REVの日記 @はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-03-07-Tue

[]カメラの位置

http://d.hatena.ne.jp/iris6462/20060305/1141559330

240ページくらいの一般的なライトノベルのつもりで書いています。

その最初の17ページを書きました。

感想というか、アドバイスをください。

どうも、ト書きっぽくなってしまうのが悩みです。

ああ、そ、それは、サンドバッグになりたい、ということかね?

何にも知らない人間(私のような)に叩かれたいと?


と、前置きをして文字列をタイプしてみる。

 雪景色の中、ショーツを穿いただけの中学生が、胸から日本刀を突き出したまま立ち尽くしていた。

 はい。カメラスタート。

・カメラ引いている。雪景色。

・カメラ近づく(もしくはズーム?)。ショーツが映る。

・カメラ戻る。女の子の全景。中学生という情報はどこから?

・カメラ近づく。胸から何かが突き出ている。日本刀という情報はどこから?

・カメラ引く。女の子は立ち尽くしている。

触れてみようと、震える指先をそっと刃に近づける。指が触れようとしたとき、刃は逃げるようにして息吹の体内へと戻っていった。

 こちらはカメラ固定。

 

寝起きの視界に映るのは、一五年間の人生で最も見慣れた天井だった。

 ここは

・父の姿(おそらくシルエット?)がフェイドアウト(かなにかのトランジション)

・天井がフェイドイン

・「あっ……」

・「一五年間の人生で最も見慣れた天井」とモノローグ

・カメラを引いて、寝起きであると場面転換

なほうが好みかな。


関係代名詞の多用は、ライブ感が低めになると思うので、ライブ感高めな場所→衒学的に設定を語る場所、で語り口に緩急入れるほうが好み。