五反田諜報部 RSSフィード

2006-08-17 笑止58

[][]

韓国聯合ニュースは16日、小泉純一郎首相日本の政治家の靖国神社

参拝問題について、A級戦犯分祀されても参拝は容認できず、問題解決

とはならないとの考えを韓国政府が内部で確認したと伝えた。韓国政府

15日の小泉首相靖国参拝に対し「A級戦犯が合祀されている靖国神社

との表現で非難したが、今後は靖国神社自体が「侵略戦争正当化する」

施設であるとの判断に基づき、靖国問題に対応していく姿勢を示したとい

える。韓国青瓦台関係者は聯合ニュースに対し、靖国神社内の「軍事博

物館」である遊就館軍国主義を美化する施設と指摘。分祀した後に政治

家らが参拝しても容認できないとし「靖国問題A級戦犯分祀では解決

できない」と言明した。

 

韓国政府から我が国の分祀論者に援護射撃どころか、誤射まがいの実弾が

飛んできたものだ。中韓に配慮していわゆるA級戦犯分祀しようとして

いた勢力にとって、公式な声明ではないにせよ靖国神社存在そのものを

許さないとの姿勢には、追悼施設靖国神社しか有り得ないとの見方を示

していた古賀誠日本遺族会会長などは、国立追悼施設建設へと舵をとろ

うとするのであろうか。分祀論は中国の了解は古賀氏自ら一応好感触を得

ており、韓国末期症状になってきた何でも反日の前にあえ無く分祀論が

潰えることに期待したい。韓国の言い分が「日本の政治家は靖国神社に参

拝してはならない」と言うことであるなら、それこそ古賀氏も大いに反発

せねばならないところであるが、果たしてどうでるだろうか。

 

また、一部メディアが声高に叫んできたいわゆる「A級戦犯」が祀られた

靖国神社首相参拝反対の論拠も、分祀をすれば少なくとも中韓の反発は

無くなることを意味していた。合祀されているからこそ、反発が起きるの

であって分祀すれば問題は無い、そのようなスタンスであったのではない

か。韓国がこのような姿勢をとった以上、一部メディアには論陣を立て直

す必要が出てくると思われるが、彼等の常套手段である「無かった」こと

にされないためにも、注視していかねばなるまい。国立追悼施設建設

などと言い出したら要注意だ。

 

f:id:R127:20060818194838j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/R127/20060817