REVの日記 @はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-21-Sat

[]「未来のミライ」

 舞台は、横浜市の磯子・金沢区のあたりだという。

昨年、話題となった「打ち上げ花火」の舞台は千葉県銚子の犬吠埼灯台であり、

一昨年話題となった「君の名は。」の舞台は、長野県の諏訪湖と、東京都の新宿区である。

地方と都市(≒東京)とのダイナミズムを微塵も感じさせない舞台設定であった。


で、改築後の戸建てから物語は始まる。住宅街の一角にあり、たとえば、尾道とか横須賀とかのように起伏の有る地勢には見えないが、家は傾斜地に位置しているかのように部屋が階段で繋がっているという、ものすごいバリアフルな設計。これ、老後… どころか、パパママが、骨折でもすれば一発で詰むぞ。


鉄道は、「打ち上げ花火」では舞台となっている「地方」と、そこから脱出する「東京」を結ぶ重要な経路であり、「君の名は。」でも、中央線(快速・緩行)、新幹線、ローカル線*1と部分部分で重要な役割を果たしている。この、「未来のミライ」でも主人公のクンちゃんはプラレールやBRIOを大量に所持し、車両の型番などを詳しく知っている。このへんは何かを示唆しているような気もするし、別に大したことはないのかもしれない。

[] 外付けHDDケースを作成

えー、外付けHDDケースは山程売ってる。HDD一台、二台、三台四台。USB、LAN、稀にサンダーボルト。

ところが、「HDDを複数台搭載し、それぞれにUSB端子がついている」製品は皆無に近い。

「一台用のHDDケースを並べればいいじゃん」

と言われそうだが、普通のHDD(ケース)って、凄い熱くなる。連続稼働するHDDが熱いのって我慢できない。ケースによってはファンが付属しているが、3cmファン程度だったりする。それ、真夏に閉め切った部屋に閉じ込められるのと、真夏に閉め切られた部屋で換気扇を回すくらいは違うとは思うのだが、あんまり役に立ってないげ。

ほんで、ケース自作も脳裏を掠めたが、それも大変。HDDを物理的に一定間隔で固定するだけなら、シャドーベイ用、ドライブベイがあるじゃないか。

こんなのとか http://www.gdm.or.jp/review/2014/0903/81442/6

こんなのとか http://kakaku.com/article/pr/09/pcparts/p3.html

こんなのとか http://www.enermaxjapan.com/Fulmo-ST_feature/ECA3270A_feature.html

ケージによっては、ファンが付属していたり、ファンの固定穴がついているので便利なのだ。

10cmファンなら、3cmファンの10倍の風量が(同じ回転数なら)期待でき、回転数を落としても十分な風量が実現できる。


で、次は電気的な接続。いっちばん簡単なのは、汎用のHDDケースのガワを外し、四角い筒に、ケースのフレームを両面テープで固定、筒の全面にファンを固定し、電源と信号は、HDDケース用のACアダプタをまんま使うってもの。ただ、それだと、3つのHDDには3つのアダプタが必要なんで、自分的に美しくないのだ。

(ACアダプタのプラグを分解し、三叉にするという荒業もある(供給側は、電流を流せるものを使用)が、面倒なので考えたくない)

ので、USB-SATAを使用。2.5" SSD/HDD用のピッグテールものが大多数だが、稀にACアダプタ、そして、玄人志向からSATA-USB+SATA電源っていう内蔵に最適な代物があった。PCにHDDや光学ドライブを増設したいが、SATA端子が一杯。って時に使うときに便利。もし、このクロシコの製品がなければ、バスパワーUSB-SATAアダプタと、SATA-HDDの間にSATA延長ケーブルをかまし、SATA機器の電源は別途SATA電源を供給、USB-SATAアダプタの電源供給は不使用、ってパターンも考えた。(セルフパワー型USB-SATAアダプタの電源不使用ってパターンもあるが http://www.greenhouse-store.jp/item/4511677039720 https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/800-TK012)

電源は、HDD用のACアダプタ(http://timelynews.jp/news/477)こんなのを使用。


でまあ、とりあえずスタート。これまで、触ると「アチっ」ってなったHDDが、ひんやりしていて満足。プラ板とかアルミ板で、ガワをつくるとベストなんだが。

*1:駅のモデルは秋田内陸線の『前田南駅』らしいが

2018-07-20-Fri

[]りそうの市役所

えー、東京都庁舎のように、土地が高いところなら、高層化が必須なのだろう。ただ、高層ビルだとエレベーターが断面積の少なくない面積を占めるようになり、効率が低下する。

よく知らないけど、20階以上になると、高価な高速エレベーターを導入する必要もあり、床面積当たりのメンテ費用も上がるのではないかな。

んで、これが町とか村役場くらいだと、2階建て程度が普通のようだ。


それを考えると、群馬県庁の33階建ては、どうも高すぎ感はある。

宮城県の県庁は18階建て、千葉県庁は20階。


千葉市役所は、建て替えで

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24043480Z21C17A1L71000/

新庁舎の建築面積は約6800平方メートル。鉄骨造の高層棟(地上11階・高さ約53メートル)と低層棟(地上7階・高さ約32メートル)の2棟をL字型につなげて建設し、延べ床面積は約4万9400平方メートル。主に職員の執務室で構成される高層棟の4階に市長室、千葉都市モノレールと接続する低層棟の5階に議会を置く。

と、11階なので、著しく高層ってわけではなさそう。


 1970年に完成した現在の庁舎は、東日本大震災で全階にひび割れが生じるなど耐震性能の低さが問題となっていた。市は2013年度に建て替えの検討を始め、整備計画を検討していた。

