Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

御光堂世界〜Pulinの日記

2011-06-10

今年もオタマジャクシが降ったらしい

石川で2年ぶり空からオタマジャクシ

 2009年に全国的な話題となった「空から降るオタマジャクシ」が8日朝、石川県加賀市で見つかった。南河武志さん(65)方の玄関前で約20匹が死んでいるのを、妻の早智子さん(65)が発見。玄関ポーチの屋根にも数匹落ちており、南河さんは「空から落ちてきたんじゃないですかね?」と話している。

 南河さんによると、8日午前6時頃、早智子さんが掃き掃除をしようと玄関先に出たところ、体長2センチ前後のオタマジャクシが干からびた状態で大量に落ちているのを発見した。最初はゴミかと思ったが、後ろ足が出ていたため同種と確認。7日夕に掃除した時はいなかったという。

 南河さんは「ちょうど新聞のコラムで『今年は来るか』と読んだばかりだったので『あ、来たわい』と思って新聞社に電話しました。空からの贈り物? もっとええもんだとええんですけど」。自宅から約100メートル離れた営巣地に向け飛来するシラサギを日頃から目撃するため「ひなに餌を持っていく途中に口からこぼれたんじゃ」と推測している。

 09年6月に石川県七尾市で約100匹が見つかって以降、同秋までに北海道から鹿児島までの20道県27市町で発見された「空オタマ」。原因については「鳥が運んだ」「竜巻が巻き上げた」と、さまざまな臆測が飛び交ったが、依然として謎は解明されていない。


(2011年6月9日06時03分 スポーツ報知)


空から何かが(魚とかオタマジャクシなどが多い)が降ってくるファフロツキーズ現象が今年もあったらしい。一昨年、去年と、6月に起きて、主にオタマジャクシが目立つのは、この時季にオタマジャクシが増えて活発に活動するからだろうが、この原因はともかく、他の季節のファフロツキーズは、特に気付かれていないだけかもしれない。

2010-08-24

今年も「ファフロツキーズ」はあったらしい

去年の6月ごろ、日本各地で空からオタマジャクシだのカエルだの小魚だのが落ちてきた? と話題をさらったファフロツキーズ現象は、今年もやはり6月ごろにあったらしい。

http://asios-blog.seesaa.net/article/151804136.html


今年のは、もう飽きられてネタ性もなくなったせいか、大々的には報道されなかったもののようだ。

2009-07-08

さらにファフロツキーズ

久しぶりにファフロツキーズだ。

朝日新聞によると



大分でも降った? 農道にカエル300匹以上が散乱

2009年7月8日14時35分

 大分県玖珠町日出生(ひじう)の農道で7日朝、約100メートルにわたって2〜3センチのカエルの死骸(しがい)が散乱しているのを、近くの農業中島篤志さん(69)が見つけた。カエルになる直前のオタマジャクシも含め、300匹はいたという。

 国道387号から約500メートル山側に入った70戸の集落のはずれ。田の見回りをしていた中島さんが、ふと足元を見て気がついた。「鳥が吐き出したにしては多すぎる。人のいたずらでもなさそうだし」と珍現象に首をひねっている。


これは何となく分かりそうである。つまり、蛙は空から落ちてきたのではなく、蛙たちは大勢でどこかへ移動しようと這っているうちに力が尽きて死んでしまったのだと思う。100メートルに渡って点々と散乱していたというもそれを裏付ける。


ファフロツキーズ

またまたファフロツキーズ

2009-06-17

またまたファフロツキーズ?

読売新聞から。


「空からオタマ」現象、新たに埼玉・宮城など4か所で

 空からオタマジャクシが落ちてきたとみられる現象が石川などで相次ぐ中、新たに埼玉県久喜市と、宮城県大和町、長野県須坂市、福井県鯖江市でも、民家や学校でオタマジャクシや小魚が発見された。


 久喜市では16日、小山義満さん(77)宅が、自宅玄関先や屋根にオタマジャクシや小魚十数匹が落ちているのを発見。隣家の駐車場にも十数匹が落ちていたという。

 大和町では15日、吉川はる子さん(74)が、庭先と屋根に計約70匹の死んだオタマジャクシを発見。吉川さんは「音がしたので、にわか雨かと思った」と驚いていた。

 須坂市では15日、市立日野小学校の宮本和男教諭(46)が校庭で死んだオタマジャクシ約40匹を発見。校庭中央の直径3〜4メートルの範囲に散らばっていた。鯖江市では17日、民家の車庫で30匹のオタマジャクシが見つかった。

(2009年6月17日21時06分 読売新聞)


なんだか日本中でファフロツキーズ現象が起こっている様相だが、便乗いたずらでないとすると、こういう現象は原因はともかく案外日常的によく起きていることで、今回それが広く認知されるようになっただけなのかもしれない。今まではその場の不思議でおしまいになっていた話が、報道があったことで、発見者も、これは今話題になっているあれではないかと認識し、マスコミもキャッチしてさらに報道するという図式だ。そうなら、やがて飽きられるかもしれないね。


ファフロツキーズ?

またファフロツキーズ?

2009-06-15

またファフロツキーズ?

読売新聞によると



オタマジャクシ、次は広島に降る?…庭や屋根に散乱

民家の庭先で見つかったオタマジャクシ=広島県三次市で

 広島県三次(みよし)市の民家で15日朝、庭や屋根に、死んだオタマジャクシ13匹とカエル1匹が散乱しているのが見つかった。

 同市十日市東の民家で午前8時頃、この家の主婦(60)が、庭や駐車場、物置の屋根など、約20メートルの直線上に、体長3〜5センチのオタマジャクシや同5センチのトノサマガエルが落ちているのを見つけた。

 広島地方気象台によると、同県では当時、竜巻や突風など、強い風が吹いた記録はないという。

 石川県内でも今月、オタマジャクシや小魚が空から降ってきたとみられる現象が確認されているが、原因は不明。地元では「鳥が落としたのでは」との声もあるが、山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)は「鳥は餌をのみ込んで運び、空中で落とすとは考えにくい」としている。

(2009年6月15日16時33分  読売新聞)

だそうだ。

石川県で起きたファフロツキーズ現象が広島に飛び火したような感があるが、落ちてきたとされるオタマジャクシなどの数も少ないし、どうもこれは便乗いたずら臭い気がする。


またまたファフロツキーズ?