Hatena::ブログ(Diary)

御光堂世界〜Pulinの日記

2013-11-30

立川のパークアベニュー前のイルミネーション

立川のパークアベニュー前のイルミネーションがきれいでした。

f:id:Pulin:20131130153928j:image

2013-11-29

2013-11-28

MacBook Pro不調

MacBook Proが不調になった。起動途中で止まってしまう。どうやっても回復しないから修理に出した。


(追記)

数日後に修理完了して受け取ったが、小一時間ほど使っているうちに今度は画面の表示が崩れて横線が入ったりするような状態になりまた起動しなくなったので、再び修理に出すことにした。

このMacBook ProはEarly2011モデルなのだが、このモデルではGPUの不具合とみられる故障が最近になって多発しているらしいことがネットを調べて分った。

MacBook Pro Early 2011 15インチ・17インチモデルでGPU関連の不具合多発との報告あり

2013-11-26

今日の食べ物 ハヤシライス

S&Bのレトルトハヤシ、フォン・ド・ボーディナー。

オーソドックスなハヤシで、肉もわりと多めに入っていました。

f:id:Pulin:20131126190503j:image

f:id:Pulin:20131126190502j:image

2013-11-25

今日の食べ物 レトルトカレー

S&Bレトルトカレー、冬のごちそうカレー曜日

蓮根や里芋などの根菜類がゴロゴロと入ったまったりした味のカレーでした。

f:id:Pulin:20131125190915j:image

f:id:Pulin:20131125190916j:image

2013-11-24

今日の食べ物 レトルトカレー

サミットレトルトカレー、西永福カレー。

なかなかスパイシーなインドカレー風のチキンカレーで、肉も結構たくさん入っていました。

f:id:Pulin:20131124142355j:image

f:id:Pulin:20131124142356j:image

2013-11-23

今日の食べ物 ぶり大根

ぶり大根でご飯。

ぶり大根はスーパーで売っていたものですが、出来合いのお惣菜にありがちな甘めの味付けでした。

f:id:Pulin:20131123171359j:image

2013-11-21

今日の食べ物 豆苗と厚揚げの炒め物

豆苗と厚揚げ豆腐の炒め物を作りました。味付けは塩、味の素、醤油少々です。

豆苗は切り取った根っ子の部分に水をやっておけばまた生えてくることが期待できます。

f:id:Pulin:20131121183353j:image

2013-11-20

今日のお食事 牛肉麺

バーミヤン牛肉麺

スープには甘みがあってトロッとしていました。上に乗っている赤いものは刻んだトマトです。

f:id:Pulin:20131120233620j:image

2013-11-19

今日の食べ物 レトルトカレー

マルエツレトルトカレー、桜もち豚カレー。

なかなかスパイシーで、肉やじゃがいもなどの具も結構入っているカレーでした。

f:id:Pulin:20131119170712j:image

f:id:Pulin:20131119170713j:image

2013-11-17

今日のお食事 国立の中一素食店

国立の富士見通りの台湾素食(精進料理)の店、中一素食店で週替わり定食を食べました。

これは「雪菜鮮豆腐」というメニューで、雪菜、豆腐、大豆たんぱく、人参の醤油味の炒め物です。ご飯は玄米、サラダ、スープ、搾菜、杏仁豆腐、お茶が付きます。

精進料理といってもちょっとこてってりした感じもあってなかなか良いお味でした。

f:id:Pulin:20131117164118j:image

2013-11-15

体重が増えたから減らす

気付いたら体重が結構増えていたのでまた減らすことにした。食べ過ぎなのだろうか。

2013-11-14

今日のお食事 つけ麺

西国立の日の出屋で特製もりそば(中盛り700円、13:30〜15:00の間500円)を食べました。

つけ汁には甘みとかなりの酸味がありました。

f:id:Pulin:20131114163754j:image


日の出屋店舗。ここは民家がそのままラーメン屋になっていて玄関から入り畳の部屋で食べます。

f:id:Pulin:20131114163903j:image

2013-11-13

専門書に誤植があると萎える

『基礎日本語文法 改訂版』(益岡隆志, 田窪行則著 くろしお出版)という本を読んでいたら、誤植と思われる記述があった。

p.17に次のような記述がある。

 2 複合動詞は、また、前項が動詞としての性質を保持しているものと、動詞としての性質を一部または全部失っているものにわけることができる。前者は前項に種々の動詞を取ることができ、また、前項が受動形、使役形、等様々な型式を取ることができる。

