REVの日記 @はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-09-21-Fri

[]枠にワクワク

 3代目の?ガラスフィルムが破損したので、「工匠藤井」なるブランドの製品を買ってみた。

ヨドバシ店頭で見た、3000円以上した製品は、タッチパネルの感度悪すぎのため即座に解除し、普通のシリコンフィルムを付けていた。ただ、OLEDの曲面パネルたと左右が浮いてくるのな。んで、ガラスフィルムを注文。

iMeetful、Koyotaの製品を問題なく使っていたが落下には勝てなかったよ。

で、この製品、プラスチック製の「枠」が用意されていて、枠に合わせて貼るとズレずに貼れるようになっている。スマホは、上端部にカメラとかインジゲーターとか光源のLEDとか並んでいるが、ズレるとそこがかっこ悪いので面白い試みだと思う。この製品自体は、カメラやインジゲーターに穴をあけているわけでなく、ノッチ様の構造なのでありがたみはそこまででもないが。

[]クルマがほしい

  • CD〜Dセグメント車
    • CR-V、フォレ、ハリア、エクストレイル、レクサスNX
      • 大きくて駐車できない
  • Cセグ車
    • BMW X1
      • 420万円から。乗り出し500万円?買えない
    • C-HR
      • 2+2ハッチっていうのが好きじゃない。そこが好かれて売れているのは知ってる。
    • レクサスUX
      • 多分乗り出し450万。買えない。C-HRよりは好きな構成。
    • ヴェゼル
      • 定価250万円くらい。悪くはないが本田
    • CX-3
      • 定価250万円くらい。悪くはないが松田
    • XV
      • 定価250万円くらい。1.6lターボがほしい。2.0lターボも無理だろうな。
    • ジューク
      • 2+2ハッチっていうのが好きじゃない。小型SUVの市場を切り開いたクルマであることは知ってる。
  • Bセグ
    • Q2
      • Bセグになるのかなこれ。「俺さ、Q2で300万円使っちゃってさw」って冗談言いたい。
  • 今の車に乗り続ける
    • プライスレス

2018-09-20-Thu

[]研究の木

「研究」っていうのは、「誰の畑でもない有望な未開拓地」を探し、開墾し、耕し、種を撒き、木を育てて果実を収穫すること、っていう印象がある。

これは、実に大変。


よくありそうなのが、「実は、だれかの土地だった」って奴。「ここは未開拓地だおー」って喜び勇んで小屋を建て、周囲を探検している間に柵とか標識とか発見するアレだ。また、未開拓なのは、未開拓な理由があるって奴もあり、「サハラ砂漠だった」「シベリアのタイガだった」「マラリアのジャングルだった」みたいなアレ。

なんとか入植できても、耕せない、種を撒いても芽が出ない、芽が出ても木が育たない、木が育っても「売れるような実がならない」。



大きな「研究室」にいると、

「ボスは大河近くの肥沃なところで大樹を育てているので、これまで貢献してきたお前には、北東の空き地をあげるわ。用水路繋げたるから、耕して、あの種植えろや。ほら、北で育った木なら育つやろ。肥料はこれ、殺虫剤はこれ、実がなったら、何時もの店に持ってけば値がつくで」

な予感が。

[]デュラレックス ピカルディの限界

俺が大好きな小物の一つに、デュラレックス ピカルディというコップがある。おしゃれなカフェで使われていたりもする。

強化ガラスでスタッキングが出来るため色々便利なのだ。

90ml, 220ml,310mlと買い、小容量のコップは歯磨用や、エスプレッソ用に。中容量のコップは冷たい飲み物に使っていたが、夏に冷たい飲み物をグーッと飲むには少なめ。そんで、360ml版を買ってみた。


重い。

結構重い。


この御時世にもかかわらず、ストローを使えばいいのだが、手に持って飲むと重い。デュラレックス ピカルディは素晴らしいデザインだと思っているが、 ※但し、小容量に限る と付け加えさせてもらおう。

2018-09-19-Wed

[]

