REVの日記 @はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-08-12-Wed

[]"誰でも分かるスターバックスオーダー基礎知識"

90 名刺は切らしておりまして [] Date:2009/08/05(水) 19:36:45 ID:r8ua8yy9 Be:

ほんとはこうな。

誰でも分かるスターバックスオーダー基礎知識

1.ホットかアイスかを決める

2.ショート、トールサイズのエスプレッソのショットを決める(1ショット、ダブル)

3.サイズを決める(グランデ、トール、ショート)

4.シロップのトッピング(バニラ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、キャラメル)

5.ミルクの種類を決める(無脂肪乳、低脂肪乳)

6.水やミルクの量、温度も注文可(多い、少ない、熱い、温い)

7.コーヒー名(通は最後にコーヒー名を注文する)

つまり、トールサイズのアイススターバックスラテに、エスプレッソツーショットに、

ヘーゼルナッツシロップを2杯加え、牛乳の泡を多めに変えたい場合は、

「アイス、ダブル、トール、ニンニクチョモランマ、野菜トリプル、辛め、脂マシマシ」

と注文すればいいわけです

ね、簡単でしょ

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1249435126/l50

急に腹が減ってきた。

[]なんかのたとえ

植える

 種を、そのへんに、ポンと投げても、あんまり育たない。

 播種床をつくって、苗を育て、それを植えたほうが、便利なこともある。

 で、株同士が接触すると、刺激が生育を早めるが、あまり接触が激しいと、お互いの成長を抑制し、また、養分を吸い取ってしまうので間引きが必要な場合もある。

 植木鉢に移植する場合は、大きければいいわけじゃなくて、適切なサイズがいいらしい。理由は不明。ただ、植木鉢だと盆栽は作れても、大木を育てるのは無理だよな。


増やす

 とある種類の細胞を増やすときには、一定の密度になるようにシャーレに入れる。あんまり密度が濃いと、細胞同士が接触し、増殖を停止してしまう。接触阻害という機能が作動するのだ。じゃあ、疎に播けばいいか、というと、そういうわけでもない。細胞は、それ自体増殖因子、というシグナルを出しており、適度な密度になっている場合、増殖因子の作用で増殖が盛んになる。疎に播くと、増殖因子の作用が働かなくなるので、増殖速度が低下してしまう。


時折、そんなことを連想する。

[]シボレー・ボルト

リチウム電池が64Kwh(imieveと同じ)、燃料タンクが55Lらしい。

 来年発売する環境対応車「シボレー・ボルト」の燃費性能(市街地走行時)がガソリン

1ガロン当たり230マイル(1リットル当たり約100km)に達するとの見通しも示した。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090812AT2M1103111082009.html ]


Y!の記事(英語)

http://finance.yahoo.com/news/GM-says-new-Volt-could-get-apf-2785315765.html?x=0


半年前の記事

ボルトのエンジンの排気量は1.4リッターです。

http://eco.nikkei.co.jp/column/eco-car/article.aspx?id=MMECc7000020102008

 16kWhというボルトの電池をカラから満充電にするには、米国の240ボルト、20アンペアのコンセントから充電すると、およそ3時間20分かかります。120ボルト、15アンペアではおよそ9時間です。米国の平均通勤距離はおよそ32kmといわれますから、上記の充電時間で毎日の通勤が可能ということです。

 しかし、90年代の初期に日本の電気自動車の行った米国での実証試験では、帰りの買物や食事といった寄り道ができなくては、実用的ではないということでした。そこで、ボルトではエンジンが登場します。1.4リッターのエンジンがプリウスのエンジン程度の出力であれば、市街地でも高速道路でも十分に走行が可能です。電気がなくなっても、心配する必要はないということです。また、エンジン出力に余裕のある走行状態であれば、おそらく充電も可能でしょう。