(中略)

これに対して、後者は前項に現れる動詞が限られ、また、前項が受動形等を取ることもない。

これらの2つの型の複合動詞を、それぞれ「統語的複合動詞」、「語彙的複合動詞」と呼ぶ。

この最初のセンテンスの「前項」(赤文字にしたところ)は明らかに「後項」の誤りであろう。誤植なのだろう。

専門的な本で重要な部分の記述にこういう誤りがあると萎える。この本自体はよい文法の本だけに残念である。


基礎日本語文法・改訂版

基礎日本語文法・改訂版

2013-11-12

今日のお食事 ラーメン

国分寺南口のムタヒロで煮干しそば(700円)を食べました。

名前の通り魚介味を強く感じる、麺の太い醤油ラーメンでした。

ここは国分寺では評判の店だそうです。

f:id:Pulin:20131112190411j:image

2013-11-11

今日の食べ物 レトルトカレー

中村屋レトルトカレー、インドカリースパイシーチキンです。

名前の通りスパイシーなカレーでコクもあります。

f:id:Pulin:20131111142356j:image

f:id:Pulin:20131111142357j:image

2013-11-10

今日の食べ物 レトルトカレー

生協のレトルトカレー、タイ風グリーンカレー

値段が安いせいか量が少なめで具もほとんど入っていなかったのが寂しいです。

f:id:Pulin:20131110114509j:image

f:id:Pulin:20131110114510j:image

2013-11-09

2013-11-08

2013-11-07

言語学における共産主義と資本主義? 生成文法とコーパス言語学

『ベーシック コーパス言語学』という本を読んでいたら面白い記述がありました。

まず引用してみます。

Grefenstette(1998)は、普遍文法に対してコーパス文法を脱文法(no-grammar)と呼び、各々の研究者を共産主義と原理的資本主義に喩えます。普遍文法は、共産主義同様、多様な人間の営みの背後に統一的な理論がすべてと考え、異なる考え方を排除して自らを純化しつつ、正・反の弁証法によって個別的事実から統一的理論に到ることを目指します。一方、コーパス文法は、資本主義同様、コーパス=市場を「神の見えざる手」のような自己決定的理論が支配する場ととらえ、外部の理論でそれを侵すべきでないと考えます。そして、コーパス=市場を無限に拡張して、「コーパスにあるものを見る」ことで、得られる利益の最大化を目指すとされます。

石川慎一郎『ベーシック コーパス言語学』(ひつじ書房)p.192


コーパス言語学とは、コーパス(電子的に扱えるようにして大量に収集された実際の用例の言語資料)を統計的に分析して研究する学問分野です。

普遍文法というのは生成文法の考え方で、人間が生得的に脳内に備えている基本的な言語機能のことです。

ここで言われているのは、言語が個人に備わっているものなのか、社会の中に存在しているものなのかという言語観の違いでしょう。言語は人間が先天的に備えている言語能力の原理に律せられているというトップダウン的考え方と、それは社会の中での使われ方でしか決まらないとするボトムアップ的考え方の違いでもあります。

Grefenstetteという人が普遍文法を共産主義的に喩えたのは、生成文法の創始者であるチョムスキーが政治的にはリベラル左派であるためでしょう。だからといって生成文法が共産主義的だというのはかなりの飛躍があると思われます。

一方、資本主義的な言語観は生成文法以前の記述中心の構造主義の言語観に近いものと思われます。また、ウィトゲンシュタイン的「言語ゲーム」といった考え方にも近いのかもしれません。

