400PR-279

since04/07/09

[]§ NOTES

實迷途其未遠、覺今是而昨非。

07/12/03

g:coil本放送終了時点経過報告 16:40 g:coil本放送終了時点経過報告を含むブックマーク

電脳コイル』という作品のグループを作ることを決めたのは去年の10月でした。CSSを今年1月に組み始め、2月13日から表示テストグループを使ってテスト開始。発表時期は放送開始前のいつでもよかったのだけれど、キリのいい5月1日を選びました。そんな結構準備のいいスタートを切ったグループ

有名アニメーターが手がけるということで話題を呼んでいたなどということは4月頃までほとんど知らず、内容すら多く明らかになっていない放送開始前に、イメージスケッチ2枚のビジュアルSF臭だけでグループ化を実行するなんて無謀なことをよくしたもんだと思ってますが、結局は何かに惹かれた時点で時期は関係なしに同じことやってたと思います。

用語まとめ自体はライフワークに近いもの*1なので、今後も細々やると思うんですが、こういうグループを作れるのは今回が最後かもしれないと思ってたりもします。たぶん次以降、他の人に相手にされるとは思えない。されたら幸せと考えておきましょう。

そういうのもあって、個人的に頑張りたくなる作品でよかった。

はてなといえば、メガビーFlash作ったのも暗号式ジェネレータ作ったのも現はてな所属ユーザーなんですよね。偶然な気もしますが、さすが技術屋土壌。

とりあえず本放送終了までにやったこだわり(自己満足)や意図、思ったことを例によって思いつくままに書いておきます。

今回やったこと

「(g:eurekaで)出来なかった事をg:coilでまず出来ればと思う。」とグループを始めるときに書いた。

即ち最大の目標は、「解説するためのグループ」から「語るためのグループ」への転進。

語れる作品、語りたい人、聞きたい人がいなければお話にもならない大それた目標ですが、結果的にはてなで話題にもされててかつ語れる作品だったので運がよかったなと。総スルーだったら一人語りか以前の解説一辺倒に逃げる気でした。

トップページに日記を表示

せめてグループらしく、ということで主役であるグループ日記を前面に持ってきました。普通は当たり前のことなんですが、それすら出来ていなかったのでやりました。

RSSはてなRSS経由ではかせてるんですが、フィードはRSS2を使ったほうがよかったのかなーなんて今になって思ってます。何が違うかは全然分かってませんけど。

思いのほかエントリーのタイトルの行数を設定で制限するのが難しかったです。バグ関係で。下手するとデザイン崩壊するんでVista×IE7XP×IE7XP×IE6、FirefoxMacOSX×Safari、PalmOS5×NetFront環境でそれぞれ確認しました。Operaだと崩れてたような気もしますが、たまに調子よくなったりするのでよく分かりません。

chromeさんのいい仕事を始め、参加者の日記のエントリーがある意味メインになったのは管理者としても本懐遂げれたんじゃないかと。

管理ログ

管理人として何が出来るか?と考えたときにアナウンスの役目を思いつきました。いわゆる「はてなダイアリー日記」みたいなもの。なので今回は従来やっていた考察や私見なんかは最小限にしました。

アニメ公式ページがよく設ける「公式ブログ」みたいなのにしようかとも思ったんですけど、いかんせん情報が出てこない。それゆえ、結局は起こった出来事を杭として打ち込む役目のブログなっちまったかな。

ネーミングはグループタイトルのダサさにあわせて「お知らせログ」みたいなものに当初してたけれど、あまりに酷いのでまだ響きがよさそうな「管理ログ」に落ち着く。「忙しい人は読まない」でもよかったんだけど、誤解を招きそうなので却下

作画スタッフキーワード化

これに関しては放送前にあった要望を汲んだもので、テロップをあまり気にしない生活を送ってきた人間としては新しい試みでした。

アニメーターがそれぞれ参加した過去の作品のリストは作業の軽減も考えて割愛、もしくは大手ところにリンクする程度にしようかと思ってたんですが、それも回りくどいので採用することにしました。ここら辺はdrrrr氏に感謝

放送前に立石さんに突っ込みいれられてしまったりしてる節で判るように、自分が書いた辺りはところどころ間違ってるかもしれないので非常に不安です。にわかですみません。

三行ルール

自分も確実に活字離れ人間で、ラノベすら斜め読みしか出来ない輩なんですが、四行以上の文章は読む気がしないという現在の風潮を現す統計をどこかで見たので採用しました。

どういうことかというと何であっても本文を三行前後で改行してます。三行ごとにひとつのことを扱うというのは書く側としても整理して書けるので思いのほか便利で、今後活用できそうです。

それなりな日本語で

ロボットものなんかは大概テーマ世界観ワールドワイドなので多かれ少なかれ海外受けするでしょう。で、g:eurekaをやったとき、本文を全英訳してひとつのページに二段カラムだとか上下配置だとかでバイリンガル化する計画もありました。勿論、どう考えても無謀だったので、その名残としてキーワード名の本文中英訳併記に留めたわけです。

