子さんが大学に受かったんですって。


とするとそれほど不自然さは感じなくなる。

ただし、(1)の文と(2)の文を同じとみなせるのかという問題もある。


(3) 息子さんが大学に受かったのは誰ですか?


の答えとして、


(1)' 田中さんが息子さんが大学に受かりました。


と言うことは理屈としてはあり得るだろう。

しかし(2)の「田中さんがね」と(1)'の場合の「田中さんが」は同じ意味だろうか。どうも違うような気がする。(1)'の場合の「田中さんが」は、誰かといえば「田中さん」、というニュアンスだが、(2)の場合の「田中さんがね」には特にそうしたニュアンスはなく、話題として「田中さん」を持ち出しただけという感じである。

また、(3)の答えとしては実際は、


(4) 田中さんです。


と言えば済むはずで、(1)'のように言うことはやはり不自然である。

というわけで、二重主語文にはどうも人工的な不自然さが付きまとうのである。


(5) 田中さんは息子さんが大学に受かった。


とすれば、「象は鼻が長い。」などと同様の文になり、「田中さんは」は「主語」ではなく「話題」(または「主題」)として提示されていることがはっきりするので、不自然さはなくなる。

2013-10-19

今日の食べ物 レトルトカレー

レトルトカレー中村屋インドカリーグリルドビーフ。

サラッとしてスパイシーなカレーでした。

f:id:Pulin:20131019140840j:image

f:id:Pulin:20131019140839j:image

2013-10-18

今日の食べ物 レトルトカレー

レトルトカレー中村屋インドカリー濃厚ビーフ、新製品です。

同じ中村屋ビーフスパイシーカレーに比べるとスパイス感がまろやかで甘みを結構強く感じるカレーでした。もちっとしたタイプです。

f:id:Pulin:20131018170145j:image

f:id:Pulin:20131018170146j:image

2013-10-17

今日のお菓子 松風

京都の松風という和菓子とコーヒー。

松風は白味噌の風味がある硬めのもっちりしたカステラのようなお菓子です。

f:id:Pulin:20131017150653j:image

2013-10-16

今日の食べ物 レトルトハヤシ

朝食にレトルトハヤシの中村屋技あり仕込みビーフハヤシ。

濃厚な味のハヤシでした。

f:id:Pulin:20131016095407j:image

f:id:Pulin:20131016095408j:image

2013-10-15

今日の食べ物 レトルト酸辣湯

ニチレイのレトルト酸辣湯。玉子を加えて作るものですが豆腐も追加してみました。

ご飯はお粥です。

f:id:Pulin:20131015141456j:image

f:id:Pulin:20131015141457j:image

2013-10-12

今日のお食事 スタ丼屋のビビン丼

すた丼の店で期間限定メニューのビビン丼(780円)を食べました。

甘辛い味付けの牛肉が約七切れ、キムチともやしとほうれんそうのナムルが乗っています。なかなか美味しかった。

f:id:Pulin:20131012150549j:image

10月なのに暑い

10月もそろそろ半ばになろうとしているのに今日も暑い。真夏のようだ。空気の感じも夏なのかと錯覚してしまうほどだ。

外で少し動き回ったら汗だらけになった。室内の温度も30度ある。

2013-10-11

今日の食べ物 レトルトカレー

レトルトカレーグリコカレー職人インド風カレー。辛口となっていますが、甘みを感じるカレーでした。値段が安いので具がほとんど入っていないのが寂しいです。

f:id:Pulin:20131011111101j:image

f:id:Pulin:20131011111100j:image

2013-10-09

10月になったのに暑い

9月末にようやく涼しくなったてきたと思ったら、10月になったらかえって暑くなった。台風の影響らしい。

今日の食べ物 レトルトカレー

生協のレトルトカレー、インド風スパイシーチキンを食べました。

名前の通り結構スパイス感のあるカレーでした。値段が安いため具がほとんど入っていなかったのは寂しい。

f:id:Pulin:20131009160838j:image

f:id:Pulin:20131009160839j:image

2013-10-08

今日の食べ物 レトルトハヤシ

