Hatena::ブログ(Diary)

●あれやこれやと●


●あれやこれやと●



2003 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2006 | 01 | 04 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2010 | 04 | 08 | 09 | 12 |
2011 | 01 | 02 |
2012 | 07 |
2013 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |

2006年08月15日

[] リンキンライブ

「基本はエルボー。」

行ってきました行ってきましたよ、リンキンライブ〜。いや〜〜〜、ほっんとすごかったよ…。結論から言うと、四捨五入40女、生まれて初めてモッシュの渦に巻き込まれるの巻だよ……(←ライブの感想じゃないんかいっ!)。とほほ……。


そもそも友人は予め忠告してくれていたのだよ。ライブ会場前方で起こりうる事態を…。その友人(←ライブの達人)はしっかりとちょっと高台の落ち着いて全体を見渡せる場所をキープしていて、一旦はそこに私も行ったんだけど、ステージからちょっと離れているから、間近でメンバーを見たり歌いながら飛び跳ねたり盛り上がったりできないかなぁと思って、やっぱ私は前に行ってくるよ〜なんて言ってしまったのが我が過ち…。後の祭り。先人に倣えの法則完全無視…。


ステージから数メートルの距離で、噂に聞いていた暴れそうな人たちが占める中央部分を避けて左側の位置をキープしていた私。さぁ始まりました始まりました!と同時に、ドドドドドドドドドッーーーーーーー!!!………あああああああんたたちぃぃぃいーーーーー!!!ヒィーーーーーーーー!!!!こここここここれはっ……!!大変なことにぃ……!!!ヒョエェ〜〜〜〜〜〜〜!!!!


始まった瞬間、私のさらに左側&後ろ側にいた人たちが、冗談?ねぇ、冗談よね?冗談だろっ!おいっ!押すなよ!肘で押すなよ!おいっ!体当たりかよっ!あからさまに両手で?ハァ?エルボー?エルボーしたね、今?なんて思っていたら、今度は右から前からも同様にエルボー攻撃炸裂。四方八方から押されエルボー押されエルボー押されエルボーっつーか、エルボーで押され?みたいな?その最中、まさに明日の朝刊の三面に小さく掲載された「ライブで圧死〜モッシュに巻き込まれて〜」(←いや、こんな副題はついてませんがね)という見出しの記事を想像しましたよ…。


ライブが始まって、ワァ〜〜〜って前方に押し寄せるくらいなら分かるけど、そんなんじゃないんだよね。もうみんな各人がそこらへんにいる人に飛んで体当たりするためにいる、みたいな。それが楽しい、みたいな。エルボーで鼻血出している人もいたみたいんだけど、いや、鼻血くらいで済んでるのが不思議。どうしてこんなんで誰も死なないんだろうか不思議でならなかったよ。事実、世界各地のライブではこれで死者も出てるんだもんね…。確実に危険だわ…。まぁそんな状態で開始と同時にとんでもない渦に巻き込まれてしまった私は、とにもかくにもそこから抜け出すことだけを考え、必死にもがき(まさに人の中を泳いだ気分)、ひどいやつにはエルボー返しをし押し合いへしあいでやっと抜け出した直後、さっきまで私がいた場所の上を人が転がっていました…(←ステージ方向へダイブ中)。あぶねぇ…。


あぁ…今から友人の元へ避難したい…と思って後ろを振り返ったけれど、そんな願いが叶うわけもない絶望的な状況で、もはや最後までここで見るしかないんだな…と覚悟を決め、まぁそれでもかなり左側で観ていたわけですが、その後も何度もまたもやモッシュに巻き込まれ抜け出し…を繰り返しながらも、飛び跳ねながら盛り上がるという初心は貫徹できたわけですよ。リンキンの曲は彼らの曲の勢いが大好きなので、生声を聴きながら日頃のあらゆるストレスを発散できるように前方に行ったわけで。それが叶ったのは良かったんだけど、盛り上がるといっても、想像していたよりも現実はあまりにも暴力的だったのにはかなり驚いたなぁ〜。


最初のモッシュのとき、中央にもともと陣取っていた女の子二人組みが私なんかよりも数倍大変なことになっていて、泣きながら、というか、恐怖のあまり顔を引きつらせて、まさに消え入りそうな声で「……た…すけ…て…」みたいに手をこっちに伸ばしながら(といっても、かなり距離が離れていた)さらに渦の中に巻き込まれていく様子や、ちょっと落ち着いて見ているとき、天井の方を見ながら口をぱか〜んとあけてちょっとなんか口から垂れてるよ、なんか垂れてるよ…、ねぇねぇ…、ああああなたの体に今入っているのはアルコールだけじゃないでしょ…、なんかやばいものやってるっしょ…?と腕を確認したくなるような人が私の真横にぴったりつけていて、やややばい…、この人はやばそうだ…と思っていたら案の定、人気のある曲が始まったと同時にその人、人混みにダイブしていきましたよ。ものすっっっごい勢いで…。ぶつかろうがなにしようが。そしてみんなにぼこすかやられ、気が付いたら、ステージの方へと人の頭の上をコロコロ転がっていってましたよ…。いや〜、みんな殴られてもエルボーされても文句ひとつ言わないんですねー、この世界では。エルボーが握手みたいなもんなんですねー。


とまぁそんな感じの騒ぎの中みたリンキンだけど、とても良かったであるよ。私の今一番好きな曲pushing me awayはやらなかったけど(サマソニではしたらしい)、大満足であった。ところで、出産して初めてまめこを託児所に預けてライブに行ってみたわけだけど、まめこはその数時間をとても楽しく過ごしたようだ。なかなかいい託児所で私も安心して預けられたし。今の保育園よりこっちの方がいい!なんていうくらいだもんな。ならばまたど〜〜〜〜しても行きたいライブがあった場合は…。うししし。


「人の汗ってこんなに臭いのね。」

まぁそんな状況なわけですよ。四方八方の人がぴったりくっついた稠密状態なわけですよ。前方に行くという私に友人が「人の汗ってこんなに臭いのね…ってことがよく分かるよ…」という言葉を残してくれたわけですが、まさにその通り!いやそりゃさ。いい匂いなんて思っちゃいませんよ。思っちゃいませんがね…。なんかもうみーーーーんなすごい汗なんですよ。むさい男もきれいな女も。老若男女みんなが。なんかびっとりべっとりな腕同士をくっつけるって想像以上になんともいえない感触ですなぁ…。


しかしそんな中にずっといると、感覚も次第に麻痺していきライブを聴きながらも頭の中には余計な想定が。なななんか左の人の汗量、はんぱじゃないな…。この人に比べて私はまだまだじゃないかっ!体質改善しなきゃならんのじゃないか…やっぱり…とか、しかし人の汗と自分の汗が融合するこの状態ってすごいよな…。ここに今居る人の汗を全部集めて汗風呂を作ったらすごいだろうな…、量的に簡単に集まるだろうが、それが放つ臭いはいかほどのものか…オエッーーーーーー!と一人むせたり…、まさにこれはホットヨガならぬホットスタンディングライブ……いい運動と考えれば?…と汗と汗のぶつかり合いな夜でもあったのです。

AX