REVの日記 @はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-09-Mon

[]"なぜオウムが密造した自動小銃は品質が悪かったのか?→ノウハウや技能を盗むのは非常に難しいからです"

https://togetter.com/li/1244824

このへんのこと、ちょっと想像したことがある。

たとえば、オレに小金があって(一億円くらい)、部品と資材と手下があったとする。

えー、エンジンと、ミッションと、デフと、ダンパーと…そのへんは既成品を使うことにしよう ← それって、ほぼ完成品じゃん、自動車づくりじゃなくて車体づくりじゃん

結構頑張れば、素材から自動車を作ることはできるだろう。正確にいうと、「自動車のようなもの」は作れる。

座ることとか、場合によっては時速3kmで動かすことは出来るだろうが、絶対に真っ直ぐ走らない。なんとか実物大モケイが作れても、ある程度の速度で走るとサスのアームやリンク、ブッシュ、シャシーに非特異的な荷重が掛かりアライメントが動いてくる。微速であれば無視できる要素だが、馬車程度の速度を出すなら無視できない。


で、すごーく頑張れば、真っ直ぐ走るようになるかもしれない。でも、きっと曲がらない。カーブの時に各タイヤに掛かる応力ときたら。



直線ではまっすぐ走り、カーブでは曲がり、そんで、高速道路で真っ直ぐ走ってレーンチェンジがピタっと止まるまでに、どれほどのノウハウが必要なのか想像もできん。オレ一人でやるならね。



更にだ。ある程度きちんと走るようになっても、補強に補強を重ねた結果だと重くなり、とても商品性に欠ける代物になるだろう。実際の自動車だと、さらに耐久性衝突安全性が絡んでくるので、ここでも序章の序章なんだろうな…