400PR-279

since04/07/09

[]§ NOTES

實迷途其未遠、覺今是而昨非。

07/12/02

[]電脳コイル 26 03:23 電脳コイル 26を含むブックマーク

第26話「ヤサコとイサコ

  • 最後ぐらい設定分少なめに書いたっていいじゃない。どうせキーワードで書くんですし。
  • イサコのために用意された空間だから、イサコが必要としなくなれば消滅してしまう。猫目の理由の明確化、4423周りの謎、電脳医療の中身辺りを5分ぐらいで片付けたのは凄まじい(笑)1番の人と3番の人辺りも早かったな。
  • うちの父もそうですが学者というのはザックリした考え方のようで、まぁ見せてくれないから本心まで全くその通りなのかはわからないんですけど。オジジの振る舞いは「帰ってきたヨッパライ」に近いものがある。ザックリ。いいな。
  • 再会したデンスケヤサコイマーゴによる産物、か。それでも願いは叶った。
  • 猫目の失踪は、まぁ、「あっち」が消滅したら目的失うわけなんで必然かなと。かき回してた人物が失踪し、その後どうなったのかは誰も知りません的な扱いは妙に懐かしい気もする。
  • 空想ノブヒコイマーゴ持ちのヤサコに警告するシークエンスは暗示的で地味に好きです。
  • あとイサコ「勇」たる所以を強く呼びかけるヤサコのところはぞくぞくきた。
  • 「彩度が低いのは演出なんてベタなモンじゃなくて仕様だろう」なんて思い込ませてきただけあって、彩度上げの演出はストレートに入りましたよ(笑)
  • 中学か・・・ダイチメガネつけてない辺りも含めて、メガネは遊び道具から情報端末としての扱いになったんかもな(ダイチの場合はダイチチに埋められた可能性が高いわけだけれど)。成長に伴い実質メガネを捨てた、と。
  • 金沢に帰るイサコ。イサコは仮に大黒市に留まってもあれだけの噂をぬぐいきれる保障はなかっただろうから、母の退院を抜きにしてもこちらも必然だったかもしれない。フミエなんかは恐らく嫌ってるままだろうから、その辺、現実的な重みとして残してますかね。
  • ヤサコの問いに頷く京子が感慨深すぎる。素敵にまとめたなぁ。好かったー。
  • グループについては本放送終了に寄せた何かをg:grpだかここだかに書く予定。本放送はメインイベントですもの。このグループ企画入ったのが去年の10月ごろなので、今日までに1年1ヶ月ぐらい経ってますかねー。もっと準備期間縮めたいわ(笑)
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/PultraMan/20071202/1196533426
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 |
2011 | 07 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 |