生成文法ではコーパス言語学はそれほど活用されてこなかったいといいますから、このような発想が出てきたのかもしれません。

生成文法とコーパス言語学を比べると、生成文法では人間は文法に従って無限に新しい文を産出していく能力があるとされるので無限の対象が扱えますが、コーパス言語学だと対象はデータ量が膨大でも実際に使われた用例に限定されるわけで、扱う対象が無限ではない、という違いもあるのではないでしょうか。


ベーシックコーパス言語学

ベーシックコーパス言語学

2013-11-06

ブログの色変更

寒い季節になったのでブログの色を暖色系に変えました。

2013-11-05

今日の食べ物 海苔弁当

ふだん弁当のたぐいは滅多に食べないのですが何となく海苔弁当を食べてみたい気分になったので。

某弁当屋の海苔弁当でメインのおかずはメンチカツです。

f:id:Pulin:20131105122512j:image

2013-11-04

国立の天下市

今日は国立の天下市で大学通り歩行者天国になるので、午前中の雨が昼過ぎから上がったので行ってみました。

f:id:Pulin:20131104170710j:image

同時に開催されている一橋大学の学園祭一橋祭も見てきました。

2013-11-03

サモサ

国立の天下市で買ったサモサ。インド料理の一種で、「ゆでてつぶしたジャガイモとグリーンピースなどの具をクミンコリアンダーシード、ターメリックなど各種の香辛料で味付けし、小麦粉と食塩と水で作った薄い皮で三角形(三角錐が多い)に包み、食用油でさっくりと揚げたもの」(Wikipedia)です。食べるのは初めてです。今食べようと思ったのですが、なんかおあまり腹が空いてないので明日の朝食にすることにしました。

f:id:Pulin:20131103183452j:image

2013-11-02

国立の天下市

今日から三日間国立の大学通りで開催される天下市に行ってみました。

国立市内のいろいろなお店が出ています。

f:id:Pulin:20131102170623j:image

ノイフランクの屋台で焼きソーセージを買いました。

f:id:Pulin:20131102170700j:image

ネパール料理店の屋台で買ったチキンティッカでビールを飲みました。

f:id:Pulin:20131102170940j:image

旧国立駅舎をかたどったくにニャンというゆるキャラがいました。

f:id:Pulin:20131102171100j:image

屋台をみるとつい買ってしまう牛串。

f:id:Pulin:20131102171152j:image

なんか肉類ばかり食べたことになります。

2013-11-01

今日のお食事 タイ料理店でランチバイキング

国立のタイ料理店バーンキラオのランチバイキングに行きました。

焼きそば風のもの、肉野菜炒め、生春巻、カレー風のもの、炒飯、トムヤンクンです。

f:id:Pulin:20131101173009j:image

一回目で取りきれなかったもの。グリーンカレーとフォーです。肉野菜炒めももう一度。

f:id:Pulin:20131101173058j:image

デザートにタピオカココナッツミルク。左奥のは豆腐サラダ。

f:id:Pulin:20131101173343j:image


これでちょっと苦しいぐらいお腹一杯になりました。

レ足す言葉、レレ足す言葉

「見られる」「着られる」などが、「読める」「聞ける」といった可能動詞に引かれて、「見れる」「着れる」といった言い方になったのがラ抜き言葉である。すると今度はそれに引かれて、「読めれる」「聞けれる」といった言い方が現れてきた。これがレ足すことばである。そしてさらにそれに引かれて「見れれる」「着れれる」といった言い方も出てきた。つまり可能の標識が「れる」と解釈されているわけである。

このサイクルがさらに続けば(つまり今度は可能の標識を「れれる」と解釈するようになれば)「読めれれる」「聞けれれる」といった語形も生まれるのかもしれない。「レレ足す言葉」とでも言おうか。そしてさらに「見れれれる」「着れれれる」ができる。そしてさらに……。

根本的に五段動詞と一段動詞の対立がある限り解消しないサイクルである。


(ラ抜き言葉、レ足す言葉についてはこちらも参照→ら抜きことば、さ入れことば