REVの日記 @はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-09-11-Sun

[]

ジェダイの式典を見に行った。

 …壇上にシス卿が登場し、びっくり。

 「えー、私はオカネが欲しくてダークサイドに落ちました。で、ジェダイが、ジェダイマスターをめぐり内紛起こしたので、シスのオカネで解決しにきたよ。グランドマスター、昔お世話になったネ」



 いろいろ反応に困る。


HDD

普通のシャドーベイ(ファン追加)36℃くらい

 リムーバブルケース(2cmくらいのファン付き)46℃〜50℃+α

 どうなんだろこの温度。


参考

http://hddbancho.co.jp/deteriorationandmeasuresof_hdd.html

一方最近Google社において実際に同社で使用している10万台のハードディスクの寿命についてのレポートが公表されたが、日本人の多くは間違った解釈をしている。その間違った解釈とは、"ハードディスクは高温で利用しても故障は発生しない"だ。Google社は確かにハードディスクの動作温度はさほど寿命と関係がないという内容の白書を出した。しかしGoogleが言っている高温とはハードディスク筐体温度で45〜50℃、おそらく室内の温度はせいぜい 30〜35℃どまりで、しっかりファンにより強制冷却されしかも無停止の連続運転環境により運転中の熱勾配がほぼ0という理想環境においての観察結果であり、さらにその温度に関係が薄いといっている筐体温度範囲は35℃〜45℃(室温20℃〜30℃)の間だけであって45℃(室温30℃)を越えたり逆に 35℃(室温20℃)を下回るとカーブを描いて故障率が伸びていくことを語っている。

メーカーデータシートの行間を読めば最適動作温度(環境の温度ではなくハードディスク本体の温度)は40℃付近で、20℃あがって60℃になると寿命が1/5になるようだ。それを元に理想状態におけるハードディスクの寿命を表にしてみた。


HDtune

http://www.hdtune.com/download.html

温度調べてみた。履歴上は52℃が最高。