二年前、試作車についての記事。

約55リットルのタンクを搭載しており、エンジンでの燃焼を電力に変換することで、航続距離は最長で約1030kmまで延びるという。燃費はリッターあたり約21kmだ。

http://jafmate.jp/sp/cvnews/report/rep200702ev.html

シボレー・ボルトが惜しいのは、最長で約1030kmもの航続距離を“連続走行”できないことにある。

すなわち、バッテリーが切れたら停車して、エンジンを廻して走れるようになるまで充電する必要がある。

2chより

203 名刺は切らしておりまして [] Date:2009/08/12(水) 11:53:22 ID:YISb7f9e Be:

>>194

たしかにいい車だよ

4万ドルの高級車なのに

55Lのガソリンで340マイル(544km)も走る

だけどプリウスは2万ドルで買えて55Lのガソリンで

1200kmは走る

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1250029854/l50

昔の記事の再掲

MFi vol.32

マイクロハイブリッド:アイドリングストップ機能

マイルドハイブリッド:制動エネルギー回生

ストロングハイブリッド:EV走行を含む

プラグインハイブリッド:充電して走行

レンジエクステンデッドEV:EV+発電機

ピュアEV:発電機を持たない

http://d.hatena.ne.jp/REV/20090524/p2

エンジンで発電機を回し、その電力で走行可能なのがシリーズハイブリッド、そうでなければ、この分類だと、レンジエクステンデッドEV、かな。iMIEVの座席にホンダの発電機乗っければ、ハイブリッド車かよ、みたいな。


"ガソリンだけだと21km/l"

401 名刺は切らしておりまして [sage] Date:2009/08/12(水) 16:09:10 ID:EFhBDUnQ Be:

>>394

あっちのニュースサイト見てきた。

1日50マイル走る人の場合、最初の40マイルは電気で入るので

ガソリン不要で残りの10マイル走るのに0.2ガロンぐらい使うので

1ガロンあたり250マイルということらしい。

ただ、元記事はちゃんとガソリンだけだと21km/l(単位換算は俺)

とか1日100km走る人だと26km/lとかちゃんと書いてるから

日本語の記事起こした奴が悪いな。


402 401 [sage] Date:2009/08/12(水) 16:10:37 ID:EFhBDUnQ Be:

>>401

26km/lは100kmじゃなくて300マイル(480kmくらい)の間違い



404 394 [sage] Date:2009/08/12(水) 16:19:34 ID:1P/8sH35 Be:

>401

サンクス。しかしなんというチート

コミューター用途なら1日40miles走行(片道30kmくらい)想定して

「ガソリン無使用のピュアEV相当」て宣言しても良いはずなのにな。

わざわざ10miles足してガソリン1ガロン当たりに換算してるのは

GMのリリースも性質が悪い

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1250029854/l50

追記

http://grev.g.hatena.ne.jp/REV/20090813/p2

[]いつもの話

日産の戦略は大手自動車メーカーの断末魔の叫びのような気がする。トヨタみたいに余力の有るところはハイブリッド車でお茶を濁してガソリンエンジン技術の延命を図ろうとしているが、結局日産や三菱のように余力の無いところがメーカーにとっては禁断の果実である電気自動車の普及拡大に舵を切る。そして、大手自動車メーカーは単なる薄利多売の組み立て販売メーカーになっていく。

http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10318343399.html

 既に、大手自動車メーカーは、エンジンとプラットフォームだけを内製し、トランスミッションはどこどこ、燃料供給装置はどこどこ、タイヤはどこどこ、ホイルはどこどこ、を組み立て販売するメーカーになっている、と言えなくもないかも。デザインは外注する場合も(稀に)あるし。それを、「単に」と言うかどうかw


 内燃機関がモーターに置き換われば、エンジン設計のノウハウがないメーカーが自動車業界に参入しやすくなる…ってのは、エンジン部分のみを考えればそうだけど、では、世の中に内燃機関を設計・制作しているメーカーは沢山あるのに、何故現状でも、既存の自動車メーカー以外が積極的に参入してこないのか…って話になるのでは?

http://www.flatearth.jp/mgf/archives/2009/08/12-115152.php