で本作は日本の小都市舞台。しかも直球で日本オンリーです。なのでこの際英語圏の人に譲歩した作りを選ばず、どこまでも日本語で。カテゴリーまで直感で判る日本語で統一しました(ここはNHK教育で放送と発表されたときに、使い易さが求められると感じたがためもあります)

まぁ、海外で興味あるような人は元々の読解力がそこらの日本人オタよりも断然高いですし、機械翻訳使ってきたりするので、いっそそれなりにまともな日本語で書いたほうが正しく翻訳されるんじゃないかとも思った次第です。

amung.us

これはg:geass経由で知って導入したもの。自分の足跡も複数人訪問として捉えてるときもあったりするような・・・とりあえず落ちやすいサーバーだったりメンテがなかなか終わらなかったりと挙動は不審なものですが、面白かったです。放送直後80とか数字なっててふいたりした。だいたい水曜ぐらいになると二人とかゼロになります。(g:geassなんかは本放送終了の今も見に行くたびに大抵12ぐらいを下回ってないんですが、それなりの来訪者数維持し続けるとかどんだけの人気ですか)

今回もやったこと

前回に引き続き今回も意識してやってみたこと。

画像意図

前回に引き続き今回も一部画像意図を持って本編より引用・使用してます。とはいうものの、今回はより無駄なものを省き、作品理解に必要そうなものを心がけてはいます。

g:eurekaでは夜の場面で見下ろしてるエウレカ、朝の場面で見上げてるレントンという対比関係画像を使ったりしているのが代表例なんですが、今回はイサコヤサコの項目でそれをやりました。あと作品タイトルに使った画像はてなダイアリーはてなグループでそれぞれ対比させてます。

今回、固定カラムということもあって、画像を表示することを前提とした分量で書いているものと、表示されることで見栄えがよくなるであろうと考えて書いているものを分けることも出来ました。イマーゴの項目なんかは初めからそのものを示す適切な画像存在しないと考えているので、その方針で書いてます。

アンテナ向けの更新

アンテナに登録してくれる人が意外と多いのでトップページは手打ち更新をやってます。RSSフィードモジュールはてなアンテナは拾わないので放っておくとどんどん埋もれてくんですね。

更新はだいたい放送の1時間前に更新すると、巡回時間がうまい具合に7時ぐらいにかぶさってくれるんですが、たまに更新されないときは手動更新チェッカーで6時29分ごろに強制巡回させてました。修羅場な時は後回し。

隠しページ

別に隠しでもなんでもないですし、すぐ分かっちゃうんですけど、恒例の隠しページも作ってます。

今回出来なかったこと

結局は自分の自分語りが今回もできなかったことを生み出したんじゃないかと思います。このエントリーもまたエゴ全開だし。反省。

キーワード編集関連

今回もキーワード・メインエディターになっちまったですよ。確かに他の人から見れば変態的なこだわりが内在してて編集しづらい環境ではあるんだろうけれど、わいわいキーワード編集したい願望もあるわけですよ。

はてダキーワードみても編集してる人少ないので、より閉ざされたグループという環境では難しいというのもなくはないかも。

retlaさんはこの辺の状況の偵察(?!)も参加目的にあったみたいですが、基本的に日記に書いてる状況そのままなので何かの参考になれたかはよく分かりません。

好きであることを不器用にしか表現できないこと

これは用語をやる上での宿命なんでしょうか。どうも私は好きだということを直球で好きだと感想で表現できないらしい。つまらない分析で茶化してしまう。それを今回で克服したかったけれど、むしろ酷くなった気もする。

「好きでなければ用語集はやれない」というのが持論なんだけれど、分析する以外に好いていることを端的に表現できないのがつらくてしょうがなくなってきてたりする。その分析が伝わればまだいいんですが、微妙ですし・・・。面白かった!などと感嘆符を付けて心情を表せるような感情を表に出せる人間回帰したい気もします。

今後

(こういうこと書くと無理フラグなんだけれど)g:coilは以前も以後もなく続けていきますが、g:eurekaにも手を回さなければならないと思い始めている。

更に今後グループ化したい作品は2つほど考えてる。ひとつは噂レベルの作品で、企画ごと消滅してしまいそうだけれど、制作されて自分の興味の持てるものならやるつもり。もうひとつは既刊の作品だけれど、ほとんど需要がなさそうだから完全に趣味の領域でやるかも。

2つ以上の掛け持ちとなると、今の体制ではきついものあるから何とかしたいとも思う。

願望

はてなユーザーはもっとグループ利用するべき。作る意味でも参加する意味でも。

はてなスタッフはもっとグループプッシュするべき。仕様的にはなんかこれでいいような気もしてきてますが、とりあえずサービストップページダイアリー並みにとっつきやすいデザインにするとか、ふりがな機能を改めて考えてもらうとか、可能性あることを強調してほしいかも。

でも、変に力を入れられて有料化されたら困る。



ひとまず今はそんなところ。

*1:今思えば8歳の頃、ワープロアニメ番組の登場キャラクターをまとめて親に見せたりしてました。ガチ変態すぎる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/PultraMan/20071203/1196667609
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 |
2011 | 07 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 |