生協のレトルトハッシュドビーフでハヤシライス。

値段が安いので具がほとんど入っていなかったのが少々寂しいです。

f:id:Pulin:20131008170346j:image

f:id:Pulin:20131008170347j:image

2013-10-06

今日の食べ物 レトルトカレー

西友のレトルトカレー、一袋88円です。

ごく普通のカレーでした。辛口なので辛さはそこそこありました。

f:id:Pulin:20131006143830j:image

f:id:Pulin:20131006143831j:image

2013-10-05

10数年前CDショップで

10年以上前のことだが、新宿のある大きなCDショップでCDを探して、見つからないので店員に聞いた。そうしたら、その店員は、それでしたらここにあると思いますが、ああ、今在庫が切れてるようですね、ですが○○(同じ新宿の別の大規模CD店)に置いてあるのは見かけましたよ、と教えてくれた。そこでそっちに行くと確かにあったので買うことができた。自店の儲けに繋がらずライバル店の儲けになることをよく教えてくれたものだと思う。その音楽が好きで聴く人が増えてくれたら嬉しいといった気持ちだったのだろうか。

2013-10-04

タイムが伸びる?縮む?

水泳や陸上競技などで、能力や成績が向上し時間が縮んだこと(つまり速くなったこと)を、「タイムが伸びる」と言ったりする。字義通りには「タイムが縮む」でなければおかしいわけである。

これは、能力や成績の向上(良くなる変化)は伸びることであるというメタファーが直接タイムそのものに結びついて「タイムが伸びる」という言い方になったものと考えられる。良くなる変化なのに「縮む」というマイナス方向の意味を持つ言葉は使いづらいという意識も働いているだろう。

しかし時間が縮んだことを具体的に表すには、タイムが10秒縮んだ、と言って、タイムが10秒伸びた、とは言わないだろう。

2013-10-02

今日の食べ物 炒飯と麻婆豆腐

炒飯を作りました。プラス、スープ代わりにレトルトの麻婆豆腐です。

f:id:Pulin:20131002120316j:image

論理学の練習問題 自然演繹 述語論理

(1) ∀x(Fx→Gx)├ ∃xFx→∃xGx

  ∀x(Fx→Gx)

  ──────  1

   FaGa   Fa

   ────────

      Ga

 2   ────

∃xFx   ∃xGx

───────── 1

   ∃xGx

 ────── 2

 ∃xFx→∃xGx



(2) ∃x(Fx→Gx) ≡ ∀xFx→∃xGx


(a) ∃x(Fx→Gx) ├ ∀xFx→∃xGx

           2

          ∀xFx

      1   ───

     FaGa  Fa

     ────────

        Ga

       ───

∃x(Fx→Gx)  ∃xGx

──────────── 1

     ∃xGx

   ────── 2

   ∀xFx→∃xGx



(b) ∀xFx→∃xGx├ ∃x(Fx→Gx)

 

∀xFx→∃xGx

──────

 Fa→∃xGx

──────

∃xFx→∃xGx

──────

∃x(Fx→Gx)

2013-10-01

論理学の練習問題 自然演繹  命題論理

(1) ¬p∨q , p∨r├ q∨r

(証明)

与えられた式は

¬p∨q≡p→q , p∨r≡¬p→r

から

p→q , ¬p→r├ q∨r

となるので

   1      1

   p p→q  ¬p ¬p→r

   ────  ──────

     q      r

    ───   ───

p∨¬p  q∨r    q∨r

────────────── 1

       q∨r


(2) p→q , r→¬q├ p→¬r

(証明)

2      1

p p→q   r r→¬q

───── ──────

  q     ¬q

 ──────────

      ⊥

    ───── 1

      ¬r

    ───── 2

     p→¬r


(2)において、pを「1000円持っている」、qを「この本が買える」、rを「500円持っている」として日常言語的表現にすると、

1000円持っていればこの本が買える。500円持っていてもこの本は買えない。ゆえに1000円持っていれば500円持っていない。

なんとなくおかしい…?