Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

御光堂世界〜Pulinの日記

2013-02-02

米軍立川基地跡 2013年2月の現状

米軍立川基地跡(昭和記念公園の西側に残っている部分)の樹が伐られ工事が始まっているという情報を見たので見にいってきました。

西側の道路沿いの一部の区画だけでしたが、確かに樹や草が伐られ整地が始まりそうな状態になっていました。

フェンスの内側を鉄板で囲ってありました。

f:id:Pulin:20130202163544j:image


高いところから見た状況。奥の方はまだ森状態になっていて、煙突や何かの建物跡がまだ残っているのが見えます。

f:id:Pulin:20130202163714j:image


同上。アップ。

f:id:Pulin:20130203134932j:image


鉄板の隙間から覗くと、何かの構造物の残骸が見えました。奥には3本の煙突が。

f:id:Pulin:20130202163913j:image


鉄板の隙間から。半分地下に埋まった小屋のような構造物。奥には横に長い建物の廃墟が。

f:id:Pulin:20130203134608j:image


横に長い建物の廃墟。

f:id:Pulin:20130203134656j:image


上のはかつて撮ったこの建物と同じですね。

f:id:Pulin:20101123064123j:image

2012-01-26

米軍立川基地の廃墟 その3

以前の記事、昔の思い出 昭和末期の米軍立川基地跡の廃墟のこと、及び、米軍立川基地跡の廃墟 その2、の続きです。

さらに雑多な画像を掲載します。


高級住宅と思われる建物。

f:id:Pulin:20120126153304j:image

同上。

f:id:Pulin:20120126153303j:image

バルコニーのついた入口。

f:id:Pulin:20120126153305j:image

廂のついた入口。

f:id:Pulin:20120126153307j:image

床が抜けている室内。

f:id:Pulin:20120126153306j:image

長い建物の廊下。

f:id:Pulin:20120126153308j:image

工場。

f:id:Pulin:20120126153309j:image

何かの入口のあたり。

f:id:Pulin:20120126162818j:image

上の中央ドア部分に書いてある文字の拡大。

f:id:Pulin:20120126163723j:image


いずれ昔の航空写真と突き合わせて、建物の配置を特定しようと思います。


前の記事

昔の思い出 昭和末期の米軍立川基地跡の廃墟のこと

及び

米軍立川基地跡の廃墟 その2

2010-12-21

米軍立川基地跡 2010年12月の現状

半年ほど前に米軍立川基地跡の現状を見に行きましたが、その時は夏で草木が繁茂していたので内部がよく見通せなかったので、冬になって草木も少し枯れたろうと、再び行ってみました。

今回はわざわざフィルムカメラ(CONTAX TVS II)で写真を撮ってきました。


半年前にもあった米軍住宅の廃屋とおぼしき建物はまだ残っていた。

f:id:Pulin:20101221174411j:image:w405


煙突と何かの構造物

f:id:Pulin:20110721101536j:image


フェンスの向こうに古い道が残っているようだ。

f:id:Pulin:20101221175229j:image


全体は森林化している。

f:id:Pulin:20110721101739j:image

この目一杯広角で撮った時の周辺光量の落ちっぷりが、このCONTAX TVS II というカメラ、レンズの味わいなんですよね。


おまけ画像。ここの付近にあった送電塔。カメラのチェックのため撮ってみた。

f:id:Pulin:20110721101344j:image:w405

2010-07-09

米軍立川基地跡 2010年7月の現状

昭和記念公園の部分のさらに西側に、立川基地跡の未だ整備されていない部分が拡がっています。


住宅街から道一本へだてたフェンスの内部は森のようになっている

f:id:Pulin:20100708175324j:image


蔦が絡まる煙突が残っている

f:id:Pulin:20100708175439j:image


煙突の隣の上部が見える構造物は、 これ 、と同じらしい

f:id:Pulin:20100708175601j:image


フェンス近くの木々の中に米軍住宅らしいものが一棟残っていた。現在建物はほとんど撤去されてなぜこれだけ残っているかは不明

f:id:Pulin:20100708175704j:image


フェンスの上部の有刺鉄線は切られている箇所もあったので、まだ悪童などが侵入したりしているのかもしれません。



そして、半年後はこうなっていました。

米軍立川基地跡 2010年12月の現状

2010-06-15

米軍立川基地跡の廃墟 その2

以前の記事、昔の思い出 昭和末期の米軍立川基地跡の廃墟のこと、の続きです。


煙突の下の部分 Googleの航空写真で見ると、この煙突はまだ現存しているようです。

f:id:Pulin:20100615063345j:image


煙突の向うには高級住宅らしい建物

f:id:Pulin:20101101164612j:image


高級住宅か

f:id:Pulin:20101101164733j:image


これも高級住宅か

f:id:Pulin:20101123064519j:image

屋内、テーブルが一つ

f:id:Pulin:20100615063635j:image


板張りの住宅の入り口、封鎖されている

f:id:Pulin:20100615063456j:image


この家の入り口は破られている

f:id:Pulin:20101123063733j:image


アパートのような二階建ての建物

f:id:Pulin:20101123064123j:image


工場の入り口

f:id:Pulin:20101123064124j:image


フェンスの向うはアメリカだった、というような言い方も何となく分らないでもないです。東京なら横田基地がまだそうだし、沖縄ならあちこちにあるわけです。


前の記事

昔の思い出 昭和末期の米軍立川基地跡の廃墟のこと

続き

米軍立川基地の廃墟 その3