400PR-279

since04/07/09

[]§ NOTES

實迷途其未遠、覺今是而昨非。

06/01/29

[][]エウレカセブン解説作業 07:59 エウレカセブン解説作業を含むブックマーク

g:eureka:keyword:イベントホライズン

とりあえずこの用語を説明しなきゃまずい気がするので、感想は後でね。

あ、グループ登録キーワード数がシステム含めて500超えました。編集回数1300回。そろそろ参加関連も検討していますが、別にもういいかなと(笑)

[]交響詩篇エウレカセブン 09:26 交響詩篇エウレカセブンを含むブックマーク

OP4

夢心地の朝一番に 差し込んだ光と終わってしまう恋

明日からは別々の道 て そんな突然心の準備ができない

縮まらない 何かを僕らは知っていたの?


Cherry blossom

何処までも 舞い散る君の声に

サヨナラ FALLIN LOVE


Cherry blossom Cherry blossom

涙 全て忘れて 今から FALLIN LOVE

届きますか?

#40 コズミック・トリガー [Cosmic Trigger]

カウントダウンへの最終調整と言ったところか。情報量をジワジワ積めてきてます。

A-part
B-part

つづく。

ED4

変わらない毎日から

抜け出したくて一人歩きだした

この手につかんだ地図を広げれば

辿り着けると思ったんだ


だけど勘違い 一人で強くなったって気がしていた

自分の弱さ見つけ かすむ行く手

でも光射して 皆の顔を浮かべる

立ち上がって前へ前へ 倒れたって何度だって

だって誰にもあるはず"帰れる場所"

いつもいつだってそう寄り添う絆

hands in the air 届くエール 胸に先へ


振り返るといつも変わらない場所があるから

どんな逆境も不安も超えてゆける

果てしない未知なる道へと踏み出す


振り返るといつも変わらない場所があるから

どんな逆境も不安も超えてゆける

果てしない未知なる道へと踏み出せる


振り返るといつも

NOTES

光と闇

今回の話はずばり第08話と第09話の反復に他ならないでしょう。

ray=outの表紙に起用されることとなっても知名度の獲得ができるということに快感を求めないレントン。これは第08話でエウレカに自慢したり、人々の視線を嬉しく思ったりすることから変わって、自己から世界に目を向けたということを明確に表しているのだろう。

またアリスコードネームも第08話のティプトリー確保をしたときのフォーメーションのシフト版で、エウレカヴォダラクの憎むべき存在になっているというのも第09話の続きです。

後半のヴォダラ宮内の暗さはどこかハッシェンダを連想させるものであるが、二人はその先の見えない光に向かってニルヴァーシュを走らせる。同じ状況でも恐れや葛藤を減らした二人が突き進んでいくいい演出ですな。

それでもノルブホランドの行動におどおどするレントンと、基本的にクールを保ちつつホランドの言ったとおりの普通の少女になっていくエウレカが見ていて楽しい

サクヤ

サクヤって蓮になったんだろうか。それとも蓮の中にいらっしゃるのだろうか。とりあえずノルブロリコンの容疑は固まった。ドミニクアネモネならまだ許せるが、爺と少女は犯罪(笑)

眠っているというのはスカブコーラルの眠りと同調して目覚めなくなったか、絶望病になったかという感じか。

んー、まだ引っ張れる要素満載。

NEXT EPISODE

#41 アクペリエンス・3 [Acperience 3]

絆の代償は。

おぉ!髪が伸びるんですか。

[] 13:45 を含むブックマーク

やるせないなぁ。

[]グループCSS 19:37 グループのCSSを含むブックマーク

  • 好きな配色は黒地に白。
    • 見づらくなるので検討。
  • ここの日記デザの白黒版。
    • やりたいけどtableに制限が出でる。
  • connect。
  • サイドバー復活。
    • 3段カラムでやってみたい。

とりあえず色々弄りたい。

2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 |
2011 | 07 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 |
2017 | 09 |