安い! くない

 スマホのガラスフィルムが割れたので、もう一度買おうと思ったら付けてたフィルムは品切れ。

 仕方がないので、レコメンド?で安くて評判のいいのを見つけて注文…


 …なんじゃのりゃ。スマホの「カメラ」窓用フィルムか。そりゃあ半額未満や。

2018-09-15-Sat

[]小川祥雲堂とキャップレス9

https://www.rakuten.ne.jp/gold/ogawahan/

先日、ここでキャップレス9を購入。

いわゆる「シャチハタ」浸透印なのだが名前の通りに工夫された形状のシャッターがついていて、押すだけでシャッターが開き捺印、引き上げるとシャッターが閉鎖し乾燥を防ぐようになっている。

三文判のミドルユーザーには欠かせない製品*1だと思う。

さて通常この製品、半完成品を店頭とか通販で購入し、添付されている紙を送ったりネットで記入したりすると、印面が送られてきてそれを嵌め込むと完成。


しかし、アマゾンで買って到着したものをシャチハタに依頼するなんて二度手間ではないか。

ここ、小川祥雲堂ではワンストップで注文ができた。つまり、ここに注文すると、完成品となって送られてくる。面倒がなくて便利だった。

[]ゾーニング

日本の映画は、G、PG12、R15+、R18って分けられてるらしい。

アウトレイジあたりがR15+。


「ラノベの表紙が最近過激になってねぇ。R18にしろとまではいわないけど、PG12くらいの線引が必要かもね」って議員先生がポロって言えばラノ倫が発足しガイドラインが策定され、結果、全表紙がG相当になると思われる。


内容は同じなのに、表紙を過激めにしたせいで、美少女文庫とか二次ドリとかと同じ場所に配置されると売上が落ちるし、本屋も面倒だからね。

もちろん、「それでも!それでも!えっちな表紙が必要なんや!!」って作者は電撃とか富士見Fとかでなく、美少女文庫とか二次ドリとかオシリス文庫から出すかもしれないし、商機を見つけた大手レーベルが「電撃ドリーム文庫」とか爆誕させるかもしれない(たぶんしない)。

川上稔の表紙は、単なる売らんかな精神ではなく、高尚で必然的ななにかがあるような気はするが、角度とか、ゆったりしたローブとかで全年齢枠に抑えてもらうことになるだろう。


面倒なので、「一歩譲歩すると二歩譲歩することになり、しまいには、表紙はメジェドさま、本文はハーレムどころか女性の自立が書かれていないと反フェミニズムと書き直しになる」みたいなエスカレーション理論についてはコメントしない。


追記

ゲームだと、CEROはA(G), B(12+), C(15+), D(17+), Z(R18) って分類なのね。

バイオハザードとか、コンシュマー移植のエロゲがD、GTAがZって感じ。

*1:使用頻度が高ければ、ネーム印Xでキャプを台座に固定するとか、ライトユーザーなら100均で買うとか

2018-09-14-Fri

[]ゾーニング

書籍は「全年齢」「ソフトエッチコミック*1」「18禁」と荒くゾーニングされているが、青少年の健全育成を鑑みて胸や腰を露出した表紙の書籍雑誌は売り場をゾーニングすべし、って法律でもガイドラインでも作ってもらって構わないのだが、そうすっと、青年向け週刊誌とか漫画雑誌の表紙がメジェドさまみたいになって面白そうだ。

[]アルバムの中に

「建設中の写真とっていいですか」

「いいですよ。人によっては、スマホで着工から撮影し、アルバム作ってる人もいますよ」

「アルバムまだですか?」

「えっ?」

「くれるって言ってたじゃないですか、アルバム」

「えっえっ?」



パワポに、ぽぽぽぽぽんと貼り付けてプリントアウトして渡したが、さすがに、「トリミングして、日付とキャプション付けて渡せ。AIなら簡単な筈だ」とまでは言われなかった。はてなブックマーカーならやばかったな。

*1:非18禁雑誌だが、コンビニ販売においては条例で18歳未満の購入を禁じている雑誌