 現在は市の一部部署が民間施設を借りて業務を行っているが、建て替えにより全部署が集約され、民間施設に払っていた年間2億1000万円の賃借料を削減できる。維持管理費や光熱費なども含めた庁舎全体のランニングコストは、現庁舎と比べて年間4億7000万円の削減が見込まれるという。

これだけ考えると理がなくもないが、

 ただ300億円を超える多額の事業費は、市債残高が1兆円を超す市財政にとって軽い負担とはいえない。

結局はこれ。

2018-07-19-Thu

[] タイヤ論法

 たとえば、山が残ってるタイヤの交換について問われるようなことがある。

「このタイヤ、大丈夫ですかね?」


要するに、留保の無い生の肯定を叫ぶ権力勾配なのだが、ともあれ、


「明日、釘を踏めば破裂するかもしれないし、アスファルトタイヤ切りつけながら走れば損傷し次の点検まで持たないかもしれません。

ただ、現在、タイヤの溝は、直ちに人体や健康に影響を及ぼす数値ではないし、明らかなヒビ割れなども目視できません。

このまま使用していただき、釘を踏んだり、過走行したり、異状を感じたらご相談ください。

『次の車検まで大丈夫』と言われたからと、パンクを放置してバーストさせホイールまで痛める例もありますし、その損害までは保障できません」

って話を毎回して疲れる。


「じゃ、その都度新品売りつけるチャンスじゃん!」

って意見もあるだろうけど、そうすっと、あとで、

「友達の友達に聞いたけど、あんだけ溝残ってれば、あと車検二度通るじゃん。情報の不均衡を悪用し不要な交換をされた。賠償と慰謝料を!留保の無い生の肯定を!留保の無い生の肯定を!」

ってオチになりそうなのでやんない。

[]論法名不明

「ゼロ÷ゼロ=不定」とか、「1=2の時、解=不定(このような式があるのかどうか不明)」とか思い出す。


「特異な現象が起きている。だから、この現象は○○(話者が考えた任意のもの)である」


ってアレ。

「車の調子が悪い。この調子の悪い原因をお前は説明できるのか。これは、エンジンのバルブトラブルでオーバーホールの必要がある。違うというなら不調の原因を説明してみろ」

とか、

「PCの調子が悪い。この調子の悪い原因をお前は説明できるのか。これは、CPUのバグだ。違うというなら不調の原因を説明してみろ」

とか、そんなかんじの人と延々会話をして疲れた。

「変な音がしている。この音の原因をお前は説明できるのか。この音は霊だ。ちがうというなら、この音を誰が出しているのか言ってみろ」

と大してかわらない。

[]Qiパッド

ヨドバシの店頭だと、2000円〜って価格なんだが、Amazon等、通販だと400円程度から入手できる。

そりゃ、性能はちがうだろうけど、安価なら大量に買って行動範囲に置いておける強みが

2018-07-18-Wed

[]車が欲しい

ちょっと、車が欲しい。

ただ、同程度の動力性能っていうと国産では少なくて、パワーが少ないエコ仕様ばかり。ハイパワー車はレクサスや外車ではラインナップされていても、超高価だったりするのだな。

中古外車を検索してみたが、Cセグメントのジャーマンスリー、スポーティーグレードだと、10年落ちで100万円台半ばだったりすんのな。

2018-07-17-Tue

[]経験主義の誤謬

  • 自分は経験しない立場にいるから、現場に無茶させてOK
    • 軍の幼年学校、士官学校、参謀と昇進し、ペンより重いものは持ったことがない設定とか
  • 自分は乗り越えたので、お前らも乗り越えろ
    • 自分が経験したときと、現在では状況が違うパターン
      • 自分が新兵や新任士官の頃は、植民地の反乱軍とか、軽武装の小集団相手に勇敢さを誇ったので、現在の重武装し強固な意思を持った正規軍相手に勇猛さを要求するような設定で
    • 自分が出来るから、お前らもやれパターン
      • 「やってみろ」って言われると、鉄条網に地雷原、塹壕の向こうの機銃陣地に小銃片手に突撃しちゃう人。本人が出来るからって、俺に言われても困るってパターン

[]非モテ問題の帰結

人間を安定させる「交流*1」を、

血縁の集合体に求める大家族主義は終戦と共に解体され、

企業への帰属と、専業主婦による核家族に求める戦後家族は高度成長と共に終焉を迎え、

消費生活に求めるセゾン文化はバブルと共に崩壊した。


旧世代の親に教育され、旧世代に適応した思考形式*2に染まった人は、梯子を外された格好となり、一部は「オタク」なり「非モテ」なりラベルが付いた(前後関係や因果関係はここでは触れない。どかで触れる予定はない)。

ちょっと飽きてきた。


コンテンツの消費を以て交流の代替とすることは、結局無理なようだ。スマホゲーなど、耽溺性の高いゲームや、ソシャゲなどゲーム内で交流が可能なゲームでは代替可能と思われるが、金の切れ目が縁の切れ目な予感はある。

地域のコミュニティに還れ、という北極流は、正解ではあると思うが、現時点での実現は難しそうだ。巨大なネットサービスが仲介し、交流を支援する手法を考えたが、それ単なるフェイスブックや…

あと、最近の若者は、旧世代の「交流なんか後回しにして、ガリ勉しなさい。ガリ勉して大企業に入れば見合いで結婚できるから。終身雇用年功序列定期昇給持ち家…」みたいな呪縛とは無縁に、カジュアルな交流を行っているという噂はあるが真偽は不明。

*1:良好なものを指す。虐待など、不良な交流であっても無交流よりはよい、みたいな議論はここではしない

*2:交流を軽視し、受験勉強に注力するなど。実在や、その頻度は不明